FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2017/05/23 (Tue) 12:00
私が一番?やっぱり? 駆逐艦島風 タミヤさん プラモデルリニューアル続報!

私が一番?やっぱり? 駆逐艦島風 タミヤさん続報!


なんですか~?提督


島風と連装砲ちゃん

4月15日にタミヤさんから駆逐艦島風の45年ぶりのリニューアル実施の報告記事を書いたのですが、

その後の続報です!


おっお~! 駆逐艦島風!タミヤさんついにリニューアル!の記事はこちら
 ↓
タミヤさん 駆逐艦島風ついにリニューアル!


と言っても、決してタイムリー過ぎる情報でもなく、既に静岡ホビーショーなどでご存知の方はご存知という少し遅れた情報なのですけどね。


駆逐艦島風はその公試運転で速度40.9ノットを記録した最速の駆逐艦です!


体育祭島風と雪風
※坂崎ふれでぃさんのイラスト

だから、かけっこをすれば一番です!
一緒に走っている陽炎型駆逐艦雪風は35ノットなので、島風が引っ張っての一番なのでしょう!


前回の記事に記載した通り色々と人気の秘密についてと、タミヤさんが重い腰を上げて45周年のウォーターラインシリーズ 1/700 駆逐艦島風のリニューアルを第56回静岡ホビーショーで発表!

とここまでが前回のレポートです!

そしてタミヤ模型のHPで駆逐艦島風のリニューアルを報告しているのですが、いまいち分かりにくいところに載っています!

タミヤHPここをクリック

タミヤさんのHPの右側 「第56回静岡ホビーショー」のところをクリックします。

そこでの紹介記事です!

tamiya shimakaze

タミヤ 島風情報説明

記事を読むとかなり細かい設計になっている様です!
7月31日発売予定!・・・らしい


アマゾンでも予約販売開始!


楽天でももちろん予約販売開始です!



私ももちろん予約購入しました!今から楽しみです!


heyブッキーゼカマシm


しかし、私は、駆逐艦島風(しまかぜ)ばかり何隻持つつもりなんでしょう?

タミヤ製駆逐艦島風 プラモデルを再開して最初の頃なので下手ですけど?
 ↓
タミヤ 駆逐艦島風建造日誌

MAXFACTORY 1/350 駆逐艦島風 フィギュア付
 ↓
マックスファクトリー 1/350 駆逐艦島風建造日誌

初代 峯風型駆逐艦島風(ピットロード)
 ↓
峯風型駆逐艦島風 島風初代建造日誌

護衛艦しまかぜ (ピットロード)
 ↓
ミサイル護衛艦しまかぜ建造日誌

これでフジミさんの駆逐艦島風をそろえたらカンストです。

どれも作り始めの頃なので今作ったらもう少し慣れてるかな。

アオシマさんの工作艦が5月から7月発売に変わっていました。
潜水母艦大鯨ちゃんも7月発売!

新製品情報
 ↓
新着艦船プラモデル情報

7月は艦船プラモデルの新製品ラッシュですね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,新製品,リニューアル,艦娘,タミヤ,駆逐艦島風,ウォーターライン,1/700,

2017/04/20 (Thu) 12:00
どうも似てると思ったらシズマ属性だった件

どうも似てると思ったらシズマ属性だった件


ずいぶん前ですが、2014年でしたか。
たまには、ラノベを、それも電撃小説大賞を取ったばかりの新人の作家さんの本を読んでみるかと買った本がありました。
「虎走かける」さんの

「ゼロから始める魔法の書」


ゼロから始まる魔法の書

最近アニメ化されたのですが、そうかあの新人作家の方がついにアニメ化か・・・
うれしいだろうな~。結構、巻数も重ねているみたいだし。

生暖かく見守る様なそんな気持ちでおりました・・・

しかし、この本の表紙に出ている方。

ゼロという魔法使いの娘なのですが・・・
どうも見たことがある・・・


しかも、ここんとこよく見る艦娘に!


そうか!!水上機母艦秋津洲の艦娘ですな!

泉水茜秋津洲かも
※しずまよしのりさんのキャラですが、泉水茜さんが書いたイラストです。

しずま艦隊(注)きっての最弱キャラですが、日本帝国海軍唯一の飛行艇母艦!

この様に並べてみると本当に良く似てますな~


zero2m.png

それもそのはず、イラスト 「しずまよしのり」さんでした!


しずまよしのりさんと言えば「艦これ」では「しずま艦隊」と呼ばれる一大勢力!

おおーm

駆逐艦島風と島風ちゃん

MAX島風箱


駆逐艦島風MAX



水上機母艦秋津洲建造日誌
 ↓
水上機母艦秋津洲かも

MAXFACTORYの駆逐艦島風建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦島風完成!でも遅いよね


最近タミヤさんが45年ぶりの駆逐艦島風のリニューアルを発表した時の記事がこちら
 ↓
おっつお~。ついにタミヤさん駆逐艦島風を刷新!


注<しずま艦隊>
西村艦隊や三川艦隊といった実在した艦隊でないので注意!

島風に代表される様に、非常にレアで強力かつ人気の艦娘が多いことで有名。

戦艦大和、武蔵、長門、陸奥、米戦艦アイオワ、駆逐艦雪風、天津風、時津風、島風
防空駆逐艦秋月、照月、初月と言った入手困難かつ強力な布陣。

大艦巨砲主義を代表する戦艦群に加え、島風や雪風といった強力な水雷戦力を有しているが
航空戦力に難があった。

防空駆逐艦秋月型を有することで防空能力は高くなったが、制空権を有することはなく、
水上機母艦秋津洲が加わってもほとんど改善することはない。

しかし、近年、米空母サラトガが加わったことで、ようやく航空戦力にも改善の兆しが見えてきた・・・

前回のイベントで伊13及び伊14の潜水空母姉妹が加わり更にギミックに富む艦隊になりつつある。

対抗として、RJやちとちよ等これもまた魅力的な軽空母を多数擁する「くーろくろ艦隊」等があるが、最大勢力は36隻?を擁するコニシ艦隊。金剛型高速戦艦姉妹や翔鶴瑞鶴5航戦姉妹、最新鋭軽巡姉妹もここに属する。


いつの間にか2万PVを超えました。
ブログ公開してから半年強くらいでしょうか?
見に来てくれている方どうもありがとうございます!
(*^_^*)

しかし、2万PVでの記事がこの様なマニアックな内容とは・・・
どんどんこの様な流れに行っている気がする・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,艦これ,水上機母艦秋津洲,駆逐艦島風,しずまよしのり,ゼロから始める魔法の書,

2017/02/18 (Sat) 12:00
大和ミュージアムには艦船模型もいっぱい!艦名当てクイズにしてみました!

大和ミュージアムには艦船模型もいっぱい!

関東地区はこのところ暖かくなってきました。

先週は風邪でダウンしていた私ですが、やはり健康は大事ですね。
季節の変わり目にも風邪などひきやすいと聞きます。
皆様もお気をつけ下さい。

3回に渡ってお送りしてきた大和ミュージアムの案内ですが、今回は大和ミュージアムに多く展示されている艦船模型の案内です。
1回の常設展示場からエスカレーターで上がった2階の展示スペースにあります。

大和ミュージアムの館内案内はもちろんミュージアムのHPにもありますが、ここにも載せてしておきます。

<大和ミュージアム館内>

大和ミュージアム館内3F4F

大和ミュージアム館内1F2F

今まで案内してきた箇所が赤で囲っているところです。

大和ミュージアム紹介
 ↓
大和ミュージアム 10分の1大和とか


そして今回案内するところが、2Fの展示デッキに置いている模型です。

模型をずらっと案内するのもいいのですが、少しクイズ形式にしてみますね。


時間に余裕がある方は、最初に写真を載せるので艦の名前を当てて見てはどうでしょうか?
(同型艦もあるので○○型でも結構です)


とは言え、ガラスの反射と写真がそれほど鮮明でないのでヒント付きです。

<まずは戦艦です>

A
英国生まれの戦艦デース!(易し過ぎました?)

金剛



B

戦艦Aの妹です!特徴は艦橋トップ部分が大きく前に張り出しているところです!
後部煙突と同等に後部艦橋が真っすぐにたっているのも4姉妹でこの娘だけです!
(ヒントが難しいですね。)

榛名

C

航空戦艦のお姉さんの方です。2代目は現在、呉を母港にしています。(「かが」が就役すると変更になるらしいですが)

伊勢


さて答えです。



Aは戦艦金剛です。
Bは戦艦榛名です。艦橋に特徴があります。
Cは航空戦艦伊勢です。日向と区別しにくいですけど姉の方です。
護衛艦になると姉妹逆転してます。
伊勢も日向も最後は呉近辺で大破着底しているので色々遺品や写真があります。

<伊勢 大破着底時の写真>

伊勢大破着底

1mを超える大きなパネルです。

さて、今度は重巡です。

A

お城の様な大きな艦橋が特徴の4姉妹の長女です。

高雄


B

Aの姉妹艦ですが、4姉妹の中でも他の妹は改造を受けたり、逆に受けなかったりなのでAと瓜二つの姉妹艦です。

愛宕

C

主砲が1番砲塔から4番砲塔まで艦橋の前に並んでいます。後部には水上機が搭載されています。
終戦時には呉の近く能美島沖で大破着底しています。

利根



答えです。



Aは重巡高雄です。
Bは重巡愛宕です。
Cは航空巡洋艦利根です。

能美島の利根の大破着底した付近には重巡利根の慰霊碑と「軍艦利根資料館」があり、利根の舵輪、副碇、信号燈、コンパスなどの遺品(装備品)や精密なミニチュア模型などが展示されているらしいです。
・・・・知らなかった・・・

<空母です>

どうしてもガラスに光が反射してしまい、映りが悪くて申し訳ありません(;д;)
その分ヒントを分かりやすくしました。

A

運命のMI作戦で味方3隻を同時に失った後は単艦で立ち向かった殊勲艦!艦橋が左側にあるのが特徴の中型空母。

飛龍


B

妹が幸運艦なんて呼ばれるものだから、対比で被害担当艦なんて言われてしまうけど立派な功労艦です!

翔鶴1




答えです。


Aが空母飛龍。
艦橋が左側にあるのは、この艦と空母赤城さんだけです。

Bが空母翔鶴です。


<最後は駆逐艦です>

A

100もの作戦に参加し、激戦のさなかに身を置きながらもほとんど被害を受けることのなかった日本海軍屈指の幸運艦!
「呉の○○、佐世保の時雨」と呼ばれました。

雪風nn


B

日本海軍きっての韋駄天娘!速さには誰にも負けません!

島風nn

C

姉妹艦涼月と共に終戦まで生き残った防空駆逐艦!Aや涼月とともに参加した、あの沖縄特攻では小破で済んだのに、終戦後に触雷して被害を受けてます。でもその後は機雷の掃海などに従事しました。最後はその姉妹艦涼月と防波堤として眠っています。

冬月nn


答えです。


A:もちろん駆逐艦雪風です!雪風は沈みません!
B:駆逐艦島風です!速きこと島風の如しです!
C:駆逐艦冬月です!息も絶え絶えに戻ってきた涼月、それを見守る冬月!感動の物語です。


他にもたくさん大和ミュージアムには艦船模型が展示されています!
是非、その目で見て下さい!(なぜかPR)


ついでに大和ミュージアムの外の展示の案内です!


大和ミュージアムの外にも展示物があります!

おもに謎の大爆発をして沈んだ陸奥の遺品です。

<戦艦陸奥の錨とフェアリーダー>

陸奥の錨とフェアリーダーm

<戦艦陸奥の砲身>

陸奥砲身

<戦艦陸奥のスクリュー>
巨大さが分かります。

陸奥スクリュー

4回に渡ってお送りしてきた大和ミュージアムですが、いかがでしょうか?
軍艦好きにとっては夢の様なひと時を過ごせます。

広島付近に寄った時にはぜひお立ち寄り下さい!

呉周辺には他にも海上自衛隊にちなんだ場所がたくさんあります。

呉周辺の案内はこちら
 ↓
呉艦船巡りとか


今だと、映画「この世界の片隅に」の聖地巡礼にも良いかも知れません。
 ↓
聖地巡礼的な 広島と呉を案内


好きな人にとっては十分一日過ごせる場所だと思いますよ。

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,大和ミュージアム,戦艦金剛,戦艦伊勢,駆逐艦島風,駆逐艦雪風,空母翔鶴,戦艦榛名,空母飛龍,

2016/12/31 (Sat) 10:30
今日は大晦日ですね!この1年お疲れさまでした!今年の振り返り(2016年最終)

<今日は大晦日ですね!この1年お疲れさまでした!そして今年の振り返り2016年最終>

今年の振り返りも最後になりました。

前回までで空母飛鷹まで行ったんですよね。
時期にして2016年11月くらい。

その時期くらいから、「劇場版 艦これ」を記念して!と銘打って、幾つかの艦船プラモデルを作成しようということにしました。

ここでは、「劇場版 艦これ」の戦いの舞台でもある「アイアンボトムサウンド」における「第一次ソロモン海戦」の殊勲艦であり、普段なかなか口実の浮かばない「軽巡洋艦 夕張」、「軽巡洋艦 天竜」にスポットを浴びせることにしました。

夕張劇場版小

劇場版艦これ

劇場版艦これにちなんで何を作るか考察してみた!

「劇場版艦これ」をif要素を絡めての感想(ネタバレ注意)

アイアンボトムサウンドにおける戦い
 ↓
アイアンボトムサウンド(鉄底海峡)での死闘!鳥海大活躍!

実は、同様に殊勲艦のハセガワ ウォーターラインシリーズの「重巡洋艦 青葉」も買っているのですよ。
でも、普段なかなかスポットの浴びずらい軽巡洋艦を優先させることにしちゃった訳です。

いや、近いうちに挟み込みますよ。って言ってもいつになることか・・・

私のブログ上では、重巡洋艦鳥海や空母飛鷹、作成自体は初期艦なので迷惑をかけてしまった戦艦金剛ちゃん、駆逐艦雪風(天津風)など最近のフジミのキットに代表される精密キットはほぼ何も考えず、少し足りない部分や塗装など補ってやれば満足のいく見栄えになるので良いのですが、

お気に入り5隻m
<奥から左 重巡鳥海、奥中央 軽巡夕張、奥右 駆逐艦天津風、手前左 駆逐艦島風、手前右 駆逐艦雪風>

昨日、紹介したハセガワの駆逐艦夕雲や、タミヤの駆逐艦島風、今回の軽巡洋艦夕張など、いわゆる古参キットは、現在の水準に合わせていくとそれなりにディテールアップが必要になってきます。

どこをどうするか等すぐに定まらず、また資料も十分にないもので手間取ったりするんですよね。
まだまだ不足していると思いますが、それでも始めた当初に比べれば圧倒的に知識や経験が増えたので、来年はこの辺りもう少し手際よくしたいですね。

さて、来年は最初に一応年内に完成した「軽巡洋艦 天竜」の紹介です。
ハセガワさんが、ウォーターラインシリーズの中でも最新考証を元に新金型で設計し直しディテールまでこだわった逸品です。

それと、次はこれ!と言い続けていた「艦これプラモデル」のシリーズですね。
これも購入したまま、別の企画(口実)に移っているので心残りな状態でした。

大井っちと木上さん年末

時にスーパー北上さまは、専用エッチングパーツが出次第取り掛かりたいです。

最後に、このブログでも艦船プラモデルの作成の合間によくお見えした艦娘たちから挨拶に代えさせていただきます!

加賀さんお疲れ様

来年は「護衛艦かが」もいよいよ就役ですね。着々と準備は進んでいる様です。

「護衛艦いずも」と一部を除いて、ほぼ同じなので「護衛艦かが」のプラモデルは後回しかも知れませんが、いよいよ「航空母艦加賀」の番か?

島お疲れ様です

それと、大事な事!12月31日の朝の時点でおかげさまで、ブログ公開後カウンターを入れて
10000PV達成しました!

一般公開後ちょうど4カ月です。
この手の趣味性に富んだブログで早いのか遅いのか分かりませんが、
皆様方のおかげです!ありがとうございました!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

公開後最初の一週間は一桁。゚(゚´Д`゚)゚。だったりしてね。

それではこの一年、お疲れさまでした!良いお年を!

年始は、映画でも見に行きたいと思っています。o(^▽^)o

ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします!

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,劇場版,艦これ,あいさつ,重巡鳥海,駆逐艦島風,駆逐艦雪風,祝10000PV,

2016/12/29 (Thu) 12:00
Re:ほぼ0から始めた艦船プラモデル生活(その2)~島風から鳥海まで~

Re:ほぼ0から始めた艦船プラモデル生活(その2)~2016年を艦船プラモデル的に振り返って~

このタイトルが気に入ってしまったのでもう少し使わせてください。

re0.png

ブログ名でも良かったなって思ったりします。

昨日に引き続いて来訪してくれた方ありがとうございます!
今回初めてと言う方もありがとうございます!

一般的なブログがどうなのか分からないのですが、私のブログは一日の内で60%くらいの方がリピーターの方で成り立っています。
リピーターの方にはいつも感謝です!
もちろん、一見さんの方も大歓迎ですヨ。

さて、(その1)では昨年の12月くらいから1月くらいまでの時期の振り返りでした。

艦船プラモデルをめちゃくちゃ久しぶり再開したのですが、なかなか思うようにできないでいましたが、1/350の島風でエッチングパーツにも触れ、最近のディテールの細かいパーツにもふれたという状況でした。

その後の振り返りです。

<Phase4:作成方針を決める>

方針とは
①ひとつは作成方針(こだわり度、スピード)
②作る艦船の選び方


です。

①の作成方針ですが、大きく分けると3段階に分かれます。

A:ひたすら素組みと簡単塗装で数多く作って行く。(主にコレクション目的)
B:ある程度のディテールアップを交えながら、省略もしつつ数もある程度狙っていく。(こだわり中+コレクション要素)
C:とにかく一つ一つにこだわり1隻をじっくりと作って行く(上級者向け)

私も平日は仕事がある身。休日は単身赴任とは言え、趣味のテニスやらなんやらでプラモデルに使える時間もある程度限られている中、方針をきめる必要がありました。

結局というか悩むこともなくBの方針に決定しました。
作りたい船はたくさんある。でもAの方向性は子供時代にしていたのが正にこの方向性であり、今度はある程度こだわって行きたい。もう作り切ったという境地になればCもあるのでしょうが、そもそも現状そんな腕前も知識も不足している。
まあ、そんな理由でした。

<Phase5:テーマを決めて作る>

②のつくる船の決め方

ですが、こんなの好きな船から作ればいいではないかと思われると思います。

まあそうなんですが、それだと広がりと新しい発見がないのではと思った訳です。
最初はそれほど乗り気でなくても基本的に艦が好きなので作り始めると楽しくなってきます。
だったら、こじつけでも何かテーマを決めて作って行こうと思った訳です。

そこで決めたテーマが同名艦(同じ名前の船)でした!

名前にはそれぞれ、意味があり、日本海軍の艦名は駆逐艦は自然現象、戦艦は旧国名といった風に名前の根拠があります。

だから名前は進水式の次点に付けられるのが一般的で、例えば空母赤城だと元は巡洋戦艦だったのを改造して空母にしたので山の名前になります。

すなわち名前は歴史であり、2代目に引き継ぐときには1代目の特徴や思いがつながっていたりします。
そんな訳で同名艦を作って行くのも面白いと思った訳です。

以後同名艦縛りがしばらく続きまます!

最初は、駆逐艦島風です。

前回で、MAXFACTORYの「PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風」の流れで、峯風型駆逐艦とミサイル護衛艦しまかぜ、そしてスケールを1/700に合わせる為に再度、タミヤ 1/700駆逐艦島風を作りました。

護衛艦しまかぜはこちら
 ↓
護衛艦しまかぜ建造日誌

タミヤ島風

<タミヤのウォーターラインシリーズ 駆逐艦島風> 懐かしかったですね。
でも同時に既にフジミの戦艦金剛、MAXFACTORYの島風に出会った後なので年代の古さも感じました。
当時はそんなこと全く感じていなかったんですけどね。

タミヤ駆逐艦島風建造日誌
 ↓
おっそーい!駆逐艦島風建造日誌

ぜかまし1

ピットロードさんというのは、これまで知りませんでした。当時知っていたメーカーは静協の三社、タミヤ、ハセガワ、アオシマだけでしたので。しかし、ピットロードさんは結構マニアックな線で攻めている会社だと知りました。

峯風型駆逐艦がプラモデルになっているのが既に脅威です!

一代目の島風も40.7ノットの速度を記録した俊足艦だったんですよ・・・

駆逐艦島風(初代)建造日誌:タンブルホーム型船体
 ↓
実は速かった!島風初代

おおーm
「おお~!速いよね~」

その次に作ったのは戦艦金剛の同名艦  ハセガワ 1/700 「イージス護衛艦こんごう」

超ド級戦艦金剛とイージス護衛艦こんごう
 ↓
こんごうと金剛

「護衛艦ちょうかい」で結構不出来だったのを再度リベンジを兼ねての作成でした。
この時には、艦橋周りのラダーやエッチングパーツも使いつつ、少しこだわってみました。

護衛艦こんごう左側面

砲塔はCパイプ、錨鎖は超ミニの鎖などにもこだわりました。

日本を守る盾 イージス護衛艦こんごう建造日誌
 ↓
接写もあるよ。護衛艦こんごう


その次に作ったのは「護衛艦 ちょうかい」の同名艦
高雄型重巡 4番艦 「1/700フジミ特シリーズ 重巡洋艦鳥海」 

鳥海右舷前

高雄型重巡は、その艦橋が特徴的です。他の高雄型が改装し小顔手術できたのですが、鳥海は艦隊旗艦など忙しさの為レイテ沖で沈むまで大きな改造が出来ないままでした。

上の写真の護衛艦こんごうと何となく雰囲気が似てませんか?

重巡ですが、戦艦金剛を作った時と同様の緊張感がありました。

戦艦金剛ではエッチングパーツを使い切ることもできず、敗退しましたが、今回のフジミさんのスーパーディテール細かいシリーズは作り切ることが出来ました!

今でも写真を見るたびに惚れ惚れしています!

重巡鳥海建造日誌
 ↓
重巡鳥海建造日誌

鳥海右舷夕日

我が鎮守府に最初に来てくれた重巡です!良い娘です!

鳥海さん劇場版探照灯3

そんな風に同名艦縛りで作って来たのですが、夏ごろになり、その様な縛りにもそろそろ秋(飽き)が来ました!
ってまだ5月頃までの話なんですが。
まだまだ続きそうです・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました
ブログランキングに参加しています!
クリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,フジミ,重巡洋艦鳥海,駆逐艦島風,タミヤ,ピットロード,1/700,テーマ,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ