FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:横須賀基地フリートウィーク2019
イージス艦こんごう型艦橋威風堂々!(フリートウイークその2)

17ちょうかいとこんごう!


けっこう経っちゃいましたが横須賀基地フリートウイークの特の艦上見学の特集です!

前回、横須賀基地 フリートウイークイベント 令和元年 に際して
①艦娘パネルの特集 
②フリートウイーク特集その1


に続く第2段です!

これまでのレポートはこちら
 ☟☟
令和元年 横須賀基地フリートウイークレポート 艦娘もいるよ


写真が多いので言葉少なげにサクサク行きます!


最初に見学路です。

イージス護衛艦こんごうの艦尾⇒イージス護衛艦ちょうかいの艦尾⇒護衛艦さみだれの艦尾から右舷舷側を通る
⇒途中艦橋へ上る人はラッタルを登る⇒艦橋⇒降りる⇒さみだれ艦首
⇒護衛艦ちょうかいの艦首⇒希望の人はちょうかいの艦橋へ
⇒護衛艦こんごうの艦首⇒降りる


横須賀基地艦娘panel見学順路1

ではLET'GO!

護衛艦こんごうが停泊しています!そして乗り込みます

1こんごう乗船

最初は艦尾です。こんごう型は艦尾甲板にVLSが搭載されているのでその横を迂回して進みます!

2こんごう艦尾VLS

艦尾には艦娘の金剛ちゃんが! ちゃんと金剛改二丙になったパネルです! 君に会うためにきたんだよ

3艦尾こんごうパネル

艦尾から前をみるとこんな感じ

4こんごう艦尾からみた

こんごうの艦尾を経由してちょうかいの艦尾へ!

5そのままちょうかいに

こんごうとちょうかいの間。なんかかっこいい!

6.jpg


ちょうかいからさみだれの艦尾へ渡ります!


7ちょうかいからさみだれへ

護衛艦さみだれのプレートです!


8さみだれプレート

さみだれの艦尾です、突如行列ができて進まなくなりました!

9さみだれ艦尾

行列の理由はこの先の艦橋に上るラッタルのところで詰まっていた為でした。

海を望むと遠くにこの艦影はいずもか! かがさんは横須賀に停泊しているはずなので・・・

10とおくにいずも

さみだれの艦橋に上ります。機銃台が設置しています。今あるのは盾だけ。使用する際にはここに機銃本体を設置します!

11機銃台

チャフが設置しています。対ミサイル装備で対レーダー追尾にはアルミ片、あるいは熱源追尾式には熱源をここから発射します!

12チャフ

さみだれさんの鐘です!

13さみだれの鐘

艦橋にいたる通路に艦娘のさみだれさんが!

14さみだれちゃん

護衛艦さみだれの艦橋内部です!


15さみだれの艦橋内部

護衛艦さみだれさんの艦首です!
主砲の62口径76mm速射砲がみえます!

16さみだれ艦首

護衛艦さみだれから護衛艦こんごうとちょうかいを望みます!
2隻の護衛艦が並ぶさまはカッコいい!


17ちょうかいとこんごう!

護衛艦ちょうかいの艦橋を見上げます! 重巡高雄型をみるとこんな感じだったんだろうなぁ!

18ちょうかいの艦橋威風堂々

護衛艦ちょうかいの艦首には艦娘鳥海さんがいます!
鳥海は私の鎮守府の最初にであった重巡で最初の(仮)娘です。


19ちょうかいちゃん

護衛艦ちょうかいも艦橋に登れます。艦橋から下界を望むとこんな感じ!

20ちょうかいの艦橋から望む

護衛艦ちょうかいさんの艦橋内部(の一部)

23ちょうかい艦橋内部

護衛艦ちょうかいの艦橋から降りて護衛艦こんごうの艦首に移動します。

護衛艦こんごうの主砲です!
主砲はイタリアのオート・メラーラ社製 54口径127mm砲。高発射速度と軽量化を両立した優れた艦載砲です!


21こんごうの主砲

で護衛艦こんごうから降ります。

22いかづちに続く

次回、護衛艦いかづちから乗船します!
このまま、フリートウイークレポート3、4に続きそうな気配!


人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
☟☟( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 艦娘 艦これ 護衛艦こんごう 護衛艦ちょうかい 護衛艦さみだれ 乗船

DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
高速戦艦金剛改二丙 機銃装備

13日、14日の海上自衛隊観艦式の予行演習は中止になったようですね。
台風接近につき、仕方がないのですが乗船に当選された方は大変残念です。

今年は結構台風の被害に合わせている方が多いので今回の台風は被害がないといいですが・・・

私も土曜日はテニスなどで外出していることが多いのですが、今週は家で進んでいない模型を進めているかも知れません。

てな訳で、今回は機銃装備が一通り終わったのでその報告です!


機銃装備は金剛の最終時の兵装にしています。


機銃はナノドレッドの「金剛セット」を使用しているのでこの箱一つで一通りそろっています。
※過去の記事を参照ください。

 ☟☟
高速戦艦金剛改二丙建造日誌(フジミ戦艦金剛1944)使用

金剛艦橋周辺2

現在建造中の「金剛改二丙」はオリジナル塗装で進めています。
機銃は盾の部分を赤色塗装することにしました。
これはこれで、機銃部分が目立っていいかなっと思っています。



機銃装備艦尾

ナノドレッドの説明書ですと、艦尾の25㎜単装機銃は右舷、左舷ともに7基ずつ装備されているのですが、フジミさんの設計図だと右舷が7基、左舷が8基になっています。

ご存知の通り、単装機銃については正確な数は分からないことが多いので
今回はフジミさんの説を採用しました。


機銃装備1

だいぶ完成がみえてきました。

後は、マスト、ボート、水上機は零式水上偵察機ではなくて、瑞雲を採用(金剛改二丙なので)、張り線といったところでしょうか?


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟☟

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 艦これ フジミ 高速戦艦金剛改二丙

DATE: CATEGORY:横須賀基地フリートウィーク2019
艦娘パネル大集合!(艦娘配置図付き) 横須賀フリートウィーク2019年(令和元年) 


2019年10月12日―14日の三年に一度の観艦式に先立って、
2019年10月6日、7日に観艦式フリートウィークと銘打って横須賀基地と横浜港で艦船の一般公開を行っています。


1kongo.jpg


詳しくはこちらのHPを参照ください
 ☟☟
横須賀地方総監部 フリートウィーク2019の案内

艦艇の一般公開だけではなく、様々なイベントが予定されています!


一般公開する艦船は

●横須賀基地
てるづき、あさゆき、さみだれ、ちょうかい、こんごう、いかづち、はたかぜ、はるさめ

このうち、こんごうとちょうかいはイージス艦です。

そして、さみだれとちょうかいは艦橋まで登れたりします!

艦娘の配置地図をまとめました。
(抜け漏れの可能性は大いにあり)


横須賀基地艦娘パネル配置図写真付き改1


●横浜大桟橋
いずも、むらさめ(6日のみ)

いずもは乗船したことはないのですが、『かが』には以前、個人的に載せていただく機会があったので相当
細かく見せていただきました。細かく写真を撮らせていただいたので
こちら参照

☟☟
護衛艦かが乗船記録


さて、私が今まで何度か護衛艦の一般公開には参加したことがあるのですが、艦娘のパネルに出くわしたことがないんですよね。
今回はかなりC2機関と海上自衛隊のコラボ色が強くなっています。
明らかに提督さん率が高い!


今回は艦娘のパネルに絞ってレポートします!

艦艇写真は後日公開予定!

私はともかく、最初に行くのははこんごうだ! ということで、てるづきをしり目に少し離れた吉倉岸壁の方に向かいました。

早速、こんごう乗船直後の艦尾飛行甲板で金剛ちゃん(改二丙)とご対面できました!


で護衛艦さみだれです!
艦橋を見学できるということでラッタルを登ります。

成る程!艦艇の一般公開で列が中々進まないってことはなかったのですが、今回は結構渋滞!
これが理由ですね。
ラッタルを登ったデッキの上に五月雨ちゃんがいました!


2samidare.jpg

艦橋からは双眼鏡で横浜のいずもがみえます。

艦橋を下り、艦首に行くとなぜか、川内氏が!
向こう岸にDE-232 せんだいがいると後ろの方が言っていました。
よく分かりません。

3sendai.jpg

ちょうかいの艦首に行くと、艦娘鳥海さんがいました!


4chokai.jpg

ちょうかいも艦橋に上がれます。
実はイージス艦の艦橋に上がるのは初めてです!

艦橋から降りていくと船内に再び鳥海さん!


5chokai2.jpg

こんごうの艦首にいくと愛宕さんが?
護衛艦こんごうと愛宕って接点ないんですよね。

イージス艦あたご型様なんでしょうね。
あたごも機会があったら是非乗ってみたいです!


6atago.jpg

護衛艦こんごうを下船し、対面の護衛艦いかづちに乗船します!

7harusame.jpg

艦尾を伝って、いかづち、はたかぜ、はるさめを通り、はるさめの艦首方向に廻ります。

はるさめの艦首にちょこんと艦娘春雨のフィギュアが!

これってガチャガチャのやつですよね


8yuudachi.jpg

で夕立ちゃんのパネル

これはあまり可笑しいことではなくて、護衛艦ゆうだちはむらさめ型ではるさめの妹に当たります。
はるさめのパネルがなくてってことなんでしょうね



護衛艦はたかぜの艦首には旗風のパネルがありました!

92shimakaze.jpg

護衛艦はたかぜのお姉さんにあたるのが護衛艦しまかぜです!
駆逐艦時代は姉妹艦がいなかったしまかぜですが、今生でははたかぜさんと姉妹関係になります


9hatakaze.jpg

護衛艦いかづちの艦首には狭霧のパネルが!
これはあんまり関連はないんです。

護衛艦さわぎりはあさぎり型、いかづちはむらさめ型で大戦時も今生も関連性が少ないのは確か。
でも狭霧(さぎり)のパネルあるんですね。

10sawagiri.jpg

いかづちを下りると撮影スポットということです。
なぜか日向師匠がいます

11hyuuga.jpg

そして物販のなが~い行列を横目にてるづき方向に戻ります。

販売商品にむらさめちゃんがいるとのことでこちらにパネルが!
霧島さんも自衛隊の制服をきてます


16kirishima.jpg


艦娘ではないのですがC2機関のしーちゃん

しーちゃんb


入り口付近に停泊しまっさきに目に入る船がてるづきです!



12murasame.jpg

なぜかてるづきの艦首には鹿島さんがお色気たっぷりと佇んでおられました。
練習艦かしま! 乗りたいな~
このパネルがあるということは過去に一般公開しているんでしょうね



13kashima.jpg

そして涼月さん! 大戦時でも今生でも秋月、照月姉妹の妹です!

14suzutuki.jpg

最後はてるづきちゃんです!

15teruduki.jpg

とまあ、総勢14人?くらいととても多くの艦と艦娘に会えた楽しいのがこの横浜フリートウィークです!

横浜駅から降りてあるいて5分。6日も盛大に行われていることだと思います!
足を運べる方は是非!


最後に横浜地区に展開している護衛艦いずもにいらっしゃるかがさん!

(画像は艦これ公式ツイッターより)

20191005かがさんb

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!



艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 海上自衛隊 横須賀基地 フリートウィーク 艦娘 艦艇一般公開

DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
金剛さんのしめ縄の変遷について

日曜日の台風はかなり激しいもので千葉では停電しているところもあって大変そうです。
早々の回復を祈願しております。


「艦これ」も2019年夏イベントが始まりました。
E-1を甲でクリアし、1週間海外に出張していたのですが、どうにも時間がないのでE-2以降は乙制覇の予定です。

ここのところ、出張やらなんやらで中々模型も進んでおりません。

金剛改二丙もそろそろ完成させねばと思っておりますが、この船に関しては通常の軍艦の塗装でも面白くないな
ということで「艦娘擬艦化塗装」を進めているところです。


これまでの建造日誌はこちら

 ☟☟
高速戦艦金剛改二丙建造日誌

そんな中塗装以外にも金剛ちゃん(艦娘の方)の特徴を出したいということでしめ縄にも注目してみました。

金剛さん艦娘の変遷b

こうやって、金剛⇒金剛改二⇒金剛改二と見ていくと
しめ縄の形が「通常のしめ縄⇒細目⇒ふさふさの立派になった通常のしめ縄」へと変化したことに気が付きます。


それには意味があるの?
ってことなんですけども、私がしめ縄について調べた限りでは関係しそうな事象はありませんでした。

単に調査不足かも知れませんが・・・・


金のしめ縄

ともかく、今回しめ縄として、エナメル線を5-6本束ねて縄を折り、それを二本束ねてしめ縄風に作ってみました。ふさふさ部分は別に作り接着しています。
そして金色塗装で仕上げしています。



しめ縄をどうつけようかな

それを防弾縄の様に艦橋周りに取り付けようと考えております。


最近、遊んでばっかりでまったく軍艦の建造の参考にならずにすいません。
金剛改二丙の後は普通に軍艦の建造に戻りたいと思います。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟( ̄^ ̄)ゞ


艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 1/700 フジミ 高速戦艦金剛改二丙

DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
高速戦艦 金剛改二丙の塗装について


それにしても東京も急に熱くなってきました。
なかなかしんどいですね。
まあ、学生も夏休みに入ったのか、満員電車が少し緩和されたのがちょっと助かります。


高速戦艦 金剛改二丙 少しずつ進んでいます。
(本当に少しずつですが・・・)

これまでの建造日誌はこちら
 ↓↓
高速戦艦金剛改二丙(フジミ金剛1944)建造日誌

ある程度船体ができて、艦上構造物もまあできて来たのでいったん船体を塗装したいと思います。

というのも、今回購入したフジミさんの「戦艦金剛1944」はマスキングシート付なのです。


フジミんさんの特シリーズは艦上の構造物を細かくリアルに再現していただいているのですが、突起物が多すぎて塗装後に細かく筆塗をするか、細かくマスキングをするしかありません。

そこでマスキングシールがついていると結構楽ができるハズ・・・・
シメシメということでマスキングシール付きを購入した訳です。


今、フジミさんのキットって本当に細分化されてますよね。
エッチングパーツ付きとかマスキングシール付きとか。
様々な顧客に対応って感じでしょうか?



<付属のマスキングシール>

フジミマスキングシール

あれ! マスキングシールにしては色まではいっており光沢もある。
やけに贅沢なマスキングシールだと思ったら

  ☟
恐らくは「特EASYシリーズ 戦艦金剛」用と見ます。
といっても特EASYシリーズは買ったことがないので推測(または「艦NEXT 戦艦金剛」)

最初は普通に戦艦金剛の船体色を横須賀海軍工廠の色(Mrカラーの軍艦色2)をベースに塗るつもりでしたが
 ↓
高速戦艦金剛改二丙といっているのに面白くない気がしました!


金剛改二丙塗装指示

 という訳で艦娘 金剛ちゃんカラーで塗装することにしました!

船体⇒ ホワイト系又はわずかにグレーが入ったホワイト系(巫女服の色)
甲板⇒マホガニー(スカートの色)
艦橋ヤード⇒金色(カチューシャの色)
ところどころ柱⇒赤色系

こんな感じで進めたいと思います。



まずは甲板をマホガニーで塗装。


デッキを塗装

甲板をマホガニーで塗装するのは、レイテ版戦艦武蔵で執られる手法です。
私もかって戦艦大和の沖縄特攻時にこの塗装を行いました。
・・・不燃塗料の塗装です。

で飛行デッキはリノリウムなので、ハセガワの「リノリウムフィニッシュ1/700」を使用

ハセガワリノリウムフィニッシュ

ざっくりサイズに切って貼り付けるだけ。シートが伸びるので伸ばしてその部分を後でくり抜きます。


でもこのリノリウムフィニッシュ1/700は在庫がなくて偶にしか出回らないんですよね。

私もあと一セット無くなったらフィニッシュです!


さて、喫水線より下ですが、

普段は艦底色で塗装しますが、今回はあずき色で塗装しました。

しかも、普段はざっくりエアーブラシで塗ってその上を船体色で塗装するのですが、今回が船体を白系の色で塗るつもりなので
隠蔽効果が弱く、下の塗装色が影響する可能性が大きいので目立って、はみ出す訳にも行きません!

なのでわざわざマスキングして手塗りで塗りました。



とまあ、今回はこれまでです。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
☟( ̄^ ̄)ゞ


艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 艦これ フジミ 1/700 高速戦艦金剛改二丙


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ