FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
戦艦金剛の艦橋の左右って対称だと思ってたけど結構違うんですね。


今週、戦艦金剛改二丙はほとんど進んでいません。
ついにフィッチャーは来ませんでした。
またいつか合う日まで~

まあ、でもALL甲クリアできたし、作戦としてはA勝利くらいですかね。
さあ、30万あった燃料が残り5万まで減ったんでまた貯蓄しないと・・・・


今の金剛20190512b

さて、模型は艦橋の窓枠を付けたくらいの体たらくです。

でも見ていて気になったのが金剛の艦橋の左右は結構違うという事、それに近代化改装を終わったはずの1941年と1944年当時を比べても細かいところがちょいちょい違うということです。


 <仮組した戦艦金剛1944年の艦橋>


金剛艦橋右舷

中でも気になるのがこの空中に出てしまう水密扉!

前回までの高速戦艦金剛改二(丙)の建造日誌はこちら
 ↓↓


戦艦スタイルブック金剛艦橋1941年くらい?

この図は前回のブログでも紹介した「戦艦スタイルブック」の金剛のページで推測するに戦艦金剛の1941年くらいの様子を示しているようです。

この当時はこの箇所にはタラップがあって(図にはドアはないですが)ドアはあっても不思議ではない。

金剛艦橋左舷

こちらは同じ艦橋の左舷です。

図と同じようになっています。
つまりフジミさんは右舷と左舷は意図的に違いをつくっています。

例によって、フジミさんの「戦艦金剛1941年」を見ると図のように再現してあって、この1941年と1944年の艦橋は違いを表現されています。

大和博物館の金剛

こちらは広島県呉市の「大和ミュージアム」に飾っている1/100?の戦艦金剛、非常に精巧で眼福です!

人の表情も右側と左側で同じ人はいないといいますが、戦艦金剛も右舷と左舷で違いがあります!
しかも1944年と1941年で微妙に違う!(機銃装備以外にも違いはあるんですね!)

しかも年代違いで出すからにはこの様な違いも表現しようではないか!というフジミさんに気概を感じます!

<戦艦金剛 1944>


<戦艦金剛1941>

戦艦金剛1941年(昭和16年)の方が少々高いのですね。模型としては新しい方だしかな?


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ フジミ 艦船模型 戦艦金剛

DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
魚雷発射管を取り付けたら少し金剛改二丙らしくなりました!


艦これ、2019春イベント始まりましたね~。
E-1、E-2輸送まではすんなり甲で大破撤退も1回程度で進んでいましたが、E-2甲戦力ゲージが強力過ぎて沼ってます。


前回の説明でも書きましたが、「高速戦艦金剛改二丙」の特徴は、その魚雷発射管にあります!
なので艦首方面に魚雷発射管を取り付けました!

これまでの建造日誌はこちら
↓ ↓
高速戦艦金剛改二丙(フジミ使用)建造日誌

金剛改二丙で変わったところbb

魚雷発射管がのぞいていますが、これ分かりますかね~。

金剛改二丙艦首の魚雷

それっぽく、艦の舷側を繰り抜きました。
厳密に調べた訳ではないですが、一番砲塔の下は弾薬庫から装弾装置が付いていますがその前辺りは少し艦の中にも空きのスペースが作れそうです



中には魚雷発射管室を作っています!

魚雷室


単にプラ板を貼り付けただけの簡単な部屋です。

可動式にしているので外れて落ちたら嫌なので部屋を作ったのですが、向こうが突き抜けているので落ちる危険性は十分にあります!


使用した魚雷発射管は前回でも紹介したピットロードさんの「艦船装備セットNEO E-4」に付属のキット

6年式53cm連装発射管

結構リアルです。

その他の甲板上のディテールアップポイントを羅列。


ディテールアップ箇所

1.ホーサーリール取り換え
2.パラベーン 取り換え
3.昇降口 取り換え
4.ラッタル、階段取り換え

・巻取機や弾薬箱などはそのまま使います。

まあ、こんな風に作っていきます。

実は、建造途中で片が付いていないのに次に取り掛かっているせいで少々整理する必要があります。
さっさと完成させてこちらに移ることにします。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
 ↓

艦船(模型・プラモデル)ランキング


<おまけ>


E-2甲突破しました!

苦労した~! 参考までに!


攻略編成E-2甲戦力

この戦いで涼月はLv65から73まで育ちました!
虎の子の磯風と雪風が早々に大破!
潮ちゃんも中破でほとんど上3人だけの戦いになっちゃいましたが、夜戦で矢矧がボスに200くらいたたき出して勝利!

ちなみに航空隊は
第一; 21型熟練MAX×2、21熟練+1×1、一式陸攻22型甲×1
第二;二式陸上偵察機(熟練)×1、スピッとふぃやーV×1、一式陸攻22型甲×1、銀河×1
とそんなに強くないので戦闘機中心です。

突破した方はおめです!これからの人は頑張って下さいね。


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ フジミ 艦船模型 高速戦艦金剛改二丙

DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨(スリガ海峡夜戦時) ついに完成!


少し、間が空きましたが、皆さんはGWいかがお過ごしでしょうか。
有意義であれば何よりです。

さて、

艦これアニメ2期発表記念で作り始めた「駆逐艦時雨(1944)」ですが、ついにってか、やっと完成しました。

時雨完成Ts令和版

期せずして「令和」最初の完成品!になりました。

でも平成最後の完成品ってより令和最初の完成品って方がいいかなとも思ってたりします!



令和の時雨
アニメ 2期、楽しみです。1期では結構批判もあったようですが、私はそれ程悪くないと思っているんですよね。
まあ、人気があればそれに越したことはありませんが……。

時間がかかった理由
・・・なにも難しいことをやっていた訳ではなくて単に模型に手をかけてなかっただけなんですけど。


さて、今回の駆逐艦時雨は一応スリガオ海峡夜戦時(1944年10月)を想定している訳です。

フジミ製 駆逐艦時雨(スリガオ海峡夜戦時) 建造日誌はこちら
   ↓
フジミ製 駆逐艦時雨(1944) 建造日誌


駆逐艦時雨兵装g
※「日本駆逐艦物語」福井静夫氏著、光人社刊
尚、氏の資料においても絶対確定ということではないということなので……。一応

上記を参照にしている訳ですが、これは時雨の1944年12月頃の武装です。

実際には1944年のスリガオ海峡夜戦(レイテ沖海戦)から12月に至るまでに時雨は佐世保で修理を受けていますのでたくさんの機銃はここでも補強されたとみても良いかと思います。


では上記の図と私の模型の違いはというと

「後部マスト下の測距儀がある場所に、氏の図では機銃が置かれているが私のにはそのまま測距儀をおいている!」
 この一点のみです!

一応機銃配置の写真を撮っているのでそれを載せておきます。
25㎜、13㎜ともにナノドレッドの機銃に置き換えています。


<駆逐艦時雨 機銃配置 艦前部>

時雨機銃位置

恐らく、もっとも問題になるのは艦橋左側のボートダビットがこの時点で取り外されているかですが、

取り外されていることにしました!

理由はかっこいいから!です。


私の持っている大して多くもない資料からは特定するものはありませんでした。
なので好みで機銃を付けちゃいました!


研究者でもない私ですので、こんなのは好みでいいんですよね


<駆逐艦時雨 機銃配置 艦後部>

時雨機銃艦尾

艦尾の爆雷投射機の左側の機銃が写真をみて付け忘れていることに気が付きました。
後で付けておきますが氏の資料にはここにも25㎜単装機銃があります。

一応、注釈しておくと 黄色〇が13㎜単装機銃、25㎜単装機銃が赤〇です。




これから海面のベースをまったり造ったりしていくつもりです。

それでは、令和もよろしくお願いします!  


人気ブログランキングに参加しています!

宜しければクリックお願いします!
↓ ( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ 1/700 フジミ 艦船模型 駆逐艦時雨 艦これ2期

DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
アシガラさんに蛍光デカールを貼りました。霧の艦隊っぽくなってきましたね(^^♪

先週は体調を崩しておりました。

やっぱり健康が一番ですね~。

その他でもバタバタしており、ここのところあまり進んでいないのですが、蛍光デカールだけは張り終えました。

これまでのアオシマ製 「霧の艦隊 重巡アシガラ」の建造日誌はこちら

霧の艦隊 重巡アシガラ建造日誌

アシガラBL


蛍光デカールを貼って、ブラックライトを当てたところです。
蛍光デカールを貼ると霧の艦隊らしくなりましたね(^^♪

船体をカットしているので調度合わせたりするのが少々面倒でした。

デカール貼りアシガラ前から

前からみたところ

デカール貼りアシガラ後ろから

後ろから


デカール貼りアシガラ横から

横から


あとは普通の船だと大体フィニッシュが見えてくるんですけど
電飾を付けたカタパルトとか高角砲とか、レーザー砲とか結構ありますね。

もう少しかかりますね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : アオシマ 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 重巡アシガラ

DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨の建造方向性 特に単装機銃をどうしようかな

今週、病に臥せってしまいまして、ほとんど模型は進みませんでした。
それで、今回作ろうとしている年代は何時なのかって話をしておこうと思います。

これまでの駆逐艦時雨建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦時雨建造日誌

時雨バレンタインm

存知の通り、駆逐艦時雨は白露型駆逐艦です。
白露型駆逐艦は、
白露、時雨、村雨、夕立、春雨、五月雨らの前期建造艦と
海風、山風、江風、涼風の後期建造艦に分かれます。

前期建造艦に比べ、後期建造艦は羅針艦橋と艦橋基部が丸みを帯びた形状になって区別が付きます。
白露型は残念なことに戦時中に全て失われました。
その中で一番最後まで残ったのが駆逐艦時雨です。

駆逐艦時雨は雪風と並び称される歴戦の駆逐艦で、実に様々な戦いを生き抜いて来ましたが、その中でもっとも有名なのが

今回、作ろうと考えているスリガオ海峡時の時雨なのです。

駆逐艦時雨兵装g
※Wikpedia より抜粋

上の図はWIKより抜粋したものですが、元の資料は「日本駆逐艦物語」 福井静夫氏著です。
もっとも正確性には検証が必要だとのことらしいです。

駆逐艦に限らず、日本の軍艦は1944年くらいから単装機銃が強化されたものが多く詳細は分かっていないものが多いようです。

同著には時雨の最終時の装備は25mm3連装3基、同連装1基、同単装15基、13mm単装4基。
後部2番単装主砲は撤去、前部右舷の予備魚雷格納函も撤去され、短艇の一部も陸揚げされていたとのことです。

駆逐艦五月雨装備g

これが同著の駆逐艦五月雨でこのフジミのキットはこの両方を作ることができます。

さて、時雨のレイテ時の装備は五月雨から更に短艇を陸揚げして単装機銃を強化したものなのか、どうかですが、やはり五月雨くらいの装備かなって思っています。


ちょっと探してみたのですが、レイテ時の装備がこれだ!ってのは見つかりませんでした。
もしこういうのがあるよってのがあったらご紹介いただけると嬉しいです。



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
 ↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 駆逐艦時雨 1/700 フジミ 艦これ 艦船模型


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ