FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

駆逐艦夕雲 建造日誌5日目(ついに完成!) ついでに島風!

1/700 駆逐艦 夕雲 ハセガワ ウォーターラインシリーズ ついに完成!さて、長らく紹介してきた駆逐艦夕雲の製作手順ですが、後は、① 揚旗索(マストから降りている旗を上げ下げする空中線)② 7mカッター周りのグレイブバンド(船を留めるバンド)③ 空中線④ ウエザリングのみになりました。ここのところ、楊旗索は伸ばしランナーを細く作ったものを接着していくのが気に入っています。ここをメタル製の鮎ゲッター(...
記事の続きを読む
0 コメント

駆逐艦夕雲 建造日誌4日目(艦上艤装物の設置と塗装) 艦船装備セットⅤとかピットロードのパーツ使いまくり祭りだ!

「1/700 駆逐艦 夕雲(ハセガワ ウォーターラインシリーズ)建造日誌 4日目」 夕雲の艦上装備装着夕雲の建造日誌も4日目になります。夕雲のこれまでの説明はここで→夕雲建造日誌1日目から3日目までこの駆逐艦は上の記述の通り、WLシリーズの非常に古い古参キットです。そのまま作ればかなり簡単に出来ちゃいますが、結構もの足りません。そこで、足りないところを足していくことにしたので非常に手間のかかる娘になっ...
記事の続きを読む
0 コメント

夕雲は改装中 覗かないでね!(Ⅰ) 艦橋及びマストの製作

前回の夕雲建造日誌の報告が10月11日だったので前回の製作手順の説明からすでに9日間が経ってしまいました。それでは続きです。この夕雲はウォーターラインシリーズのいわゆる古参キットの一つで、この手の古参キットを私は勝手につるてんキットと呼んでいます。艦橋や煙突のモールドがほとんどなく、つるつるてんてんとしているからです。しかし、この手のつるてんキットは特に初心者の方のディテールアップの良い練習になります...
記事の続きを読む
0 コメント

駆逐艦 夕雲 安上がりディテールアップ!夕雲 本気で行くわ!

駆逐艦 夕雲 1/700 ハセガワ WLシリーズ ディテールアップ方針前回でもご紹介した通り、このキットはかなりの古参キット。金は書けませんが、結構手間はかけてみます。駆逐艦夕雲 修正部分は大体次の9項目①船体全身をやすり掛け。②甲板中央の不要なリノリウム抑えのモールドを削る。③船体側面がつるつる。舷窓の穴あけ。④舷外電路を伸ばしランナーで作る。⑤砲塔3基は全てピットロードの余り部品(12.7cm連装砲C/D型)...
記事の続きを読む
0 コメント

駆逐艦夕雲 (1/700 ハセガワ WL)を経済的にディテールアップして見た! 

駆逐艦夕雲 1/700 ハセガワ WLシリーズ製作<駆逐艦夕雲 完成写真>駆逐艦夕雲にはなんとなく、不憫さを感じてしまいます。漸減邀撃作戦に対する駆逐艦としては最終形で最新鋭の量産型駆逐艦にも関わらず、いやそれだからこそ19隻いた同型艦は全て終戦までに戦没しました。(漸減邀撃作戦自体が結果的にはナンセンスだった訳ですが・・・)結構功労艦なのになんとなく、雪風擁する陽炎型や島風に押され気味です。プラモデル界...
記事の続きを読む

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!