FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

少しずつ暖かくなってきました。
でも北日本には最強寒波が来るらしいので、温度の変化には注意ですね。
体調にお気を付けください!

駆逐艦時雨の傍ら、蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラを建造中です。


アシガラ顔アップ


今回は、電飾の計画について。
(こんな風に光らせたい計画)


光らせるポイント

霧の艦隊 重巡アシガラを作るにあたって、電飾で光らせたいポイントは

A)カタパルトの先端(近接用武器)
B)攻撃ユニット(レーザー砲)

光らせるポイント後方

それと
C)後部推進部
になります。

バイラルパターンは

アシガラバイラルパターン

こんな感じでボーっと光る感じなんで付属の蛍光デカールで再現します。


配線アシガラ

艦側面の攻撃ユニットは赤色のLEDから以前のU-2501で使用した0.5㎜光ファイバーを接続します。


緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら
 ↓
緋色の艦隊 U-2501 建造日誌

専門知識がろくにないのですが、一応配線はこんな感じです。
1.5Vの電池2個で3V電圧の電源からCRDを接続し15mAの一定の電流に調節します。
3Vの電源に対して3個のLEDを並列につなげます。
(直列に接続したら電圧が不足ですよね)

配線図と呼べない配線図


赤色のLEDを点灯させるのに必要な電圧は2Vなので3Vだと少々負荷が大きいです。
9V電池に繋げたら1回で壊れてしまいました。
CRDを接続することで電源がどのような電圧でもLEDに負荷がなく一定の電流にすることができるそうです。
(「電飾しましょっ!」の受け売り)




舷側攻撃ユニット

舷側の攻撃ユニット基部はパーツにないので、自作しました。

作り方は簡単に言うと

エポパテで1個作成し、おゆまるで型取り、光硬化パテで複製なんですが、長くなるので次回で解説します。

舷側の解放部分

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
お前の相手はワタシだ~! 重巡洋艦アシガラ(霧の艦隊)建造開始!

お前の相手はワタシだ~!


ついに本命である「霧の艦隊 重巡洋艦アシガラ」の建造開始です!


昨年作成した「緋色の艦隊 U-2501」はアシガラさんを作るにあたって電飾系の練習の為という意味合いが大きいものでした!


U2501 backsidem

緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら(蛍光塗料、電飾)
 ↓

緋色の艦隊 U-2501(Uボート XXI型)建造日誌





以前にも述べたことがあるのですが「蒼き鋼のアルペジオ」シリーズにおいて、ワタシはこの重巡アシガラのメンタルモデルが一番好きなんですよね!

もちろん、タカオやイオナ、ハルナの人気は知ってます。

コミック10巻の投票では上位三位は劇場版の人気に呼応するように一位 タカオ、二位 イオナ、三位 ハルナ、でしたが、四位 ズイカク、五位 アシガラとアシガラさんもベスト5に入っているんですよね。

コミック11巻で捕虜になっても互角の勝負で勝ちたい!と言ってイ401のクルーであるいおりを助けたり小説版での硫黄島での自らがコアだけになって溶岩に飲み込まれようと島の人たちを救おうとする当たり武士の様にきっぱりとした、とことんさっぱりとした性格のいいやつなんです!


さて、前口上はこの辺りにして使用するのはこちら

アシガラ箱


アオシマさんから出ている「蒼き鋼のアルペジオ」シリーズ No.20 重巡洋艦アシガラです!


箱の中身はこちらです!

アシガラ中身

フルハルの上以上はハセガワさんの重巡洋艦妙高型を使用しています!
このハセガワの妙高型は旧モデルから2000年にリニューアルされています。

妙高型は各主砲の砲塔放熱板の形状が異なるのですが、ハセガワさんはその違いを再現しています。

船体の下部はアオシマさんが霧の艦隊様にオリジナルで作ったものです!


蛍光デカール他

付属にはペーパークラフト、エッチングシール、塗装パターンと、この頃のキットになるとデカールは蛍光デカールなんですよね!

「緋色の艦隊 U-2501」の時には普通のデカールだったんで淡く光らせる為にデカールの模様から写し取り、蛍光塗料でバイラルパターン(霧の艦隊特有のパターン)を描かなければならなかったのに比べるとずいぶん楽ちんです!
(ちゃんとブラックライトで確認しましたが光りました)


さて建造方針ですが、このまま普通にフルハルにつくるのだとちょっと面白くありません!

そこで劇場版のこの形態で造りたいと思います!


霧の重巡アシガラ


「霧の艦隊 重巡洋艦アシガラ 展開形態です!」

①船体側面を開きレーザー兵器搭載(片側6基、両面12基)を展開
 ⇒船体のカット、レーザー砲の作成+電飾
②カタパルトのムチ状の兵器
 ⇒カタパルト+ビームサーベルっぽい部分作成+電飾
③高角砲がなんか飛びだしている。
 ⇒高角砲を飛び出させるアームの作成

その為にかなりの数のオリジナルパーツを作る必要があって大変そうです!
さて思ったものができるかどうか?

実は①はすでに作ってます!


アシガラ両腕


それに加えて、一応艦船模型好きとしては、艦船部分の多少のディテールアップもするつもりです!

具体的には
①手すり
②窓枠
③ホーサーリール
④旗竿
⑤チェーン
⑥ラッタル
⑦航空機移送軌条とターンテーブル
⑧マスト
⑨張り線



こんなところでしょうか!

かなりてんこ盛りで大変そうです。

ワタシもうまくできることを祈っています!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 霧の艦隊 重巡洋艦アシガラ

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾+蛍光塗料Ver 完成しました!【蒼き鋼のアルペジオ】


未だ、東京も随分寒い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?
今日は一部地域で大雪も予想されてます。
ブルブル

私の方も寒すぎて模型はちっとも進みません。
暖かい部屋でパソコンを見ていることが多い状況です。

ところで、艦これ提督の諸兄諸姉は進捗どうでしょうか?
私はお正月明けの6日 甲、甲、甲とオール甲で作戦を完遂することができ、無事水上機母艦日進さんを我が鎮守府に迎えることが出来ました!


実は最終海域を甲でクリアしたのは初めてなのです!
前回も甲甲甲甲乙とこの1年は最終海域までは甲なのに最後は乙で妥協が続いていました。

イベントって結構苦行も多いのですが、色々と装備や艦娘の組み合わせ、それまでの育成など考えることが沢山あって
その創意工夫から作戦を全うできた時の満足感が素晴らしいですよね。


ところで、昨年最後の完成模型の紹介です!


「U-2501 ドイツUボート XXI型(蒼き鋼のアルペジオ 緋色の艦隊)」完成です!


U-2501 緋色の艦隊m


模型自体は塗装をしなければ30分あればできそうな非常にシンプルなものです。
 
今回の初挑戦は二つ


①電飾の組み込み
②蛍光塗装

U-2501は「蒼き鋼のアルペジオ」のコミックにしか出てこない艦です。
従って劇場版、TVアニメには出ていません。

U2501 backsidem


撮影は黒い布をバックに上から照明を当て、下の方からはブラックライトを当てて蛍光塗料が光る様にした上で行いました。

ブラックライトが霧の艦隊の特徴であるバイラルパターンを映し出しているのがかっこいい!
ほぼイメージ通りに出来上がりました!


(超簡単なものですが)電飾と蛍光塗料によるバイラルパターンの塗装は以前の記事で載せました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
U-2501 建造日誌 

マスキングシートの上から塗装し剥がすとできあがり!

とそのはずが実際にはマスキングシートの隙間や一部欠けや染み込みが発生します。
そこは白色塗料と蛍光クリアを極細面相筆でレタッチしました!

少々神経を使いましたがおかげでかなり拡大してもおかしくない程度までの精度で描けました。

U-2501 lightingm


少し明るいところで撮影するとこんな感じ。
支柱を黒に塗装しているので少し暗くすると背景に溶け込みます。

支柱の中に配線を通し、電池ボックスは黒布の下に隠しています。

U-2501withpaperclaft m


せっかく付いているペーパークラフト、U-2501のメンタルモデル(実はドイツ駆逐艦レーベルヒトマースのメンタルモデル)も一緒に撮影してます。

ということで、取りあえず、電飾の練習艦にも蛍光塗料の練習も終わり、次は霧の艦隊で最初に作りたかった重巡に取り掛かる予定。(てか昨年中にすでに取り掛かっていたりする)

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 蒼き鋼のアルペジオ U-2501 霧の艦隊 緋色の艦隊 1/350 蛍光塗料 電飾 アオシマ


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ