プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/05/24 (Tue) 23:48
駆逐艦島風&島風ちゃん(マックスファクトリー 1/350)完成!でも遅いよね。

マックスファクトリー 1/350 駆逐艦島風 フィギュア付き完成!

駆逐艦島風&しまかぜちゃんついに完成しました!

でも1か月以上かかったからやっぱ遅いかな。

張線はあゆゲッター0.15号(0.06mm)を使用しました。
あっさり書いているんですが空中線には結構悩みました。

一般には1/350には0.1mm程度のものを使用。
上記の太さは一般的には1/700に使用するんですが、釣りやで買った0.1mmの太さのものが樹脂製で使いにくかったんで0.06mmのものを使用しました。碍子はゼリー状の瞬間接着剤の塊を付け、白で着色したものです。

達人の作成では滑車の両端から紐が下りて来たり、吹き流しがあったりするんですがどうやってやるんですかね。
今後の研究課題です。

島風350張線

斜め後ろからだとこんな感じ。

島風350後ろ
高速駆逐艦ならではのほっそりとした船体が見て取れますねえ。

島風350横アップ
よく雑誌の作例だと内火艇を抑えている縄?やボートダビットからつるしている縄なんかも再現していますよね。
見よう見まねで縄は裁縫用の糸で、抑えている縄見たいなのはマスキングテープをはさみで切って瞬間接着剤で接着しました。


忘れてはならないのはこのキットは艦これの島風ちゃんがついているキットだということです。
フィギュアを作るのは初めてですが製作。
何とか作って塗装しました。肌色は下手に塗装するとハマりそうだったので、キットのそのままです。何色を塗っていいのかも良くわかりません。

てなわけで完全に完成!

本格的にエッチングを使っての製作でしたが、初心者を配慮した作りのおかげで何とか完成にこぎつけることが出来ました。満足の出来です。

ハセガワさんが「1/350キット 島風最終時」として出されているのはこのキットの応用編だと思います。
どちらにしても
非常に完成度の高い模型が私のように艦船プラモデル4作目でもできる非常にいいキットです。

自信をもってお勧めします!


島風と島風ちゃん黒

MaxFactory Shimakaze350

島風と島風ちゃん

いやー何度見てもほれぼれしちゃいます・・・



こちらから入った方は、タミヤ製 1/700 「駆逐艦島風」も作ったので見てやって下さい。
これと並行して作ったんで同じくらいつたないですが・・・

タミヤ 駆逐艦島風建造日誌はこちら
 ↓
タミヤ 駆逐艦島風 建造日誌

ブログランキングに参加しています。
宜しかったらクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 駆逐艦島風,艦娘,艦船プラモデル,作例,フィギュア,マックスファクトリー,初心者,

2016/05/19 (Thu) 00:00
ついに島風(1/350:マックスファクトリー)完成

ついに完成しました。
張線前です。
simakaze350全体
少し角度を変えて前から
斜め前からの島風張線前
前から写すと艦首の旗竿の太さが少し気になりますね。
今回は基本、キット+専用エッチングパーツのみで作る縛りなのでこれで良しです。
張線をするとこんな感じ。
島風350張線

tag : 艦船プラモデル,初心者,島風,マックスファクトリー,作例,

2016/05/12 (Thu) 22:29
上部構造物の取り付け

上部構造物を取り付けます。
上部構造物も接着しあと少し
もう少しですね。
島風のマストをパチリ
マストの部分をアップしました。
1/350島風恐るべし。エッチングのパーツに風見鶏や風速計もついています。
アップにすると滑車が微妙に曲がってますね。
手すりをマスキングテープで止める
始めにマスキングテープで仮止めします。
接着部分のマスキングテープを取り、瞬間接着剤で着けていきます。
手すりのエッチングを取り付ける
他のパーツと同様にこのキットのエッチングパーツには手すりにも接着面があります。
接着面にサラサラタイプの瞬間接着剤を塗り上からピンセットで30秒抑えます。これを繰り返すと出来上がり。
次回、ついに完成。

tag : 艦船プラモデル,艦むす,初心者,島風,製作手順,マックスファクトリー,マスト,

2016/05/11 (Wed) 21:10
リノリウム抑えの線引き

塗装したリノリウム甲板にリノリウム抑えの銅?の塗装を行います。
凸モールド部分を面相筆で塗っていきます。カラーはタミヤのエナメル「ゴールドリーフ X-12」
これを少しだけエナメル溶剤(X-20)で延ばします。
薄めすぎるとにじむので少しほぼ原液に近いくらいで。面相筆で塗ってもまっすぐきれいにできないんですよね。
筆の腹で塗るより先端をモールドに合わせてまっすぐ塗っていく方がまだ直線に塗れます。
リノリウム抑えを筆塗装
塗った後はこんな感じ。
リノリウム抑えを塗装
拡大すると少し粗が目立つのですが遠目なら大丈夫かな。
上甲板と船体を接着します。
喫水線で切っているキット(ウオーターライン)は先に接着して塗装するんですが、フルハルモデル(喫水線の下もあるタイプ)は
個別に塗装して張る方が合理的ですね。
これでしばらく放置。
船体を輪ゴム止め
リンセは今日も眠そうです。
紙の陰から眠そう


tag : 艦船プラモデル,艦むす,艦娘,初心者,島風,マックスファクトリー,製作手順,塗装,リンセ,

2016/05/09 (Mon) 23:30
上部構造物の組み立てとエッチングパーツの取り付け

作成した上部構造物にエッチングパーツを取り付けていきます。
エッチングパーツはあらかじめ取り付け部分にそって丁寧に曲げていきます。
この純正エッチングパーツは取り付け部に足があるので足の部分に流し込みタイプの瞬間接着剤を塗りエッチングの
中央部分から端に向けて順番に接着していきます。
機銃台にエッチング
機銃台の周りの手摺を取り付けました。
エッチングパーツの取り付けは塗装前か後か迷う場面もあるのですが、この様にエアーブラシで全体を軍艦色で塗装できる
場所は塗装前に取り付けます。
砲塔周囲の手摺

砲塔周囲の手摺はかなり複雑です。
細かい上に曲線でのまが部分が多いところで注意を要します。
この当時は、エッチングの取り扱いに慣れておらず、注意を怠るとピンセットをひっかけて曲げてしまうなど
最大の難関部分でした。
一通りエッチング取り付け完了中

一通りエッチングを取り付けました。マストのエッチングは風見鶏までついていて圧巻です。しかしこのような細かい
部分は取りまわしで外れたりすることがあるので取り付けは後にします。
内科艇エッチング

エッチングには内火艇の舵など細かい部分がついていてこれにも驚きです。

船体上部構造物の塗装

上部構造物や船体の塗装、艦底部分を塗装しました。
ちなみに塗装色は
リノリウムはタミヤのリノリウム色スプレー
船体、上部構造物などの基本色はMrカラー舞鶴海軍工廠標準色を使用。
鑑底はMrカラーC81あずき色です。
Mrカラーの艦底色は結構暗めなのでキャラクターと合わせても少し明るめのあずき色があっているように思います。

tag : 艦船プラモデル,初心者,島風,マックスファクトリー,エッチングパーツ,製作手順,艦むす,艦娘,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ