プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/07/09 (Sat) 21:40
駆逐艦島風(1/700タミヤ)手摺、スクリューガード、そして完成。 おっそーい!

スクリューガードの自作

大した手間にならないので、伸ばしランナーで自作しました。後部旗竿は0.5mm真鍮線で作成しました。
島風タミヤスクリュウガード自作

そして仕上げの手摺です。手摺はいつものKAモデルズです。

島風タミヤ手摺接着
瞬間接着剤が乾くまでしばらくこのままです。抑えに使っているマスキングテープの切片が包帯みたいです。
キャンパス生地はシールテープです。

島風タミヤ完成左向き

<島風 1/700左舷>

島風タミヤ右前

<島風 1/700右舷>

ウェザリング、張線をして完成です。僕的には大満足です。

島風ちゃん速きこと

やっと完成?おっそーい!

この娘にも出てもらいました。もう一基の61cm5連装酸素魚雷は雪風に貸していますが、それでもなんちゅう雷撃力。
そういえば、この娘を獲得するのに2-4を何十回も周回したんだっけなあ。

写真追加しました!(2015/12/25)

タミヤ製駆逐艦島風 

人気ブログランキングに参加しています。
良ければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


人気ブログランキングへ

こちらでマックスファクトリーの1/350 駆逐艦島風&しまかぜちゃん フィギュアセットも作ったので、見てやって下さい。

プラモデルを再開して4作目のつたない腕の、私でもいいものが作れる良キットです!
 ↓
マックスファクトリー 1/350 駆逐艦島風&しまかぜちゃん完成

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦むす,艦娘,タミヤ,島風,製作手順,作例,艦船プラモデル,

2016/07/09 (Sat) 19:52
島風 艦上装備(1/700タミヤ)

島風の大体の装備装着後です。リノリウム抑えが効いていると思います。
島風タミヤ艦上大まか装備完成
大体いい感じなのですが、少しもの足りなさを感じます。特に艦首部分と艦尾部分がのぺっとしているのです。
艦首はアンカーチェーンに鎖を使用。艦尾は爆雷投下軌条を真鍮線(0.2mm)と艦船装備セットⅤを使用しました。
フラグシップ超超極細チェーン
チェーンはフラグシップ製「超超極細チェーン(黒)」を使用しました。
ピットロード装備セットⅤより使用アイテム
写真は「艦船装備セットⅤ」で使用したパーツです。
左端が爆雷投下軌条です。その他、探照灯、ループアンテナ、2m測距儀、ホーサーリールを使用しています。
島風タミヤ爆雷投下軌条アップ
これで艦尾もにぎやかになりました。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,タミヤ,駆逐艦,島風,1/700,艦娘,製作手順,初心者,

2016/07/05 (Tue) 23:37
駆逐艦 島風(1/700タミヤ) つるつるてんだと寂しいし

リノリウム

巡洋艦や駆逐艦の上甲板等にはリノリウムが敷かれていました。
リノリウムは軟質の床材で少し基本茶系の色です。リノリウムは軽量で加工性も優れていたので多用されましたが
可燃性で火災の要因になるので大戦末期にははがされていたことも多いようです。

船員の居室はリノリウム甲板の下にあったのではがされた船で南方で航海する場合は地獄のような暑さだったということです。
リノリウムがはがされていたことを前提に艦の全体を軍艦色に塗ってもいいのですが、それでは味気なくなるので私は基本
リノリウム色を塗りたいと思います。

とりあえずリノリウム塗装をします。下の写真は魚雷運搬軌条を島風の実艦の状態に合わせて0.2mm真鍮線で延長したものです。

島風タミヤリノリウム色塗装

伸ばしランナーでリノリウム抑えを作ってみます

つるつるてんのリノリウム甲板だとどうしても寂しく感じます。
リノリウム抑えはエッチングパーツでもありますがここは伸ばしランナーを金色に塗って貼り付けました。
間隔は私の好みです。

島風タミヤリノリウム抑え貼り付け

全体に張るとこんな感じです。

島風リノリウム抑え完成

暗くて少し見にくいですがいい感じです。

モールドを手で塗るよりかえってきれいかも知れないと思いましたが手間はかかりました。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,タミヤ,駆逐艦,島風,リノリウム抑え,

2016/07/04 (Mon) 22:35
駆逐艦島風(1/700タミヤWLシリーズ) 5つの修正ポイント

駆逐艦島風 1/700 タミヤ 修正5つのポイント

再現年次は1944年10月以降の最終時とします。(1/350が竣工時だったし)
単装機銃などが多く装備されていたという説もありますが、ごちゃごちゃしたくないのでここはなしという説を取りました。

それなりにこだわりながら(でも時間は最小限にしたいので)ポイントを抑えたディテールアップに磨きをかけたいと思っています。
そこで、今回の製作のポイントは下記の点にします。

1.主要装備のXランナーへの置き換え(Xランナーは1990年代に付属されたようです。知らなかった・・・)
2.リノリウム抑えを伸ばしランナーで製作
3.船体下部の舷窓を塞ぐ。
4.艦橋の穴開け、魚雷運搬軌条(一部)、爆雷投下軌条の真鍮線(0.2mm)追加、一部別売りパーツ使用。
5.アンカーチェーン、旗竿、手摺はエッチング追加、キャンパス、空中線追加
大体こんなところです。

ではXランナーと付属のキットを比較して見ましょう。

Xランナー比較

やはりXランナーのモールドの方がしっかりしています。基本こちらに置き換えます。
(そもそも置き換えても手間は一緒だし、費用が掛かる訳でもないし、普通置き換えますよね)

リンセ島風タミヤ1

今日もリンセは相手にしてもらえず暇そうです。

次に舷窓を塞ぎます。
0.25mmのプラ版に2mmのポンチで丸くくりぬき、下部舷窓部分に張って行きます。大戦末期は舷窓からの浸水を防ぐためほとんどの船が舷窓をこうして塞いでいたようです。ちょっとオーバースケールですが、見つけたポンチの最小サイズが2mmだったもので。

島風タミヤ舷窓塞ぎ

この当時は2mmのポンチしかなかったのですが、軽巡夕張では真鍮パイプでプラペーパーを切り出しています。
軽巡夕張の舷窓塞ぎはこちら
 ↓
軽巡夕張建造日誌 舷窓塞ぎ

ちなみに艦底はプラ版で貼り付け、船首にひけがあったのでパテ埋め、一部水密扉のエッチング貼り付けを行っています。

ピットロード艦船装備セットⅤ

いかりをなくしてしまいました。

丁度、興味で買ったピットロードさんの「艦船装備セットⅤ」の錨を使用します。アンカーレセスはくぼみがないので、リューターで削りアンカーレセスを表現しました。

島風タミヤアンカー置き換え

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,島風,初心者,タミヤ,駆逐艦,WL,舷窓塞ぎ,

2016/07/03 (Sun) 21:52
駆逐艦島風(Ⅱ) 1/700 タミヤ しまかぜ、出撃しまーす!

駆逐艦島風 1/700 タミヤ を少し手直しして製作!

1/350をすでに製作しているので1/700「駆逐艦島風(Ⅱ)」はもういいかなっとも思ったのですが、このブログのテーマは新旧同名の艦船を比較するというもので、同じスケールでないとやっぱりダメかなということで製作することにしました。

しかし、「島風」は色々なメーカーから出されているんですね。1/700だけでも「タミヤ」さん、「アオシマ」さん(もっともこれは艦むすキットで中身はタミヤみたいですが)、「フジミ」さん、「ピットロード」さんとハセガワを除く主だったメーカー勢ぞろい。艦これによる島風人気のほどがうかがわれます。
これを購入した時には、ろくに調べずに買ったので昔慣れ親しんでいたWLシリーズ(ウオーターラインシリーズ)タミヤさんの「1/700島風」を購入・製作しました。

実はブログへの記載と製作には約3-4か月のずれがありまして、これを購入した時には艦船プラモデルを久方ぶりに再開してからまだ3か月ほどでメーカー事情も良く分かっていませんでした。

島風タミヤ箱

これこれ!すっごく懐かし~。

中身はっと。

島風タミヤ中身

鉄の板が艦底になっています。これダイキャスト版って言いましたっけ?錘も兼ねているんでしょうが普通のプラスティックでいいのに。

それともう一つ見慣れないものが・・・

島風タミヤXライナー
Xランナーと言うそうです。WLシリーズの旧作には昨今の精密なキットに対応するために付属している様です。いつからついているんですかね。

私が知っている時代にはありませんでした。金型を全て作り直すより付属させた方が効率的だということですね。

Xライナー中身

今回はこのXランナーにも注目して作ってみましょう。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,島風,タミヤ,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ