FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:艦船に関する映画の紹介
映画「アルキメデス大戦」のレビュー的なものを艦船好きとして少し・・・・


暑い日が続きますね。
体調にはお気を付けください。

盆休みで広島の実家に帰ってきました。
同窓会やらなにやらで慌ただしく過ごし、再び東京へ。
実家に戻った時に、戦艦陸奥の爆沈した時に停泊していた「柱島」に行って来たんで今回はこの話をと
思ったのですが、山崎監督映画「アルキメデスの大戦」も見たのでこのレビューを少し書いておこうかなと思いました。

迷っている方に参考になればと・・・

でも結論を先にいうと
「迷っているなら見るべし!」です!

ネタバレは最小になるように気を付けていますが、もしあってもご勘弁!


<アルキメデスの大戦>

大和youtubeb

冒頭、しょっぱなに戦艦大和の沈没シーンが出てきます!

まあ、ぶっちゃけ映画の予告はTVCMなどでもやってますので見た方もおられると思いますが下にリンクを
↓↓
映画「アルキメデスの大戦」予告PV

映画の予告PVってのは映画の要約をCMの15秒ないし30秒にまとめたものなのでそれで十分ってのもありますけど
蛇足的なかつ主観的なものを

要らないかも知れませんが、予備知識的なものを


原作・・・「アルキメデスの大戦」 コミック

三田紀房氏による「ヤングマガジン」連載のコミックが原作です。
今回の映画の内容の7割くらいはコミック3巻までの内容にオリジナル要素を加えたものになっています。
すでに17巻まで出ているんですね。
正直追いついていないです。

内容を凄く端的にいうと
「第二次世界大戦の前、国家予算を莫大に消費する巨大戦艦大和を建造するのを天才数学者が阻止する」ってな話です。

端的過ぎるのでもう少し補足すると

工業力、資源力、いわゆる国力が遥かに勝るアメリカと戦争をしても日本に勝ち目は全くない!
日露戦争に勝利し日本人は神風が普通に起こると勘違いしている。
世界一の巨大戦艦大和を作ってしまっては、勝てると勘違いした大衆によって戦争の道を進んでしまうのを防ぐ為に
巨大戦艦の建造を防ぐ為に主人公はひたすらに真っすぐに進むというものです。


(※これは補足の補足ですが、アメリカはパナマ運河という制限があって構造上40cm砲以上を搭載する船が建造できない。
まあ、パナマ運河を通らずに遠回りすれば太平洋と大西洋を行きかうことはできるのですが・・・)


監督 山崎貴(やまざきたかし)

ぶっちゃけ映画における監督って大事だと思います。
もちろん新人の監督でも素晴らしい人はたくさんいますよ。もちろん。

【主観的な代表作品】・・見たものでピックアップなので偏ってます。

ALWAYS 三丁目の夕日 Always - Sunset on Third Street(2005年11月)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 Always - Sunset on Third Street 2(2007年11月)
SPACE BATTLESHIP ヤマト Space Battleship Yamato(2010年12月)・・・正直微妙だけど楽しめました。
永遠の0 THE ETERNAL ZERO(2013年12月)
海賊とよばれた男(2016年12月)
アルキメデスの大戦 The Great War of Archimedes(2019年7月)


【出演キャスト】
俳優はまったく詳しくないので割愛。

でも、造船中将平山忠道(モデルは造船の神様ともいわれる平賀譲中将)を演じた田中泯さん。
凄くいい雰囲気を出していました。


で!


冒頭に大和の沈没シーンが圧巻です!

これは予告PVでも一部が出ているのでどんなのかはお分かりになると思いますが、私の知る限りでは
もっともリアルな沈没シーン
ではないでしょうか!

大和の潜水調査はこれまでも何度か行われています。
たぶん、最新は2016年の潜水調査で呉市に大和ミュージアムが協力という形。
2017年の大和ミュージアムの企画展でも発表がありました。

その調査でも大和の沈没時の状況がある程度見えてきてます。

現在のところ
大和は左舷に8本、右舷に2本の魚雷、爆弾5発を受け、左に大きく傾き転覆、ひっくり返った後、大爆発により船体が折れて沈没。(でもこの被雷数などは資料によってまちまち、この数字は最新なのかな?)
現在は船体が3つに分割された状態で横たわっているのが分かっています。


その様子のリアルさにも驚きましたが、細部へのこだわりを見てとれました。

例えば、船体が転覆した時に喫水線より下の艦側面や艦底部分が露出しますが、フジツボの付着まで再現されていました。


それと演出に見事にはまったなぁと思ったのは

「米軍飛行機が撃ち落されてパイロットがパラシュートで脱出した後、海上で漂うパイロットを米軍はなんと目の前で水上機を使ってで救出した」のを当時の駆逐艦の乗務員の方がご覧になって
「これは敵わない」と思ったらしいのですが、そのシーンを見てに同様に私も思いました。

「この映画は国力で数十倍(当時)も上回っているアメリカと戦争をしてもどうしても敵わない!
巨大戦艦を作ってしまっては戦争で勝てると一般大衆の勘違いし、暴走するのをなんとか防ぐ!」

のてのが主人公の目的ですから
アメリカの凄さってのも描く必要があったんですね。



出てくる船は好きな船ばかりでした。

出演する艦船

長門屈曲煙突は自分でも作ったことがありますが、とてもGoodです!

アオシマ 戦艦長門屈曲煙突建造日誌はこちら
 ↓↓
アオシマ製 戦艦長門屈曲煙突建造日誌やら

三段空母時代の赤城はR工廠さんが協力されたとツイッターでもいってましたね。
映画のエンドロールに本名の笹原大さんの名前が出ていました。

<パンフレット>

あるパンフレット

集めるのが好きなんですよね。
中学時代から集めてたぶん今は2-300冊を超えていると思う。
ろくに読んでないのもあるのですが、このパンフは結構見ました。

ざっと見ていて気になった箇所がありました!

大和被害状況b

2番主砲の横の25㎜三連装機銃です!


こんなところに3連装機銃てあったっけ?

以前作った フジミ艦NEXT 戦艦大和を見直してみたり、フジミさんに景品でいただいた1/500 戦艦大和プレミアムをみたりしましたが

数はあっているのだが、この位置(2番主砲の真横)にはありませんでした。

フジミ 艦NEXT 日本戦艦大和 1/700建造日誌や考察よもやま

最新の戦艦大和は ピットロードさんの戦艦大和のはずなのでそちらではどうなっているんでしょうね。

ヨドバシカメラ西新宿本店で飾っている商品を見て確認しました。
 2番主砲のやや後方。すなわちフジミさんの大和と同じ配置でした。



最後はモデラー以外には全くどうでもいい話でした!

まあ、興味が湧いた方には見て損のない映画だと思いますのでお勧めです!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : アルキメデスの大戦 映画 山崎貴 戦艦大和 戦艦長門屈曲煙突 空母赤城

DATE: CATEGORY:艦船に関する映画の紹介
「ハンターキラー 潜航せよ」を見てきました!



ハンターキラー
※画像はパンフレットより抜粋してます


今回は模型ではなく、映画の話です。

「ハンターキラー 潜航せよ」 見てきました!
(調度、14日はワーナーシネマズデイ、会員は映画が1100円になるのです。)

ハンターキラーパンフレット


潜水艦映画、時々あります。
でも中々ドラマにするのが難しいのかそんなに沢山は出てきません。

勇名どころだと、「眼下の敵」、「U・ボート」、「レッド・オクトーバーを追え!」他にもあるのでしょうが、私がみたことがあるのはこの位です。

でもこれら3つの映画はどれも面白い傑作でした。
※私は映画もまあまあ好きで恐らく大体のメジャーな映画は見ている自信があります。



ストーリーはネタバレなので言えませんが、本作の主役 ハンターキラーこと攻撃型原子力潜水艦 バージニア級27番艦「アーカンソー」がたたき上げの艦長ジョー・グラスの指揮の元、大活躍し世界を救う! そんな映画です。



『ジェラルド・バトラー』

ジェラルド・バトラー

艦長を演じるのは「ジェラルド・バトラー」、映画好きな人はどの映画を思い出すのでしょうか?

私は、「300」<スリーハンドレッド> のスパルタの王様、レオニダスを演じたのを思い出します。

「300」てのはペルシア戦争のティモピュライの戦いを映画化したもので300名のスパルタの親衛隊が100万のペルシア軍を隘路で押しとどめたといわれた戦いを映画化したものです。(実際には100万ではなく、20万くらいらしいですが、それでも圧倒的な数)

結局、後ろに廻り込まれて敗れるのですがここで時間稼ぎをしたおかげでギリシア連合はサラミスの海戦で勝つことができたといわれています。

他にも有名な俳優では「ゲイリー・オールドマン」が出ています。

あの映画「レオン」で狂気の刑事を演じたのは未だによく覚えています。でも今回はだめな人の役です。
(レオンは私の中でベスト10に入る名画だと思っています。特に完全版)



『アーカンソー』

アーカンソー


話しがそれましたが

このアーカンソー 2023年2月竣工予定の潜水艦らしいです。

「ハンター・キラー」てのは潜水艦を狩りだして撃沈する能力をもった潜水艦という事らしいです。

でも海戦に詳しい方はご存知の通り、第二次世界大戦当時は潜水艦を潜水艦で攻撃するという発想はほとんどなく、ごく少数の例外以外はその様な戦いはありませんでした。

(一例を出すと、第二次世界大戦で日本の潜水艦が連合軍の潜水艦を56隻くらい沈めているのですが、そのうち潜水艦で沈めたのはたった4隻だけです。)

しかし、現代戦では潜水艦に潜水艦で当たるというのはそれほど可笑しい戦術ではなく、むしろ基本戦術の一つなのです。

しかし、このパンフにある様にアーカンソーの水中速度 34ノット(米国海軍公称25ノット)、試験深度 488m(公称122m)ってのは本当でしょうか? 凄いですよね。


『ミスティック』

ミスティック

アーカンソー搭載の潜水艦救難艇です。レッドオクトーバーを追え!でも登場!


タンパ・ベイとコーニク

アメリカのロサンジェルス級攻撃型潜水艦 「タンパ・ベイ」とロシアのアクラ級攻撃型潜水艦 「コーニク」です。


潜水艦映画といえば、ソナーのピーンって音の緊張感がなかなかのもんです!
少々、ご都合主義的なところはありましたがあっという間の122分、楽しかったです!

でもロシアの駆逐艦ってあんなに高性能なんでしょうかね~? 

人気ブログランキングに参加しています
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
DATE: CATEGORY:艦船に関する映画の紹介
話題の映画 「この世界の片隅に」を見ました!

以前、呉出身の友人のFBの投稿に「この世界の片隅に」を見たけど、とてもいい映画だったという投稿があり、ずっと気になっていたこの映画、やっと見に行きました。

開始時は63会場での比較的ひっそりとした始まり方でSNSで評判が広がり少しずつ増えている様子。
それでもどこの映画館でもって訳には行かず、少々遠出での映画館に行きました。



実は感想は?と聞かれると少々答えに窮してしまいます。

ハリウッド映画の様に勧善懲悪で、正義が勝つ!ってな訳でもないし、ハッピーエンドで終わる訳でもない。

戦前から、戦中、戦後の時期の主人公すずの少女からの成長の過程、そこに戦争と言う、普通ではありえない非日常が否が応でも割り込んでくる。そして、呉という軍港があった町では大空襲もあり、大切なものを失ってしまう。

日常の中での機微の積み重ね、それが幸せで大事なものということを伝えてくれる。

そんな映画でした。

この世界の片隅に

広島市出身の私としては、映画に出てくる場所が、非常に懐かしく感じました。
すずの実家の江波であったり、度々出てくる現在の原爆ドーム(当時は広島県産業奨励館)や福屋百貨店新館など非常にリアルに描かれていました。

嫁ぎ先は呉市の少し山手の方でしょうか?呉駅から呉港の辺りはたびたび行ったことがあるので分かるのですが、この辺りは良く知らない土地です。

のん(=能年玲奈)の演じるすずの広島弁も高校生まで住んでいた私の耳には全く違和感なく感じました。
(私の田舎の東広島市のおばちゃんのしゃべり方そのものでした。)
呉の発音一つとっても、広島の人のKureの発音と呉の人のkuReの発音まで分けたりしてたと思います。

いや、広島弁だけでなく、演技そのものも非常に上手でしたよ。
”のん”しかいないとの声優起用。ぴったりでした。

時代考証もかなり細かく行っている様です。
映画上で何月何日という表示が細かく出てきます。空襲の日が何月何日だとか。警報だけで実際には空襲がなかった日だとか。

そして広島市民、いや県民?なら何の日か知っている日時、8月6日午前8時15分、この日の前にすずが実家に帰るって言った時には「おいおい」ってハラハラしたりしました。そして8月15日の玉音放送。すずの心境の吐露。

心にしみる映画であることは確かでした

パンフ表

余談になりますが、映画中に出てくる軍艦は「戦艦大和」「重巡青葉」は絵と共に出ています。
青葉はすずの幼馴染の水原哲の乗艦で終戦時、呉港で大破着底。
名前だけや小さい絵だと空母飛鷹、隼鷹、武蔵、利根、伊勢?

人気ブログランキングに参加しています。
クリック宜しくお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


tag : 映画 この世界の片隅に 感想


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ