FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
アシガラさんに蛍光デカールを貼りました。霧の艦隊っぽくなってきましたね(^^♪

先週は体調を崩しておりました。

やっぱり健康が一番ですね~。

その他でもバタバタしており、ここのところあまり進んでいないのですが、蛍光デカールだけは張り終えました。

これまでのアオシマ製 「霧の艦隊 重巡アシガラ」の建造日誌はこちら

霧の艦隊 重巡アシガラ建造日誌

アシガラBL


蛍光デカールを貼って、ブラックライトを当てたところです。
蛍光デカールを貼ると霧の艦隊らしくなりましたね(^^♪

船体をカットしているので調度合わせたりするのが少々面倒でした。

デカール貼りアシガラ前から

前からみたところ

デカール貼りアシガラ後ろから

後ろから


デカール貼りアシガラ横から

横から


あとは普通の船だと大体フィニッシュが見えてくるんですけど
電飾を付けたカタパルトとか高角砲とか、レーザー砲とか結構ありますね。

もう少しかかりますね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡アシガラの塗装(霧の艦隊)


もうすぐ、2月27日に「蒼き鋼のアルペジオ」17巻とスピンオフの「シーグラス」2巻、ようこそトリビュートコミック「ようこそ蒼き鋼へ!」の3作一挙発売!
待ち遠しいですね~。


蒼き鋼のアルペジオ 「重巡アシガラ」は少しずつ進んでいます。

やっぱり駆逐艦時雨と交互に作っていると進まないなぁ。

他にも色々と手を出している為に模型に時間を使えていないのもあるし。

でも少しずつ暖かくなってきたのはいいですね。

これからは模型もはかどるはず・・・


これまでの重巡アシガラ(霧の生徒会)の建造日誌はこちら
 ↓
重巡アシガラ(霧の生徒会)建造日誌

今回は塗装に入ります!

アシガラ設定図2


キットには細かい塗装指示が付いています。


アシガラ色指定


それに、映画の設定資料も並行して見ながら塗装の色を決めていきます。

塗装設定資料

六面図などを見ているとキットの色指定は設定資料を用いています。(当たり前か)

ただ、付属の色指定に書いている色では大きく映画のアシガラとは異なる色合いになります。

ピントが悪くて申し訳ありませんが、色指定では青とかピンクとか基本色でしか書いていませんよね。

実際にはアシガラの艦底色は青と言うよりは少し赤みがある紫といった方が正解ですし、一口にピンクって言っても艦橋はやや濃いめで船体のピンクはかなり白が入った薄めのピンクになります。

甲板等に使われている茶系の色はウッドブラウンっていうより、マホガニーが近い色に見えます。

箱の横に書かれている色指定の方が近くなってます。
ワタシはキャラクターものの色は詳しくないのですが、ガイアックスとか目を広げると混色しなくても近い色はあるのかも知れません。

多彩な色合い

なので混色をして大体の色を調整していきます。

・船体色のピンク⇒一番右の薄いピンク
・艦橋のピンク⇒右から2番目のやや濃いめのピンク、少しウッドブラウンを混ぜた
・紫⇒船体色の喫水線より下の部分。 コバルトブルーとシャインレッドの混色
・黄色⇒煙突部分の塗装。 レドームと黄色の混色
・マホガニー⇒船体色
・グレー⇒軍艦色(2)

塗装済

船体は、色の薄いピンクなどを先に塗装し、柄に合わせマスキングシートでカバーし、徐々に濃い色に塗装していきます。

以前バルチックスキームの塗装した時よりは手間が少ないかな。

重巡プリンツオイゲン建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツオイゲン建造日誌


塗装済+艦上構造物の接着

アシガラ斜め上

とまあ、煙突の上部、艦橋の窓枠、手すりはエッチングパーツを採用しつつ塗装済の艦上構造物を接着していきます。

船体の手すりまで接着するとまあまあ、様になるかと思います。

カタパルトのLEDへの配線が少し課題になりそう。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 重巡アシガラ アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 電飾

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

少しずつ暖かくなってきました。
でも北日本には最強寒波が来るらしいので、温度の変化には注意ですね。
体調にお気を付けください!

駆逐艦時雨の傍ら、蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラを建造中です。


アシガラ顔アップ


今回は、電飾の計画について。
(こんな風に光らせたい計画)


光らせるポイント

霧の艦隊 重巡アシガラを作るにあたって、電飾で光らせたいポイントは

A)カタパルトの先端(近接用武器)
B)攻撃ユニット(レーザー砲)

光らせるポイント後方

それと
C)後部推進部
になります。

バイラルパターンは

アシガラバイラルパターン

こんな感じでボーっと光る感じなんで付属の蛍光デカールで再現します。


配線アシガラ

艦側面の攻撃ユニットは赤色のLEDから以前のU-2501で使用した0.5㎜光ファイバーを接続します。


緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら
 ↓
緋色の艦隊 U-2501 建造日誌

専門知識がろくにないのですが、一応配線はこんな感じです。
1.5Vの電池2個で3V電圧の電源からCRDを接続し15mAの一定の電流に調節します。
3Vの電源に対して3個のLEDを並列につなげます。
(直列に接続したら電圧が不足ですよね)

配線図と呼べない配線図


赤色のLEDを点灯させるのに必要な電圧は2Vなので3Vだと少々負荷が大きいです。
9V電池に繋げたら1回で壊れてしまいました。
CRDを接続することで電源がどのような電圧でもLEDに負荷がなく一定の電流にすることができるそうです。
(「電飾しましょっ!」の受け売り)




舷側攻撃ユニット

舷側の攻撃ユニット基部はパーツにないので、自作しました。

作り方は簡単に言うと

エポパテで1個作成し、おゆまるで型取り、光硬化パテで複製なんですが、長くなるので次回で解説します。

舷側の解放部分

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾+蛍光塗料Ver 完成しました!【蒼き鋼のアルペジオ】


未だ、東京も随分寒い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?
今日は一部地域で大雪も予想されてます。
ブルブル

私の方も寒すぎて模型はちっとも進みません。
暖かい部屋でパソコンを見ていることが多い状況です。

ところで、艦これ提督の諸兄諸姉は進捗どうでしょうか?
私はお正月明けの6日 甲、甲、甲とオール甲で作戦を完遂することができ、無事水上機母艦日進さんを我が鎮守府に迎えることが出来ました!


実は最終海域を甲でクリアしたのは初めてなのです!
前回も甲甲甲甲乙とこの1年は最終海域までは甲なのに最後は乙で妥協が続いていました。

イベントって結構苦行も多いのですが、色々と装備や艦娘の組み合わせ、それまでの育成など考えることが沢山あって
その創意工夫から作戦を全うできた時の満足感が素晴らしいですよね。


ところで、昨年最後の完成模型の紹介です!


「U-2501 ドイツUボート XXI型(蒼き鋼のアルペジオ 緋色の艦隊)」完成です!


U-2501 緋色の艦隊m


模型自体は塗装をしなければ30分あればできそうな非常にシンプルなものです。
 
今回の初挑戦は二つ


①電飾の組み込み
②蛍光塗装

U-2501は「蒼き鋼のアルペジオ」のコミックにしか出てこない艦です。
従って劇場版、TVアニメには出ていません。

U2501 backsidem


撮影は黒い布をバックに上から照明を当て、下の方からはブラックライトを当てて蛍光塗料が光る様にした上で行いました。

ブラックライトが霧の艦隊の特徴であるバイラルパターンを映し出しているのがかっこいい!
ほぼイメージ通りに出来上がりました!


(超簡単なものですが)電飾と蛍光塗料によるバイラルパターンの塗装は以前の記事で載せました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
U-2501 建造日誌 

マスキングシートの上から塗装し剥がすとできあがり!

とそのはずが実際にはマスキングシートの隙間や一部欠けや染み込みが発生します。
そこは白色塗料と蛍光クリアを極細面相筆でレタッチしました!

少々神経を使いましたがおかげでかなり拡大してもおかしくない程度までの精度で描けました。

U-2501 lightingm


少し明るいところで撮影するとこんな感じ。
支柱を黒に塗装しているので少し暗くすると背景に溶け込みます。

支柱の中に配線を通し、電池ボックスは黒布の下に隠しています。

U-2501withpaperclaft m


せっかく付いているペーパークラフト、U-2501のメンタルモデル(実はドイツ駆逐艦レーベルヒトマースのメンタルモデル)も一緒に撮影してます。

ということで、取りあえず、電飾の練習艦にも蛍光塗料の練習も終わり、次は霧の艦隊で最初に作りたかった重巡に取り掛かる予定。(てか昨年中にすでに取り掛かっていたりする)

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 蒼き鋼のアルペジオ U-2501 霧の艦隊 緋色の艦隊 1/350 蛍光塗料 電飾 アオシマ

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
バイナルパターンの蛍光塗装 U-2501


忘年会もようやく一段落つきました。

今年は部署柄忘年会が多いんですけどようやく一段落付きました。
仕事も忙しくてその上、忘年会も多い。

仲間内で飲んでる分にはいいんですけど。

ところで、現在建造中の「蒼き鋼のアルペジオ U-2501」ですが、前回までに電飾の為、光ファイバーや配線を埋め込みました。

U-2501の塗装になります。

まず、船体には一通り、ホワイトサフを吹きました。

模型自体が赤色のランナーで作っているので船体色だけを見ると下地を吹く必要はないのですが、内部に仕込んだLEDの遮光目的とバイナルパターンの色を出す為です。

<U-2501 塗装指示>

バイナルパターンU-2501

塗装指示はこの様になっています。

私が普段使うのはMr.カラー主体なので、その指示に従うと、
・上1/3くらいが「キャラクターレッド」、
・下側が「RLM23 レッド」です。

しかし、霧の艦隊の艦船の特徴は何といっても船体にぼーっと光る「バイナルパターン」です。


バイナルパターンとを簡単に説明すると、この作品に出てくる霧の艦隊が戦闘モード(とは限らないけど)に入ると浮かびあがる船固有のパターンです。

i-401バイナルパターン


艦船毎に違います。

又、タカオの例の様に霧の艦隊(金剛の第一艦隊所属時)と出放してグンゾウ側「蒼き艦隊」に付いた時には「霧の艦隊」マークから「BLUE STEEL」マークに変わったりします。


バイナルパターンの色ですが、箱絵を見ると白色の様です。

U-2502箱

ところで

似たものに「イデアクレスト(智の紋章)」と言うのがあります。

これは、艦毎の記号の様なもので、艦首甲板であったり、これもその演算能力を高めて使用する時にメンタルモデルに浮かんでくるものです。

因みに「U-2501 イデアクレスト」は下の通り↓

U-2501イデアクレスト

ひたいにうっすらと出ているのが彼女のイデアクレストです。

でも考えてみると、コミックだと戦闘時にほぼ毎回メンタルモデルに浮かび上がるこのマークがTV版、劇場版ではなかった気がする。


設定が大分違っていて同じ世界の延長上でもないので、TV版ならではのなんらかの意図があるんでしょうね。


このU-2501に付属のバイナルパターンは蛍光塗料ではありません!

このアオシマさんの蒼き艦隊シリーズは途中から蛍光塗料を用いたデカールが付くのですが、初期の商品は普通のデカールです。

でもこの部分光らせたいですよね。

なので、蛍光塗料で塗ることにしました。

手順としては

①ホワイトサフ
②バイナルパターンがある箇所に白塗装
③同、バイナルパターンにある箇所に上から蛍光クリア塗装(ガイアカラーNo.110 蛍光クリア)を重ね塗り
④マスキングシートからバイナルパターンを切り出し、所定の位置に貼りマスキング
⑤2種類のレッドを塗装

全てエアーブラシを使用しています。


バイナルパターンの印刷


パターンを印刷

付属のデカールをスキャナーに取り込み、マスキングシートに印刷しました。
家にあるのは普通のインクジェット印刷機です。

マスキングシートにはインクが乗らないので乾いた後も触れると取れちゃいます。

気を付けて先端の細いデザインナイフか刃先の鋭い専用のカッターナイフで切り出します。


マスキング張り

この段階で少し問題が・・・・
とても良く見ると、箱絵と塗装指示書でバイナルパターンの位置が異なるのです。

結局、パターンの位置は高さは箱絵に、前後の位置は塗装指示に従うことにしました。
(前後の位置を変えるとデカールの切り出しでは後ろの方で長さが若干あわない箇所が出るので)


そんな感じで③まで進み、④でマスキングを張ったのが写真


マスキング


ここで、赤色2色を塗装します。
軍艦色①の指示がありますが、どこで塗るんでしょうかね?

最初、甲板に塗るのかと推察しましたが、コミック6巻の白黒の絵から推察するに甲板と船体の色は変わりがないようです。

なので、甲板はキャラクターレッドでそのまま塗装しました!


シュノーケルの先端はグレーかも知れません。


塗装終了後、マスキングシートを外したものです。

剥がした後

まあ、こんなもんでしょう!

これからマスキングの切り出しの曲線が綺麗に出ていない箇所や塗料が入り込んだ箇所などを筆で修正します。

神経使いそう!


蛍光の乗り方と光がちゃんと出るかをブラックライトを当てて確認しました。

蛍光及び点灯確認


まあ、少し補正したら何とかなりそうです!

あと少しで完成!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 1/700 アオシマ U-2501 Uボート 蒼き鋼のアルペジオ


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ