FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
バイナルパターンの蛍光塗装 U-2501


忘年会もようやく一段落つきました。

今年は部署柄忘年会が多いんですけどようやく一段落付きました。
仕事も忙しくてその上、忘年会も多い。

仲間内で飲んでる分にはいいんですけど。

ところで、現在建造中の「蒼き鋼のアルペジオ U-2501」ですが、前回までに電飾の為、光ファイバーや配線を埋め込みました。

U-2501の塗装になります。

まず、船体には一通り、ホワイトサフを吹きました。

模型自体が赤色のランナーで作っているので船体色だけを見ると下地を吹く必要はないのですが、内部に仕込んだLEDの遮光目的とバイナルパターンの色を出す為です。

<U-2501 塗装指示>

バイナルパターンU-2501

塗装指示はこの様になっています。

私が普段使うのはMr.カラー主体なので、その指示に従うと、
・上1/3くらいが「キャラクターレッド」、
・下側が「RLM23 レッド」です。

しかし、霧の艦隊の艦船の特徴は何といっても船体にぼーっと光る「バイナルパターン」です。


バイナルパターンとを簡単に説明すると、この作品に出てくる霧の艦隊が戦闘モード(とは限らないけど)に入ると浮かびあがる船固有のパターンです。

i-401バイナルパターン


艦船毎に違います。

又、タカオの例の様に霧の艦隊(金剛の第一艦隊所属時)と出放してグンゾウ側「蒼き艦隊」に付いた時には「霧の艦隊」マークから「BLUE STEEL」マークに変わったりします。


バイナルパターンの色ですが、箱絵を見ると白色の様です。

U-2502箱

ところで

似たものに「イデアクレスト(智の紋章)」と言うのがあります。

これは、艦毎の記号の様なもので、艦首甲板であったり、これもその演算能力を高めて使用する時にメンタルモデルに浮かんでくるものです。

因みに「U-2501 イデアクレスト」は下の通り↓

U-2501イデアクレスト

ひたいにうっすらと出ているのが彼女のイデアクレストです。

でも考えてみると、コミックだと戦闘時にほぼ毎回メンタルモデルに浮かび上がるこのマークがTV版、劇場版ではなかった気がする。


設定が大分違っていて同じ世界の延長上でもないので、TV版ならではのなんらかの意図があるんでしょうね。


このU-2501に付属のバイナルパターンは蛍光塗料ではありません!

このアオシマさんの蒼き艦隊シリーズは途中から蛍光塗料を用いたデカールが付くのですが、初期の商品は普通のデカールです。

でもこの部分光らせたいですよね。

なので、蛍光塗料で塗ることにしました。

手順としては

①ホワイトサフ
②バイナルパターンがある箇所に白塗装
③同、バイナルパターンにある箇所に上から蛍光クリア塗装(ガイアカラーNo.110 蛍光クリア)を重ね塗り
④マスキングシートからバイナルパターンを切り出し、所定の位置に貼りマスキング
⑤2種類のレッドを塗装

全てエアーブラシを使用しています。


バイナルパターンの印刷


パターンを印刷

付属のデカールをスキャナーに取り込み、マスキングシートに印刷しました。
家にあるのは普通のインクジェット印刷機です。

マスキングシートにはインクが乗らないので乾いた後も触れると取れちゃいます。

気を付けて先端の細いデザインナイフか刃先の鋭い専用のカッターナイフで切り出します。


マスキング張り

この段階で少し問題が・・・・
とても良く見ると、箱絵と塗装指示書でバイナルパターンの位置が異なるのです。

結局、パターンの位置は高さは箱絵に、前後の位置は塗装指示に従うことにしました。
(前後の位置を変えるとデカールの切り出しでは後ろの方で長さが若干あわない箇所が出るので)


そんな感じで③まで進み、④でマスキングを張ったのが写真


マスキング


ここで、赤色2色を塗装します。
軍艦色①の指示がありますが、どこで塗るんでしょうかね?

最初、甲板に塗るのかと推察しましたが、コミック6巻の白黒の絵から推察するに甲板と船体の色は変わりがないようです。

なので、甲板はキャラクターレッドでそのまま塗装しました!


シュノーケルの先端はグレーかも知れません。


塗装終了後、マスキングシートを外したものです。

剥がした後

まあ、こんなもんでしょう!

これからマスキングの切り出しの曲線が綺麗に出ていない箇所や塗料が入り込んだ箇所などを筆で修正します。

神経使いそう!


蛍光の乗り方と光がちゃんと出るかをブラックライトを当てて確認しました。

蛍光及び点灯確認


まあ、少し補正したら何とかなりそうです!

あと少しで完成!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 1/700 アオシマ U-2501 Uボート 蒼き鋼のアルペジオ

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾の為に光ファイバーを通す!


忘年会のシーズンですね。
私の部署は仕事柄、お仕事相手の忘年会などが多い部署です。

でも、私は正直面倒です。
なるべく口実を付けて避けるのですがそれでも今週あと2回は出席せねばなりません。

家でゆっくりしたいというのが私の希望です・・・・

そんな昨今ですが・・・

U-2501は中に配線を通し、サフを吹くまで進みました。

U-2501光ファイバーと蛍光塗料

以前、護衛艦あきづきを建造した時に艦橋内部に空間を作り、LED(つり用)を仕込んでみました。

最後にLED入れて点灯させてようやく気が付いたのが、内部の遮光が不十分な為に光ってはいけないところが光って間抜けな状況になっていることでした!


そんな経験から今回は遮光をしっかりとした上で電池から配線しLEDを仕込みたいと思います。

ほとんど未経験の私は電飾初心者もいいとこ!
なので初歩の初歩になりますが必要なものとして下記のものを集めました。

今回は練習用に本当にシンプルに作るのでほぼ最低限用意しないといけないものかなと思います。

<必要なもの>

①電飾しましょ!【本】(どろぼうひげさん著)
②白色LED 2個
③耐熱電子ワイヤー(銅線)
④スイッチ付き電池ボックス(単三×2個用)
⑤熱収縮チューブ(⇒結局、ビニールテープで代用した)
⑥0.5㎜径光ファイバー
⑦ハンダ

他に道具として
はんだごては必要です。

どろぼうひげさんの「電飾しましょ!」はネットでたまたま見つけました。
ツイッターでも第2巻の宣伝がありましたが、私は初心者なので1巻目の初心者用を購入。



②~⑤は秋月電子通商から購入です。
注文して翌日には出荷してくれるスピード配達。
それに安い!

秋月電子通商のHPのリンクを貼っておきました。
 ↓
秋月電子通商HP

アキバにお店があるのは知ってましたが、なぞのお店でした。
こんな時に買うのですね~。
実際電子部品を買えるお店ってそんなに頻繁にないんですよね。

時間がないのでお店には行ってないのですが経験値を少し稼いではぐれスライムくらいになった今はお店で直接購入してもいいかなと思っています。
配送費(500円くらい)と同じくらいの電車代がかかっちゃいますけど。


熱収縮チューブは直径を確認しなかったので細すぎるものを購入してしまいました。
LEDの直径+1㎜程度のものを購入した方がいいって、本にも書いていたのに!
LEDの直径が3㎜ですのでこの場合4㎜のチューブが必要です。

光ファイバーはエスカがいいという話でしたが、下のものが安かったのでこれを購入。
今のところは全く問題なさそうです。
(個人の責任で選んでくださいね)



今回は電飾の練習ですが、潜水艦自体は非常にシンプルです。
Uボートは日本の潜水艦に比べ小型のものが多いですが、1/350なのでLEDを2個仕込む余裕が十分あります。

U-2501.jpg

電飾の方法としては白色LEDを光源として、光ファイバーで光を引きます。
船体の光らせたいところをあらかじめ光ファイバーの太さと同じ0.5㎜のピンバイスで穴をあけます。

模型などの場合、差し込むものよりわずか大きい穴が理想的ですが、光ファイバーについては0.5㎜直径と同じ大きさの穴でちゃんと通ることができました。
むしろ光が漏れるとかっこ悪いので同じ大きさが良いようです。

穴をあける箇所は箱絵を参考にしました。
※残念ながら全てではありません。潜舵横の光源は再現できていません。
箱絵はArk Perfomance さんの書下ろしイラストですので公式と呼べるものです。

コミック4巻の冒頭にカラーイラストはあるのですが、点灯箇所までは描かれていません。

<回路>

回路と言うにもおこがましい簡単なものですが、一応下記の通り
(正式な配線図の書き方を知らないのでその辺はあしからずです)

簡単な回路

白色LED1個は電圧3.3V必要なので単三電池2つで大体電力的には足ります。
LED2つは直列につなぐと電圧が落ちるので並列につなぎます。

配線をつないだ箇所ははんだ付けをします。
一旦模型を閉めてしまうと後から付け直すことができないのでこの時点でしっかりと付けることが大事だからです。

U-2501光ファイバを通す

一つの白色LEDは前に向けて、一つの白色LEDは後ろに向けてチューブ(実際にはチューブが細すぎてビニールテープに変更。いいのかな?)で囲い、光ファイバーを差し込みました。

LEDと光ファイバーを通したところ

プラスとマイナスの配線は艦の真下に2㎜径の穴を開けてそこから通します。
光ファイバーを長めに通して(長すぎるか?)潜水艦の左右を接着します。
内部の光源に近い部分は光が漏れるので内部を黒で塗装しました。

艦橋にも通す


艦橋にも光らせたい箇所が3か所あるので光ファイバーを3本上に通します。
上甲板に2mm径の穴を開けてそこから光ファイバーを3本通します。
艦橋の穴を開けた箇所に光ファイバーを通して左右を接着します。

この時もあらかじめ遮光用黒塗装を内部にします。
(漏光恐怖症)

光ファイバーを長めにするのは塗装しても最後でぎりぎりでカットすれば切り口が光るからです!

その後、船体全面にホワイトサフを吹きかけます。

この後、カラーで塗装する為と多少なりともサフの遮光力を期待してです。
実際には何度も暗闇で光らせて光漏れがないことを確認しているので大丈夫だと思いますが・・・・

この後の塗装は次回です。

果たしてかっこいい電飾潜水艦ができあがるかどうか!
こうご期待!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 1/700 U-2501 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 潜水艦 Uボート 電飾


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ