プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/12/01 (Thu) 12:00
重巡鳥海建造日誌8日目 ついに完成!ソロモン海戦からサマール沖海戦まで大活躍でした!

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌8日目」


ついに今日から12月ですね。
師走の忙しい時期です。

気温の変化も激しいので皆様も健康には気を付けて下さい。
私も咳が少々出るのがようやく収まったら、昨日辺りから鼻が出始め少々つらい状態です。

さらに社内プレゼンなんかもあったりして、それでもブログを更新している自分はアホかも知れないなんて思ったりします。

来週はプレゼンも山場なので流石に毎日は無理かも知れません。

さて、本題ですが鳥海の完成写真です!

これまでの重巡鳥海の建造日誌はこちら
 ↓
重巡鳥海建造日誌


鳥海右舷前

前にも書きましたが、重巡鳥海を始め、高雄型重巡の艦橋はとりわけ大きいのが特徴でした。
しかし、高雄と愛宕は開戦前に近代化改装で小顔手術をしています。

しかし、鳥海と摩耶は手術前に開戦になりました。

その後、摩耶は近代化改装をするどころか防空巡洋艦になって生まれ変わるのですが、(これがまたかっこいいんですよね。いつか作ってみたいですが)鳥海は開戦以来第八艦隊旗艦として奔走し、結局レイテまでほぼこの形のままだったんです。

高雄型は艦橋の設備が充実しており、旗艦として快適だったという話もあります。

鳥海艦橋右舷アップ

この様な鳥海の右舷の艦橋付近から撮った写真は有名ですね。
中央付近にある12cm高角砲は結局単装のままでした。

横から見える魚雷発射管も改装されなかったポイントの一つです。
鳥海は61cm連装魚雷発射管、他の高雄型は4連装魚雷発射管です。

鳥海上空から

重巡鳥海の最大のハイライトは第一次ソロモン海戦でしょう。

ソロモン海戦での鳥海の活躍についてはこちらでレポートしています。
 ↓
アイアンボトムサウンドでの死闘!鳥海大活躍!

鳥海左舷前

実は、鳥海も摩耶と同じように防空巡洋艦になる近代化改装が予定されていました。
艦これで鳥海に改2丁なんて実装されたら、防空巡洋艦になったりするかもですね。

鳥海の最後

鳥海はマリアナ沖海戦、レイテ沖海戦に参加しますが、レイテ沖海戦の中のサマール沖海戦で護衛空母を攻撃中船体中央に被弾(金剛の誤射という説もある)魚雷が誘爆し、舵を損傷します。

その後米軍機の空襲を受け、500ポンド爆弾を機関室前方に被弾、大破します。
夕雲型駆逐艦11番艦藤波が救助を命じられますが、この両者ともに沈没。生存者はいませんでした。

鳥海右舷夕日

夕日を浴びるとこんな感じですか。
哀愁を感じます。

鳥海さん劇場版探照灯3

鳥海さんは私の鎮守府に一番最初に来た重巡なんですよね。
それだけに思い入れがあります。

劇場版では冒頭は第一次ソロモン海戦を舞台にしているということで大活躍!との話ですね。

大戦初期からほぼ終盤のレイテ沖までを通じて大活躍の鳥海は、こんごう型「イージス護衛艦 ちょうかい」として現代に再びよみがえり、日本を守る盾として活躍してくれています。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,フジミ,重巡鳥海,艦これ,第一次ソロモン海戦,アイアンボトムサウンド,作例,

2016/11/30 (Wed) 12:00
重巡鳥海建造日誌7日目 ウェザリング、揚旗索、空中線張り、艦載機搭載、そして!ほぼ完成

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌7日目」


前回までに手摺を取り付けました。


徐々に高雄型重巡 4番艦鳥海の完成に近づいてきました。
鳥海の勇壮な姿が出来てきたところです。

これまでの重巡鳥海の建造日誌はこちら
 ↓
重巡鳥海建造日誌

ウェザリングを行います。
ウェザリングの基本ベースはレッドブラウンのエナメル溶剤にフラットブラックを少量混ぜたものを基本にしています。

これを錆の出そうなところに塗って行きます。

鳥海ウェザリング茶

一通り乾いたら、エナメル溶剤でボカシて行きます。
ここら辺は個人のセンスで。

鳥海ウェザリング済み

墨入れについて

ウェザリングの前か後で墨入れを行います。ウォッシングといって全体に薄く黒を入れる方も多くいますし、少し暗めの塗装にしたい時は私も行っています。

墨入れはフラットブラックのエナメル溶剤で薄めたものをウェザイング同様に影になりそうなところに塗り、乾いたところでエナメル溶剤で少し幅のある筆などで洗いぼかしていきます。

エナメル溶剤でラッカー溶剤は溶けないので気に入るまでやり直すことが出来ます。

次に空中線を張ります。

始めに艦橋のマストから降りる旗を上げるための揚旗索を貼って行きます。

プロの方の作品を見ると滑車の両側から降ろしているものを見ますが、とても大変そうなので滑車の裏に貼り付けるにとどめます。

尚、この頃から揚旗索は伸ばしランナーで作る方向に行っていました。
しかも鳥海は少し凝って、伸ばしランナーにウッドブラウン系の色を着色しました。

鳥海伸ばしランナーブラウン

これを貼って行きます。

鳥海揚旗索張

滑車の先から手摺まで降ろしていきます。

金属製の鮎ゲッターなどより着色はし易いし、取り扱いは楽だし、目立つしでこの後は専ら揚旗索は伸ばしランナーです。

そして、鮎ゲッターで空中線を張ります。
0.06mmの太さのアユ釣り用の金属製の釣り糸です。

鳥海空中線張

鳥海さんには、私の中では結構多めのもりもりで張りました。

そして艦載機を作って搭載です。

鳥海搭載機

鳥海の搭載機は3機ついています。

一円玉でも置いておけば、大きさが分かってよかったんですけど。

塗装指示に従って迷彩塗装です。迷彩の塗り方は結構センスで塗りましたがそれらしく塗れるものですね。

デカールが小さくて苦労します。

鳥海搭載機を載せて完成

艦載機をカタパルトと、運搬台車に乗せて完了です。
艦載機は接着せずに両面テープで張っています。
後部から鳥海さんの艦載機格納庫も見ることが出来ます。

空中線には白い碍子と呼ばれるものを塗装しています。
これは絶縁の為にあるもので陶器で作られている様です。

空中線にゼリー状の瞬間接着剤を玉の様に付けて乾燥したところで白で塗ります。

ようやく完成までこぎ着けました。
次回完成写真です。

励みになります。ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,フジミ,1/700,重巡,鳥海,高雄型,ウェザリング,空中線,揚旗索,

2016/11/24 (Thu) 12:00
重巡鳥海建造日誌6日目 基本の技術ですが、手摺の設置です!

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌6日目」


前回までに上部構造物の艤装まで行いました。

前回まではこちら
  ↓
重巡鳥海建造日誌

今回は、重巡鳥海の手摺の設置です。

このどちらとも基本の技術でベテランの方には当たり前のことなのですが、初心者の頃はどうしたらいいのか悩んだ記憶があります。

主に塗装と手摺の関係に悩む訳ですが

手すりの設置順序

A)手摺を設置してから塗装する。
B)塗装してから手摺を付ける。

当たり前ですが、塗装と手摺の設置はこの2通りになります。

それぞれのメリットとデメリットは

A)手摺→塗装の順序
メリット:しっかりと付く
     場所によっては、マスキングを行いにくく、塗装に影響が出る。
デメリット:取り回しの時に外れたり曲げたりする。

B)塗装→手摺の順序
メリット:塗装をしてから設置できるので手すりなどを気にせずに塗装できる。
デメリット:どうしても接着が甘くなる。
       塗装後の接着なので周りの塗装を溶かしたり、塗装の上に接着剤がはみ出し塗装が汚くなる危険がある。

私はプラモデルを始めた当初はBの方法で行っていました。
しかし、どうしても接着が甘くなるのが嫌なので今はできるだけAの方法で行っています。

厳密に言うと、複雑な船になると、AとBの混合型になってきます。

今回の重巡鳥海は比較的プラモデル再開後の作成なのでBの方法で手摺を付けています。
(ちなみに少し前の空母飛鷹は主にAの方法で付けています)

重巡鳥海の手摺設置

塗装→手摺設置の順序

鳥海端を削る

手すりを設置する0.5mm程度の幅をアートナイフで塗装を削り取ります。

鳥海瞬間接着剤を塗る

もちろん、先に接着する手摺を船の形に添って曲げておきます。
手すりを接着するプラ部分に瞬間接着剤を塗る方法と、エッチングパーツに接着剤を塗る方法があります。

ちなみに私は瞬間接着剤は
タミヤのゼリータイプ瞬間接着剤をちょこっとに、流し込みタイプの瞬間接着剤を混ぜて使用しています。



流し込みタイプだけだと粘りがなさ過ぎて固まるまで落ち着かないのですが、ゼリータイプは接着力が弱いのとそのまま固まるとだまっぽくなります。

この二つを混ぜるといい感じです。

鳥海手摺り貼り付け

手すりを付けた後は、マスキングテープを細く切ったもので保持しておきます。

鳥海手摺り貼り付け終了

手すりを設置した後がこちらです。
高雄型の勇壮な姿が結構、さまになってきました!

ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


関係ないけど、秋イベで鈴谷をゲット。全く意識がなかったけど、艦これ初めて一年以上で出くわすとは。
うっかり見落とすとこだった。さり気にうれしいですな。
これで日本の重巡が全員そろいました!

鈴谷ゲット

鈴谷は最上型なのでもとは軽巡の設計です。なので名前は川の名前、しかも由来は樺太の鈴谷(すすや)川。
現在の日本にないので、DEの名前に付けられることもなかったのです。

そして立て続けに「陽炎型駆逐艦 時津風」ゲット、雪風の妹分です。
イベントではレア艦が次々出て良いですなあ。普段建造もほとんどしないもので。
周回して取ったのは島風くらいです。

時津風ゲット

この娘、ダンピールの悲劇のヒロインです。
駆逐艦の話を出していると良く出る舞台なので近日まとめないとなあ。


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,フジミ,初心者,重巡,鳥海,高雄型,手摺,エッチングパーツ,基本,

2016/11/18 (Fri) 12:00
重巡鳥海建造日誌5日目 煙突の塗装と上部構造物の艤装

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌5日目」


前回までに汚水捨管と魚雷発射管の設置を行いました。

鳥海が汚水捨管が再現されていないのは恐らく、他の高雄型重巡と船体を共通化している為だと思われます。
他の高雄型重巡は艦の側面にバルジ(艦の側面に膨らんでいる部分、重心を下げるのと対魚雷防御などにも効果がある)が付きます。

つまり、他の高雄型のモデルはバルジ部分に汚水捨管のモールドがあるものの、鳥海にはついに最後までバルジが装着されなかった為、バルジ部分が空きになっています。なので汚水捨管のモールドがないのですね。

なんか、鳥海さんかわいそうだな。
汚水捨管が最後で週末を越すと言うのも鳥海さんに申し訳ないので進めます。

煙突の塗装から上部構造物の艤装まで進みたいと思います。

<煙突の塗装>


煙突の塗装って順番に悩みます。先に黒を塗って、マスキングして船体色を塗るか?
はたまた、船体色を塗って、マスキングして黒を塗るか?

鳥海煙突の塗装

今回は、船体色を塗って、マスキングテープでぐるりと巻き、黒を吹き付けました。

鳥海艦橋と煙突塗装済

普段、煙突の一部分だけでエアーブラシを使うのも面倒なので筆塗りをすることも多いです。
しかし、この鳥海さんは煙突回りのエッチングもジャッキステーなど細かい部品がかなり付いているのでエアーブラシでないとうまく吹けません。

鳥海艦橋と煙突の設置

このまま、艦橋と煙突を設置しました。

<上部構造物の設置>


上部構造物を用意します。

鳥海上部構造物準備

そして、主砲を装着します。
今回用いているのはほとんど、純正エッチングパーツですが、主砲の上に手摺があります。
実は結構苦労したんです。今だともう少し手際よくできたと思うのですが、細かく曲げていくのがかなりの難関でした。

主砲が付くとかなりらしくなって来ましたね。


鳥海前部主砲

この娘、うちの箱入り娘ですが、当時5カ月目でまだ小っちゃくで可愛いです。

鳥海リンセ5

でも油断がもっともできない時もこの時でした。どうも艦橋や砲塔のサイズが狙いゴロの大きさなのか、目を離すとかじる気まんまんです。以前の護衛艦しまかぜは悲劇的な歯形を付けられてしまいましたので、席を外す時は必ず戸棚の中に一次避難です。

鳥海途中側面

船体の中央部分です。建造途中ですが、かなりごちゃごちゃしていてかっこいいです。

鳥海クレーン

このクレーンの部分のエッチングパーツなんて、初めて見た時には感動しました。ワイヤーまで再現しているんだ!と。

当時私もプラモを再開して5カ月ほどです。おろそかにしていた部分ですが、立体的なエッチングパーツを組み立てる時には最後のつなぎ目折ったままだと隙間が出ます。隙間が出さない様に接着させれば良いのですがこの時にはそんな知恵がありませんでした。その為にわずかに隙間が出来ている部分があります。

(T_T)初心者の方は注意する部分です。

完成間近です!

鳥海完成真近

ほぼ、完成に近づいてきました。次は手摺のエッチングパーツの装着からです。

ありがとうございました!
ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,製作手順,重巡,高雄型,鳥海,煙突,初心者,

2016/11/17 (Thu) 12:00
重巡鳥海特有の八九式連装魚雷発射管と高雄型それぞれの汚水捨管、建造日誌4日目

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌4日目」

前回で、重巡鳥海の上部構造物が塗装完了しました。

鳥海船体マスキングはがした後

探照堂のマスキングシートを使用して甲板の塗装を行った訳ですが、
マスキングシートを使用した後の塗装の様子を始めにアップで写します。

鳥海艦首部分塗装終了

アップで写すとリノリウム抑えにフリーハンドで引いたゴールドの塗装が下手なのがばれて嫌なのですが、まあ、こんなもんです。
ただ、この金のラインは少々ゆがんでいても船が出来上がるとあまり気になりません。(私はと言うことですが)

そこではなくて、リノリウム色と軍艦色の塗装部分を見て欲しいでのすが、探照堂のマスキングシートを利用した効果がかなり出ているのが分かります。

細かいモールドがきれいに色分け出来ています。

次に船体舷側です。
フジミの戦艦金剛を作成した時には、舷側の汚水捨管もきれいにモールドされていたのですが、この鳥海にはありませんでした。
舷側がやや寂しいので伸ばしランナーで作って行きます。
やはり、あるべきものがなくてそれが結構目立つものの場合、やはりあった方が良いですよね。


鳥海左舷汚水捨管

鳥海右舷排水管

参考にしたのは、モデルアート社「帝国海軍 重巡洋艦総ざらい」です。
この本は、各重巡の改装ポイントが書かれており、年代別にわかる様になっています。
特集には汚水捨管に限らず、通風筒や窓の位置など高雄型それぞれでの違いも載っています。

今回の私の作例だと汚水捨管の数はあっていますが、位置は大体合わせたつもりですが、太さや長さはあっていませんので本の写真部分を抜粋しておきます。

右舷の高雄型の汚水捨管の違いです。

高雄型汚水捨管右舷

左舷の汚水捨管の違いです。

高雄型汚水捨管左舷

フジミの舷側では魚雷発射管横に爆風抜き窓が少し薄いモールドながらきちんとモールドされていますのですが、窓のすべてが爆風抜きの窓になっています。


この本の通り、左舷の前から3つ目は丸窓にしました。ここで書いていなければ自分でも忘れるくらいの違いです。

鳥海の魚雷発射管

高雄型の魚雷発射管は開戦前は八九式連装魚雷発射管でしたが、愛宕と高雄は開戦前に九二式四連装発射管に改装されています。しかし、鳥海と摩耶は改装前に開戦になった為変更できませんでした。

摩耶は防空巡洋艦に改装された時に換装されたのですが、鳥海はついに最後までこのままでした。

鳥海魚雷発射管

魚雷発射管は片舷2基4門ですが、自発装填装置によって連続の雷撃が可能でした。使用する九〇式魚雷は最大24本が搭載されました。

鳥海魚雷発射管格納

魚雷発射管に蓋をして、次回は上部構造物の設置です!
艤装をすればかなり船っぽくなってきます。

ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,重巡,鳥海,汚水捨管,高雄型,魚雷発射管,マスキングシート,探照堂,1/700,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ