プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/06/17 (Sat) 12:00
We take them ! 戦艦大和、沖縄水上決戦!

We take them ! 戦艦大和、沖縄水上決戦!



yamato gazou


以前、戦艦大和には太平洋戦争中に5回程、水上戦の可能性があったのではという話をしました。

戦艦大和幻の出撃戦(第三次ソロモン海戦)

最期の水上決戦の機会は、昭和20年4月7日第一遊撃部隊すなわち戦艦大和及び軽巡矢矧率いる第二水雷戦隊の沖縄水上特攻の際にありました。

戦艦大和率いる第一遊撃部隊が呉港を出発したのを日本近海に展開している米潜水艦17隻の1隻が発見しました。

アメリカ第五艦隊司令長官スプールアンス大将の手元には戦艦大和を仕留めるのに2枚のカードがありました。
●ひとつは空母機動部隊の第58任務部隊(TF58)
●もう一つは上陸支援の為の(旧式)戦艦部隊の第54任務部隊(TF54)です。

ご存知の通り、戦艦大和はミッチャー中将率いるTF58の航空機部隊によって沈められた訳ですが、ここでは別のことが起こったと仮定してみましょう。
(尚、手元のわずかな資料と記憶に頼った記述なのと、あくまでも専門家でない考証大雑把な、お遊びで読み飛ばすくらいのお話です)

原因となる状況はいくつか考えられます。

吉田俊雄氏の著「特攻戦艦大和」にもありますが、戦艦大和の率いる第一遊撃部隊は出発時間、航路まで決められていました。
敵飛行機が跋扈する中、白昼堂々と海路を進むことになっていました。
(狙ってくれって言ってるようなものなの!Byイク談)

囮部隊の様に使われた戦艦大和率いる第一遊撃部隊ですが、沖縄が天候不順になる時期を狙い出発を後らせ、(潜水艦の雷撃が怖いですが)航空攻撃が行えない夜間航行を中心に沖縄近海まで迫る行動を取ればあるいは沖縄近海まで近づくことが出来たかもしれません。

事実、翌日の4月8日から沖縄近海は時化だったといいます。

天候不順で航空機が使えないと判断したスプールアンス大将はミッチャー中将に対し「We take them!」と返事をしたとしましょう!
しかも、戦艦部隊で大和を仕留められなかった場合は天候回復を待って機動部隊でとどめを刺すはずです。

※史実ではミッチャー中将が完全に準備を終えて、スプールアンスにどちらがやりますか?と問います。
スプールアンス大将はもっとも短い命令文と言われる「You take them!」と返事をします。


それでは沖縄沖海戦開始です!


そこで、氏の話の通り、夜間を中心に航行しかも、沖縄近海の天候の悪くなる翌日4月8日に出発したと仮定しましょう。

ちなみにざっと見ると、鹿児島~沖縄間は約650km、25ノット(約46km/h)直線で航行すると14時間で沖縄本島まで着けます。

現在の時刻になりますが、鹿児島市の4月8日の日の入りが1842。沖縄那覇市の日の出が0613で約12時間。
確かにうまくすれば、かなり沖縄に近づくことができそうです。(実際には対潜航行の為の之字運動(ジグザグ航行)などもしなければいけないので相当遅れると思いますが・・・)

沖縄周辺地図m


<第54任務部隊>

第54任務部隊は戦艦10隻、重巡洋艦9隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦25隻、護衛駆逐艦8隻の大部隊です。
しかし、その役割は沖縄上陸を支援するための艦隊で艦砲射撃を主な任務にしていました。

スプールアンス大将は実際に当初、TF54に大和の迎撃をさせるつもりでした。
これは沖縄戦で必要なTF58を残し、艦砲射撃の手があいたTF54を有効に使う為の合理的な判断でした。

しかし、東郷平八郎を尊敬するスプールアンス大将です。
よく言われる様なシーマンシップという要素もあった様な気は個人的にはしています。

この内、戦艦6隻、重巡洋艦7隻、駆逐艦21隻を第一遊撃部隊迎撃部隊に当たらせました!
選抜された6隻の戦艦の乗組員は大歓声を上げたらしいです。

戦艦6隻の内訳です。

●ニューメキシコ級戦艦
35.6cm三連装砲(50口径)×4基、21ノット

1番艦 「戦艦ニューメキシコ」
3番艦 「戦艦アイダホ」

●テネシー級
35.6cm三連装砲(50口径)×4基、21ノット

1番艦「戦艦テネシー」

戦艦テネシー

●コロラド級戦艦
40.6cm連装砲(45口径)×4基、21ノット

1番艦「戦艦コロラド」

戦艦コロラド

2番艦「戦艦メリーランド」

4番艦「戦艦ウェストバージニア」

戦艦ウエストバージニア

旧式戦艦と言われますが、このコロラド級の三隻(3番艦ワシントンはワシントン軍縮条約で廃艦)は、日本の戦艦長門、陸奥、イギリスの戦艦ネルソン、ロドネイで世界でたった7隻のみ40cm砲を装備する「世界のビッグ7」と言われていました。

又、テネシー級2隻、コロラド級3隻はアメリカの強力な戦艦5隻ということで「ビッグ5」と呼ばれていました。

これらの多くは真珠湾で沈んだ戦艦です。
しかし、特に戦艦テネシーや戦艦ウェストバージニアは大改装を行い、防御力、設備等を最新のものに置き換え強力な戦艦となって復活しています。

特筆すべきは射撃管制レーダーで他の改装艦がMk3のままに対し、Mk8と最新式のものを装備し、Mk8搭載艦はスリガオ海峡夜戦に対しては有効な砲撃を行ったと言われています。

(※アメリカはコロラド級以後もサウスダコタ級、アイオワ級と次々に完成させています。
航空戦力のみではなく、戦艦の戦力を比較してもアメリカとの国力の差は隔絶したものでした)

<第一遊撃部隊抜描!>

佐世保を出発した戦艦大和率いる第一遊撃部隊は一旦、米潜水艦に発見されるものの、駆逐艦の牽制により、見失った。
再び、発見されたのは8日の日の出前 0330だった。

モートン・デヨ少将率いるTF54は沖縄沖で第一遊撃部隊を待ち受けていた!
デヨ少将の乗艦は、予てから常用している戦艦テネシー。

デヨ少将は、戦艦を中心とする水上打撃部隊(一部の重巡と駆逐艦も配属)と、重巡と駆逐艦で構成する遊撃部隊に分けていた。
水上打撃部隊で頭を押さえ、T字有利を構成しつつ、遊撃部隊で撹乱、最終的には魚雷でとどめを刺す公算だった。

<発見>

天候不順の為、アメリカのレーダーが発見したのが、距離2万m。

やはり、発見したのは米海軍でも優れたレーダーMk8を装備する、戦艦テネシーとウエストバージニアだった。

わずかに遅れる形で戦艦大和においてもレーダーが捉えた!そして砲撃準備開始

IMG_20170616_212046.jpg

距離2万だと、35.6cm砲でも有効射撃距離になる。
両者ともに砲撃を開始するも、悪天候の中、レーダー射撃も精度は出ず、当初はお互いに有効な打撃はなかった。

しかし、大和の第5斉射は、戦艦メリーランドを直撃し、装甲をぶち破って爆発。大破炎上した!
集中防御方式を採用しており、優れた防御能力の高いコロラド級戦艦であったが、真珠湾で被害が比較的軽微だったことが災いし、テネシーやウエストバージニアほどの大改装をしていなかったことがアダになった。

又、大和の46cm砲は、長門やコロラド級の40cm砲の1.6倍の威力を持つ。
その破壊力は彼らの予想を上回った。
(大和の46cm砲は帝国海軍の諸提督にさえ機密で40cm砲と伝えられていた。)

大和沖縄戦被砲撃

戦艦メリーランドは傾斜、火災はひどくコントロール不能の様に見えた。
しかし、残る戦艦5隻の主砲の砲門数は合計60門、それに対する大和の主砲砲門数は9門と多勢に無勢で次第に米戦艦の夾叉が増えてきた!

そして、艦後部甲板についに直撃弾、被害はそれほど重大ではなかったが火災が発生!


大和中破!?g

そして、第一副砲横に二番目の直撃弾を喰らった。
副砲は稼働を停止し、弾薬室には誘爆を避ける為に注水を行ったのだった。

ここに至って、TF54の遊撃部隊も側面から接近、軽巡矢矧率いる第二水雷戦隊は、第41駆逐隊の冬月、涼月を残して、「我突入セントス」と第17駆逐隊、浜風、雪風及び第21駆逐隊、朝霜、霞、初霜を引き連れて米重巡遊撃部隊の迎撃に向かった。
(以後の連絡を取れず)

<戦艦大和大破炎上す>

大和炎上

その後はお互いの距離が1万m強となる。そして、有効な直撃弾を雨あられの様に浴びた。
戦艦大和の重装甲はそれでもバイタルエリアの保持が出来ていたが、電力の供給は部分的に遮断され、有効な砲撃は次第にできなくなった。

そして、最後は力尽き、速度が低下した後、米駆逐艦部隊により、左舷に魚雷10数発を叩きこまれ、転覆。沖縄沖に没した。

<戦いの後>

第二水雷戦隊は、駆逐艦初霜、冬月、涼月が満身創痍の状態ながら生き残りました。特に涼月は佐世保のドッグにたどり着きドッグ内で着底するくらいひどい有り様だった。
駆逐艦雪風はこの時もほぼ無傷で生還。その奇跡の幸運ぶりを発揮しました。

米艦隊は戦艦メリーランドが大破炎上の上、自沈処分。
第二水雷戦隊は重巡1隻、駆逐艦2隻を沈没せしめたとの報告だった。(実際には駆逐艦1隻)



もし米第54任務部隊との水上決戦がかなっても結果的には戦艦大和は沖縄にたどり着けなかったことでしょう。

しかし、ビスマルク追撃戦に比する水上戦、そして日本帝国連合艦隊の最後として後の世に残すことが出来たかも知れません。

<終わり>


ちなみに先ほどの写真は フジミ製 「艦next 戦艦大和」を水上仕様に作成し、100円ショップで購入した綿や小麦粉で簡単に装飾、光っている部分は釣りで使うLEDを仕込んだものです。

結構時間もかからずに作ることができます。(普段は。今回は多少凝ったので2時間くらいかかりました)
 ↓
艦NEXT 戦艦大和建造の記録

つたない文章をここまで読んでいただいた方がいましたら、ありがとうございました!


<P.S>

ツイッターのフォロワーの方々がもしみていたら、昨日は、ツイッター上での艦これの大型艦建造の応援ありがとうございました!

6月17日今朝の時点で計70通以上の応援とリプいただきました!
重ねて感謝いたします(^^♪。

こんな楽しい大型艦建造はありませんでした。
うちの大和もこんなに祝福をもらって幸せ者ですな。

しかし、大型艦建造宣言をして、8時間の建造時間が表示され、しかも大和が当たると言う劇的な幕引きでした。

その興奮のまま、この様なお話を一気に書き上げてしまいました。

ビジネス文章しか普段書かない私が(それも最近はさぼり気味)今朝の2-3時間ほどで一気に書き上げたので相当な駄文だと思いますが、単なる趣味文としてご容赦を。

何のこっちゃと思われる方は、ツイッターに乗せた写真をブログで有効利用したかったものとご理解下さい!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,歴史if,フジミ,艦NEXT,戦艦大和,沖縄水上特攻,,

2017/05/27 (Sat) 12:00
戦艦大和 幻の出撃 第三次ソロモン海戦編

戦艦大和 幻の出撃 第三次ソロモン海戦編


太平洋戦争は水上艦同士の戦いから大きく航空機決戦に時代が動いた時でした。

「艦これ」でも、当初は、箱入り娘として扱われていた戦艦大和ですが、12話のMI作戦や劇場版のアイアンボトムサウンドでは次第に活躍の機会を得ることが出来ています。(アニメの話ですけどね)

大和ナズナ
※イズナさんのイラスト 素晴らしいです!

史実の戦艦大和は「出し惜しみ」「温存」などの理由により十分な活用がなされませんでした。

もしこの場面で出撃していたら?

戦艦大和の活躍の場はあったのでは?
 ヾ(o´∀`o)ノ

今、1/700 艦NEXT 戦艦大和を作っているこの機会にちょっと考えてみたりしました。
 ↓
フジミ 艦NEXT戦艦大和建造日誌

戦艦大和にも水上戦での活躍のチャンスは5度ほどありました。

歴史if的な感じですが、そんなシーンをピックアップするとこんな感じ?
(Ⅰ) 第三次ソロモン海戦
(Ⅱ) 渾作戦(第三次ビアク島輸送作戦)
(Ⅲ) マリアナ沖海戦
(Ⅳ) レイテ沖海戦(サマール沖海戦のあとでの米戦艦との遭遇)
(Ⅴ) 沖縄特攻

(Ⅱ)と(Ⅲ)は歴史ifとしても少し無理があるかなと思いますが、(Ⅰ)、(Ⅳ)、(Ⅴ)なんてのはあり得た話かなと思います。

今回は、(Ⅰ)のソロモン海戦。
まあ、お遊びということで、お暇があればお付き合い下さい。


(Ⅰ) 第三次ソロモン海戦及びヘンダーソン飛行場砲撃


艦これ劇場版のアイアンボトムサウンドを戦史を交えながら解説を行っています。
ここで、第三次ソロモン海戦について、記述しているので時間があればご覧を!
 ↓
劇場版艦これ アイアンボトムサウンドにおける激戦を戦史を交えて解説!


時期としては昭和17年11月12日から14日にかけて。


米軍のガダルカナル上陸作戦「ウオッチタワー」が敢行され、ガダルカナル島は米軍の占領下に。
滑走路も確保して制空権を確保されています。

このガダルカナル島を巡って、ソロモン海戦が第一次、第二次、南太平洋海戦と攻防がありました。

お互いの空母が損傷し、あるいは沈み消耗戦が続く中、空母の一時的な空白ができました。

ガダルカナル島は日本軍にとっても戦略的に非常に重要な拠点で同島のヘンダーソン飛行場が健在では輸送任務も不可能。
以前行った、戦艦金剛、戦艦榛名によるヘンダーソン飛行場への艦砲射撃は成功。

もう一度、戦艦比叡、戦艦霧島によって艦砲射撃を行うべく出撃したのが第三次ソロモン海戦でした。史実ではこの海戦で比叡、霧島は大破し自沈を余儀なくされました。


この作戦!山本五十六長官は自ら戦艦大和で出撃する意思を表明しています。

燃料不足やなんやらという理由で結局出撃はなかったわけですが、出撃していれば戦艦大和も艦隊決戦の機会があったのにと・・・


この場合、日本の戦艦は戦艦比叡と戦艦霧島の出撃ではなく、当時トラック泊地にて待機していた戦艦大和と戦艦陸奥が出撃したと仮定してみましょう。

さて、この時に相対したアメリカ戦艦は2隻。

<”艦隊の疫病神” 戦艦サウスダコタ> 


インディアナ
※写真はサウスダコタ級2番艦 戦艦インディアナ

戦艦サウスダコタ

基準排水量 3万7970トン
満載排水量 4万4374トン
全長      207m
全幅      33m
速力      27.8ノット
主砲      40.6cm(45口径) 3連装×3基
副砲      12.7cm 連装両用砲 8-10基

この戦艦サウスダコタは、まあ恐らく練度不足が原因なんでしょうか?パナマ運河を通過して太平洋艦隊に着任後、暗礁に乗り上げ船体に重大な損傷を受けたり、空母エンタープライズの護衛をしている時に衝突しかけたり(ビッグEが躱して大惨事を免れたが)、その4日後今度は駆逐艦マハンに衝突し、マハンの艦首を曲げ火災を起こしたりと、まあドジっ娘と言うにもひどい有りさまでした。

第三次ソロモン海戦でも「駆逐艦綾波」と「駆逐艦浦風」が大活躍し、全電源を遮断、サーチライトを浴び、霧島の砲撃により航行不能に陥りました。

(この戦艦サウスダコタは、復帰後も問題娘ぶりを発揮した為、末妹のアラバマと一緒に大西洋艦隊に回されました。のち、太平洋に戻ってきています。)

駆逐艦綾波
綾波改2
「はい!大丈夫ですよ!」

<歴史if  決戦!第三次ソロモン海戦>


もし、ここに戦艦陸奥と戦艦大和がいれば、戦艦サウスダコタの装甲は40.6cm砲にまで対応でき、金剛型の35.6㎝砲では十分な損害を与えられなかったものの(特にこの時霧島は3式弾を装備していた)、大和の46cm砲の前には大破は免れなかったものと思われます。

駆逐艦綾波や浦風が肉薄し、夜戦は混乱の状況になりました!

そして、駆逐艦隊は果敢にもサーチライトで戦艦サウスダコタを照らし出します!

対40㎝砲の安全圏のはるか内側での砲撃で初弾から至近弾を与え、2度目の斉射では命中弾を浴びせました。サウスダコタの装甲も91式徹甲弾では持ちません。数度の斉射で艦橋も破壊され、大破炎上。水中弾になった徹甲弾の損害が決め手となって沈没しました。


さて、残るは戦艦ワシントンです!



ノースカロライナ
※写真はノースカロライナ級1番艦戦艦ノースカロライナ

軍縮条約明けを見越して建造された新世代戦艦!ノースカロライナ級戦艦

戦艦ワシントン(戦艦ノースカロライナ級2番艦)新造時

基準排水量 3万7487トン
満載排水量 4万2330トン
全長      222.1m
全幅      33m
速力      28ノット
主砲      40.6cm(45口径) 3連装×3基
副砲      12.7cm 連装両用砲 10基


実際の戦史では、後方にいた無傷の戦艦ワシントンが戦艦霧島にレーダー射撃で命中弾を浴びせ、装甲の薄い霧島はわずか7分で大破状態に陥りました。

ここでは、戦艦陸奥と戦艦大和が対峙したとしましょう。

ワシントン乗艦の提督はレーダー射撃の専門家リー少将。レーダー技術に優れた米軍でしたが、まだそこまで精度がでなかった中、戦艦ワシントンは探照灯を点けることなく、距離8000mで40.6cm砲を戦艦陸奥に浴びせます。

丁度横腹を向けた格好になった日本海軍きっての不幸艦陸奥(運6)は、第三砲塔に直撃弾を浴び、当たり所が悪く中破!火災発生の上、戦列から外れました。(戦艦陸奥ファンの方すいません!)

獅子奮迅の戦いの中、米駆逐艦2隻を沈め、サウスダコタにも損傷を与えた駆逐艦綾波はすでに力尽き撃沈されたものの、夜戦バカ 川内の率いる第3水雷戦隊は健在!肉薄しサーチライトを浴びせます!


そしてついに戦艦大和の砲弾が戦艦ワシントンを捉えます!



大和の46㎝砲の威力は凄まじく、コロラド級より改善されたとはいえ、40.6cm砲に対してやや不十分だったワシントンの装甲では10000mを切った近距離での大和の九一式徹甲弾による砲撃を防ぐことは出来ませんでした。

貫通能力が高いゆえにサマール沖海戦では護衛空母にあたっても突き抜けてしまう砲弾でしたが、戦艦にはかえって有効でした。

米戦艦ワシントンは大破炎上しましたが、米艦屈指の浸水防御に優れ、ダメコン能力の高い同艦は沈むことなく、何とか持ちこたえていました。

しかし、そこへ第三水雷戦隊が最大戦速35ノットで肉薄し、次発装填済みの61cm魚雷を叩き込みます。
大和の砲撃で速力も低下していたワシントンは躱せず、魚雷数発を右舷に受け、右側のみの浸水により翌朝には転覆し沈没しました。


第三次ソロモン海戦if舞台r


艦砲射撃・揚陸も無事完了!


重巡鳥海と衣笠を擁する第八艦隊は艦砲射撃に参加するために、大和本体に合流しました。

ベトナム戦争などでも行われた様に戦艦による艦砲射撃の破壊力は凄まじいものがあります。

その後行われたヘンダーソン飛行場への大和艦隊の艦砲射撃の破壊力は凄まじく、対砲撃陣地を築いていない飛行場や周辺施設への破壊力は甚大であったと考えられます。

輸送船団も無事、ガ島に到着。揚陸作業中に空襲を受けることもなく、無事乗員と物資を揚陸することが出来ました。


戦艦陸奥はなんとか自力航行が可能でした。損害のあった第3水雷戦隊に伴われて帰還します。
ヘンダーソン飛行場を叩いたことで、比叡の様に空襲を受けることなく航行できたのが幸いでした。




ちょうど、光人社NF文庫の「新説 ミッドウェー海戦 (海自潜水艦は米軍とこのように戦う)」中村秀樹氏著を読んだ後だっただけに、著者お勧めの歴史ifで遊んでみました。

日本海軍に一方的に都合のいい展開になってしまうのが素人なんでしょうね。
でも案外愉しいものでした。
(お粗末さまでした。そしてお付き合いいただいた方はありがとうございました (。-_-。))


※あまり歴史改変小説は(以前はともかく最近は)読まないのですが、この小説は愉しく読まさせていただきました。
現代の潜水艦がミッドウェー海戦に紛れ込んだら、1隻でもバランスを崩す兵器になったのでしょうね。


実際には金剛型以外の戦艦にこの様な活躍はなかっただけに、艦これの世界では戦艦を空母同様に活躍させることができるのも楽しい理由かも知れません。

後だしの意見になりますが、真にガダルカナル島が重要な拠点だったら、出し惜しみせずに全戦艦戦力を叩きこむべきだったのでしょうね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ


tag : 艦娘,艦これ,戦艦大和,歴史if,第三次ソロモン海戦,戦艦サウスダコタ,戦艦ワシントン,

| ホーム |

 ホーム