FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/10/17 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき 船体と艦橋のディテールアップ

護衛艦あきづき 船体と艦橋のディテールアップ


久々に護衛艦を作っていますが、愉しいものですね。

キットの紹介を初め、これまでの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦あきづき建造日誌

しかし、合わせ目がきっちり合わなくて接着⇒パテ埋め⇒やすり掛けの繰り返しでもあります。
今のところ護衛艦って基本この繰り返し作業で隙間をつくらないのがポイントだと思っています。


今回は、船体の溶接跡をスジボリで再現したのと、艦橋部分の作成です。

あきづき左舷
<海上自衛隊のHPより抜粋>

海上自衛隊HPの艦艇ギャラリーへのリンクはこちら
 ↓
海上自衛隊HP 艦艇ギャラリー

現用艦は海上自衛隊のHP上にも写真が沢山あるし、私自身で横浜や先日いった佐世保で撮った写真などもあり、資料が沢山手に入るのがいいですよね。

但し、自衛隊のHP上の写真は艦の竣工初期のものが多いので若干注意です。
例えば、護衛艦あきづきのCIWSはすでにブロック1B Baseline2へ換装が終わっていますがHP上の写真はブロック1A当時です。

しかし、この様な細かい部分を除けばふんだんにある資料は嬉しい限りです!


<船体の熔接跡>

帝国海軍の艦船を作る時は当時はリベット打ちだったのではっきりと段差が付くのですが、現代の護衛艦の溶接跡もつなぎ目が分かるものです。

なのでスジボリで再現します。

いつも通り筋掘りは苦手です。

筋彫り艦首方向

上の写真でも分かりますが、艦首は3段に分けて、主砲の後ろ辺りから2段に分かれて見えるのでその様に筋掘りをしました。

筋彫り艦尾方向

時々手元が狂うのでそこは溶きパテで埋めてやすりでならします。
塗装すれば狂った手元は分からなくなると信じて


<艦橋の手直し>


艦橋を組み立てていきますが、ここも合わせ目に隙間ができてしまいます。

ハセガワのイージス護衛艦こんごうを作った時もそうでしたが、意外にこの護衛艦の艦橋をキット段階で隙間なくぴったりと合わせるのは難しいのかも知れません。

艦橋の手直し


<ステルスマストの支柱>


護衛艦あきづきのマストはステルスマストと言われ、一本の三角柱の様な柱にデッキ状に所々張り出しています。

それを支柱で支えているのですが、これが円形の柱ではなく、角柱状の支柱です。


あきづきのステルスマスト


なので、普段は支柱は0.2㎜の真鍮線で置き換えるのですが、0.3㎜のプラ板を薄く0.3-4㎜くらいの幅でカットして支柱として接着しました。
一応、この写真だけではなく、あきづきの前後左右の写真を見ながらついている支柱は全て再現したつもりです。
(実艦だともっと細いと思いますが、この幅ぐらいが調度いいとこではないでしょうか)

それとここもそのまま接着すると隙間が多くできるので付けては溶きパテで隙間埋めを行います。

マストにある支柱全て

しかし、これは置き換える意味があると思いました。
キットそのまま使うと省略も多いし、この2、3倍の太さがあります。

<艦橋の窓枠>

艦橋窓枠

帝国海軍の軍艦だと窓枠のエッチングパーツがありますが、護衛艦の窓枠などないのが現状です。

なので、窓枠をどうするかなのですが、今回は一旦削り落とし細ーく切ったプラ材をはめていきました。

それと艦橋の溶接跡も目立つ部分は筋掘りを施しました。
(この溶接跡はハセガワさんのこんごうはモールドで再現していました)

秋月艦橋のアップ

艦橋も消火栓とか、そこそこモールドがあって起伏もあるのですが、窓枠の上のワイパーの駆動部分は省略されているのでプラ材のちっちゃいのを付けて再現したいと考えています。(まだしてない。忘れないようにしないと)

それと艦橋の写真の矢印部分に舷灯があります。
これはキットでは繋がっているので削って舷灯を再現しています。

今回、わざわざ窓枠を開けたのは電飾で艦橋を光らせたいのです。

組み立て前ですが小型のLEDで光らせたのがこんな感じ

艦橋を光らせる

まだ、窓枠部分が透明プラで塗装していないので全体が光っていますが塗装をすれば窓枠だけから光が漏れる感じになるはず。

艦橋の中はアルミ箔を張って光の反射の強化を行っています。

アルミ箔を仕込む

あとは、第二煙突、ヘリコプター格納庫⇒マストの部分の手すりエッチング⇒船体の塗装⇒船体の手すり⇒仕上げってかんじでしょうか?

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング



tag : 艦船プラモデル,護衛艦あきづき,艦橋,ステルスマスト,,

2018/10/13 (Sat) 12:00
全日本模型ホビーショー2018 最後は矢矧さんの作品とかバンダイとか色々

全日本模型ホビーショー2018 最後は矢矧さんの作品とかバンダイとか色々


9月末に東京ビッグサイトで開催された「第58回 全日本模型ホビーショー」の紹介も今回で最後になります!

これまでの第58回全日本ホビーショー2018の紹介はこちら
 ↓
第58回 全日本模型ホビーショー(ハセガワ、アオシマ、フライホーク、ピットロード、その他たくさん!)


艦船模型のブログとして最初は矢矧登さんの作品をいくつか

<アメリカ 護衛空母ミンドロ>
yussMINDORO.jpg

<アメリカ 戦艦カルフォルニア>
YUSSカルフォルニア

<特設潜水母艦 平安丸>
yHeianMARU.jpg

<南極観測船 宗谷>
ySOUYA.jpg


他にもたくさんの素晴らしい模型ジオラマがありました。
眼福眼福



<バンダイ>


バンダイです

バンダイさんと言えば、ガンプラなんでしょうが、ガンプラはそちらで専門の方が沢山いらっしゃって私が紹介しても今更なので
(そもそもほぼ1年戦争絡みしか知らないので)その他中心で紹介します!

ヤマト

宇宙戦艦ヤマト! 子供の頃好きだったんですよね!
宇宙戦艦ヤマトはもちろん、雪風、アンドロメダ、主力戦艦、ガミラスの三段空母など一通り作りました。

それだけ時間があったんですかね?
今はフォロワーさんの作品をみて満足しています。

森雪?

森雪さん?のコスプレでしょうか?
艦船模型の方にはコンパニオンの方がいらっしゃらなかったですね~。

ニパ子さんはいました!(写真を撮れていないです)


マクロス

マクロスも大好きでした。
板野マジックってご存知でしょうか?
衝撃的なバルキリーの変形シーンには度肝を抜かれました!

haro.jpg

ハロのコミニュケーションロボットです!
いいですね~!

おもちゃショー2018でも展示されていたそうです!


<ICM>

ウクライナの模型会社らしいです


ICM.jpg

ICMケーニッヒ


<紙創り>



和巧という紙を素材にジオラマなどのキットを制作販売している様です。
アマゾンや楽天でも販売しているようですが、その時期によって内容はことなる様です。



船リョウセット

なかなかかっこいいですね!

大和センリョウ



<昔懐かし模型屋の再現>

昔の模型屋さんの再現ということで。
でも実は私もこの様なお店は見たことがないんですよね。

でも、ホビーセンター広島の雰囲気はこんな感じでした。

今はなくなってしまったんですが、以前、広島市内には「ニイタニ」というおもちゃの専門店がありました。
「ホビーセンター広島」という別のお店になって場所も変えて営業していたのですが、そこも16年に閉店されました。

そこの店主の方がこんな感じのおじいさんで確かに雰囲気似てたかも?
偶に広島に帰って八丁堀の方に行くときは寄ってました。

私もバリバリ利用していますが、ネット通販や大型店に取って代わられたんですね。
少し寂しいものです。

mYAMATO.jpg

mUTYUYAMATO.jpg

mMOKEIYA.jpg


てな感じで今年のホビーショーの紹介は閉幕です。

「関西最大の模型ホビーの祭典」と銘打って10月29日に大阪 南港 インテックス大阪で開催されます!
関西近辺の方々で模型に興味がある方には愉しいニュースですね



おおさかホビーフェスのHPはこちら
 ↓
第3回 おおさかホビーフェスの案内

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,全日本模型ホビーショー,バンダイ,,

2018/10/10 (Wed) 12:00
DD-115 護衛艦あきづき 建造開始!

DD-115 護衛艦あきづき 建造開始!


模型を再開して、もうすぐ3年目と言うことで、今回、「現むす」の原点に立ち返ろうと思います!
(軽い決意!)

と言うのは当初、当ブログは大戦艦と現用艦の同名の艦を交互に作っていくのがコンセプトだったのです。

そのコンセプトは長続きせず、鳥海⇒島風⇒金剛と3回で崩れました!

でも、護衛艦いずもを作った後に軽空母隼鷹(隼鷹はもともと豪華客船いずも丸)を作ったからここまではぎりぎりセーフ。
(シールズモデルの一等巡洋艦出雲も積みプラで用意している)

そんな訳で久々に駆逐艦秋月に続いて護衛艦あきづきの建造に入ろうと思います。

この駆逐艦秋月も護衛艦あきづきも模型を開始した直後に購入したものなんで約3年間の積みの後充分熟成させての建造開始になります。

まず簡単に護衛艦あきづきの話をしますと
そのコンセプトは

「僚艦防空護衛艦」

の一言で表すことができます。

対大陸間弾道弾に対する迎撃(BMD)を行うイージス護衛艦はその作業中、防空能力は著しく限定的になります。

そのイージス艦を防空護衛するのがあきづき型の基本コンセプトになります。

その特殊な役割にあきづき型の名前はぴったりですよね!

その同形艦は
・DD-115 あきづき
・DD-116 てるづき
・DD-117 ふゆづき
・DD-118 すずつき

となり、全て大戦中の秋月型の名前を継承しています。
あきづき、てるづきはその1番艦、2番艦の名前を!ふゆづき、すずつきは8番艦と3番艦の名前を引き継いでいます。

一般的に護衛艦の名前は縁起の良さ、名鑑の名前も引き継ぐ傾向も強いものです。
あきづきはネームシップ。護衛艦あきづき(初代)もあり3代目です。

ふゆづき、すずつきはあの坊の岬沖海戦(沖縄特攻)の折、軽巡洋艦矢矧率いる第二水雷戦隊、第41駆逐隊としてかろうじて生き残って佐世保にたどり着きました。そして終戦まで生き残り、現在は北九州市の防波堤(軍艦防波堤)として今もまもってくれているのです。

軍艦防波堤に行った記録はこちら
 ↓
柳、涼月、冬月の眠る軍艦防波堤に行って来ました!


<DD-115 護衛艦あきづき>

キットはアオシマ模型さんのキットを使用します。

護衛艦あきづき箱


そして、アオシマさんの護衛艦あきづき純正エッチングパーツも使用。

akidukiEP.jpg
※アオシマさんのエッチングパーツは発売直後に1回しか作らないことが多いのです。
  私はこれは!ってやつはエッチイングパーツのみ買い置きしているパターンがいくつかあります。
  現在販売中の様子



キットの中身はこんな感じ

キット中身 (2)

そして、今回の建造コンセプト

① 過去の護衛艦建造の経験から、張り合わせの隙間、エッジをシャープに見せるのが護衛艦建造の秘訣!
② 艦橋とか電飾をやってみたい。(簡易的なものでいいので)
③ 護衛艦の塗装は均一的になりがちなので少し工夫したい。
④ せっかくの機会なのでナノドレッドシリーズを活用!





こんな感じです。

あきづきセット

ナノドレッドシリーズは最近、護衛艦用の装備が急激に増えましたよね。
今回初使用です。


これらの他にもイルミネーターのセットがあるのですが、あきづき型はFCS-3A(3次元レーダー)が搭載されており、イルミネーター不要になったわけです。

最後にあきづきは佐世保を母港としており先日佐世保に行った時にばっちし写真を撮影しております。

他にも資料はふんだんにあります!
現用艦のいいところですよね!
(^^)/

SASEBO軍港クルーズの記事はこちら
 ↓
SASEBO軍港クルーズは愉しいですよ!

あきづき・あさひg


尚、制作時期は2015年第22次対海賊派遣水上部隊の頃としました。

何が違うのかって?

微妙な違いです。
①まず、CIWSは現在あきづきはCIWS Brock1B Baseline2(通称グレイドーム)に換装されていますが、当時はCIWS1Aでした。
(光学センサーがついていないもの)

②12.7㎜機銃の前の防護板。

まあ、建造日誌中にもう少し詳細に書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,1/700,艦船模型,護衛艦あきづき,,

2018/10/08 (Mon) 12:00
全日本模型ホビーショー2018 第2回(ピットロード、アオシマ、プラッツ)

全日本模型ホビーショー2018 第2回(アオシマ、ピットロード、プラッツ)



前回に引き続き、「第58回全日本模型ホビーショー2018」の紹介です!

前回の記事ではハセガワ、ヤマシタホビー、フライホークの紹介をしています。
 ↓
全日本模型ホビーショー2018の様子はこちらで紹介


でも冷静に見てみると、第58回って回数凄いですよね!
1年に1回なら58年間続けているってことですから!



早速紹介します!


<ピットロード>


PIT.jpg


毎回、意欲的に商品開発をしているピットロードさんです。

今回の目玉は戦艦大和 就役時かな?


PIT大和就役時

戦艦大和って、日本の戦艦の代表みたいなもので、

軍艦を良く知らない人は
一般に軍艦のことを⇒戦艦と呼び
戦艦と言えば⇒戦艦大和

なので軍艦と言えば大和ってな感じで日本の軍艦の代表だったりします。
その竣工時は艦橋前後だけではなくて、艦橋を挟んで両側に15.5cm三連装副砲を持っていた訳です。

軽巡洋艦大淀や矢矧さんの主砲を艦の両サイドにおけるその幅の余裕さってびっくりしますよね。


<戦艦大和  これは最終時です>

PIT大和

もう一つのニュースは

<軽巡洋艦夕張>


PIT夕張

ご存知ポケットな軽巡洋艦夕張です。
平賀譲氏の実験的な軽巡洋艦でわずか2900トンの船体に5500トン級の軽巡洋艦と同等の武装を搭載しました。

タミヤさんから発売していますが、多分発売して46年以上経っていると思われます。
かなり古いものなので最近のトレンドからするとシンプル過ぎるきらいがあります。

まあ、タミヤさんなので作りやすいしディテールアップもし易いですけどね。

以前、タミヤの軽巡洋艦夕張を作ったことがあるので参考に

 ↓
タミヤ 軽巡洋艦夕張建造日誌


もう一つのニュースはすでに発売されましたが、(ツイッターのフォロワーさんには既に購入した声を聴きます)


先日就役した護衛艦あさひです。

私もこの夏に佐世保港で護衛艦あさひを見に行き、写真も撮ったりしました。

佐世保港の様子はこちら
 ↓
佐世保軍港クルーズ紹介


PITあさひ

私は現在、護衛艦あきづきを建造し始めたところですが(ブログ未紹介)基本はあきづき型に似たフォルムですよね。

当然、ところどころに違いがありますが・・・・



<ピットロード最後の紹介は再販紹介です>

なぜか、今回再販紹介がどの会社も目立ちます。
新商品が少ないってことかな?

<英国巡洋戦艦レナウン>

PITレナウン

<ドイツ 重巡洋艦アドミラルヒッパー>

PITアドミラルヒッパー

<フランス戦艦リシュリュー>

PITリシュリュー

普段は、日本艦、ドイツ艦贔屓の私ですが、戦艦リシュリューかっこいい!
主砲を4連装にして、前に集めた独特のフォルムにも関わらず、バランスがそれほど悪く見えない。

流石、フランスですね。


お次はこちら

<アオシマ模型>


ほんの二年前は最も意欲的に新商品を出していたアオシマさんですが、ここんとこ少し寂しい。

新商品紹介

<英国重巡洋艦エクセター>


Aoshima エクセター

スラバヤ沖海戦で重巡洋艦羽黒等第五戦隊と砲雷撃戦の上、沈んだ船ですよね。


12月31日発売の様です。

初回限定で大西洋船団護衛ってセットも販売しています。



<護衛艦あさひ>



Aoshima あさひ

護衛艦あきづきを出しているアオシマさんですからね。
護衛艦あさひは自然な流れなのでしょう。

ピットロードとの間に密かにあさひ戦争勃発か!

木曽さんの再販もあるとか

Aoshima木曽

そして、このグラーフもなんか可愛い

Aoshima グラーフ



<プラッツ>


主に艦船の紹介しかしていない当ブログですが、私自身は本当は色々と好きなのです。
時間がないだけで。

<ガルパン>

Platsガルパン

だから、こんなにガルパンがある空間って結構癒されるのですよね。


<大学生の連合チームを率いた島田愛里寿ちゃんと英国戦車センチュリオン>

プラッツセンチュリオン



そう言えば、プラッツのⅣ号戦車D型改(H型仕様)1/35 スケールを買ったんですよね。

早いとこ作んないと何時になるか分からんぞ!


<2001年宇宙の旅 ディスカバリー号>

私、中学生自分軍艦も好きでしたがSFはその後も今も良く読むジャンルなんですよね。

当時、人工知能ってのはかなり進んだ考えだったように思います。

原作者はアーサーCクラーク。SF界の巨匠です。

ハル9000

この木星探査船ディスカバリー号の操縦は人口知能のHAL9000ってのが制御するんですけど、矛盾する命令を与えられた結果人間に反乱を起こすのですよね。

アシモフさんが作ったロボット3原則は、アーサーCクラークさんには適用されていません。
この人工知能の名前、HALってIBMの一つ前の文字からとった説ってのがあるんですね。

とまあ、盛りだくさんですがまだ終わりません。

次回に続きます!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇(´・Д・)」

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ピットロード,艦船模型,護衛艦あさひ,アオシマ,プラッツ,戦艦大和,軽巡洋艦夕張,重巡洋艦エクセター,,

2018/10/03 (Wed) 12:00
駆逐艦秋月の対空砲火風景ジオラマ

駆逐艦秋月の対空砲火風景ジオラマ


東京ビッグサイトで開催された「全国模型ホビーショー2018」に9月30日に行って来ました。

模型を再開してから、この催しは大変楽しみにしており、今年も楽しませていただきました。
この全国模型ホビーショーに行き始めて今回が3回目。ってことは模型を再開して3年経ったのですね~。

月日が経つのも早いものです。
なんだか遠い目 ( 一一)

この様子はメーカーごとに近々報告させていただきます。

ところで、前回伊400号潜水艦の完成写真をブログに掲載して気付いたのですが、その前に完成させていた
「1/700 フジミ 駆逐艦秋月」のジオラマ風景を作成したものをブログに上げていませんでした。

今回はその完成写真と言うことで

フジミ製 駆逐艦秋月の建造日誌はこちら
 ↓
フジミ製 駆逐艦秋月建造日誌

ばらばらっと写真を載せていきます。

イメージは
作成年度を昭和19年(1944年)10月24日から25日のエンガノ岬沖海戦時をターゲットにしています。



<駆逐艦秋月>



秋月対空砲火g


秋月左舷後方からg


秋月左舷g


秋月真俯瞰g


秋月右舷からg

これを作っている時に調度、「生頼範義画集」を買いまして
👇これです!


※生頼範義さんというと、様々な軍艦の絵画も書かれていますが、スターウォーズのパンフや幻魔大戦、ハイペリオンシリーズなど本の表紙を多く手掛けている巨匠です。

まあ、影響を受けて波の立ち方や色合いを少し派手にしてみました。
まあ、ひとつの実験です。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,1/700,フジミ,駆逐艦秋月,水上ジオラマ,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ