FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡アシガラの塗装(霧の艦隊)


もうすぐ、2月27日に「蒼き鋼のアルペジオ」17巻とスピンオフの「シーグラス」2巻、ようこそトリビュートコミック「ようこそ蒼き鋼へ!」の3作一挙発売!
待ち遠しいですね~。


蒼き鋼のアルペジオ 「重巡アシガラ」は少しずつ進んでいます。

やっぱり駆逐艦時雨と交互に作っていると進まないなぁ。

他にも色々と手を出している為に模型に時間を使えていないのもあるし。

でも少しずつ暖かくなってきたのはいいですね。

これからは模型もはかどるはず・・・


これまでの重巡アシガラ(霧の生徒会)の建造日誌はこちら
 ↓
重巡アシガラ(霧の生徒会)建造日誌

今回は塗装に入ります!

アシガラ設定図2


キットには細かい塗装指示が付いています。


アシガラ色指定


それに、映画の設定資料も並行して見ながら塗装の色を決めていきます。

塗装設定資料

六面図などを見ているとキットの色指定は設定資料を用いています。(当たり前か)

ただ、付属の色指定に書いている色では大きく映画のアシガラとは異なる色合いになります。

ピントが悪くて申し訳ありませんが、色指定では青とかピンクとか基本色でしか書いていませんよね。

実際にはアシガラの艦底色は青と言うよりは少し赤みがある紫といった方が正解ですし、一口にピンクって言っても艦橋はやや濃いめで船体のピンクはかなり白が入った薄めのピンクになります。

甲板等に使われている茶系の色はウッドブラウンっていうより、マホガニーが近い色に見えます。

箱の横に書かれている色指定の方が近くなってます。
ワタシはキャラクターものの色は詳しくないのですが、ガイアックスとか目を広げると混色しなくても近い色はあるのかも知れません。

多彩な色合い

なので混色をして大体の色を調整していきます。

・船体色のピンク⇒一番右の薄いピンク
・艦橋のピンク⇒右から2番目のやや濃いめのピンク、少しウッドブラウンを混ぜた
・紫⇒船体色の喫水線より下の部分。 コバルトブルーとシャインレッドの混色
・黄色⇒煙突部分の塗装。 レドームと黄色の混色
・マホガニー⇒船体色
・グレー⇒軍艦色(2)

塗装済

船体は、色の薄いピンクなどを先に塗装し、柄に合わせマスキングシートでカバーし、徐々に濃い色に塗装していきます。

以前バルチックスキームの塗装した時よりは手間が少ないかな。

重巡プリンツオイゲン建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツオイゲン建造日誌


塗装済+艦上構造物の接着

アシガラ斜め上

とまあ、煙突の上部、艦橋の窓枠、手すりはエッチングパーツを採用しつつ塗装済の艦上構造物を接着していきます。

船体の手すりまで接着するとまあまあ、様になるかと思います。

カタパルトのLEDへの配線が少し課題になりそう。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 重巡アシガラ アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 電飾

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾+蛍光塗料Ver 完成しました!【蒼き鋼のアルペジオ】


未だ、東京も随分寒い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?
今日は一部地域で大雪も予想されてます。
ブルブル

私の方も寒すぎて模型はちっとも進みません。
暖かい部屋でパソコンを見ていることが多い状況です。

ところで、艦これ提督の諸兄諸姉は進捗どうでしょうか?
私はお正月明けの6日 甲、甲、甲とオール甲で作戦を完遂することができ、無事水上機母艦日進さんを我が鎮守府に迎えることが出来ました!


実は最終海域を甲でクリアしたのは初めてなのです!
前回も甲甲甲甲乙とこの1年は最終海域までは甲なのに最後は乙で妥協が続いていました。

イベントって結構苦行も多いのですが、色々と装備や艦娘の組み合わせ、それまでの育成など考えることが沢山あって
その創意工夫から作戦を全うできた時の満足感が素晴らしいですよね。


ところで、昨年最後の完成模型の紹介です!


「U-2501 ドイツUボート XXI型(蒼き鋼のアルペジオ 緋色の艦隊)」完成です!


U-2501 緋色の艦隊m


模型自体は塗装をしなければ30分あればできそうな非常にシンプルなものです。
 
今回の初挑戦は二つ


①電飾の組み込み
②蛍光塗装

U-2501は「蒼き鋼のアルペジオ」のコミックにしか出てこない艦です。
従って劇場版、TVアニメには出ていません。

U2501 backsidem


撮影は黒い布をバックに上から照明を当て、下の方からはブラックライトを当てて蛍光塗料が光る様にした上で行いました。

ブラックライトが霧の艦隊の特徴であるバイラルパターンを映し出しているのがかっこいい!
ほぼイメージ通りに出来上がりました!


(超簡単なものですが)電飾と蛍光塗料によるバイラルパターンの塗装は以前の記事で載せました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
U-2501 建造日誌 

マスキングシートの上から塗装し剥がすとできあがり!

とそのはずが実際にはマスキングシートの隙間や一部欠けや染み込みが発生します。
そこは白色塗料と蛍光クリアを極細面相筆でレタッチしました!

少々神経を使いましたがおかげでかなり拡大してもおかしくない程度までの精度で描けました。

U-2501 lightingm


少し明るいところで撮影するとこんな感じ。
支柱を黒に塗装しているので少し暗くすると背景に溶け込みます。

支柱の中に配線を通し、電池ボックスは黒布の下に隠しています。

U-2501withpaperclaft m


せっかく付いているペーパークラフト、U-2501のメンタルモデル(実はドイツ駆逐艦レーベルヒトマースのメンタルモデル)も一緒に撮影してます。

ということで、取りあえず、電飾の練習艦にも蛍光塗料の練習も終わり、次は霧の艦隊で最初に作りたかった重巡に取り掛かる予定。(てか昨年中にすでに取り掛かっていたりする)

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 蒼き鋼のアルペジオ U-2501 霧の艦隊 緋色の艦隊 1/350 蛍光塗料 電飾 アオシマ

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾の為に光ファイバーを通す!


忘年会のシーズンですね。
私の部署は仕事柄、お仕事相手の忘年会などが多い部署です。

でも、私は正直面倒です。
なるべく口実を付けて避けるのですがそれでも今週あと2回は出席せねばなりません。

家でゆっくりしたいというのが私の希望です・・・・

そんな昨今ですが・・・

U-2501は中に配線を通し、サフを吹くまで進みました。

U-2501光ファイバーと蛍光塗料

以前、護衛艦あきづきを建造した時に艦橋内部に空間を作り、LED(つり用)を仕込んでみました。

最後にLED入れて点灯させてようやく気が付いたのが、内部の遮光が不十分な為に光ってはいけないところが光って間抜けな状況になっていることでした!


そんな経験から今回は遮光をしっかりとした上で電池から配線しLEDを仕込みたいと思います。

ほとんど未経験の私は電飾初心者もいいとこ!
なので初歩の初歩になりますが必要なものとして下記のものを集めました。

今回は練習用に本当にシンプルに作るのでほぼ最低限用意しないといけないものかなと思います。

<必要なもの>

①電飾しましょ!【本】(どろぼうひげさん著)
②白色LED 2個
③耐熱電子ワイヤー(銅線)
④スイッチ付き電池ボックス(単三×2個用)
⑤熱収縮チューブ(⇒結局、ビニールテープで代用した)
⑥0.5㎜径光ファイバー
⑦ハンダ

他に道具として
はんだごては必要です。

どろぼうひげさんの「電飾しましょ!」はネットでたまたま見つけました。
ツイッターでも第2巻の宣伝がありましたが、私は初心者なので1巻目の初心者用を購入。



②~⑤は秋月電子通商から購入です。
注文して翌日には出荷してくれるスピード配達。
それに安い!

秋月電子通商のHPのリンクを貼っておきました。
 ↓
秋月電子通商HP

アキバにお店があるのは知ってましたが、なぞのお店でした。
こんな時に買うのですね~。
実際電子部品を買えるお店ってそんなに頻繁にないんですよね。

時間がないのでお店には行ってないのですが経験値を少し稼いではぐれスライムくらいになった今はお店で直接購入してもいいかなと思っています。
配送費(500円くらい)と同じくらいの電車代がかかっちゃいますけど。


熱収縮チューブは直径を確認しなかったので細すぎるものを購入してしまいました。
LEDの直径+1㎜程度のものを購入した方がいいって、本にも書いていたのに!
LEDの直径が3㎜ですのでこの場合4㎜のチューブが必要です。

光ファイバーはエスカがいいという話でしたが、下のものが安かったのでこれを購入。
今のところは全く問題なさそうです。
(個人の責任で選んでくださいね)



今回は電飾の練習ですが、潜水艦自体は非常にシンプルです。
Uボートは日本の潜水艦に比べ小型のものが多いですが、1/350なのでLEDを2個仕込む余裕が十分あります。

U-2501.jpg

電飾の方法としては白色LEDを光源として、光ファイバーで光を引きます。
船体の光らせたいところをあらかじめ光ファイバーの太さと同じ0.5㎜のピンバイスで穴をあけます。

模型などの場合、差し込むものよりわずか大きい穴が理想的ですが、光ファイバーについては0.5㎜直径と同じ大きさの穴でちゃんと通ることができました。
むしろ光が漏れるとかっこ悪いので同じ大きさが良いようです。

穴をあける箇所は箱絵を参考にしました。
※残念ながら全てではありません。潜舵横の光源は再現できていません。
箱絵はArk Perfomance さんの書下ろしイラストですので公式と呼べるものです。

コミック4巻の冒頭にカラーイラストはあるのですが、点灯箇所までは描かれていません。

<回路>

回路と言うにもおこがましい簡単なものですが、一応下記の通り
(正式な配線図の書き方を知らないのでその辺はあしからずです)

簡単な回路

白色LED1個は電圧3.3V必要なので単三電池2つで大体電力的には足ります。
LED2つは直列につなぐと電圧が落ちるので並列につなぎます。

配線をつないだ箇所ははんだ付けをします。
一旦模型を閉めてしまうと後から付け直すことができないのでこの時点でしっかりと付けることが大事だからです。

U-2501光ファイバを通す

一つの白色LEDは前に向けて、一つの白色LEDは後ろに向けてチューブ(実際にはチューブが細すぎてビニールテープに変更。いいのかな?)で囲い、光ファイバーを差し込みました。

LEDと光ファイバーを通したところ

プラスとマイナスの配線は艦の真下に2㎜径の穴を開けてそこから通します。
光ファイバーを長めに通して(長すぎるか?)潜水艦の左右を接着します。
内部の光源に近い部分は光が漏れるので内部を黒で塗装しました。

艦橋にも通す


艦橋にも光らせたい箇所が3か所あるので光ファイバーを3本上に通します。
上甲板に2mm径の穴を開けてそこから光ファイバーを3本通します。
艦橋の穴を開けた箇所に光ファイバーを通して左右を接着します。

この時もあらかじめ遮光用黒塗装を内部にします。
(漏光恐怖症)

光ファイバーを長めにするのは塗装しても最後でぎりぎりでカットすれば切り口が光るからです!

その後、船体全面にホワイトサフを吹きかけます。

この後、カラーで塗装する為と多少なりともサフの遮光力を期待してです。
実際には何度も暗闇で光らせて光漏れがないことを確認しているので大丈夫だと思いますが・・・・

この後の塗装は次回です。

果たしてかっこいい電飾潜水艦ができあがるかどうか!
こうご期待!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 1/700 U-2501 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 潜水艦 Uボート 電飾


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ