プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/09/17 (Sun) 12:00
護衛艦かが=ホワイトベース?! DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo5(後部艦橋と記念グッズ)

護衛艦かが=ホワイトベース?! DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo5(後部艦橋と記念グッズ)

8月のお盆中に実施した護衛艦かがの見学でしたが、すでに9月も中旬になりました。

台風18号が九州に上陸するという予想で、今日一日は関東地方も雨模様です。

ところで、乗船し格納庫→前部艦橋→飛行甲板→艦橋・マスト設備について紹介してきました。

これまでの護衛艦かが見学レポートはこちら
 ↓
護衛艦かが乗船レポート

今回は、後部艦橋からの紹介です。

いずも後部艦橋

後部艦橋全体が分かる写真が撮れていなかったので、雑誌から護衛艦いずもの写真を転載しました。
だいたいこんな感じです。

ひゅうが型と異なり、左舷側に張り出しを設け全体を見渡しやすくなっています。

<後部艦橋内部>

かが後部艦橋内部

後部艦橋は航空管制室になっています。
なので前部艦橋と比べても比較的装備は少なく空間にゆとりがあります。

かが後部艦橋から外を

後部艦橋から瀬戸内海が見渡せます。

かがエアボス席

冒頭紹介した左舷の張り出しは、エアーボスの席になります。
エアーボスとは航空団の司令官で、かがの航空機(ヘリコプターになりますが)の安全運用の責任者になります。

護衛艦かがには通常は海上自衛隊の航空部隊が搭乗し通常の運用をしていますが、航空自衛隊との協同運用も視野に入っている様です。
航空自衛隊の待機室も船内にはありました。(写真を撮ってなかったということは写真撮影不可だったように思います)

<左舷飛行甲板>

かが後部艦橋から右舷を見る

「よく見えますね~」

<後部舷側エレベーター>

後部艦橋からエレベーターをのぞむ

護衛艦かが(いずも型)の大きな特徴がこの舷側エレベーターではないでしょうか?

アメリカの空母には多く設置されていますが、
日本の空母(かがは、あくまでも護衛艦ですが)史上初めて舷側エレベーターを設置した艦になりますよね。
「さすがに気分が高揚します」ね!

ひゅうが型の2つのエレベーターは艦の中央に設置されていますが、いずも型の後部エレベーターは艦の舷側に設置されています。
舷側に設置することで、飛行甲板での作業の妨げにならないという大きなメリットがあります。

また、側面に張り出すことでエレベーターより少しサイズが大きい航空機も出し入れができる訳です。
これが、F-35を搭載することを念頭に入れているのではないかと言われている所以ですね。

反対にデメリットもあります。
波浪の影響を受けやすいことです。

波の厳しい状況下では使用できないこともあります。
だから、波の影響を受けやすい前部エレベーターには採用されていないのですね。

かが右舷エレベーター

横からみるとこんな感じです。

張り出している様子が良く分かるかと思います!

そこから、また艦内部に戻りました。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)のミニ社

かがの中のミニ社

途中ミニ社がありました。
各護衛艦には船を守護していただく、ミニ社が設置されています。

神社は各船の名前に由来しているものです。
本式のもので設置する際には(設置と言わないかもですが何というのか知らないもので)
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ:加賀の国一之宮の神社になります。)の神主さんが来て儀式を行ったとの事でした。

ちなみに護衛艦いずもには出雲大社のミニ社が設置されています。



歩いていると、案内していただいた自衛官の方から「かがグッズ見ます?」と少し遠慮がちに言われました。

こちらとしてもウエルカムなので案内していただきました。

「護衛艦かが記念品」

かがグッズ

いろいろあったのですが、護衛艦ピンバッチは個人的に集めているのでゲットです!

かがピンバッチ
加賀のピンバッチはかっこイイ!

普段使いのキャンパス生地のショルダートートバッグに護衛艦ピンバッチを付けてます。
9個め(但し、9隻の護衛艦に乗ったとは言っていない)GETです。

かがTシャツ

さっきの帽子も気になったのですが、帽子とかTシャツとか「かが」ではなくて、「加賀」なんですよね。

この部屋に艦これの加賀さんらしい方が「かがTシャツ」を着ているかっこいい!ポスターが貼っていました!

しかしっ!今!この写真を撮らなかったのを激しく後悔しています!

艦長室に艦これの加賀さんのかっこいい衝立?があるくらいなので、皆さん結構話せる方のはず!

それに余談になりますが、各護衛艦には愛称と言うのがあります!

艦長が決めるのですが、
護衛艦かがの愛称は「ホワイトベース」!
ホワイトベース

これです!「機動戦士ガンダム」のホワイトベースです!

冗談でなく、本当の話!加賀の記念品展示室にガンダムのホワイトベースの模型も置いています。
お会いしてませんが、艦長からして話の分かりそうな方なので乗員の方もそうに違いない!

本当はポスターのこととか色々聞きたかった!
ここまで自由にしてて最後で遠慮しちゃいました。

普通に出回っているポスターではないんですよね。気になって仕方がないデス!
もし、これを読んでいる方で、実物ないし、写真を撮られた方は教えてくださいネ~!

かがさん?らしき方が黒のかがTシャツを着て振り向いて?いるポスターです。
弓は持ってなかったと思う・・・・

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

tag : 護衛艦かが,記念品,後部艦橋,飛行甲板,かがTシャツ,舷側エレベーター,ホワイトベース,,

2016/11/15 (Tue) 12:00
思っていたより簡単、お手軽だった!空母の飛行甲板の塗装と白線引き

思っていたより簡単、お手軽だった!空母の飛行甲板(木甲板)の塗装と白線引き

今回、空母 飛鷹の製作を通じて、木甲板の塗装と白線引きを行いました。
実際、塗装をする前は空母は飛行甲板の塗装が面倒だし、難しそうだし、中々手が出せないなあ~
なんて恐々始めたのですが、実際、行ってみると思っていたより手軽に簡単に出来ました。

まあ、思っていたより簡単だったということで、手間もかかるし、慎重にしないといけない事に変わりないのですが・・・。
でも戦々恐々とする必要はなかったです。

完成写真

飛鷹完成右前

空母の飛行甲板の塗装は私同様に艦船プラモデルを始めて間もない方、初心者の方には、(何度目かの)障害の一つに違いないと感じ、飛行甲板の塗装部分だけをまとめることにしました。

とは言え、私も初めての飛行甲板の塗装です。上の完成写真で良いと思う方は参考にして下さい。
もっと精密にと言う方はアレンジするなり、別のアプローチもあると思いますのでその一助になれば幸いです。

それぞれのもう少し詳しい記述はこちらを参考に
    ↓
空母飛鷹建造日誌

<木甲板の塗装>

ー飛行甲板塗装方針ー

工数をできるだけ短縮したい。
色は最終的にはタンに近い色を多く見せ明るめに仕上げる。

具体的には
A)タンからウッドブラウンまで5色を用意する。
B)濃い方から塗り、都度、細めのマスキングテープを張っていく。
C)最後はタン(+若干のウッドブラウン)で終わる。

では行きましょう。

色の用意です。

飛行甲板色塗装の順番

塗料の色を5色用意しました。

一番濃い色①はMrカラー ウッドブラウン9;タン1くらいの配合です。(大体です)
反対に一番明るい⑤番は タン9:ウッドブラウン1くらいの配合です。

写真にイエローともう一つはMrカラー52 フィールドグレーです。
イエローは④番に少量、フィールドグレーは②番にほんの少量混ぜてます。
色の変化を出す為です。

<始めの木甲板はこんな状態です>

飛鷹木甲板無塗装

0.4mm幅長さ10mmのミクロンマスキングテープを一色塗るごとに40-50枚ランダムに貼って行きます。


私は最後はタンの色合いで明るく作りたかったので、濃い色から初めて最後は⑤の色が多めに出るように塗装しました。

仕上げたい色を最後に持ってくると良いと思います。

色にもっと変化を付けたい時には、④当たりにもう少し濃いブラウンや少々グレーを混ぜるなどをしてもいいかも知れません。

私は一回後とに40-50枚の細切りマスキングテープを張りましたが、もっと多く張れば全体の色調としては濃い目に行くのではないかと思います。

飛鷹五色終了時点

<次に飛行甲板を船体に取り付け、木甲板シールを貼り付けます>


飛鷹木甲板貼り付け

<白線を引きます。白線を引くところ以外をマスキングします>


飛鷹飛行甲板白線マスキング

<白色の塗料をエアーブラシで吹きます>

飛鷹木甲板白色吹き付け

<飛行甲板の後ろの紅白部分は白色に塗った上を、マスキングし、赤の塗料を吹きます>

飛鷹飛行甲板艦尾

マスキングテープを除いた後です。

飛鷹飛行甲板白線塗装後

実艦の塗装には矢印と〇が描いてあります。

飛鷹飛行甲板塗装実態

<マスキングシートに矢印の抜型を1mm幅のミクロンマスキングテープを用いて作り、くり抜きます>
図解にある矢印を少し簡略化しました。

飛行甲板矢印


一方、円はコンパスカッターで正確に円を作ります。この場合、外径の半径11mm、内径は10.2mm程度で作りました。


マスキングシート矢印

<再度白色の塗装をエアーブラシで行います。>

そして完成です!

飛鷹塗装上がり

私も飛行甲板の塗装を行う前にネットなどで調べたのですが、思ったような資料が見つかりませんでした。

今回の作業は確かに多少手間はかかりますが、まとまった時間が2-3時間取れれば3日分くらいで出来ます。
(それだけあれば簡単な駆逐艦など出来ちゃいますが・・・)

私的にはイメージした仕上がりになりました。一つの参考になれば幸いです!
もし、記述で不明な点があればお気軽に質問をして下さい。

ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,空母,飛行甲板,白線,塗装,まとめ,初心者,木甲板,,

2016/11/09 (Wed) 12:00
空母飛鷹建造日誌9日目(艦橋の組み立てから飛行甲板に設置!ほぼ完成!)

<1/700 特シリーズ 航空母艦飛鷹 昭和19年 フジミ製 建造日誌9日目>

前回、航空母艦 飛鷹の飛行甲板の白線引きまで紹介しました。
次は、艦橋の組み立てと飛行甲板上への設置までです。

艦橋の組み立て

飛鷹艦橋これから設置

飛鷹の艦橋は大部分を組み立て塗装しておりました。
窓枠はいつもの様にKAモデルズの汎用エッチングパーツ「窓枠&梯子セット」を使用しています。
窓枠を変えると艦橋が引き締まります。

ここにわらわらと19基ある双眼鏡や空中線展張檣、方位測定機などを付けていきます。

飛鷹艦橋右側
 
この凛々しいお顔ほれぼれしますなあ。ここではまだ、方位測定機等は付けていません、外れやすいので飛行甲板に設置後です。

飛鷹艦橋左側

飛鷹は1943年頃、機銃の増設が行われ、その際に飛行甲板左舷後方の探照灯があった場所に21号電探を設置しています。
艦橋上部の21号電探はエッチングパーツが用意されていますが、なぜか左舷後方の21号電探のエッチングパーツはなく、プラパーツをそのまま使うようになっています。

そこで、KAモデルズのレーダーセットを使用してこちらもエッチングパーツを使用することにしました。
少々、純正のものと大きさが違いますが良しとしました。

昨日時点では、アマゾンではないようです。楽天では販売されていました。

あみあみ楽天市場店



防風柵も組み立てました。

飛鷹21号電探と防風柵

これらをエアーブラシで塗装し、飛行甲板に艦橋とともに設置しました。
同時に艦橋には方位測定機や空中線展張檣も付けています。

そしてほぼ完成状態に近づきました。

飛鷹ほぼ完成左前

後ろからはこんな感じです。

飛鷹ほぼ完成右後尾

上から眺めるとこんな感じです。

飛鷹ほぼ完成真俯瞰

もう一歩で完成です!来週には完成するとこまでもって行きたいですね。次は次週です!


飛行機はちょっと憂鬱なんですよね。細かくて、数もあるので。
ぽちっとお願いします。↓( ̄^ ̄)ゞ


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,艦橋,飛行甲板,空母,飛鷹,1/700,製作手順,MK,

2016/11/08 (Tue) 12:00
空母飛鷹建造日誌8日目(高角砲設置、飛行甲板貼り付けから白線引き)

<1/700 特シリーズ 航空母艦飛鷹 昭和19年 フジミ製 建造日誌8日目>

前回までで飛行甲板の色分け塗装を終了しました。
次は高角砲を設置し、飛行甲板シールを貼りつけ、白線引きまで行います。

早速高角砲を設置します。
飛鷹の高角砲座は木張りでした。この木甲板のセットには高角砲の台座の木板も用意されています。
飛行甲板と同様に色塗りしたものを貼り、高角砲を設置します。

飛鷹高角砲設置

しかし、フジミさんの高角砲のディテールといい、やはり非常にリアルですね。ほれぼれします。

次に、飛行甲板を取り付け、先に色を塗った木甲板を貼り付けます。

飛鷹木甲板貼り付け

下の無塗装の状態と比べて下さい。
飛行甲板、結構いい質感が出ていると思うのですが、どうでしょうか?

飛鷹木甲板無塗装

ところで、あっさり飛行甲板の接着が終わってますが、実は結構苦労しました。
特にエッチングパーツを用いると、飛行甲板の周りのガイドエッチング部分とA6、A7、A8と言った艦橋側の船体側面の上部についているポコッって出ている部分、機銃射撃装置(?)が飛行甲板の下面と干渉してしまい、うまく接着しませんでした。
私は、少し当たる部分を削ることで飛行甲板を接着できたのですが、せっかくの細かいモールドを削ることになり大変残念です。

飛鷹干渉部分


フジミさんのディテールの細かいモデルはパーツが多く入り組んでいるためにエッチングパーツを用いた時にプラ部分とエッチング部分が干渉することがあります。私が下手なせいかも知れませんが、ほんの0.3-4mmかそこらだと思います。
(以前、作成した鳥海でもありました。ブログまだ未掲載)

次に白線を引きます。

この木甲板セットには白線用のマスキングシールがついています。

しかし、私このマスキングシールを失くしてしまいました。(T_T)
飛行甲板で一番難しいのは白線引きで、そのマスキングシールを失くした自分の管理能力の欠如を呪ったのですが、冷静になってみるとこのマスキングシートに従って引いた白線はちょっと納得がいかないものになった様な気がします。

日本の空母は、雲鷹、冲鷹といった実用性のない、実質飛行機輸送船として使われた商船改造空母以外は飛行甲板に3本の白線が引かれていたイメージなのですが、付属のシートには中央の1本しかありません。(但し、大鳳は1本線。他の空母も時期によって違うのかも知れませんが)

付属のシートの様なパターンが飛鷹にあったのか分からないのですが、シートを失くして白線パターンを調べなければ気が付かないとこでした。せっかくシートを失くしたので前向きに考えて3本の白線を引くことにしました。

まずはマスキングを行います。

飛鷹飛行甲板白線マスキング

なにか全身包帯巻の飛鷹さんです。私は中央の白線から両サイドの白線まで11mmの間隔を開けて3本の線を入れました。
中央は点線、両サイドは実線の白線です。

これに白色の塗装をします。
実際には薄めに塗って少し地の色を出すくらいの方がリアルなのですが、加減をすると塗られていない部分が出たりするのできっちり塗装します。

飛鷹木甲板白色吹き付け

そして艦尾の紅白の塗装の為にマスキングします。

飛鷹飛行甲板艦尾

ここに、アクリル溶剤ののタミヤカラーのレッドを吹き付けます。

さあ、御開帳です!

飛鷹飛行甲板白線塗装後

正確には更に、艦首の方と艦橋の横の方に矢印の様な白線と、後方エレベーター付近に〇の白線が入るのですが難しすぎるので現状では省略しています。(マジックアートさんのマスキングシートを使えば簡単にできると思いますが・・・)
艦識別の”ひ”と言う文字が艦尾の方に入るのですが、はエッチング部分なのでデカールを後で張ります。

次回は艦橋の組み立てと設置です。結構完成まで近づきました。
ぽちっとお願いします。↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,製作手順,空母,飛鷹,飛行甲板,木甲板,白線,

2016/11/07 (Mon) 12:00
空母飛鷹建造日誌7日目(艦尾ボート設置と飛行甲板塗装)

<1/700 特シリーズ 航空母艦飛鷹 昭和19年 フジミ製 建造日誌7日目>


空母飛鷹の組み立てもいよいよ終盤に差し掛かりました。
前回、船体の塗装まで終わったので艦尾のボートの設置をします。

早速、艦尾の製作に入りましょう。

飛鷹艦尾

まず、13m特型運貨船を収容します。

一旦収容するともう二度とお見えすることもないでしょう。
名残惜しいので以前、取った写真を載せておきます。


飛鷹13m特型運貨船

多くのモデラーの方も納得されると思うのですが、塗装する必要もない中、やっぱり塗装までしてしまいますよね。

飛鷹艦尾ボート

上に、つぎつぎボートが乗って行きます。
小さい順から
① 6m通船
② 8m内火ランチ
③ 12m内火艇
④ 12m内火ランチ
そして、既に収容された
⑤ 13m特型運貨船
です。

そしてついに飛行甲板の塗装です。

飛行甲板(木甲板)の塗装は、プラモデルを再開して初めてになります。以前だって色の細かい塗り分けはしたことないと思います。
少し、どきどきします。

<塗装方針>

工数をできるだけ短縮したい。
色は最終的にはタンに近い色を多く見せ明るめに仕上げる。

具体的には
A)タンからウッドブラウンまで5色を用意する。
B)濃い方から塗り、都度、細めのマスキングテープを張っていく。
C)最後はタン(+若干のウッドブラウン)で終わる。

では行きましょう。

①色の用意

飛行甲板色塗装の順番

色を5色用意しました。

一番濃い色はMrカラー ウッドブラウン9;タン1くらいの配合です。(大体です)
反対に一番明るい⑤番は タン9:ウッドブラウン1くらいの配合です。

写真にイエローともう一つはMrカラー52 フィールドグレーです。
イエローは④番に少量、フィールドグレーは②番にほんの少量混ぜてます。
色の変化を出す為です。

始めの木甲板はこんな状態です。

飛鷹木甲板無塗装

一回塗装する毎に、0.4mm幅のアイズマスキングテープの10mmカットしたものを大体40枚くらいランダムに貼って行きます。


途中3色終了時点でこんな感じです。

飛鷹木甲板3色目

一回で40枚貼っても飛行甲板は張ってない部分の方が広いくらいです。
もっと工数が多い場合は重なりも含めて張るのでしょうが、5回程度なので重ならない様に張って行きました。

五色終了時点です。

飛鷹五色終了時点

さあ、開けてみるとどんなでしょう。

リンセ宙を見つめる

ドキドキです。ではオープン
飛行甲板塗装、五色終了後

飛鷹木甲板5色終了

まだ、木甲板は張っていません。のせてみたイメージです。

照明も悪く、ちょっと色のメリハリが少ない様に見えますが、飛行甲板に張って、白線を引くと結構いい感じになってきます。
次回、飛行甲板にこの木甲板シールを張り付けたものをお見せしますのでそことセットでご覧ください。


ぽちっとお願いします。↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,空母,飛鷹,飛行甲板,塗装,製作手順,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ