FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/10/17 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき 船体と艦橋のディテールアップ

護衛艦あきづき 船体と艦橋のディテールアップ


久々に護衛艦を作っていますが、愉しいものですね。

キットの紹介を初め、これまでの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦あきづき建造日誌

しかし、合わせ目がきっちり合わなくて接着⇒パテ埋め⇒やすり掛けの繰り返しでもあります。
今のところ護衛艦って基本この繰り返し作業で隙間をつくらないのがポイントだと思っています。


今回は、船体の溶接跡をスジボリで再現したのと、艦橋部分の作成です。

あきづき左舷
<海上自衛隊のHPより抜粋>

海上自衛隊HPの艦艇ギャラリーへのリンクはこちら
 ↓
海上自衛隊HP 艦艇ギャラリー

現用艦は海上自衛隊のHP上にも写真が沢山あるし、私自身で横浜や先日いった佐世保で撮った写真などもあり、資料が沢山手に入るのがいいですよね。

但し、自衛隊のHP上の写真は艦の竣工初期のものが多いので若干注意です。
例えば、護衛艦あきづきのCIWSはすでにブロック1B Baseline2へ換装が終わっていますがHP上の写真はブロック1A当時です。

しかし、この様な細かい部分を除けばふんだんにある資料は嬉しい限りです!


<船体の熔接跡>

帝国海軍の艦船を作る時は当時はリベット打ちだったのではっきりと段差が付くのですが、現代の護衛艦の溶接跡もつなぎ目が分かるものです。

なのでスジボリで再現します。

いつも通り筋掘りは苦手です。

筋彫り艦首方向

上の写真でも分かりますが、艦首は3段に分けて、主砲の後ろ辺りから2段に分かれて見えるのでその様に筋掘りをしました。

筋彫り艦尾方向

時々手元が狂うのでそこは溶きパテで埋めてやすりでならします。
塗装すれば狂った手元は分からなくなると信じて


<艦橋の手直し>


艦橋を組み立てていきますが、ここも合わせ目に隙間ができてしまいます。

ハセガワのイージス護衛艦こんごうを作った時もそうでしたが、意外にこの護衛艦の艦橋をキット段階で隙間なくぴったりと合わせるのは難しいのかも知れません。

艦橋の手直し


<ステルスマストの支柱>


護衛艦あきづきのマストはステルスマストと言われ、一本の三角柱の様な柱にデッキ状に所々張り出しています。

それを支柱で支えているのですが、これが円形の柱ではなく、角柱状の支柱です。


あきづきのステルスマスト


なので、普段は支柱は0.2㎜の真鍮線で置き換えるのですが、0.3㎜のプラ板を薄く0.3-4㎜くらいの幅でカットして支柱として接着しました。
一応、この写真だけではなく、あきづきの前後左右の写真を見ながらついている支柱は全て再現したつもりです。
(実艦だともっと細いと思いますが、この幅ぐらいが調度いいとこではないでしょうか)

それとここもそのまま接着すると隙間が多くできるので付けては溶きパテで隙間埋めを行います。

マストにある支柱全て

しかし、これは置き換える意味があると思いました。
キットそのまま使うと省略も多いし、この2、3倍の太さがあります。

<艦橋の窓枠>

艦橋窓枠

帝国海軍の軍艦だと窓枠のエッチングパーツがありますが、護衛艦の窓枠などないのが現状です。

なので、窓枠をどうするかなのですが、今回は一旦削り落とし細ーく切ったプラ材をはめていきました。

それと艦橋の溶接跡も目立つ部分は筋掘りを施しました。
(この溶接跡はハセガワさんのこんごうはモールドで再現していました)

秋月艦橋のアップ

艦橋も消火栓とか、そこそこモールドがあって起伏もあるのですが、窓枠の上のワイパーの駆動部分は省略されているのでプラ材のちっちゃいのを付けて再現したいと考えています。(まだしてない。忘れないようにしないと)

それと艦橋の写真の矢印部分に舷灯があります。
これはキットでは繋がっているので削って舷灯を再現しています。

今回、わざわざ窓枠を開けたのは電飾で艦橋を光らせたいのです。

組み立て前ですが小型のLEDで光らせたのがこんな感じ

艦橋を光らせる

まだ、窓枠部分が透明プラで塗装していないので全体が光っていますが塗装をすれば窓枠だけから光が漏れる感じになるはず。

艦橋の中はアルミ箔を張って光の反射の強化を行っています。

アルミ箔を仕込む

あとは、第二煙突、ヘリコプター格納庫⇒マストの部分の手すりエッチング⇒船体の塗装⇒船体の手すり⇒仕上げってかんじでしょうか?

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング



tag : 艦船プラモデル,護衛艦あきづき,艦橋,ステルスマスト,,

2018/08/29 (Wed) 12:00
伊400号と伊401号、それに伊14号潜水艦の艦橋の話です!

伊400号と伊401号、それに伊14号潜水艦の艦橋装備の話です!


何やら前回を見直してみると、潜水艦の艦橋の造りが簡単すぎると文句をつけていた様子でした。
 
前回までの建造日誌はこちら
 ↓
伊400号、401号、伊14号潜水艦建造日誌


しおんIMG_6153

では、伊400号型の艦橋はどの様になっていたのでしょうか?

秘蔵の 歴史群像 vol.17 「伊号潜水艦」(Gakken)をひも解いて見てみましょう。




この本の中には米軍によって撮影された豊富な潜水艦の写真等あります。
中でも伊号400型は充実です。

<伊400号潜水艦艦橋>

i400艦橋付近


第一潜望鏡と第二潜望鏡は格納されて先端のみ見えています。
三番目にあたる真ん中付近で出ているのが「短波用マスト」。

日本の潜水艦はほぼこの順番です。


もっとアップの伊号400型潜水艦の艦橋写真はこちら


i402艦橋

装備については大体こんな感じです。

因みに
22号電探は二号電波探信儀二型の略で水上用レーダーのこと。
13号電探は三式一号三型電波探信儀の略で陸上見張り用電探。対空レーダーとして使われました。


水上艦の22号電探はラッパが二つ繋がったような形ですが、潜水艦は一つです。

ここでは写っていませんが、短波用マストの先端にもアンテナが付いていて、これも13号電探の役割をはたしていました。
伊58のこのアンテナに13号電探をつなげたところ、50km先の航空機を探知できたことから採用されました。
ただ、このアンテナは無指向性のものです。

そこで八木アンテナです。
このアンテナが指向性の対空電探として向きを定める役割を果たしたようです。
状況によって切り替えながら使用していました。

上の写真の第一潜望鏡と第二潜望鏡の間の調度人がいる辺り、ここにはこんな装備がついています。

逆探

これは、魚とりの籠でも、ごみ籠でもなく、逆探ということで、伊14、伊400、伊361、波101の写真で確認することができます。


以上を一応模型に反映させたのがこちら「伊400型潜水艦艦橋」

400型艦橋

非常にお粗末ですいません。

22号電探はピットロードの新艦船装備セット③に付属のパーツををカットして使用。
13号電探は上下のアンテナ部分を窓枠をカットして使用。支柱は0.2㎜真鍮線です。

逆探は第2潜望鏡の横に向かって左側に張り出して設置されているので足場を作っています。

双眼鏡はフジミの双眼鏡セットを使用。
艦橋の前に2基設置、艦橋の後ろの1基は艦橋から向かって右の方向の少し張り出したところに設置しているので設置用の足場を付けました。





次は伊14号潜水艦の艦橋です!


伊14号艦橋

伊14号潜水艦の電探などの配置はかなり伊400型に近い様子が見てとれます。

それを反映させたのがこちら

<伊14号潜水艦 艦橋>


伊14号艦橋ピット

ポイントは前の双眼鏡の後ろに探照灯を測距儀を加工してつくり、その下にはエナメル線で配線までしたところです!

上の写真の逆探はさすがに作れなかったので(作れれば凄いのですが)真鍮線を2本平行して付けました。

もはや目で視認できない作業だったのですが、こうやって写真を拡大すると平行してくっついてて奇跡ですね。

伊400号潜水艦、伊401号潜水艦、伊14号潜水艦ともに短波用マストは最後に付けます。

本当は艦橋の上に色々つけても作業中に手で触れて外してしまうリスクが多いので最後にしたいくらいなのですが、調べたら付けたくなってしまうのが人情なんですねぇ。

ここのところ、調べた結果を模型に反映させるのが楽しくなっています。

製作時間より調べている時間が長いくらいで作業がはかどりません。

(´;ω;`)ウッ…

これらの装備を知りながら改めて箱絵を見ると非常に良く描かれているのが分かります。

伊13号と14号箱絵


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,伊400号潜水艦,伊401号潜水艦,伊14号潜水艦,艦橋,ピットロード,童友社,,

2017/09/10 (Sun) 12:00
DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo4(艦橋とマストの装備色々)

DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo4(艦橋とマストの装備色々)


8月の12日に盆で帰省した時に無理言って、護衛艦かがを見学させていただいたのですが、その時のレポートもすでに4回目になります。
私の性格上、書き出すとそこそこ詳しく書いてしまうので結構長くなっております。

それと読み返すと多少、専門用語が多くなっています。
このブログを読んでいる方には現代装備に詳しくない方もいらっしゃると思います。
なるべく、簡単に書いているのですが、そこはある程度やむを得ないということで。

これまでのDDH-184 護衛艦かがのレポートはこちら
 ↓
護衛艦かが 乗船レポート

かが艦橋写真

護衛艦ひゅうが型にも言えたのですが、護衛艦いずも型に至っては
戦闘指揮所(せんとうしきしょ、英語: Combat Information Center, CIC )
及び(旗艦用司令部作戦室・FIC)の機能がとても充実しているので情報収集機能が非常に優れた船になっています。

これらの指令室は前部艦橋内にありました。(写真は×だったのですいません)
情報誌などに出ている写真同様ですが、すごく冷えていました!
精密機器が多いだからだそうです。(上着にジャンパーを羽織る方もいるとのこと)


今回は、艦橋周りです。
あらためて見ると、現代は電子戦・情報戦の様相がどんどん強くなっているのを感じます。

艦橋周りによく見ると色々付いてます。
もちろんこれらにはそれぞれ機能と役割があるのですが、簡単に見て行きましょう。

装備名なんて覚えていられないので
へえ~。こんな機能をもってるんだ~程度で見ていただければ。

<艦橋写真A>

艦橋装備その①

前回少し載せた写真です。
本当はもっといろいろな角度から撮りたかったのですが、バシバシ写真を撮っていると「行きますよ~」と先を促されたので色々な角度からと言う訳には行きませんでした。
(自衛隊の方は大変親切に案内してくれましたよ。私が勝手に動き回っているだけです)

一応順番に簡単に解説

①Mk.15 mod.31 SeaRAM発射機
 護衛艦いずも型より配備。CIWSの架台にRIM-116 RAM 艦対空ミサイル11連装発射機を組み合わせたものです。
 いずも型は艦橋前と左舷後部のスポンソンに1基の合わせて2基を装備しています。

 アメリカのニミッツ級原子力空母が装備しているEX-31は21連装なのでその縮小版です。

CIWSにしてもSeaRAMにしても、その特徴は外部情報の入力を必要とせず、独立して情報の入手から迎撃を行える点にあります。
(イージスシステムなど全てシステムに連動しているのと対照的)

②NOLQ-3D-1 電子戦装置
 自ら妨害電波を発信してジャミングを行う装置です。

③OPS-50Aレーダー
 Cバンドを使用するフェイズドアレイ・レーダーです。
 これが四方全てについているので全方位を死角なくとらえることのできるレーダーで、ヘリコプター運用としては一度に多数のヘリを認識することができます。
 かがはブロック化して背後から整備を行いやすくしたもので50AとAが付きます。(いずもはOPS-50)
 ひゅうが型やあきづき型はXバンドのレーダーも持っていますが、いずも型は防空装備が自立型のものだけなので不要な訳です。(この辺りは詳しくないとなんのこっちゃだと思うので、興味がある方は調べて下さい)

④NORA-1C衛星通信アンテナ
 いわゆる衛星通信アンテナです。
 ご存知の通り、人工衛星は赤道上の静止軌道上にいるためにレドームの中は可動式アンテナになっており、人工衛星を追尾してます。

<護衛艦かが マスト上の装備>

kagaマスト装備

あらためて見ると、護衛艦かがのマストの上には円盤状であったり、いろいろな装備が付いているのです。
ここで書いているのも全部ではないとご承知下さい。

①ORN-6E TACAN(Tactical Air Navigation)
 英語名の通り、艦載ヘリコプターのナビゲーション装置です。

②Link16アンテナ
 Link16データーリンクのアンテナです。
 陸・海・空でデーターをニア・リアルタイムで共有できる情報伝達ネットワーク用のアンテナです。
 これ以上は難し過ぎるので・・・

③OPX-11IFF
 敵味方識別装置です。OPS-50Aと連動してレーダーに映った機影が敵か味方かを識別します。
 イージス護衛艦のあたご型から配備になっています。

④OPS-28 対水上レーダー
 水上の艦船や低空を飛来するミサイルの探知に使われます。

⑤OPS-20 航海用レーダー
 ひゅうが型ではいったんなかった様です。
 通常の航海時にはこちらを使う様です。

⑥ORQ-1C データーリンク
 艦載ヘリコプター用のデーターリンクで、ヘリコプターを多数運用するかがには重要な設備。
 第2煙突前にもあり死角がないようにしています。

その他、ESMやら風見鶏(風向風速計)やら色々ついてます。

風見鶏なんて、大戦時の船にもついていますが、未だについているのがなんかイイですよね。((´∀`))
 
この様に艦橋・マスト周りの説明だけでこんなにもボリュームになってしまいました!

なんとなく、伝えたいのは、いろいろな役割を持つ装置が組み合わさって出来ているのが船の装備だと言うことですね。

<護衛艦かが>の対空防衛(ミニ解説)

護衛艦の対艦ミサイルに対してどのように防衛するかって考えたら、それだけで結構な枚数がいっちゃいますが、いずも型は他の護衛艦に守られることが前提になっており、最後の段階の迎撃だけの装備を持っているということです。

ミサイルにはECM、SeaRAM、CIWS、フレア、チャフなどですね。
ちなみに潜水艦の魚雷対策用に投射式ジャマー、自走式デコイMOD、そしておそらくマスカーも。

でも近接防衛装備だけでもこれだけの種類があるのですよ。


<飛行甲板から前部艦橋を見ると>

かが後ろから前部艦橋を

うーん!やっぱりデカい!


この写真を撮ったもう一つの理由は、外観上のいずもとかがの決定的な違いがここにあるからです。
最大の違いと言ってもいいでしょう!
なんでしょうか?

答えは最後に。
(まあ、もったいぶる話でもないんですけど)

<飛行甲板から後部艦橋を見ると>

かが後部艦橋

後部艦橋の中まで案内したかったのですが、力尽きました!
その辺りは来週と言うことで。


最期までお付き合いいただきありがとうございました!
人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

クイズの答え:いずもでは前部艦橋と後部艦橋がつながっていないのですが、かがは一体になっています。
・「なんか理由があるんですか?」と尋ねたら
Answer:「ステルス性が向上する」らしいです。
なるほどね。納得しました。

tag : 護衛艦かが,艦橋,SeaRAM,

2017/09/02 (Sat) 12:00
DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo3(艦橋から艦首飛行甲板)

DDH-184「護衛艦かが」見学レポートファイルNo3(艦橋から艦首飛行甲板)

前回は、艦内に入って、いろいろな設備を見つつ、艦橋の内部までレポートしました!

これまでのレポートはこちら!
 ↓
護衛艦かが見学レポート2017

艦橋から艦首方向を見るとこんな感じです!

艦橋から艦首を見たところ

艦首にちょこっとついているCIWS(高性能20mm機関砲)BrockⅠBの設置している場所まで行きましょう!

<CIWS BrockⅠB(ファランクス)>

向かって右前から見たファランクスB1B

護衛艦いずもについているのがCIWS(別名ファランクス)ⅠAだったのに対して、護衛艦かがは最新型のブロックⅠBになります。
特徴はレドーム(白い円柱っぽいところ)向かって右側についている光学レンズで、赤外線補正も同時に行い精度を上げる他、いくつかの修正点があります。

<艦首から艦橋を見ると!>

艦首から見たかが!

護衛艦かがの大きさや広さを改めて見ることができます!

人がいないので大きさが改めて見ることができます!
逆にサイズが分かりにくいかも。

<艦首旗竿>

<艦首旗竿>艦首旗竿

艦首の飛行甲板の右コーナーです


飛行甲板の滑り止めはサイドはないことが分かります。
落下防止のネットがありますが、落ちたら確実に死にます!

艦首右コーナー

ここから、キャットウォークだったり、マスト灯だったりです。
全体像が分かりにくいこともあるので、ここがどこら辺かは、以前作った「護衛艦いずも」の模型でご覧になった方がつかみやすいかも。
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

<マスト灯>

右舷艦首側に近いところに設置しているのが、マスト灯です。
ひゅうが型と比べても基部まで覆われてステルス対策がされているのが分かります。

艦首側にマスト灯

ちょっとマニアックですが、舷側のキャットウォークを覗いて見ましょう!
十分すでにマニアックなところばかり写真を撮っているのは自明。

<各種アンテナ>

右舷キャットウォーク1

各種アンテナなんて、ごまかしているのが用途に自信がないためです。ご勘弁を
前の台座の様なものは、「インマルサット用アンテナ」設置台です。

いずもも同様の台だけなのですが、かがも同じで台だけ!?
艦尾右舷にも同様に一か所あります。

<消化ホース他>

右舷3消化ホース

赤色のホースリールが各場所に設置しています。
クルーの方に聞いたところ、赤色は海水が出る様なのですがいわゆる消火用のホースリールです。

先にノズルの様なものが付いています。

<再びアンテナ>

右舷キャットウォーク2g

赤のまるで囲った奇妙な形をしたものは、TV受信用アンテナです。
その他、護衛艦かがにはアンテナ類がたくさんついています。

衛星電話用アンテナだったり、衛星TV用アンテナだったり、そして艦橋周りには多くの衛星通信アンテナがついています。

<艦橋のアップ>


かが艦橋1

やっぱ!かっこいいデスネ!

艦橋周辺は最先端機器の集合です!

手前の大きなアンテナが「NORA-7 衛星通信アンテナ」(Xバンド通信用アンテナ)、艦橋前になるのは「Sea RAM(艦対空ミサイル11連装発射機)、艦橋上の四角いのは「OPS-50レーダー」(Cバンド使用のフェイズドアレイ・レーダー)、艦橋のマストにもてんこ盛りです!

一つ一つを説明すると非常に長くなるのでざっと説明しようかと思いますが、それでも結構なボリューム!
これらの解説は次回ということで!

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 護衛艦かが,見学,艦橋,武装,,

2017/03/07 (Tue) 12:00
重雷装巡洋艦北上さんと重雷装巡洋艦大井さんの違い 艦橋編

艦これプラモデルNo.32 「重雷装巡洋艦北上改」と大井さんとの違い 艦橋編


球磨型軽巡洋艦ですから、基本的には似ている中、特に、この2艦はともに重雷装巡洋艦に改装されたりした訳です。しかし、細かい部分では違いがあります。

似ている様で


以前の記事で「重雷装巡洋艦北上改」と「重雷装巡洋艦大井改」の違いを3つほど挙げました。

重雷装巡洋艦北上 建造日誌
 ↓
重雷装巡洋艦北上建造日誌


こちらでその②の魚雷発射管部分とその③の煙突周りについて解説したので残りの艦橋部分を紹介します。

その一つ目の艦橋の違いを今回の艦これプラモデルはどの様に表現されているのかを比較して見ました。


重雷装巡洋艦大井 艦橋部分

大井艦橋


重雷装巡洋艦北上 艦橋部分

北上さん艦橋

①まず目につくのは前部マスト付近の測的所や見張り所がある付近です。

大井さんは三段に素直になっていますが、北上さんは結構複雑に組みあがっています。

②そして、羅針艦橋の後ろ、リノリウムを敷いている付近ですが、結構形状が違います。

大井さんは台形状の形状、北上さんは長方形状になっています。

③羅針艦橋の横の張り出しの形状

大井さんは張り出し部分に双眼鏡を載せています。(組み立て説明書の指示)
北上さんは張り出し部分に測距儀が設置されていました。(組み立て説明書の指示)
その横に双眼鏡を設置したのは、写真を見た時に何か付いていたので双眼鏡かと勝手に私が判断したものです。
又、この羅針艦橋の後ろのリノリウム部分の手摺は純正のエッチングパーツセットにはついていないものです。

結構違いが表現されていて面白いです!


最後におまけ

大井の煙突後ろの穴

大井の第一煙突の後ろの穴ぼこですが、これは北上さんの蒸気捨管の設置用の穴です。
大井では埋めた方がいいのですが、説明書には何も記載されていないので、念の為。

比べて気づいたのでこの後埋めました。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これプラモデル,アオシマ,重雷装巡洋艦北上,重雷装巡洋艦大井,艦橋,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ