プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/10/19 (Wed) 10:00
本日、護衛艦25DD命名進水式!ついに艦名決定!

本日、25DDの命名、進水式です!

いやー、ついに来ましたね。この日が。
長崎にて25DD 新型護衛艦の命名、進水式です!

艦名予想を勝手にしてましたが、3文字と言うことで全部外れ。

三文字って言ったら、

まずこの娘!私的に本命です!
幸運艦として雪風と肩を並べた呼び名は「呉の雪風 佐世保のこの娘」
白露型2番艦です。

時雨改2ちゃん

はたまた、この娘も終戦まで生き残った幸運艦!
潜水艦パーチを沈めた対潜実績を持つ駆逐艦の1隻

潮ちゃん

この娘はないな。音響測定艦にあるし。
(ちなみに海上自衛隊の音響測定艦ってすごいんですよ。まさに音紋収集艦。もち潜水艦の)

でもこの娘も「不死鳥」のあだ名を持ってました。
レイテ沖海戦や沖縄特攻の際には損傷を受けて修理中という幸運!
Lv70になってもベールヌイにはしません!

響ちゃん

もしやこの娘という可能性も

朧浴衣小

しかし、こんな事で楽しめる私は幸せな奴ですなあ。
まあ、あほです。

ちなみに、上から時雨、潮、響、朧です。
他にも3文字の駆逐艦はたくさんいますが、どうなんでしょうね。
時雨は白露型ですが、潮以降は全て特型駆逐艦です。

19日10時37分から、命名、進水式開始です。

どなたかのリアルタイム情報をつかんで分かった時点で空白部分に加筆します。

25DDの名前はあさひでした!

日露の戦艦の名前ですね。おめでとうございます。
栄光の名鑑ですね。

護衛艦の命名基準についてはこちらです。
         ↓
護衛艦の命名基準

て言うより創成期の護衛艦の名前を引き継いだと言うことなんでしょうね。

米軍との協力体制の表れ的な意味合いもあるのでしょうか?

26DDは順当なら「はつひ」ですかね。私的には梨を引き揚げて復活させた「わかば」がいいなあと思いますが、同系統の名前を使うという内規から外れちゃいますね。

ところで、17日に命名進水式を迎えた「潜水艦救難母艦ちよだ」の後継は「ちよだ」でしたね。
ちょっと意外でした。

「えー私はっ・・・・・」
ちとせお姉水上機母艦

tag : 25DD,DD25,海上自衛隊,艦名,進水式,護衛艦,艦娘,あさひ,

2016/09/10 (Sat) 23:33
プラモデルで綴るDD25名前予想(くも篇)

ところで、プラモデルで綴るDD25名前予想続編「くも篇」です。
多くの方が予想している通り、護衛艦初のDDK(対潜護衛艦)が「くも型」である理由が大きく、私も「くも」が本命と思わざる負えません。
その中で「〇〇くも」の〇〇を予想して見ます。
しかし、雲の名前が付く大戦時駆逐艦の戦果という意味では若干微妙で、これだ!という抜きんでたものが無いように思います。
その中で私勝手に選出したのが下記の船です。

3位  叢雲
叢雲左前
<ピットロード 日本海軍特型駆逐艦叢雲 新装備(NEシリーズ)付使用>
叢雲は特型駆逐艦吹雪型5番艦で雲型1番艦です。実はこの船は2世で初代叢雲は日本初めての駆逐艦東雲型2番艦で採用されています。
この様な謂れで海上護衛隊一番艦の名前の候補にも「白雲」とともに挙がったらしいのですが前述した通り、「はるかぜ」「ゆきかぜ」に決定されています。
叢雲は1942年10月ガダルカナルで重巡「古鷹」救援に当たって、米軍機の空襲を受け、航行不能になり雷撃処分により沈没しました。
実は「叢雲」は私の艦これ初期選出艦です。えらくツン(デレ)ですが。改2の頭のふわふわがいいですね。

2位 山雲
山雲左舷前
<ピットロード 日本海軍駆逐艦朝雲 新装備(NEシリーズ)付使用>
本命の一つでしょう。対潜護衛艦の最初はDDK103 「あやなみ」ですが、アスロックを装備して登場した2番目のシリーズ「くも型」対潜護衛艦やまぐも型一番艦がDDK113「やまぐも」がです。
しかし、DD25の名前として「やまぐも」だといかにも面白くないので2位候補とさせていただきました。
大戦中の朝潮型駆逐艦6番艦が「山雲」です。この朝潮型は特型の理想的な兵装配置を復活させつつ、最大速度を35ノットという当時の海軍が待ち望んでいた駆逐艦でした。
山雲」自身は米潜水艦スカルピンを1942年に爆雷の上損傷して浮上した同艦を砲撃で撃沈する戦果を挙げています。
その様な戦歴も護衛艦DDK113に命名された理由なのでしょうか?
1944年10月レイテ沖海戦のひとつスリガオ海峡海戦で西村艦隊全滅の際に砲雷撃を受け轟沈しました。

1位 夕雲
夕雲右舷前
<ハセガワ ウオーターラインシリーズ 日本駆逐艦(ゆうぐも)使用>
栄えある一位候補は「夕雲」とさせていただきました。
夕雲型は陽炎型の量産タイプとして建造された期待の艦隊型駆逐艦でした。
陽炎型との大きな違いは連装砲塔を陽炎型の12.7cmC型連装砲から仰角をより高くとれるD型に変更した点です。
(実際には仰角を挙げた場合装填に時間がかかり対空砲としての意味はあまり実用的ではなかったようですが)
尚、「夕雲」は対潜護衛艦DDK121「ゆうぐも」として引き継いでいます。
始めは「夕雲」にそれほど思い入れもなかったのですが、「夕雲」が1943年7月の奇跡の救出作戦「キスカ島救出作戦」(ケ号作戦)の救出メンバーだと知って俄然思い入れが強くなりました。この作戦の詳細は夕雲の建造記録の中で詳細に記載したいと思いますが、米軍の包囲網の中、キスカ島守備隊5200名をかけることなく救出しきったまれにみる大成功した作戦でこの救出作戦を指揮した木村少将の目的を絞り、冷静に対処した判断力は卓越したものがあると感じています。
その思い入れが反映して、40年来の古参キットである同キットをディテールアップしまくり写真のような仕上げにしました。
同キットは昔のキットらしく側面も甲板もほとんどつるつる。艦橋もシールです。砲塔類等はすべてピットロードの余りを用いたので船体以外ほぼピットロードと呼んでいいかも知れません。ディテールアップの詳細も後日記載します。

この様な候補となりました。最後におまけというか、今回の「DD25予想」に際して雲のつく駆逐艦を買いあさった中に「秋雲」がありますので紹介します。

番外候補 「秋雲
秋雲右舷前
<アオシマ ウオーターラインシリーズ 日本駆逐艦(あきぐも)>
陽炎型19番艦「秋雲」です。護衛艦の名前としてこの前の防空型護衛艦が「あきづき」なので、流石にあきが続くことはないかと候補から外しました。
秋雲」は長く夕雲型とされていたのが、比較的最近になって陽炎型とされた経緯があります。
通常、駆逐艦は4隻(ないし2隻)単位で駆逐隊を構成することを意識して建造を計画されるのですが、秋雲を陽炎型とすると19番艦と半端になってしまう。竣工時期が1941年9月と夕雲の竣工時期1940年12月より後であること、名前が「雲」であることが夕雲型とおもわれいた理由の様です。しかし、2番砲塔が撤去され25mm三連装機銃に変更されていること(夕雲型は変更なし)から疑念がもたれ、最終的には集合写真が見つかり艦橋の様子が分かり陽炎型と認定されました。
南太平洋海戦で大破したホーネットのとどめをさし、ケ号作戦にも参加した船です。1944年9月米潜水艦レッドフィンの雷撃で沈みました。
キットは2004年?発売と結構古く、艦の側面とかツルツルなのですが、島風や先の夕雲で40年来のキットを見慣れた私としては結構船体のモールドがしっかりしてコレクション用としてはありだと思いました。写真は何も改造しておらず素組です。同じケ号参加艦なのに候補から外れたばかりにこの艦は素組みです。でも同じ大人買いの中で買われたウオーターラインの「天津風」はフジミの「浦風」を改造することになったので今だ手つかず。いずれ何かのテーマで作ることにしましょう。

以上で候補6隻+αです。予定通りなら来月10月に進水式の場で名前が発表になります。どの様な名前が発表されるか楽しみです。

続きを読む »

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : DD25,叢雲,秋雲,山雲,夕雲,艦船プラモデル,作例,

2016/09/09 (Fri) 22:58
プラモデルで綴るDD25名前予想(かぜ篇)

DD25の名前の予想として6つの名前+1の候補を挙げました。
「かぜ」から3隻
「くも」から3隻+1です。
今回は風から3隻の名前を挙げます。
今回の候補と同名艦を大戦時のプラモデルで再現しました。
6位
雪風
雪風フジミ右前
フジミ 1/700 雪風/浦風2隻セット使用>
大戦時の雪風は武勲艦かつ幸運艦の代表になります。
DD102護衛艦「ゆきかぜ」。国産護衛艦の名前として最初に決まっていたのは雪風でした。しかし、ゆきかぜが有名過ぎて2番艦になったという経緯があるということです。
それ以来、雪風の名前を継いだ護衛艦はいません。そろそろ雪風だったらテンションあがるなあ。
5位
天津風
天津風フジミ右前
フジミ 1/700 雪風/浦風2隻セット使用(浦風を改造)>
護衛艦としても最初のミサイル護衛艦はDDG163「あまつかぜ」でした。それ以来、「かぜ」はミサイル護衛艦の名前の基本形になっている様です。しかし、現在はDDGといえばイージス艦、イージス艦は山の名称がつけられています。今後排水量の小さいタイプのイージス艦が出てくれば「かぜ」型のDDGが出ることもあるかも知れませんが、基本なさそうです。だったら今後は「かぜ」が汎用護衛艦につけられる可能性はありそうです。
大戦時の駆逐艦「天津風」は陽炎型ですが、「島風」の高温高圧ボイラーを実験的に搭載していたことで有名です。
ミサイル護衛艦「あまつかぜ」も改装遍歴が多く実験艦的な意味合いも多く見受けられます。今回のDD25は実験艦あすかの装備技術が多く転用されていることから選びました。
4位
春風
春風左舷前

ピットロード 1/700 夕凪(対空兵装強化時)を改造>
国産護衛艦第一号はDD101護衛艦「はるかぜ」でした。
大戦時の春風も輸送船団の護衛という地味な任務でしたが、きっちりと仕事を行い終戦まで生き残った功労艦かつ幸運艦でした。
プラモデルは終戦時を再現しています。私の調べる範囲だと装備に若干不明な点がありましたのでそこは推測です。

以上6位から4位候補の「かぜ」3隻です。
実際には「かぜ」は望み薄そうなのですが、「雪風」、「天津風」を作りたくて無理やりこじつけた感が否めません。
春風」など神風型も大戦開始時にはすでに老朽艦となっていた訳ですが海上護衛では活躍しました。
峯風型駆逐艦「島風(Ⅰ)」もそうでしたが、味がありますよね。プラモデルのテーマ作成のいいところは普通だと作らない
プラモデルを作成して見ると意外な発見があるところです。
これら3隻の建造過程詳細などは後日記載します。

tag : DD25,艦船プラモデル,作例,雪風,天津風,春風,フジミ,ピットロード,

2016/08/19 (Fri) 23:54
DD25の名前予想 幸運艦の例(駆逐艦)

それでは「かぜ」と「くも」からどの様な名前が付けられるかを考えてみましょう。
護衛艦の名前をどの様に選ばれるのかを詳しく知りませんが、最初に関係者でアンケートを取って、絞った上で最終は防衛省長官が決定すると聞いたことがあります。①幸運艦、②武勲艦、③クラスを代表する名前 は候補にあがると思われます。
それぞれの例を駆逐艦に絞って挙げてみましょう。A~Eまでは鉄板でしょうが後は独断もあります。
幸運艦の例(駆逐艦のみ)
 幸運艦の幸運をどの様に定義するかは難しいのですが、大戦を生き残った船はその様に言われていることが多いようです。
A)雪風
 いわずと知れた幸運艦の代表。陽炎型8番艦。雪風のすごいところは真珠湾から天一号作戦(沖縄水上特攻)までの16以上の主要な海戦で戦いほぼ無傷で終戦を迎えたことです。かの有名な第2水雷戦隊のメンバーです。参加作戦は先に書いた真珠湾、ミッドウエイ、第3次ソロモン、南太平洋、マリアナ沖、レイテ湾作戦、天一号作戦etc。詳しくは別のページに載せる予定。
雪風F1

B)時雨
 「呉の雪風、佐世保の時雨」と言われた名鑑。実はちょっと地味な白露型2番艦。雪風と同様に16以上の作戦に参加し生き残ってきた。壮絶な戦場に投げ出されることも多く、1943年8月のベラ湾夜戦では同航した駆逐艦3隻(萩風、江風、嵐)が沈没する中ただ1隻生き残り反撃した、この時には魚雷が一発命中されているが不発だという幸運に恵まれている。レイテ湾作戦のスリガオ海峡海戦では西村艦隊ほぼ全滅の中、唯一の生き残りでした。「不滅艦時雨」の別名もあったほど。残念ながら終戦の前の1945年1月潜水艦の雷撃で沈没しました。
C)
 暁型2番艦。マリアナ沖海戦、キスカ島救出など参加。レイテや天一号には修理をしていた関係で参加できなかった。3度の大きな被害に遭いながら沈まなかったことから「不死鳥」の別名をもつ。戦後、ロシアに渡り「ヴェールヌイ」(真実の、信頼できるという意味)として第二の生涯を送った。最後は兵装を撤去し練習艦デカブリストと改名し標的艦として生涯を終えました。
D)  
 綾波型10番艦(特型ⅡA型4番艦)。開戦と同時にミッドウェー島砲撃(真珠湾攻撃の囮作戦)に参加。その後も様々な作戦に参加している。米潜水艦パーチを沈めている。中破、係留状態ながら終戦まで生き抜く。
E)初霜
 建造史的に大失敗と言われる初春型4番艦。友鶴事件の後大改造。天一号作戦では最古参の船として参加。この作戦から無事生還するが終戦直前の1945年7月触雷し頓挫状態で終戦を迎えた。
F)春風
 神風型3番艦。峯風型や神風型は開戦時には旧式の駆逐艦になっていました。それでも輸送船の護衛艦任務に従事しネームシップの神風とともに終戦まで生き残りました。これも詳しくは別のページで。
G)涼月冬月
 それぞれ秋月型3番艦と改秋月型1番艦。長10cm連装砲を4基備えた防空駆逐艦。両艦共に天一号作戦で生き残った。
天一号作戦で涼月の受けた被害は甚大で艦首はほぼ水没状態だったので後進で進まざる負えない状態だった。無線もすべて壊れて使えない。途中米潜水艦にも襲われたが魚雷は幸運にも外れた。何とか自力で佐世保まで着き、曳航されてドッグに入ったところで力尽きて沈んだ。詳細は「激闘駆逐艦隊 倉橋友二郎著(河出文庫)」に。
  
終戦まで生き残った船は他にもありますが、代表としてはこんな感じでしょうか。

さらっと幸運艦の代表を書くつもりが結構な文字数になってしまいました。
この中で「かぜ」に該当するのが、「雪風」「春風」になります。「くも」は該当なし。
「しも」は確か護衛艦につけられたことがない様に思います。
こう見てみると案外、初めてのしも=初霜もあるかも知れませんね。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : DD25,幸運艦,雪風,時雨,,,春風,涼月,冬月,

| ホーム |

 ホーム