プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2018/04/26 (Thu) 12:00
ついに!バルチックスキーム開帳!!プリンツ・オイゲン

ついにバルチックスキーム開帳!!ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン


いい季節になってきましたね~。

さて、2週間くらいずっと、塗装⇒マスキング⇒塗装⇒マスキングと塗装とマスキングに明け暮れた日々でしたが、ついにそのベールを取り去る日が来ました。

本当のところ、エッチングパーツもくみ上げて軍艦色に定めたカラーを一緒に塗装したかったのですが、

①そんなことやってたらいつまでも「バルチックスキーム」がうまく行っているか見えない。
②マスキングテープが起伏のある部分で剥がれてしまう。
という理由でともかく船体の塗装「バルチックスキーム」の塗装にケリをつけることにしました!

因みに迷彩塗装についてはこちらを参照に!
 ↓
艦娘で綴る迷彩塗装とは!


これまでの重巡洋艦プリンツ・オイゲンの建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌


プリンg改


さて!マスキングをはがすとこのイラストの様になっているでしょうか!



バルチックスキーム塗装


早速ですがこんな感じで出来上がりました!

バルチックスキーム塗装後右斜め上

概ねよさそうですよ!

真横から見ても大丈夫でしょうか?

バルチックスキーム塗装終わり概ね良好

まあ、何とかOKかな?
(;^_^A

これ、まだ仮組で接着していません。

普段は木甲板は別として船体はくみ上げて(下手したらできるだけエッチングパーツも付けて一気に塗装する私ですが、今回はそうも行きません。

もう少し拡大してみます。

バル前半分

これ、ばらしてしまうと一か所だけ白と黒のラインに隙間がある箇所がありました。

(小声)

これは後で補正しないと!
得てしてこの補正で汚くしてしまうことがあるので注意です!

バル後ろ半分

まあ、100点とはいきませんが、初めてにしてはまあ及第点としましょう!
(自分に甘い・・・・)

さて、今回使用したカラーは全てクレオスのMr.カラーです。
参考までに

①白のストライプ
 325番「グレーFS26440」(限りなくライトなグレー)と62番「つや消しホワイト」=7:3


②黒のストライプ
 33番「つや消しブラック」

③艦首、艦尾、2番砲塔、3番砲塔辺りの濃いグレーとして使用
 331番 「ダークシーグレーBS381C/638」


④基本となる船体色として使用
 335番 「ミディアムシーグレーBS381C/637」



私的には少しブルーの入ったグレーの感じがこの時期のプリンツ・オイゲンのイメージに合っているように思うのですが如何でしょうか?
艦と時期によっては異なる色の方があっているとも思います。
まあ、あくまでも参考程度に。


甲板も塗装をすでにしていますが、甲板の色については次回ということで。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,タミヤ,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,バルチックスキーム,,

2018/04/18 (Wed) 12:00
やっぱり迷彩塗装は手間がかかります! ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン迷彩塗装

やっぱり迷彩塗装は手間がかかります! ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン迷彩塗装


引き続き重巡プリンツ・オイゲンの建造をしております。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツ・オイゲン建造日誌

Prinzg.png

前回からドイツ軍艦の象徴的迷彩、「バルチックスキーム」にチャンレンジしていますが、殊の外手間がかかっています。

白線のラインをマスキングする!

教科書を片手に側面から見て真っすぐになる様に微調整を加えながら前回塗装した白塗装の上にストライプを貼り付けていきます。

白い部分のストライプ

写真にするとあっさりとできている感じがしますが、とても時間も手間もかかりました!


ふう!疲れた!

これ、初めての為か、不器用からなのか、時々スマホ片手に艦これしながら作業している為なのか(主にこのせい?)片側のラインを入れるだけで1時間以上かかった気がします。

入り組んでいるところは、マスキングテープを細かく切ったものを貼り付けていきます。

これを両面します。


艦首側と艦尾側に白く残る部分は教科書の倍率を1.4倍に拡大したものを台紙にしてマスキングテープを貼り付けました。

・白のマスキングの横に黒を塗装する。ついでにダークシーグレーを塗装する

塗装を行う前に、白のストライプを覆ったマスキングテープに隙間ができないように爪楊枝などで起伏部分を抑えておきます。
これをしたって入って来ることがあるんですよね。

プリンツオイゲン艦首側

そして、艦首部分と艦尾部分のグレーの濃い部分を塗装します。

この色は説明書は「タミヤカラー XF-24 ダークグレイ」を指定してますが、私はカラーのほとんどをMr.カラーのシリーズでそろえているので、「Mr.カラー 331 「半光沢 ダークシーグレーBS381C/638」で塗装しました。

因みに船体色については説明書は「タミヤカラー XF-54 ダークシーグレイ」を指定してます。
私は「Mr.カラー 335 半光沢 ミディアムシーグレーBS381C/637」を使用予定です。

ドイツ軍艦なのにイギリス空軍色を使うのはどうかなってのもありますが、ドイツ軍艦の色はこの色っていうのがないくらい色が多彩の様に思いました。

今回は白や黒やダークグレーのストライプと艦首や、艦尾部分のダークグレーとの色の差が分かり、かつそこそこ濃いグレーということで選択しています。

軍艦の模型ばかり作っていると、グレーの色ばかり20種類くらい持っています。その中から選択しております。

この色の選択が良かったかどうかはできてのお楽しみですね。

艦尾側3番主砲の辺りは濃いグレーのストライプが入るのでここにもダークシーグレーを塗装しています。

プリンツオイゲン艦尾側


鍵十字部分の塗装部分です。


プリン真俯瞰

前のブログ記事で紹介した迷彩塗装を細かく載せている私の教科書から抜粋していますが、タミヤの説明書には艦首と艦尾近くの鍵十字は記載していません。

まあ、大人の事情だと思いますが、ここも塗装します。

鍵十字

以前消化した本、「German Navel CAMOUFLAGE」の該当ページをスキャンし、1.4倍に拡大するとほぼ1/700のサイズになりました。

それをコピーしマスキングテープを上に貼り付けて、線に沿ってデザインナイフでくり抜きます。

艦首鍵十字g


白く塗った上に鍵十字部分をくり抜いたマスキングテープを張り、黒で塗装した時に一緒に吹きました。


黒く塗装

黒が乾いた後に今度は直径6mmのポンチでくり抜いた円状のマスキングテープを貼り付けその周囲を赤色で塗装します。

これね。ベテランの方はしないのでしょうが、本当なら横着しないで

甲板色(タン)塗装⇒白塗装(厚塗りはしない方が良い)⇒黒塗装⇒赤塗装

とした方がいいです。

私はベースの白の厚塗りをしたばっかりに赤塗装した時にどうしてもツートンになってそこが気になって赤も厚塗りする羽目になりました。

とまあ、今週はここまでですが、毎週塗装をしている状況です。
まだ来週も塗装だろうなあ。

人気ブログランキングに参加しています。
👇宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,ドイツ軍艦,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,タミヤ,,

2018/04/11 (Wed) 12:00
ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌 これから迷彩塗装に入ります!

ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌 これから迷彩塗装に入ります!

先週は忙しかった!

その反動か、今日は著しく体調が悪く、早退してしまいました。
すぐに体調に出るような私はだめな人です・・・

ずーん。

でもブログに関しては先週も週1回だけの更新だったんで今週は頑張って2回更新したいと思っております。(希望)

(薬を飲んで少々楽になった今がチャンス!)

Prinzg.png


目指すはきれいな「バルチックスキーム」!


塗装図は前回紹介した本の通りです。

バルチックスキーム塗装


前回の参考資料、使用予定エッチングパーツなどの紹介はこちら
 ↓
ドイツ海軍重巡洋艦プリンツ・オイゲンはこんな感じのパーツと資料を参考にします!

そして、素直に迷彩初心者であることを認め(初心者も初心者!初めてですから)
初心者なら素直に二等駆逐艦松や改松などの小さい船から練習すればいいのにすぐ本筋に行きたがるんですよね。
私は・・・・

前の戦艦金剛の二の舞にならないように準備はしていきたいと思っております。

教科書も用意しました。


教科書片手に建造を続けます!

さて、迷彩塗にはいつもと少々違う手順で作成します。

1.基本的な塊でブロックごとに作り上げる。

2.仮組を行いシールテープなどで仮止めをする。

3.塗装する。

4.迷彩部分のマスキング⇒仮組で確認しつつマスキング。

5.塗装

6.4と5を繰り返し

7一通り塗装が完成したら組み立ててエッチングパーツを付けていく。

8あとはいつもの手順に従って完成!

長々と書きましたが、よく分からないかも知れません。

とりあえず、

1.ブロックごとの組み立て 2.仮組する

組み立て

結局この写真を見ても今一つ伝わりにくいのですが、主要パーツ部分をブロックごとに作成してシールテープで仮止めしています。

この際、シールテープはバルチックスキームの白塗装部分にかからないことだけを注意してください。

3.塗装する。


白塗装

白色にあたる部分を塗装します。
私は純粋な白ではなく下記の色を使い、わずかにグレーを入れました。

白塗装色

グレーはMr.クレオスの「グレーFS26440」に白を適度に足しています。(感覚7:3くらい。3が白ね)

好みだと思いますが、純粋な白は少し浮くかなと思いまして。

白塗装

白にかかる部分を塗装しました。

上から見た後部構造物付近

天面から見たところはほぼ白い塗装部分はないのですが、赤で囲った部分は白塗装の様なので、そのように塗りました。

構造物白塗装

艦上構造物はここまで徹底して白塗装しなくても良いと思うのですがどの様な迷彩がかかるのかイメージできないこともあるので全て白塗装です。

次には再び仮組のまま白のストライプ部分をマスキングするのですが、今回はここまで

次回はもう少し進むといいのですが・・・・・

なんか長丁場になりそうな予感もします・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,艦これ,タミヤ,艦船模型,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,ドイツ軍艦,,

2018/04/07 (Sat) 12:00
ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン!ついに建造開始です!

ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン!ついに建造開始です!

今週は忙しいです。

海外出張⇒仕事が山済み⇒しかも休日出勤が出張中に決められる⇒日曜日はテニスの試合
まあ、最後のは仕事ではないのですが、プラモをいじる暇がないという観点からは同じです
(´;ω;`)ウッ…

さて、今回艦船プラモデルを再開して初の海外艦になります

ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲンです!


Prinzg.png

パフパフパフ!(亀仙人的な意味のパフパフではない(古い・・・))

重巡洋艦プリンツオイゲンを初め、ドイツ重巡の系譜はこちら
 ↓
艦娘で綴るドイツ重巡洋艦の系譜まとめ


1/700 の重巡洋艦プリンツ・オイゲンは タミヤ、ピットロード、トランぺッターの3社から出ています。
特にトランぺッターからは1942年仕様と1945年仕様の2種類が出ています。

今回使用するのはタミヤの 重巡洋艦プリンツ・オイゲンになります。

この娘は、会社帰りに時々ふら~と立ち寄ったヨドバシカメラさんで保護したものです。それ以来、積みプラになっておりました。




キットの中身はこのようになっています。


キット中身

このキットもタミヤさんの例にもれず、古参キットの一つになりますが、もともとの造りがしっかりしているもののやや古さを感じさせる仕様になっています。

今回の重巡洋艦プリンツ・オイゲンには二つのテーマがあります!

A:ドイツ艦仕様のエッチングパーツを使用する。

B:迷彩塗装(バルチックスキーム)の実施



Aのドイツ仕様のエッチングパーツとして使用したのは「Tom's Modelworks Prinz Eugen /Hipper Detail Set」になります。




中身はこんな感じです。もう一枚手すりが付いています。

エッチング拡大

説明書はこんな感じです。英語です。

エッチング説明書

普通の自体でタミヤのパーツの箇所、斜字体でトランぺッターの商品のパーツの場所を書いています。

ただ、最近の日本のエッチングパーツは説明書が写真と番号で分かりやすく記載しているものが多くなっていますが、写真はなくイラストと文字での説明なので少々分かりにくいものになっています。

良く分からない箇所はリファレンスを調べるように記載しています。

「check reference」と書いている訳ですが、そのリファレンス(参考)として紹介されているのが

「German Cruisers of World War Two」



「Heavy Cruisers of the Admiral Hipper Class」の2冊です




アマゾンで販売されております。もちろん洋書です。ここで紹介したのはペーパーバックで紙が和らかい分、安くなっています。

ハードカバー本も販売されているようです。

日本艦ではしないのですが、説明書にエッチングパーツで置き換えていく場所を記載していきました。

説明書に書き込む

その他にも(最初は使用しないつもりだったのですが)結局ドイツ仕様のパーツを購入しました。
(やっぱり日本のと違うのが気になって・・・)

全て、ライオンロア製です。

水密扉



ホーサーリール



20mm連装機銃



20mm単装機銃



一気に購入するとなかなかコストがかさみますが、今後もドイツ艦を作る機会はありますので、いいかと思いきって揃えました。


もう一つのテーマはバルチックスキームです。

時代背景としてはライン演習時、ゴーテンハーフェン出航後の塗装です。

参考にはこれを用いました。(まだ塗装まで行ってないけど)
ツイッターでのフォロワーさんからの紹介です。



この本は事細かく塗装の様子が書いており、大変参考になります。
見ているだけで楽しいですしね((´∀`))

バルチックスキーム

ゴーテンハーフェンに付く前は砲塔の上が赤に塗装されていたのですが、ゴーテンハーフェンで薄いグレーに塗装され、その上に黄色のキャンパスを張っているそうです。
大変興味深い!

そんな感じで進めております。

今回はパーツ紹介が多くなりましたが、新しいことをするには始める準備も大変です。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |

 ホーム