fc2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

戦艦大和の最期

戦艦大和の最期第一次世界大戦における世界最大の海戦であるジュトランド沖海戦の主役は戦艦でした。しかし、たった25年後の太平洋戦争ではその主役が変わることになったのです。<あくまでも艦船プラモデルブログなので>フジミ製 艦NEXT戦艦大和建造日誌はこちら ↓戦艦大和建造日誌太平洋戦争の開始した真珠湾攻撃の月、1941年12月16日に大和は就役しました。ほんの一週間前の12月8日に日本海軍が真珠湾攻撃で航空機の有効性を...
記事の続きを読む
0 コメント

戦艦大和 全砲門斉射!を実写風に簡単作成してみました!

戦艦大和 全砲門斉射!を実写風に簡単作成してみました!前回から、完成後の戦艦大和を簡易的なジオラマ風にして遊んでいます。これまでの戦艦大和建造日誌と完成写真はこちら ↓1/700 艦NEXT戦艦大和建造日誌今回は、砲撃までしちゃいました!イメージはこちら。※ポンプ長のイラストではなく、こちら!映画バトルシップでの米戦艦アイオワの主砲砲撃です。この映画、アメリカでの上映開始時は全然人気がなく、閑古鳥が鳴いてい...
記事の続きを読む
0 コメント

戦艦大和疾走! 艦NEXT 戦艦大和海上ジオラマ風です!

戦艦大和疾走! 艦NEXT 戦艦大和ジオラマ風です!今回は、完成した戦艦大和の写真を、ちょっと工夫しながら幾つか撮ったので、2-3回に分けて掲載します!ヽ(´∀`)ノ戦艦大和に関するうんちくも載せ足りていないので、その辺も少しずつ。フジミ製 1/700 艦NEXT 戦艦大和が完成したので、いつもの様に簡単ジオラマ風にして写真を撮りました!やはり、艦船プラモデルの王道かつ王様! 戦艦大和充実感がありますな~!製作期間...
記事の続きを読む
0 コメント

フジミ バルバスバウ(球状艦首)よ!さらば! 艦NEXT 戦艦大和をフルハル⇒ウォーターライン仕様(喫水線モデル)にコンバージョンしてみた

フジミ 艦NEXT 戦艦大和をフルハル⇒ウォーターライン仕様(喫水線モデル)にコンバージョンしてみた※メイハイさんのMMD静止画前回までにフジミ 艦NEXT 戦艦大和のフルハルバージョンを作成しました。通常の艦NEXT 戦艦大和はフルハルのキットなので順当にエッチングパーツを組み込んで作るとこんな感じで出来上がります。これを今回は フルハル⇒喫水線モデルにコンバージョンします!バルバスバウ(球状艦首)よ!さらば!船...
記事の続きを読む
0 コメント

艦NEXT 戦艦大和 フルハルバージョン完成です!

艦NEXT 戦艦大和 フルハルバージョン完成です!前回の記事で、ほぼ完成と銘打った訳ですが、今回で1/700 艦NEXT 戦艦大和のフルハルバージョンは完成とします!今までの建造日誌はこちら ↓フジミ 艦NEXT 戦艦大和建造日誌旗と幟、空中線などの張線を行いました。フルハル時は、墨入れを少しだけで、ウェザリングはほとんどしていません。中央部分の高射砲の周辺には射角制限枠を作成しました。※見にくい時は、写真をタップ...
記事の続きを読む

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!