プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/02/18 (Sat) 12:00
大和ミュージアムには艦船模型もいっぱい!艦名当てクイズにしてみました!

大和ミュージアムには艦船模型もいっぱい!

関東地区はこのところ暖かくなってきました。

先週は風邪でダウンしていた私ですが、やはり健康は大事ですね。
季節の変わり目にも風邪などひきやすいと聞きます。
皆様もお気をつけ下さい。

3回に渡ってお送りしてきた大和ミュージアムの案内ですが、今回は大和ミュージアムに多く展示されている艦船模型の案内です。
1回の常設展示場からエスカレーターで上がった2階の展示スペースにあります。

大和ミュージアムの館内案内はもちろんミュージアムのHPにもありますが、ここにも載せてしておきます。

<大和ミュージアム館内>

大和ミュージアム館内3F4F

大和ミュージアム館内1F2F

今まで案内してきた箇所が赤で囲っているところです。

大和ミュージアム紹介
 ↓
大和ミュージアム 10分の1大和とか


そして今回案内するところが、2Fの展示デッキに置いている模型です。

模型をずらっと案内するのもいいのですが、少しクイズ形式にしてみますね。


時間に余裕がある方は、最初に写真を載せるので艦の名前を当てて見てはどうでしょうか?
(同型艦もあるので○○型でも結構です)


とは言え、ガラスの反射と写真がそれほど鮮明でないのでヒント付きです。

<まずは戦艦です>

A
英国生まれの戦艦デース!(易し過ぎました?)

金剛



B

戦艦Aの妹です!特徴は艦橋トップ部分が大きく前に張り出しているところです!
後部煙突と同等に後部艦橋が真っすぐにたっているのも4姉妹でこの娘だけです!
(ヒントが難しいですね。)

榛名

C

航空戦艦のお姉さんの方です。2代目は現在、呉を母港にしています。(「かが」が就役すると変更になるらしいですが)

伊勢


さて答えです。



Aは戦艦金剛です。
Bは戦艦榛名です。艦橋に特徴があります。
Cは航空戦艦伊勢です。日向と区別しにくいですけど姉の方です。
護衛艦になると姉妹逆転してます。
伊勢も日向も最後は呉近辺で大破着底しているので色々遺品や写真があります。

<伊勢 大破着底時の写真>

伊勢大破着底

1mを超える大きなパネルです。

さて、今度は重巡です。

A

お城の様な大きな艦橋が特徴の4姉妹の長女です。

高雄


B

Aの姉妹艦ですが、4姉妹の中でも他の妹は改造を受けたり、逆に受けなかったりなのでAと瓜二つの姉妹艦です。

愛宕

C

主砲が1番砲塔から4番砲塔まで艦橋の前に並んでいます。後部には水上機が搭載されています。
終戦時には呉の近く能美島沖で大破着底しています。

利根



答えです。



Aは重巡高雄です。
Bは重巡愛宕です。
Cは航空巡洋艦利根です。

能美島の利根の大破着底した付近には重巡利根の慰霊碑と「軍艦利根資料館」があり、利根の舵輪、副碇、信号燈、コンパスなどの遺品(装備品)や精密なミニチュア模型などが展示されているらしいです。
・・・・知らなかった・・・

<空母です>

どうしてもガラスに光が反射してしまい、映りが悪くて申し訳ありません(;д;)
その分ヒントを分かりやすくしました。

A

運命のMI作戦で味方3隻を同時に失った後は単艦で立ち向かった殊勲艦!艦橋が左側にあるのが特徴の中型空母。

飛龍


B

妹が幸運艦なんて呼ばれるものだから、対比で被害担当艦なんて言われてしまうけど立派な功労艦です!

翔鶴1




答えです。


Aが空母飛龍。
艦橋が左側にあるのは、この艦と空母赤城さんだけです。

Bが空母翔鶴です。


<最後は駆逐艦です>

A

100もの作戦に参加し、激戦のさなかに身を置きながらもほとんど被害を受けることのなかった日本海軍屈指の幸運艦!
「呉の○○、佐世保の時雨」と呼ばれました。

雪風nn


B

日本海軍きっての韋駄天娘!速さには誰にも負けません!

島風nn

C

姉妹艦涼月と共に終戦まで生き残った防空駆逐艦!Aや涼月とともに参加した、あの沖縄特攻では小破で済んだのに、終戦後に触雷して被害を受けてます。でもその後は機雷の掃海などに従事しました。最後はその姉妹艦涼月と防波堤として眠っています。

冬月nn


答えです。


A:もちろん駆逐艦雪風です!雪風は沈みません!
B:駆逐艦島風です!速きこと島風の如しです!
C:駆逐艦冬月です!息も絶え絶えに戻ってきた涼月、それを見守る冬月!感動の物語です。


他にもたくさん大和ミュージアムには艦船模型が展示されています!
是非、その目で見て下さい!(なぜかPR)


ついでに大和ミュージアムの外の展示の案内です!


大和ミュージアムの外にも展示物があります!

おもに謎の大爆発をして沈んだ陸奥の遺品です。

<戦艦陸奥の錨とフェアリーダー>

陸奥の錨とフェアリーダーm

<戦艦陸奥の砲身>

陸奥砲身

<戦艦陸奥のスクリュー>
巨大さが分かります。

陸奥スクリュー

4回に渡ってお送りしてきた大和ミュージアムですが、いかがでしょうか?
軍艦好きにとっては夢の様なひと時を過ごせます。

広島付近に寄った時にはぜひお立ち寄り下さい!

呉周辺には他にも海上自衛隊にちなんだ場所がたくさんあります。

呉周辺の案内はこちら
 ↓
呉艦船巡りとか


今だと、映画「この世界の片隅に」の聖地巡礼にも良いかも知れません。
 ↓
聖地巡礼的な 広島と呉を案内


好きな人にとっては十分一日過ごせる場所だと思いますよ。

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,大和ミュージアム,戦艦金剛,戦艦伊勢,駆逐艦島風,駆逐艦雪風,空母翔鶴,戦艦榛名,空母飛龍,

2017/02/11 (Sat) 12:10
大和ミュージアムの目玉! 10分の1大和です!

大和ミュージアムの目玉! 10分の1大和です!

どうも私、昨日から風邪でダウン気味です。
特に鼻水が滝状態で、しんどいです。昨日帰り際に病院によって、薬を一通りもらい早く寝たので少し今日は良くなりました。

普段、気ままな単身赴任生活のGAKUTENですが、病気の時には少しまいりますな。
そんな訳で今日はプラモデル作成もできそうにありません。
(;д;)

さて、ここのとこ週末に案内している「大和ミュージアム」ですが、今回はこの大和ミュージアムの目玉、10分の1大和の紹介です。

「戦艦大和」と私

普段、軍艦には全く興味がない!という方でも結構知っているのが世界最大の戦艦大和だと思います。

はなはだ私事で恐縮ですが、戦艦大和は私にとっても、子供の頃初めて作った艦船プラモデルであり、思い入れのある船です。

そのプラモデルは私が親戚の家に夏休みに行っていて、総じて暇そうなのを見かねた親戚のおじさんが夏祭りかなんかで買ってくれたものでした。
今から想像するにその大きさから タミヤ製 「1/350 日本海軍戦艦大和」だったのではないかと推測してます。

結局、叔父さんもプラモデルに関しては素人で、接着剤は瞬間接着剤のアロンαを同時に買ってくれたのですが、瞬間接着剤ですべてを作るのは至難の業。て言うか今考えると無謀。
また、船体の上下がうまく合わずに隙間が空くのを無理やり瞬間接着剤で付けたのでずいぶん汚く出来た記憶がうっすらとあります。

しかし、そこから艦船プラモデルの世界に入り込みウォーターラインシリーズは一通り集めるくらいになりました。
(今はその時のコレクションは全く残ってないし、その後はすっかりブランクが空いてしまったのですが・・・)

さて、本題です。

<圧倒的迫力! 10分の1大和>

前回、まずは常設展示場の方をぐるっと回って、様々な呉関係の艦船を案内しました。
戦艦金剛や戦艦長門、航空母艦赤城、はては伊400までの100分の1模型や色々です。
 
大和ミュージアム 常設展示場の案内はこちら
 ↓
大和ミュージアムわりと細かく紹介!

10分の1大和は大きすぎて、なかなか写真に納まりません。
少し高めの階上からとった写真です。

10分の1大和上から

人の大きさと比べて見るとずいぶん大きいのが分かります。
間近で見ると迫力ありますよ!

さて近くから撮ったものです。

10分の1大和右舷後方

近くからの方が迫力あるでしょ。

さて問題?の艦尾です。

10分の1大和後方

カットオブスターンか?クルーザースターンか?

一部議論の分かれる?(すでに分かれてないのかも)艦尾の形状ですが、「10分の1大和」の艦尾は垂直に切り立った
「カットオブスターン」と言われる形状になっています。
(普通に丸い形状が「クルーザースターン」です)

戦艦大和の艦尾船体がカットオブスターンになっていた理由

それは、戦艦大和型には、「ハインマット」と呼ばれる水上機揚収装置を搭載予定だったからです。

ハインマットとはキャンバスをふんどしの様にダラーと長く垂らし、そこに水上機を乗せて回収するという画期的な装置でした。
何が画期的かと言うと、通常水上機を水上から回収するのは船を留めなければならないのですが、この装置は8ノットで移動をしながら回収が可能な点にありました。

結局、このハインマットは実用性に乏しいとして採用されませんでした。
(長大なキャンパスを真水で洗浄しなければならないなど、不便で・・・)
なので、船体はカットオブスターン形状になっているということです。

ちなみにこのハインマットの実験艦になったのが水上機母艦瑞穂ちゃん

瑞穂牛丼Vermm

いまだプラモでも作れていないので、艦娘の瑞穂ちゃんに登場してもらいました。
(なか卯コラボ差分)

この水上機母艦瑞穂は、当初戦艦大和型に搭載予定だったディーゼルエンジンも実験艦として搭載しています。
結局、故障が多くて戦艦大和型には採用されなかったのですけど。

おかげで、瑞穂ちゃんは不便なハインマットと故障の多いディーゼル機関を搭載した薄幸の艦娘になった訳です。

大和の中央部

10分の1大和左舷中央部

この高角砲の防弾シールドも昔のプラモは上まで付けられていた様な気がします。
(※気のせいかも知れませんが)

10分の1大和の横には100分の1大和が展示されています。


100分の1大和

先ほどの艦尾の形状やこの高角砲、機銃座など最新の考証で再現したプラモデルがフジミさんの「1/700 艦NEXT 日本海軍戦艦大和」です。(タミヤのウォーターラインシリーズ戦艦大和のリニューアルは1998年で1999年の海底調査の前)

私が、弟にお土産として買ったのはいいのですが、船体の上下を合わせただけで半年間放置されているのを見つけ回収したものです。
そう言いながら私も半年以上手を付けておらず、絶えず心の中で「いつかせねば」というプレッシャーがあります。


戦艦大和特別企画展開催予定(2017年4月26日から11月27日)!

詳細については、不明な点がまだまだある戦艦大和ですが、今回の2016年5月での調査は大和ミュージアムの学芸員も同行し、無人探査機による撮影を行いました。
その結果、50時間に上る映像と7000枚に及ぶ写真を撮影し、350mの海底に眠る戦艦大和の姿を撮影しました。

楽しみですね~。現在、企画に向けての準備の真っ最中だと思いますが、軍艦に興味のない方にでも良く分かる説明と一般の方が見ていて楽しい展示物による解説をお願いしたいです!


大和に搭載されていた15m内火艇(長官艇)

15m長官艇

そして、同型艦の100分の1 戦艦武蔵も展示されています。

100分の1武蔵

ちなみに10分の1 戦艦大和の横にはいくつかの実物展示がされています。

<九三式酸素魚雷>

九三式酸素魚雷

<九一式徹甲弾>

九一式徹甲弾

特殊潜航艇海龍と日本の誇る戦闘機零式艦上戦闘機(ゼロ戦)

零戦と海龍

そろそろ、体調も限界なのでご飯を食べて薬を飲んで寝ます・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

tag : 艦船プラモデル,艦娘,大和ミュージアム,特別展示,常設展示,10分の1大和,戦艦大和,100分の1武蔵,ハインマット,カットオブスターン,

2017/02/05 (Sun) 12:00
大和ミュージアム ぐるっと模型観賞( ^ω^)・・・

大和ミュージアム ぐるっと模型観賞( ^ω^)・・・


みっなさーん!金剛デース!元気シテマスカ?


金剛改2mm

「大和ミュージアムの案内 その2」です!

(※当ブログで出ている艦これの艦娘ですが、大和ミュージアムで艦娘とのコラボはありませんヨ。念のため。)

大和ミュージアムは4階構造になっていて、展示は3Fまでです。

大和ミュージアム1F

チケット売り場でチケットを買って入るとのっけから「10分の1大和」の巨大な姿が目に移ります。

前回の紹介ではここまででした!


大和ミュージアム案内その一はこちら
 ↓
やっぱり10分の1大和は大きいですね!

始めて行った時にはその10分の1大和の巨大な姿に感動もし、興奮もする訳ですがいい加減、何回か来るとその辺も慣れてそのまま常設展示場に入りました。

「Aの呉の歴史」という常設展示場のことです。
当然呉の歴史というからには歴史にちなんだ展示もたくさんある訳ですが、この時にはもっぱら展示している艦船模型に目をとられていたのでその写真がほとんどです。

尚、場内はフラッシュ禁止です。

ヤーロー式ボイラー

戦艦金剛はご存知の通り、イギリス ヴィッカース社で作られた日本帝国海軍が最後に外国に発注した船で呉に関係あるの?
と思われる方がいらっしゃると思いますが、展示場の最初に展示されているのがこの「ヤーロー式ボイラー」です。

このヤーロー式ボイラーは戦艦金剛が近代化改装の際に取りはずし、戦後は科学技術庁の暖房用ボイラーとして利用されていました。
金剛は1944年に沈んでしまいましたが、その一部はこうして大事に守られています。
(東京都目黒区から寄贈)

そこを進むと展示品と呉にちなんだ軍艦の模型が展示されています。

模型は全て100分の1ですので、迫力満点です!

<戦艦金剛>

金剛100分の1

戦艦金剛は先ほど述べた様にイギリスで建造されました。その後は横須賀鎮守府ですが、先ほどのボイラーにちなんでか?最初の方の展示です。
(なるほどそう言うことか・・・。今、ブログを書いていて理解できました。こうやって、まとめて見るのも良いもんです)

一応私の作った戦艦金剛建造日誌はこちら
 ↓
失敗からのリカバリー 戦艦金剛建造日誌

それからは呉海軍工廠または呉鎮守府にちなんだ艦が並びます!

呉海軍工廠はその工員数が、他の3海軍工廠 横須賀、佐世保、舞鶴を合計したより多かったということで世界でもドイツのクルップと比肩する規模で世界2大兵器工場でした。
それだけに、多くの艦船が建造されています。

もちろん戦艦大和はその代表各ですが、連合艦隊旗艦 戦艦長門も忘れちゃいけません。

わたしに?m
私に用か?

<戦艦長門 100分の1模型> 

長門100分の1

プレートに年次が書いていませんでしたが、砲塔の上に機銃が載っていてちゃんと煙突があるので、1944年のレイテ時くらいでしょうか。長門は終戦時には煙突を撤去されて浮き砲台になっていました。(T_T)

<戦艦長門 艦橋付近アップ>

長門艦橋付近

すごく細かい作り込みですね。

戦艦長門 屈曲煙突建造日誌はこちら(ただいま建造中)
 ↓
戦艦長門 屈曲煙突 栄光の連合艦隊旗艦時代


次に日本を代表する航空母艦赤城です!

あっ赤城さんm

呉海軍工廠で生まれました!

<空母赤城 100分の1>

航空母艦赤城

後部飛行甲板上のの文字で分かりますね。少し見にくいですが、飛行甲板の前の方に日の丸が描かれているのでミッドウェー作戦当時ということが分かります。

この日の丸のマークは戻ってくる日本軍機が他国の空母と間違えない様にということで作戦開始3日前(だったっけ?)に付けたと言われますが、同時に米軍による急降下爆撃の的になったともいわれるもの曰くつきです。

一航戦の旗艦として、ミッドウェーで失われる前は大活躍をした日本を代表する航空母艦です。

ボクは航空巡洋艦最上だよ。呼んだかい?
航空巡洋艦最上
(私の鎮守府の提督室ですが、後ろには最上の模型を展示しています。)

航空巡洋艦最上は、ロンドン軍縮条約の関係上、軽巡洋艦として呉海軍工廠で生まれました。当時は三連装15.5cm×3基、9門。
そして、重巡洋艦に改造され、最終的には空母不足を補う為に航空巡洋艦に生まれ変わりました。

<航空巡洋艦最上 100分の1>

航空巡洋艦最上

利根型と異なり、段差のない後部甲板で現代のヘリ搭載護衛艦の先駆けになっています。
どこか、近代の流れを汲むシルエットが大好きですね。
まだ、艦船プラモデルとして作っていないですが、いずれ作りたい船です。

模型の最後の方が潜水艦群です。

潜水艦群

そして、日本の技術を結集して作られた伊400型1番艦 伊400は呉海軍工廠で生まれました。

<伊400 100分の1>

伊400

伊400は日本海軍の最高機密に部類する船ですが、終戦間際の作戦でウルシー環礁に向かう途中で終戦になりました。
米軍に接収された後、標的艦になり沈められました。

イ401改m
ごきげんよう。潜特型二番艦伊401です。

尚、伊400が沈んだ場所は、ながらく謎でしたが、2013年8月ハワイのオアフ島沖の海底 ハワイ海洋研究所によって発見されました。
当時、アニメの『蒼き鋼のアルペジオ』で401と400、402との姉妹決戦激闘中!

イオナ401m

『蒼き鋼のアルペジオ』は2008年ヤングキングで連載のSF海洋戦記コミックです(作者:Ark Performance(アーク・パフォーマンス))。コミックは現在、13巻まで発売中。連載中。今のところ、アルペジオまで手を広げられてないですけど面白いですヨ。

模型コーナー(そのように分けられている訳ではないですが)が終わると呉にちなんだ艦船の写真です

ズラーっと空母から小艦艇まであるのですが、代表して二つ。

愛宕写真
愛宕さんと

最後は日本帝国海軍最後の連合艦隊旗艦 軽巡大淀

抱き着かれる大淀さんm

呉海軍工廠で生まれました。最初の防護巡洋艦松島を除いて、唯一の戦艦以外が連合艦隊旗艦を務めた船です。

軽巡大淀写真

日本帝国海軍最後の勝利を飾った礼号作戦に参加しました。


大和ミュージアムの案内はまだ次週以降に続きます。
人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

tag : 艦船プラモデル,艦娘,大和ミュージアム,戦艦長門,空母赤城,戦艦金剛,航空巡洋艦最上,軽巡大淀,100分の1,伊400,

2017/01/29 (Sun) 12:00
1/10大和はやっぱ大きいですね~。「大和ミュージアム」青葉取材行ってきまーす!1回目

「1/10大和のド迫力!大和はやっぱ大きいですね~。青葉取材行ってきまーす!」

青葉取材シリーズも既に3回目くらい!

前回は「呉艦船めぐり」を取材した訳ですが、色々な艦船を見ることが出来ました。

いろいろな護衛艦だけでなく、「潜水艦そうりゅう型」や「訓練支援艦てんりゅう」、「練習艦かしま」なども
大戦時の艦と比べながら見ると面白いと思います。

呉艦船めぐりレポートはこちら
 ↓
青葉取材行ってきまーす!呉艦船めぐりツアー

さて、呉市に来て大和ミュージアムに行かない手はないなということで、
今回は「大和ミュージアム」です!青葉取材行ってきまーす!

青葉取材

「大和ミュージアム」は広島県広島市の隣、呉市の駅から歩いて5分のところにあります!

大和ミュージアムアクセス
<大和ミュージアムHP アクセス>

呉駅の周辺はこんな感じです!
呉駅周辺地図

呉駅からの通路がそのまま続いていますので、案内に従ってそのまま歩けば5分ほどでつくことができます。

途中、広島を中心に中国・四国・九州で100店舗あまりを展開している総合スーパーいずみの「ゆめタウン呉店」がありますがその中を突っ切ると近道です。

大和ミュージアムの外観はこんな感じです!

大和ミュージアム外観

奥に見えているのは「海上自衛隊呉資料館 愛称:てつのくじら館」です!

大和ミュージアムの前にある砲塔は、戦艦陸奥さんの四番砲塔です。
2本ある内の1本は先日、生まれ故郷にある横須賀のヴェルニー公園に帰りました!

ヴェルニー公園の戦艦陸奥の砲塔はこちら
 ↓
陸奥さんなんか可哀そうだな

大和ミュージアムの隣には呉港があります!ちょうど、呉中央桟橋にフェリーが入るとこのようです!

呉中央桟橋

呉艦船めぐりはこの呉港の中で受付をしています


呉港の隣は海上自衛隊呉教育隊の建物があり、小型艦船が多く停泊しています。
呉港となり
ここで停泊している船は護衛艦ではないですよ!護衛艦はここから車かバスで10分くらいの「アレイからすこじま」周辺か呉艦船めぐりで見ることができます!


アレイカラスコじまレポート
 ↓
聖地巡礼的な?映画「この世界の片隅に」舞台の場所

大和ミュージアムでは常設展と期間限定企画の特別展があります!
この時は2016年の8月なので、「日米最後の戦艦展 (戦艦大和とミズーリ)」の展示を行っていました!

大和ミュージアム特別展

大和ミュージアムでは定期的に特別展のテーマを変えて行っています!
今年はずばりこれ!

大和ミュージアムトピックス

海底の戦艦大和

大和ミュージアムHPはこちら
 ↓
大和ミュージアムHP


この中で、潜水調査の映像がありますが、正直良く分かりません。
研究成果をまとめたものを4月からの特別展で報告してくれると思います!


大和ミュージアム周辺の話だけで今回は終わってしまいそうなので、中で展示されている
「10分の1戦艦大和」の写真を載せておきます!


大和10分の一縮尺前から

逆光ですいません!向こうに見える人!人形じゃないです!人です!

「10分の1戦艦大和」船体中央部です!

大和側面中央付近

後部の2番副砲の下あたりに人が立っているのがかわいいです!

大和ミュージアムは3Fまであって様々な展示があります!
次回のこのシリーズでは内部のもっと細かいところをレポートします!
青葉取材レポートでした!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

tag : 大和ミュージアム,呉艦船めぐり,戦艦大和,戦艦陸奥,

| ホーム |

 ホーム