プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/09/21 (Thu) 12:00
キミ!どうやら真面目にやっとる様やね! 軽空母龍驤エッチングパーツの取り付け!

キミ!どうやら真面目にやっとる様やね! 軽空母龍驤エッチングパーツの取り付け!

さて!今回は艦これプラモデル 軽空母龍驤のエッチングパーツの取り付けです。

これまでの建造日誌はこちらです。
 ↓
艦これプラモデル 軽空母龍驤建造日誌

龍驤横顔

<こだわりの艦尾部分>

基本的には指示に従ってエッチングパーツを取り付けて行くだけなのですが、少々こだわりの箇所があります。

その一つが艦尾甲板です。

龍驤尾部のこだわり

この部分は、エッチングパーツのセットにはない部分なのですが、軽空母龍驤の後部甲板上のステップから甲板まで降りる長い階段は是非とも取り付けたいと思っていました。

そこで、窓枠で階段部分を、手摺は0.2mm真鍮線で作成してそれらしくしました。
艦尾甲板は第二次改装前は開口されていましたが、第四艦隊事件後の改装で開口部は閉じられた経緯があります。
その痕跡がありますよね。

第四艦隊事件のあらましはこちら
 ↓
軽空母龍驤 二次改装 友鶴事件や第四艦隊事件も踏まえて
又、艦尾甲板から飛行甲板に至るステップと踊り場はプラ板と汎用エッチングパーツによってそれらしく作りました。
軽空母龍驤はその格納庫の大きさから結構後部甲板のスペースは目立つと思うのですよ。
そこに少し手を入れたいと思った訳です。

<艦橋部分>

龍驤艦橋部付近

この辺は、プラの階段を削ってエッチングパーツを取り付ける普通の工程です。
舷側の張り出し部分は取り付けの際に、少々隙間が出る箇所があります。
そこはMr.溶きパテで埋めていきます。

<舷側部分 左舷>

龍驤側面エッチング

ここは粛々と取り付けて行きます。
少々入り組んでいるので、先にエッチングパーツを取り付けてプラパーツを取り付けた方が良い箇所もあるのでその辺は順番を考えて取り付けて下さいね。

<軽空母龍驤 右舷>

龍驤右舷

こちらは、煙突があるので少々注意です。

私は先に煙突のジャッキステーを取り付ける。
舷側の手摺を取り付ける。
煙突を船体に接着。隙間は溶きパテで埋める。
煙突の支柱のエッチングパーツを取り付けるという順番で作業を行いました。

さりげなく煙突の中の格子は0.2mm真鍮線で作り替えていますが、黒に塗るとほとんど見えませんねぇ~。
(①、②)

又、ステップの踊り場だけ残して後は削ってパーツの階段を取り付けました。③

最後に飛行甲板を上からのせて確認しております。

このキットに限らず、たまに、エッチングパーツと飛行甲板が干渉する場合がありますので注意です。

とまあ今回はここまでです。ずいぶん進んだ感があります。

あとがき

実は、この記事書くのは2回めです。
と言うのは一回書いてアップしようとしたら消えてしまったのです。
(たまにあるんですよね)(´;ω;`)ウゥゥ

その時は一瞬やる気を失います。
艦これでボス前まで艦隊は無傷で来たのに一人に集中攻撃を浴びて大破を出した時の気もちです。

一瞬心理的にも大破状態なのですが、ここで一気にもう一度書かないとやる気を失ってしまうのは確かなのでもう一度一気に書き上げます。
2回目は一度書いた内容なので10分くらいで書き上げられます。
とまあ、そんなことがあったというだけの話でした。(すいません。)

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これプラモデル,アオシマ,軽空母龍驤,エッチングパーツ,,

2017/09/15 (Fri) 12:00
ふぇえ……こりゃマズいでぇ!(軽空母龍驤 それ程はまずくはないのですが)

ふぇえ……こりゃマズいでぇ!(軽空母龍驤 それ程はまずくはないのですが)


軽空母龍驤を今月末までを目途に建造中な訳ですが、商品紹介記事ばかりで建造記事に一向に入っていないのを今更ながら気が付きました。

これまでの軽空母龍驤の建造日誌はこちら
 ↓
軽空母龍驤の建造記録というよりフジミを交えた商品紹介


艦娘龍驤


<船体>

早速なのですが、船体の作成です。

軽空母龍驤の船体は、左右分割式の上で、底板を接着する方式です。

左右の合わせは非常によく、ぴったりと合います。

しかし、底板は結構ずれていることが判明!

龍驤艦首があっていない

「ふぇえ……こりゃマズいでぇ!」


この底の部分には、伸ばしランナーを軸として接着剤を多めに付けて少し溶かし気味にして、その周りをラッカーパテで盛りました。

龍驤艦首の補正

これをやすりで削って修正しました!

いつもの様に舷窓は0.4mmピンバイスで穴を開けています。

しかし、以前の記事で艦これ好きに対するお勧め艦これプラモデルに堂々3位に輝いたモデルです。
 ↓
艦これ好きなら買って損をしない艦これプラモデルはこれだ!


この様な不備があったことをお詫びします!
(≧◇≦)

とは言うものの未だに3位は変わらないのですけどね。

飛行甲板が2種類ついていたり、デカールには飛行線の他に大符なんかついていたり、墳進砲がついていたり、格納庫も再現しているし遊び心満載で愉しいです!

だけど!艦底はちゃんと合わせて下さい!


私のブログでは2016年10月16日の記事で軽空母龍驤を堂々3位のおすすめプラモデルとしたわけですが、
モデルグラフィックス2017年7月号でもこの様な記事がありました!

モデルグラフィックス7月号

月刊モデルグラフィックスでも、艦これプラモデルでの一番のおすすめが「軽空母龍驤」です!

だからこそ、この様な気になる点は修正して欲しいものです。
(そうそう金型治すのも大変でしょうけど)

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ




テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,1/700,艦これプラモデル,軽空母龍驤,,

2017/09/08 (Fri) 12:00
空母機動部隊、出撃するで~! 軽空母龍驤のエッチングパーツとか

空母機動部隊、出撃するで~! 軽空母龍驤のエッチングパーツとか


工作艦明石のエッチングパーツが来るまでの間、少し期間が開くので長く積みプラとして置いていた艦これプラモデルの軽空母龍驤を作ることにしました。

th.jpg
<2015年12月発売>


これを買った当時も販売されていたと思われますが、当時私はプラモデルを再開したばかりのころでそれ程商品情報も詳しく知りませんでした。

以前の艦これプラモデル 空母龍驤の説明はこちら
 ↓
軽空母龍驤の説明・フジミと比較

しかも、なぜか空母龍驤はその可愛いシルエットから店頭で見つけると買ってしまうという習性によってあまり考えずに買った挙句にフジミとアオシマの両方を持っており、その両方が現状に至るまで積みプラになったままの状況になっております。

今回は、艦これプラモデルの方を作ることにしました。


こちら、テトラモデルワークスやアオシマから専用のエッチングパーツを販売していますが、フルで揃ったものから、木甲板と手摺などの主要なパーツがそろったものまでエッチングパーツだけでも3種類が販売されています。

当時私が良く知らないまま購入したのがこのエッチングパーツセットです。

龍驤エッチングパーツ2

木甲板と手摺が付いたお得なセットです。
これが1000円台から2000円くらいなので割とお得ではないでしょうか?

中身は

エッチングパーツ龍驤

説明書も割と分かりやすそうです。

龍驤エッチングパーツ説明書1

裏は

龍驤エッチングパーツ説明書2

大体どの様なセットかお分かりになるかと思います。

結構、主要な部分は抑えられていると思います。

フルバージョンのエッチングパーツは後部飛行甲板の構造が結構再現されていたり、煙突のジャッキステーやスポンソンなども抑えられていますが、手軽に作るには今回選択したものの方が良いかも知れません。

どの程度作り込みたいかで選ぶと良いかと思います。

実は、今回の軽空母龍驤を作るに当たって、迷っていることがあります!

龍驤デカール

御覧の様に艦これプラモデル 軽空母龍驤にはしっかりとした飛行甲板のデカールが付いているのですが

軽空母龍驤デカール2

艦娘 龍驤ちゃんの持っている巻物に書いている「航空式鬼神召喚方陣龍驤大符改二」のデカールがちゃんとついているのです。


(一応艦これを知らない方の為に説明をすると、軽空母龍驤ちゃんの艦載機はこの巻物から式神の形で航空機が召喚(出現)するのです。この航空機の出現の方法は各艦娘それぞれで、弓矢が変わったり、式神だったり、ボーガンだったり・・・)

艦娘龍驤符の場所


こりゃ組み込むしかないかな~。

でも結構かっこよく出来ると思いますよ。

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,艦これプラモデル,1/700,軽空母龍驤,艦娘,

2017/09/06 (Wed) 12:00
金剛デース!若き日のワタシの姿を見てクダサイネー!

金剛デース! 若き日のワタシの姿を見てクダサイネー!


前回完成したものをいつもの海上航行風に写真を撮りましたので掲載します!

これまでのカジカ製 巡洋戦艦金剛1914の建造日誌はこちらです!
 ↓
カジカ製 巡洋戦艦金剛1914建造日誌

金剛と長門1s

太平洋戦争当時の軍艦、特に戦艦群は一般的に太平洋戦争後のモデルが普通ですし、人気がありますが、近年は大正時代などの近代化改装をする前のモデルを各メーカーが開発していただける時代になりました。

今回、戦艦長門 屈曲煙突と巡洋戦艦金剛1914(竣工は1913年)の二つをならべてみました!

長門屈曲煙突と金剛1914

(´;ω;`)ウゥゥ 感涙!

いい時代になったものですなぁ~


これ!正確には戦艦金剛が竣工後の1913年~1925年に一時煙突の高さを高くするまでの時代なのです。
もっとも!1931年に第一次近代化改装をされるまでは、第一煙突の高さや主砲の上の高角砲が撤去されるくらいの違いでそんなに大きな違いがないと言えばないと言えます。

そして、戦艦長門の屈曲煙突時代は1931年~1938年に近代化改装をされるまでの間になります!
途中、カタパルトを付けたり、高角砲を増設したりしてますけど。

アオシマ製 戦艦長門屈曲煙突の建造日誌はこちらです!
 ↓
戦艦長門屈曲煙突建造日誌

おしい!やっぱり、少々の違いに目をつむってもこの両者が重なった時代はありませんでした!

まあ、竣工時の戦艦長門を再現すれば、戦艦金剛の竣工時の時代と重ねることができますけどね。

さて巡洋戦艦金剛をいくつかの角度から撮ったものです!

巡洋戦艦金剛1914左上方から

もっと水面に近づけて接写

巡洋戦艦金剛1914左舷

ライトは若干、上から当てつつも、艦の舷側に陰影をつける様にアルミホイルで作ったレフ版で光を当てています。

これを白黒にするとこんな感じになります!

巡洋戦艦金剛1914左舷 (4)

下の写真は、戦艦金剛がイギリスのベルファストへ回航されるときの1913年の写真です。
(英国をイギリスと略称で呼んでおります)

ベルファウストから回航される金剛

雰囲気出てませんでしょうか!
(いやー!煙も再現しておけば良かった~)

ところで、金剛好きなら知っていてもそんのない知識です。

よく、このベルファストへ回航される戦艦金剛の写真って掲載されていますが、一体どこからベルファスト(北部アイルランド)へ回航されているのでしょうか?
つまり金剛さんの生まれた場所ですね。(まあ、ヴィッカース社のドッグであることが変わりがないのですが)

日本だと呉海軍工廠の生まれだったり、横須賀海軍工廠などの地名で出ますが、英国生まれってずいぶんざっくりしているでしょ。
巡洋戦艦金剛はイギリスのどの土地の生まれでしょう?という質問です。

答えはこちらの記事に載っているので興味のある方はこちらをご覧ください!
(少々面倒くさくてすいません)
 ↓
日本の戦艦の系譜・生まれた地など

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,戦艦長門,屈色煙突,カジカ,戦艦金剛,

2017/08/31 (Thu) 12:00
提督ぅ~!そろそろ完成デスかー!戦艦金剛1914

提督ぅ~!そろそろ完成デスかー!戦艦金剛1914


カジカの巡洋戦艦金剛の製作記事も今回で9日目になりました!

ここまでの製作記事はこちら。
 ↓
カジカ 戦艦金剛製作建造日誌

今回の製作には結構時間がかかりました。
手掛けている時間がかかった訳ではなく、手を付けられなかっただけなんですが。

それでも、とうとう完成です!

これまでの作業を振り返りながらです。

<ウエザリング>

金剛ウエザリング2

船体側面の錆表現を中心に軽くウエザリングしました。

今回の作業で私が割と気に入っているのは小艦艇設置台の側面支柱や探照灯台の支柱を伸ばしランナーで作っている部分です。
材料費0円で本格感が増します。

<マスト周り>

金剛マスト周り

いつの頃か、マストの信号桁からつり下がる揚旗索(旗をつるす索)は伸ばしランナーで付けていくのが気に入りました。
0.07mmリギングでは目立たないからです。

しかし、空中線全体を伸ばしランナーにしてしまうと少しうるさい。
なので、それ以外の空中線は0.07mmのリギングを使用しています。

今回少々さぼったのが、マストの見張り場所です。
ここは窓の部分を白く塗っておりますが、本来窓枠だけがあってガラスも受けこまれている訳ではありません。

この部分を切り取り、窓枠をはめ込んでも良かったのですが、作るのが手間がかかりそうなのと、強度が弱くなりそうなので止めました。

ウェザリング、墨入れ、空中線を張れば完成です!

<金剛前部>

金剛艦首

今回、描鎖の引き込み口は穴あけし、中に超極細チェーンを通しています。
この超極細チェーンって、戦艦には質感を出す上で効果的だと感じています。

<金剛左舷>

金剛左舷

大正年代の戦艦の甲板上は比較的シンプルなのですが、内火艇やランチがてんこ盛りなので比較的情報量があります。

これらの小艇には留めバンドを取り付けて、前に引き倒しているデリックにも伸ばしランナーで後部マストまで続くワイヤーを表現しています。

<金剛右舷>

金剛右舷

そう言えば、内火艇の煙突はC-PIPEに置き換えています。

マストに張る空中線はすればするほど、密度感が増していいのですが、同時に手間もかかる作業なのでこの位でっていうところを決めてやっています。

<艦尾周辺>

金剛艦尾周辺

このころの戦艦の主砲には写真を見ても、防水布は巻かれていません。
それと、カッターにはさり気に(全てのカッターではないですが)ナノドレッドのオールを入れておきました。

言わないと気づかないかも知れないので、オールを入れておいたことをワザワザ書きました。

<戦艦金剛完成全体像>

金剛全体像

てな感じで 戦艦金剛完成です!

レイテのゴテゴテした戦艦もかっこいいけど、この時代の戦艦も戦艦同士の戦いを想定した必要なものだけがあるシンプルな構造で好きです!

今回、カジカの艦船模型を始めて作りましたが、非常に細かい作りで気に入りました。
丁寧な作りです。

次回、戦艦長門屈曲煙突と水上での共演です!

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,カジカ,戦艦金剛,1/700,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ