プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/09/23 (Sat) 12:00
DDH-184「護衛艦かが」乗船レポートファイルNo.6 格納庫と艦尾武装

DDH-184「護衛艦かが」乗船レポートファイルNo.6 格納庫と艦尾武装

この護衛艦かがの乗船レポートもいよいよ終わりに近づきました。

お盆のレポートを9月までしているのでやや引っ張り気味ですが、それぞれの場所で書きたいことを書いていくとこんな感じになるんですよね。

これまでの護衛艦かが乗船レポートはこちら 
 ↓
護衛艦かが乗船レポートファイル

前回で飛行甲板から再び艦内に入って、かが記念グッズなどの話をしましたが、再びかがの艦尾周辺の格納庫を見て回りました。

護衛艦かがの格納庫を艦尾から艦首まで見るとその広さを実感します!

かがの格納庫の広さを実感

しかも、ほとんど何も置いていないですからね。

ここにヘリがずらりと並んでいればそれはそれで壮観なんでしょうね!

さて、格納庫の艦尾に近いところには海自の「哨戒ヘリコプターSH-60J」が搭載されていました!

「哨戒ヘリコプターSH-60J」

SH-60J.jpg

私は、特に船好きで、特別ヘリ好きでもないのですが、まじかに見るヘリコプターはカッコイイですね!

「あれ!かがなら最新鋭のSH-60Kじゃないの?」なんて思いましたがこれは60Jですよね。
(60Kは胴体が延長されていて、中央のドアが2つあるので区別が付きます)
機齢延伸処理をしており、使用期間を延長していると聞きますのでその一環かな?

SH-60J後ろ

格納庫の横にはパックマンみたいなのがならんでいますよ!


パックマンがずらり

これは「ヘリコプタけん引装置」です!

この字の様に開いたところにタイヤを挟んでけん引する様です。

とまあ、ここまで一通り見学させていただきました!そして中央のサイドランプから見張りの自衛官に見送られながら艦外に出ました!

とまあ、長くなりましたが艦内のレポートはここまでです!

しかし、まだ護衛艦かがの艦尾を確認しておりません!

案内していただいた海自の方も次の予定がありやや焦り気味な様子がうかがえる中、艦尾の写真を撮りに行きました。
(やや引き気味)

護衛艦かがの艦尾

かが艦尾

以前の艦橋周辺のレポートで書きましたが、ここに「CIWSブロック1B」(右舷)と「11連装SeaRAM発射機」(左舷)が設置されています。

かーっ!艦尾から見ても護衛艦かがはかっこいいなあ~!

かがの艦尾から


海上自衛隊の方には貴重な時間を割いて、見学させていただき又、貴重な体験をさせていただきありがとうございました!

いや~!楽しかった!

感謝です!

と言っても、そうそう入れない場所であるここ呉鎮守府、もとい呉護衛隊の艦の紹介は来週ももう少し続きます!

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 護衛艦かが,乗船レポート,格納庫,SH-60J,SeaRAM,CIWS,,

2016/12/16 (Fri) 12:00
「護衛艦いずも」(主に武装)を接写(簡単な解説)をして見ました!

引き続いて「護衛艦いずも」(主に武装)を接写して見ました!

ハセガワ製 1/700 「護衛艦いずも」の製作日誌の中で、搭載機や車両については解説しましたが、護衛艦いずも自体の武装については手つかずだったので今回、武装についての解説です。

「護衛艦いずも」は同じDDH(ヘリコプター搭載護衛艦)の「護衛艦ひゅうが」や「同 いせ」と異なり、自身では攻撃の為の武装をほとんど持っていません。

攻撃や遠距離防御は他の護衛艦に頼る形になります。

新型DDHは、司令部機能が充実していますが、取り分け、護衛艦いずも、かがはFIC(Flag Infomation Center:司令部作戦室)が充実しています。

艦隊旗艦としての機能を高めた艦と言えます。
(停泊中でさえ、艦内の司令部に出勤するとのことです)

しかし、いずも型の自衛の為の装備は最新型のものを備えています。
(一部旧式のあるけれど)

その辺りを見て見ましょう。

艦首飛行甲板上

いずも艦首ファランクス

ご存知、高性能20mm機関砲(CIWS)(アメリカではファランクスと呼ぶ)

よく見るとお分かりの通り、旧式のCIWSブロック1Aです。
(白色のレドーム横に光学レンズがないので区別できます)

建造途中から色々言われていましたが、どっかの護衛艦から取って来たとの曰くです。

又、飛行甲板にちょこんと載っていることから、将来的に取り外してVTOLなどを載せる空母にするつもりでは?なんて憶測もありますよね。

艦橋前

艦橋前SeaRAM

護衛艦いずもから新たに装備された Mk.15 mod.31SeaRAM発射機です。
こちら、CIWSの架台、レーダー、光学センサーに20mm機関砲の代わりにRIM-116艦対空ミサイル11連装発射機を組み合わせたものです。

独立して稼働し、正確にミサイルを指向できます。
最大射程は15km

プラモデルでは再現していませんが、ブラストディフレクターといって、ミサイル発射機後部に小さな防護版がついています。(普通に見る分には小さすぎて、見分けがつきませんが)

艦橋にはOPS-50レーダーがついています。

ミサイル誘導が必要ないので、あきづき型やひゅうが型の様にXバンドのイルミネーターは不要で、Cバンドのみのフェイズドアレイレーダーです。

レーダーには最重要の電子機器で、全てはここから始まると言っても過言ではありませんが、レーダーだけで記事になるので又、別の機会にでも)

船体中央部

いずもチャフ

面白いのが船体中央部のスポンソンで、Mk.137 mod.2チャフ/フレア発射機が装備されています。
両舷にそれぞれ、3基ずつ計6基装備されています。

対艦ミサイル対策装備として、レーダー誘導にはチャフ(アルミの切片)、IR誘導(赤外線誘導)にはフレア(熱源)を発射し、撹乱します。

船体中央MOD

もうひとつ面白いのが、黄色く囲った部分で、
上が投射型静止式ジャマーFAJです。


スクリューなどが発するものと似た音響を発する、魚雷対策用の囮を投射する機材です。
砲塔状の4連装発射機で旋回、仰角を取ることができます。

下の黄色の丸で囲った部分は、自走式デコイ MOD発射機を格納している箇所です。

こちらはFAJと異なり、自身で動力を持っている自走式の囮を発射します。4連装の発射機が両舷に装備されています。

このFAJとMODはともに「あきづき」型護衛艦と共通の新装備でDDHでは「いずも」型が初装備です。

魚雷対策には、気泡で船体を包み音を伝えにくくするマスカーと言うのもあります。

艦尾

艦尾右側CIWS

艦尾にも、CIWSとSeaRAMが装備されています。


艦尾右舷にCIWS、艦尾左舷にSeaRAMです。

艦尾のCIWSも少し古いタイプのブロック1Aです。なので光学センサーが付いていません。

今回は触っていませんが、護衛艦こんごうで行ったようにCIWSの重心は真鍮線に置き換えても良かったかも知れません。

その他、護衛艦いずもには、12.7mm機関銃ブローニングM2を搭載する為の防盾付き架台がいくつか用意されています。
(このプラモデルでは未搭載)
左舷に3か所、右舷に2か所、艦尾中央に1か所です。こちらは固有の装備ではなく、搭載品扱いです。

艦橋アンテナ

いずも艦橋アンテナ

FAJやMOD同様の対ミサイル防衛装備と言えば、NOLQ-3D-1 電子戦装置(ECM)です。

艦橋の右側に張り出したところにあるのと、非対称に右側にも装備されています。
要するに自ら妨害電波を出すジャミング装置です。

護衛艦いずもには他の護衛艦にも増してアンテナ類が山ほどありますが、これらは解説しきれないので省略です。


艦尾、11m作業艇収納レセス

いずも作業艇

いずもには11m作業艇が左右に搭載されています。
作業艇は鮮やかな水色のバンドで固縛されているので、水色の紐で固定して見ました。

護衛艦いずも真俯瞰

護衛艦いずもは、日本の護衛艦で三連装短魚雷発射装置を持っていない珍しい護衛艦です。
まあ、対潜防衛はヘリコプターに任せる訳なので不要ですが。

そういった意味では、イージス護衛艦の充実、あきづき型における僚艦防衛能力など様々な護衛艦がそろってきて
始めていずもの様な司令部機能、防衛、災害援助などに特化した護衛艦が出現できた訳です。

この様に模型の各部を見ていくのも楽しいですね。
私も書いていて楽しいです。

最後までありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,ハセガワ,護衛艦,いずも,CIWS,ファランクス,SeaRAM,MOD,FAJ,

2016/12/15 (Thu) 12:00
カメラを新調したので、イージス艦こんごうを接写してみた!

カメラを新調したので、イージス艦こんごうを接写してみた!

私が元々持っていたのは何年も前にとても安い、もとい、お求め易い価格で入手したコンパクトデジタルカメラ(以後コンデジ)でした。

Canon IXY 30Sです。
画素数1060万画素、光学ズーム3.8倍、デジタルズーム4倍のごく普通のコンデジです。

しかし、どうも最近、特に接写で不満を感じ始めていたので思い切って買い換えました。
(って言うほど思い切ってません)

「NIKON COOLPIX A900」と「CANON PowerShot SX720HS」が最後の候補だったのですが、
最終的にはパワーショットにしました。


クールピクスが光学35倍で最大70倍に対して、
パワーショットが光学40倍で最大80倍の10倍差が決めてです。
(接写が課題ではなかったのか?)


接写も課題なのですが、遠出した時に望遠の弱さ(たった12倍ですからね)が特に気になっていて、接写の程度は
この両者ではあまり変わらないのではと言う結論になりました。

実際には差があるかも知れません。

もうひとつの理由はキャノンだからかも知れません。
昔持っていた一眼レフはミノルタでしたが、思い起こして見ればそれ以後のコンデジは何とはなしに全てキャノンでした。

パワーショットとIXYを買い替えてきた気がします。

PowerShot SX720HSですが、
画素数は今の約二倍の2030万画素、光学40倍の最大80倍倍率、
撮影距離 1cmから∞、マクロ1cm~50cm

私は知らなかったのですが、最近のカメラは軒並み接写1cmからなんですね。
ヨドバシカメラの店頭で見て驚きました。
(゚д゚)(←単なる無知)

それが買い替える決意をした理由です。


まあ、前置きはともかく

そのカメラで早速「護衛艦こんごう」を撮ってみました。

接写=あらが目立つ ことになるのですが、まあ素人の作品ですのでその程度で見て下さい。

イージス護衛艦こんごう建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦こんごう建造日誌

イージス護衛艦こんごう 全景

IMG_6042.jpg

艦橋寄り写真

こんごう艦橋より写真

これを撮りたかったんですよね。
せっかく、艦橋周りをラダーやら色々付けたのに全景写真では良く分からないので。

しかも、CIWS(ファランクス)ブロック1Bはその砲身を0.2mm真鍮線に置き換えたのに全く分からないし。
(この写真でも良く分からないけど)

ちなみに、以前のカメラで同じような箇所を取ったのがこちら

こんごう艦橋手摺装着済

うーん。照明の違いがあるものの、違いがあるような?無いような?いえ、新カメラの方が鮮明に見えます!
(自分に言い聞かす)

こんごう艦首

こんごう艦首

艦首の鎖は置き換えたものであることが、分かります。

こんごう型護衛艦は、イージス艦で唯一、オート・メラーラ社製の5インチ砲(127mm砲)を装備しています。
発射速度が1分間に45発と速く、連続射撃もできる為に対空目標にも有効です。

護衛艦あたご型はBAE社のMk45 5インチ砲を装備しており、同時に2目標に対し1分間に20発程度の発射速度です。
むしろ、対地対水上目標に対し有効です。

BAE社の5インチ砲は角が角ばっていて、こんごうの5インチ砲は角が少し丸みを帯びています。
ハセガワさんのこんごうは、その辺も再現されています。

大事なところとして、砲身を真鍮の筒に置き換えています。
良く見ると中は中空で黄金色であることが見てとれます。

砲塔の前面にあるラダーはMKモデルズの窓枠を貼り付けたものです。

5インチ砲と艦橋の間にあるのが、Mk41VLS(Vertical Launching System 垂直発射システム) です。

日本のイージス艦には
対空ミサイルであるSM-2、対弾道ミサイルであるSM-3(こんごう型)、対潜ミサイルであるアスロックの三種類が装備されています。

こんごう中央部

艦中央部です。
中央付近にあるのが、対艦ミサイルのハープーンです。
こんごう型には8基装備されています。

ちなみに、あたご型は国産の90式艦対艦誘導弾8基です。

おしりを外に向けているのは発射の際の炎が艦の外に向ける為です。

後部煙突の後ろにあるアンテナ2つと艦橋の上にあるアンテナですが、これがイルミネーターです。

SM-2などを発射して、しばらくは慣性飛行をします。そして、艦橋についているSPY-1Dレーダーから最新の情報を入手、目標の近くまで来たらイルミネーターで誘導し、命中させます。

そんな訳で同時に3目標を狙える訳ですが、イルミネーターで誘導するのは直前なので時間差にすれば15-18の目標を同時に追尾できます。

こんごう艦尾

艦尾にもCIWS(ファランクス)が装備されています。
これ一基で大戦時の戦艦の防空力をしのぐとも。

両脇にあるのが、3連装短魚雷発射管です。対潜装備です。
ヨーロッパの艦には装備されていないのも多いと聞きますが、日本とアメリカは魚雷発射管LOVEですから。

こうやって見るのも面白いですね。
つぎは、護衛艦いずもの予定です。
護衛艦いずもは、搭載機と車の話はしましたが、自身の兵装についてはしていませんでした。

最後までどうもありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。

クリック!ご協力お願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,ハセガワ,イージス護衛艦こんごう,CIWS,5インチ砲,VLS,イルミネーター,

| ホーム |

 ホーム