FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


ウラジオストック訪問 「蒼き鋼のアルペジオ」聖地巡礼!?


艦これ 2019夏イベは甲種勲章をいただき終了しました。
当初、途中で海外出張が入ったり休日に出かける用事があったりして時間もないやってことで乙で上がるつもりだったのですが、
グレカーレが削りの途中で来鎮してくれたことで掘りの必要がなくなったことやツイッターのFFのアドバイスなどもあり
甲制覇に切り替え、無事終了しました。
甲報酬の秋水は代替のない局地戦闘機ですし、甲にして良かったと思ってます。

20日20時より友軍が来るようなのでちょっと嫁艦の金剛ちゃんとE-3をのぞいて来ようと思います。


さて、艦これの話はさておいて

前の回でロシア極東地区のウラジオストック訪問の話をしました。

 ☟☟
ロシア訪問記(ウラジオストック、バウナウル)


仕事はこの町ではなく近く(っていっても道が悪いので片道4時間かかる)の場所だったのですが、何とか夜にはウラジオストックの街に行くことができました。

以前はそれこそ9割以上が中国出張でパスポートが埋まるくらい行っていたのですが最近は私が行った事がない国が多くありがたいことだなぁと感じています。
ストレスも多いんですけどね。

ウラジオストックはとても夜景のきれいな街です。

この町は極東地区でありながら、まるでヨーロッパの様な雰囲気を味わえる街並みなのですが、私にはここを訪れる密かな目的がありました。


むしろ、こちらの方が心の内では真の目的と言えるような・・・・

イオナ心配そうな表情b

ご存知でしょうか? 「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」

艦船にも関係するのでちょいちょいこのブログでもネタで出しています。


何しろ、「軍艦+萌え」という私が一番はまる要素満載!


この劇中でのワンシーン。ウラジオストックに停泊して補給をするシーンがあります!
日本近海、霧の生徒会のナチとアシガラと交戦の後、ちょっとした一休みのシーンです。


そのアルペジオで出てくる街並みをみたかったんですよね

ウラジオストックの街並み


ここで、群像達は物資を補給します。
その場所は横に崩れ落ちた金角橋のすぐ横になります。


イ400の停泊場所

この停泊場所はウラジオストックでも有名な眺めの場所、鷲の巣展望台から見下ろせる場所になります。

イ400の停泊位置

上の画像でも金角橋の横に建物がありますが、その横辺りにイ400は停泊し、マフィアから物資を入手します。
(そのやり取りのシーンはカットされたようです。コミックでは香港で同様のシーンがありますよね)


クルーが物資を点検している最中、群像とイオナは四月一日いおりの計らいで街にでかけます。

路面電車あと

ウラジオストックは小綺麗で石作りのヨーロッパの様な街並みです。

そして、路面電車ですが、ロシアのそこそこ大きな街(ってそこまで詳しい訳ではないのですが)には大体路面電車がはしっているんですよね。


そして、超戦艦ムサシのメンタルモデルとイオナ(イ400のメンタルモデル)がロシア正教の教会前でカイゴウする訳です。

イオナとムサシが出会う

この教会って特定のモデルがあるのでしょうか?


このシーンで大体の位置が推測できます。
金角橋から向かって左側を少し上がった場所になります。


ウラジオストックの港を見下ろす


アルペのウラジオストック

この地図で示した場所は現在、長老教会があり、その上にはマンションが立っているようです。

少し離れた場所にはロシア正教の教会 聖パフロフスキー教会がありますが、若干場所が違うのと教会前にこの様な広い場所はなさそうです。


パクロフスキー教会b


ドンピシャの場所にはこの様な広場を持つ教会はないように思います。
(時間がなく歩いて探索できなかったのは悔やめます・・・・)
どこかのロシア正教の教会をベースに現在のマンションが建っている場所に教会を建てたのでしょうか?


ロシア正教の教会


そもそも年は2050年代でしかもここではないどこかの地球!?!
2020年にあるマンションが老朽化で取り壊されそこに教会が建ってもなんの不思議もないかと・・・・


現に海沿いにも教会がまさに建設中でした

海沿いに建設中の教会


ムサシとイオナの逢った教会がどこなのか? 詳しい人、情報求む!!

ウラジオ港を遠く見下ろした風景

この写真は、金角橋を渡った逆から撮ったものですが、とても美しい夜景です。

落ち着いていく機会があればもう一度、今度はゆっくりと、日中の人の行きかう街並みを味わいたいものです。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 蒼き鋼のアルペジオ 聖地巡礼 ウラジオストック イ400

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡アシガラ メンタルモデルも乗ってます!



タカオ

「メンタルモデル」=
「ああなったらこうなる」といった行動のイメージを表現したもの(認知心理学)

らしいです。

しかし「蒼き鋼のアルペジオ」では、霧の艦隊が人間と戦術を理解する為に生み出した記号の具象化。ナノマテリアルで構成された擬人化した艦の意識体。のことを表します。
上は「蒼き鋼のアルペジオ」の原作でも人気投票一位の重巡タカオ、ヒロインのイオナは2位に……

そして、ご想像の通り全てが美少女なのです。
ただ、原作中にもありますが、自分がどのような姿になるかを自分では選ぶことはできないようです。
(化けることはできるみたいですけどね。例 アタゴ⇒タカオ)

で、前回完成した「蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ」ですが、実はそのメンタルモデルがこの船にも乗船しています!

霧の重巡アシガラ 海中にダイブ

「蒼き鋼のアルペジオ」 霧の艦隊 重巡アシガラの建造日誌はこちら
 ↓↓
霧の艦隊 重巡アシガラ 建造日誌

アシガラ実はb

で、どこに立っているんでしょうか?
普通なら艦橋に立っているものと思いますよね。
私もそう思い込んでいました!


ハルナとキリクマと蒔絵

最初に登場したタカオもそうですが、ここでのハルナやキリクマ(キリシマ)、蒔絵も背景の測距儀から分かる通り艦橋にいます。

アシガラとナチの場所

しかし、この劇中の1シーンでアシガラがドタバタしている場所は第一砲塔の前辺りの甲板です!

艦首に注目してほしい!

危うく艦橋に立たせるところでした!

アシガラの立っている場所

これ、どこに手をかけているかというと、よく見ると艦首の旗竿です( ゚Д゚)



てことで旗竿の横に「重巡アシガラ」のメンタルモデル アシガラちゃんを立てました!


アシガラはここにたっている

一応、この重巡アシガラのメイキングを解説します。

ファイブスターのエッチングパーツ1/700 水兵Ⅱを使用。


<胴体>
ガイアノーツの瞬間カラーパテ(ホワイト)をちょんと盛ります。
乾燥したのち顔、腕、太ももの辺りにMrカラーのキャラクターフレッシュ2を塗ります。
(小さすぎてもはやカン)

太ももから先は桃色に白を足した色でピンク色のニーソを表現。


<スカート>
そこに、プラペーパーで切り出したスカートを黄橙色で塗装して接着。
胴体の制服も同色で塗装。

<髪>
腰までかかる長い黒髪及び前に垂れる二束の黒髪。
・・・プラペーパーをデザインナイフで切り出し。漆黒ではないので、タイヤブラックで塗装。


<腕章>
最後に腕章を黄緑色で塗装し腕に貼り付けます。
・・・上手く付けたつもりが二の腕ではなくて、前腕部に!


マッチ棒との比較

この1㎜強のアシガラちゃんを作るのに20分強かかりました。
まあ、私にしては上手にできた方か・・・・


これにて、「蒼き鋼のアルペジオ」 「霧の艦隊 重巡アシガラ」の完成です!!

ぶっちゃけ、この「蒼き鋼のアルペジオ」シリーズはほとんど持っているので又、メンタルが回復したらどこかで作ると思います。

でも、電飾、自作パーツ、ディテールアップの組み合わせは疲れる・・・・・



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
☟( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 重巡アシガラ メンタルモデル

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
放置していた重巡アシガラ建造再開!


艦これイベント2019年春ですが、提督の方々は如何でしょうか?

本当に鬼畜ですよね。
私は今のところ、甲甲甲で進んでE-4甲の機動部隊での削り中ですが途中の鬼姫に何度も惨殺され、最後のボスも300くらいずつしか削れず心が折れそうです。

何とか水上部隊へ引き継ぎたい一心で毎日少しずつ進めたいと思います。

ところで、「蒼き鋼のアルペジオ 重巡アシガラ」さんですが、しばらく建造途中で放置していました。
蒼き鋼のアルペジオシリーズで一番好きなメンタルモデルって言っておきながら2か月放置していました!
ごめんなさい
🙇

建造途中が幾つもあっては場所も取るしと先に仕上げようと一念発起しました!


どうして停まっていたかというと、艦側面のレーザー砲がなかなか難しそうで停まっていた訳です。
クオリティはともかくまずは進めることにしました!

重巡アシガラ製作

で実は一日で大分進んでもう少しというところです!
※艦側面のレーザー砲は置いているだけ

何を作っているのか分からない方も多いと思いますのでこれまでの建造日誌はこちら
 ↓↓
霧の艦隊 重巡アシガラ建造日誌はこちら



少しだけ解説!

アシガラ展開形態

クオリティいまいちですいません!
(≧◇≦)

光ファイバーは最後にカットします。
(念のため)

エポパテで作った高角砲の下部や光硬化パテで作ったレーザー砲の台にも今一つ気泡やらなにやらで精度が悪い部分があります。


<光ファイバー>


アシガラ光ファイバー

以前の建造日誌に書いたと思いますが、0.5㎜の光ファイバーを赤LEDから光を取って通光しています。


<レーザー砲基部>

気泡埋め

これは以前の建造日誌に載せているのですが、光硬化パテで作りました。
自分なりには削ったりしたのですが所々にある気泡の処理や表面の加工がいまいちです。

<重巡アシガラ 建造途中 ブラックライトに当てた>

重巡アシガラ蛍光

ラックライトにあてるとこんな感じ!

色々誤魔化せます!

次には完成するかな?



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
 ↓ ↓

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
アシガラさんに蛍光デカールを貼りました。霧の艦隊っぽくなってきましたね(^^♪

先週は体調を崩しておりました。

やっぱり健康が一番ですね~。

その他でもバタバタしており、ここのところあまり進んでいないのですが、蛍光デカールだけは張り終えました。

これまでのアオシマ製 「霧の艦隊 重巡アシガラ」の建造日誌はこちら

霧の艦隊 重巡アシガラ建造日誌

アシガラBL


蛍光デカールを貼って、ブラックライトを当てたところです。
蛍光デカールを貼ると霧の艦隊らしくなりましたね(^^♪

船体をカットしているので調度合わせたりするのが少々面倒でした。

デカール貼りアシガラ前から

前からみたところ

デカール貼りアシガラ後ろから

後ろから


デカール貼りアシガラ横から

横から


あとは普通の船だと大体フィニッシュが見えてくるんですけど
電飾を付けたカタパルトとか高角砲とか、レーザー砲とか結構ありますね。

もう少しかかりますね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡アシガラの塗装(霧の艦隊)


もうすぐ、2月27日に「蒼き鋼のアルペジオ」17巻とスピンオフの「シーグラス」2巻、ようこそトリビュートコミック「ようこそ蒼き鋼へ!」の3作一挙発売!
待ち遠しいですね~。


蒼き鋼のアルペジオ 「重巡アシガラ」は少しずつ進んでいます。

やっぱり駆逐艦時雨と交互に作っていると進まないなぁ。

他にも色々と手を出している為に模型に時間を使えていないのもあるし。

でも少しずつ暖かくなってきたのはいいですね。

これからは模型もはかどるはず・・・


これまでの重巡アシガラ(霧の生徒会)の建造日誌はこちら
 ↓
重巡アシガラ(霧の生徒会)建造日誌

今回は塗装に入ります!

アシガラ設定図2


キットには細かい塗装指示が付いています。


アシガラ色指定


それに、映画の設定資料も並行して見ながら塗装の色を決めていきます。

塗装設定資料

六面図などを見ているとキットの色指定は設定資料を用いています。(当たり前か)

ただ、付属の色指定に書いている色では大きく映画のアシガラとは異なる色合いになります。

ピントが悪くて申し訳ありませんが、色指定では青とかピンクとか基本色でしか書いていませんよね。

実際にはアシガラの艦底色は青と言うよりは少し赤みがある紫といった方が正解ですし、一口にピンクって言っても艦橋はやや濃いめで船体のピンクはかなり白が入った薄めのピンクになります。

甲板等に使われている茶系の色はウッドブラウンっていうより、マホガニーが近い色に見えます。

箱の横に書かれている色指定の方が近くなってます。
ワタシはキャラクターものの色は詳しくないのですが、ガイアックスとか目を広げると混色しなくても近い色はあるのかも知れません。

多彩な色合い

なので混色をして大体の色を調整していきます。

・船体色のピンク⇒一番右の薄いピンク
・艦橋のピンク⇒右から2番目のやや濃いめのピンク、少しウッドブラウンを混ぜた
・紫⇒船体色の喫水線より下の部分。 コバルトブルーとシャインレッドの混色
・黄色⇒煙突部分の塗装。 レドームと黄色の混色
・マホガニー⇒船体色
・グレー⇒軍艦色(2)

塗装済

船体は、色の薄いピンクなどを先に塗装し、柄に合わせマスキングシートでカバーし、徐々に濃い色に塗装していきます。

以前バルチックスキームの塗装した時よりは手間が少ないかな。

重巡プリンツオイゲン建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツオイゲン建造日誌


塗装済+艦上構造物の接着

アシガラ斜め上

とまあ、煙突の上部、艦橋の窓枠、手すりはエッチングパーツを採用しつつ塗装済の艦上構造物を接着していきます。

船体の手すりまで接着するとまあまあ、様になるかと思います。

カタパルトのLEDへの配線が少し課題になりそう。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 重巡アシガラ アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 電飾


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ