FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/12/05 (Wed) 12:00
ねりごまさんの作品って本当に考えているなって感じました!

ねりごまさんの作品って本当に考えているなって感じました!


昨日、今になって気が付いたことがあるのでブログに載せようかと思います。

Ro-500.jpg


ro-500模型

前回の記事で紹介したピットロードコンテスト 金賞に輝いた 

「ねりごま船渠」さんの「潜艦呂500号の軌跡」です


作品については、前回記事で紹介しているので今回は、それ以外の部分のお話です。


この作品、ドイツの潜水艦ⅣC型 U-511が日本に来て、さつき1号、呂号第500潜水艦へと変遷していった記録を1冊の本風(模型)にまとめたものです。


Uちゃんの変遷g


潜艦呂ー500の軌跡


①の「深海の使者」ってタイトルに何か見覚えがあるなってうっすら感じていました・・・

そして②潜水艦ではなく、潜艦になっているギミックの理由とは?



しかし、分からない・・・まあ、いいや・・・


気付いたきっかけは私の友人からの昨日のLINE。

「吉村昭の本読んだことある?」でした

ラインのやり取り

吉村昭氏の代表作「戦艦武蔵」


戦艦武蔵g


この吉村昭氏著 「戦艦武蔵」は所謂、記録文学小説と言うべきものでしょうか。

武蔵の建造からその最後までを通じて非論理的愚行に邁進した人間内部に潜む奇怪さを描いたものです。


一言でまとめるとそんな感じなのでしょうが、冒頭はBIGプロジェクトを成し遂げようとする男たちのプロジェクトX的なところから始まってその巨大さに圧倒されますね。

この夏ちょうど長崎に行った私としてはあの第二ドックか!とかガントリークレーンだ!とか思い出しながらもう一度読んでいます。


そして数ある作品の中の一冊


深海の使者g

制海権のない中、潜水艦の決死の訪独、2か月にも渡る敵海域への航海。成功のその裏には・・・


見覚えがあるって思ったのは、この本の題名だったからでした!

さっそく、ねりごま船渠さんに尋ねたところ、そうだというご返事!


状況は違えど、U-511は逆にドイツから日本へ渡った潜水艦。
ドイツに向かった日本の潜水艦と同じような苦難の道筋だったことでしょう。

そして、作品のタイトルはこれを変更したものとのこと

潜艦呂-511号の運命
※資料提供 ねりごま船渠さん

すいません!私はこの本を読んだことはございません。
現在ではアマゾンでも取り扱いはない様子。


因みに文字の字体は「ちんじゅふ」 C2機関 をだいぶリスペクトしたものとのことです。

ちんじゅふ Vol1g


Vol12Pg

確かに雰囲気似てるかも!


タイトルや作品名に何かあるなって思っていましたが、腑に落ちました・・・

ツイッターとかでも言ってなかったですよね。気づくまで言わないとは中々ねりごま船渠さんもやりますな。


前回記事は、松さんとの「青ブタシリーズ」にまつわる話、今回は吉村昭氏の「深海の使者」。

もっとも前回記事はピットロードコンテストの内容が中心なんですけどね。
 


前回の記事はこちら
 ↓
ピットロードコンテスト作品を見に行って来ましたよ
大きくジャンルは違いますが、模型ネタと同時に本ネタでの記事でした。

ここまで読んでいただいてありがとうございました!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。

( ̄^ ̄)ゞ


人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,ピットロードコンテスト,呂500,,

2018/12/01 (Sat) 01:15
ノースポート(ピットロード直営模型店)に行って来ました!ピトコン展示してましたヨ

ノースポート(ピットロード直営模型店)に行って来ました!ピトコン展示してましたヨ


模型を再開して丸三年になりますが、今回初めてピットロードの直営店ノースポートに行って来ました!

行ってきたきっかけは第29回ピットロードコンテストの受賞作品が展示されているのと、11月25日までジャンクセールをしていることです。
(ジャンクパーツはほとんど買わないのですけどね)

外出ついでに足を延ばしたのですが、

ノースポートの住所はここ↓
〒213-0015 神奈川県川崎市高津区梶ケ谷5丁目10−3


東急東横線梶ケ谷駅(かじがや)から歩いて15分くらいの場所にあります。

早速、受賞作の紹介

ノースポートで許可をいただいて写真撮影と紹介を行っています。

大変申し訳ない上にまずったのですが、ピントが手前に合っていることが多いです。
しかも上位受賞作品が酷いです。

お店の許可を取っているのだからじっくり撮ればいいのに。
すいません・・・
m(__)m

ブログで紹介するのもどうしようかとも思ったのですが、まあ、反省材料ですね。

もっと簡単なデジカメで写しておけば良かったのですが・・・

もちろん、ピットロードのHPでも紹介されていますし、雑誌モデルアート No.1004 2019年1月号でも紹介されています。

早速紹介

<金賞> 

潜艦呂500号の軌跡
潜艦呂500号の軌跡 ねりごま船渠 さん(愛媛県)

ツイッターで時々アドバイスをいただいているねりごま師匠です。
(勝手に師匠呼ばわりしてすいません!)
私同様に艦これがきっかけで艦船模型を始められた方で非常にセンスの良い作品を次々に作られています。

艦これの今年の2018年初秋イベントでは、行き詰ったE-4攻略アドバイスまでいただいちゃいました!

<銀賞>

グラーフ 銀賞
銀賞 グラーフ・ツェッペリン 津田 太 さん(千葉県)

まったく写真のピントの悪いおかげで空母もさることながら航空機の秀逸な様子が撮れずに申し訳ございません!
m(__)m

<銅賞>

銅賞ふじ
銅賞 JMSDF AGB FUJI class 虎一 さん(愛媛県)

時々ツイッターで拝見させていただいています。

<入選>

入賞えんしゅう
多用途支援艦「えんしゅう」 松 さん(千葉県)

今回、フルスクラッチで応募されました。
フルスクラッチとは思えない秀逸な作品ですよね。


私は本と言えば、ビジネス書からクラシックな文芸もの、SF、推理小説からラノベも読んでいるのですが、先日は
「青春豚野郎シリーズ」談義を松さんとしました。
読書の多くは電車の中なのですが、ラノベは電子書籍で読んでたりします。

作者:鴨志田一、イラスト:溝口ケージ
さんの作品ですが、題名で損していると思うのですよね~。

今期からアニメ化されています。
たぶん、6-7巻辺りの翔子ちゃんのパートが映画化すると思いますが、個人的には大ベストセラーの青春小説を上回る作品です。
是非お勧めです。



<閑話休題>


入賞インディペンデンス
USS INDEPENDENCE CVL-22 源明 強志 さん(神奈川県)

入賞加賀のさまよえる亡霊
鎮魂!彷徨える空母加賀の亡霊 那須 麗弘 さん(神奈川県)

入賞龍鳳
龍鳳と陸軍飛行第45戦隊 平田 真介 さん(東京都)

なんと入選作品は「えんしゅう」以外は空母。
空母強し!

ネイビーヤード賞北上
ネイビーヤード賞 対空警戒! 軽巡洋艦北上 原 新之助 さん(神奈川県)

ホビージャパン賞げんりゅう
ホビージャパン賞 JMSDF JS Genryū, SSN-901 カイザン さん(神奈川県)

モデルアート賞特設水上機母艦相良丸
モデルアート賞 特設水上機母艦 相良丸 金子 豊 さん(神奈川県)

ほぼ唯一焦点があった写真が撮れてました。

ノースポート賞オールドレディ
ノースポート賞 「オールド・レディ」 近藤 一美 さん(東京都)


その他にも参加された方の作品をいくつか



海鷹
「迷彩海鷹」 湯築めめさん

アークロイヤルと早波
「アークロイヤル」中村慎平さん、「日本海軍駆逐艦 早波」飛龍信濃さん

プリンセスベアトリス
「プリンセス ベアトリクス(ディエップ強襲作戦)」垣田真一さん

他にも多数の作品が並んでいました。
紹介できなかった方も秀逸揃いでした。

どれも秀逸な作品で眼福でした!
ありがとうございました!


ピットロードHPはこちら
 ↓
ピットロードHP


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

| ホーム |

 ホーム