プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2018/06/20 (Wed) 12:00
艦これプラモデルとしての軽空母龍驤の完成形?式鬼神からの変化徹底解説!

艦これプラモデルとしての軽空母龍驤の完成形?式鬼神からの変化徹底解説!

昨日は、外国のお客様と深夜まで飲み会。
今もとっても眠い私です。
しかし、今、ワールドカップ コロンビアvs日本の試合の真っ最中!深夜ではなくて助かった!
勝って欲しいなあ~ って勝つんじゃないか?(大迫の得点のシーン)⇒やった!勝った!

やりました。(加賀さん風に)

さて本題です!

振り返ってみると2017年11月に一旦完成したアオシマ製 「軽空母龍驤」ですが、思い入れもあって気合を入れて造りました!

軽空母龍驤建造日誌はこちら
 ↓
アオシマ製軽空母龍驤建造日誌

以前艦これプラモデルでNo.33のグラーフ・ツェッペリンまで一挙調査をした時に、勝手におすすめ艦これプラモデルとして、輝ける3位になった艦でもあります。
 
艦これプラモデルでおすすめなのはこのキット!

 ↓
艦これプラモデルでそんしない船はこれだ!勝手に順位付け


その評価ポイントとしてはやはり、多彩なおまけではないでしょうか?


艦これ龍驤付属

特にデカールにはこの龍驤の巻物に書いている『航空式鬼神召喚法陣龍驤大符』がついています。
普通の空母として、半年間を過ごしたので今度は艦これ版の軽空母龍驤に改修工事を行いました!



「艦これ版 軽空母龍驤」



出来上がりがこちら!


艦これ版軽空母龍驤改二の2

木甲板シートは純正のものを使用していますが、前部は縦の木目、それ以外は横木目と龍驤の木甲板を忠実に再現している良いパーツでした。
(尚、艦娘の巻物にある飛行甲板の前部は鉄甲板説を採用していますが、私は木甲板を採用しているのでその辺はご勘弁。)

デカールは木甲板に付かないと言われていますが、つや消しコーティングを2回したものに張りました。
今のところ綺麗についています。サイズがかなり大きくてやり直しがきかないので一度で位置決めをする必要があります。
ご注意を!
更にその上につや消しコーティングをして保護しています。


それでは解説を行います。

まず、艦娘龍驤の離陸スタイルですが、これは「式鬼神タイプ」になります。

式鬼神(式神の書き方がメジャー、他にも式鬼とも)は陰陽師が式札という和紙の札から様々なタイプの鬼を顕現させ、使役させるというものです。
陰陽師としては安倍晴明さんが有名ですね。
かなり昔の巻物に載っている由緒正しいものです。『不動利益縁起』を著した絵巻物とか。

飛行甲板が巻物なのはそのあたりの表現ですね。

ではその飛行機の顕現過程をみてみます!


この過程を確かめるために何度も「劇場版艦これ」BDを見ました。

左手の燐光

① 左手に【勅令】という緑色の火の玉が灯る。
  勅令というのは、天子や国王の命令という意味です。日本では天皇が議会を通さずに発令する命令。
  龍驤さんは権限委譲されているものと推察されます。

式神が剥がれて浮かび上がる

②巻物に張り付いていた式鬼神(龍驤では式神をこう記載する)が浮かび上がり巻物の前方に移動を始める

巻物上を飛びながら変化

③巻物上を飛びながら飛行機に変化する

式札は巻物の上をひらひら飛びながら、飛行機に変化していきます。
変化している過程の飛行機(この場合ゼロ戦)は当初平べったい形状をしています。

龍驤より離陸

④完全に飛行機に変化して離陸


そうして、式札が式鬼神として、ゼロ戦に顕現し飛び立っていきます。
劇場版艦これでは確認できませんでしたが、この飛行機の中には妖精さんが搭乗しているものと推察されます。

何故か!全く使用しないタイヤが出ている状態です!



これを軽空母龍驤で再現しました!

式神1

和紙を切り抜いた(この為だけに和紙を買いました。残った和紙なんに使うんだろう?)式鬼札が浮かび上がります。

式神2

ちょっと苦労した「式鬼札⇒ゼロ戦への変化の途中」のものを見て欲しいです!


この時点ではぺったんこ。平べったい状態から立体にふくらみをもって飛行機に変化します。


飛行機も丁寧に作りました。ほとんど見えていないコクピットも手すりを利用して再現。
もとが静協の共通キットと思えない再現度!(なんてね)

飛んでるとこ龍驤

そうして、最終的には飛行機に完全に変化して飛び立ちます。

劇場版同様にタイヤは格納されていません。
(上の写真でははっきりと分かりませんが、ゼロ戦の機体には黄色のラインが描かれています)

龍驤式神の変化

こういった遊び心のあるアオシマの「艦これプラモデル 軽空母龍驤」なかなかいいのではないでしょうか?

その顕現過程の確認から、飛行機その他の作成と撮影!一日がかりの作業になりました
((´∀`))

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,艦これプラモデル,1/700,軽空母龍驤,アオシマ,,

2018/04/28 (Sat) 12:00
艦娘で綴る横須賀軍港めぐり

艦娘で綴る横須賀軍港めぐり


ちょうどいい気温のこの季節。
関東地方はGWをそこそこいい天気で過ごせそうです。


私は・・・まあ、ちょこちょこ出かける程度かなと思っております。

前回横須賀港周辺の特に「YOKOSUKA軍港めぐり」についての記事を書きました。
 ↓
YOKOSUKA軍港めぐり

このGWに「YOKOSUKA軍港めぐり」もなかなかいいのですが、結構予約でうまっているので確認していった方が良いです。

もし、予約で埋まっていてもいつでも楽しめますよ。
混雑を避けていくのもありだと思います。

さて、前回は米軍の空母や潜水艦、イージス艦などと護衛艦いずもを紹介しました。

今回はこの時お会いすることができたいずも以外の護衛艦を艦娘とともに案内します!

高波g

最初は「DD110 護衛艦たかなみ」かもです!

護衛艦たかなみはたかなみ型護衛艦5人娘の1番艦、いわゆるネームシップです!
次級のあきづき型は汎用というより防空に重きを置いた護衛艦ですので、汎用護衛艦の中核をなす護衛艦のひとつですね。

「たかなみ」の先代にあたる駆逐艦高波は夕雲型駆逐艦の6番艦。
陽炎型の後継艦でほぼ帝国海軍駆逐艦の集大成と言える艦でした。

奇しくも、護衛艦たかなみも駆逐艦高波も浦賀で生まれたんですねえ。
もしかしたら名前を付ける時に少しは意識をしたかもです!

たかなみ


お次はこんごう型イージス護衛艦「DD174 護衛艦きりしま」です!

霧島g


先代はご存知「金剛型巡洋戦艦霧島」です!巡洋戦艦榛名とともに初の国産の戦艦で、先代、現世ともにこんごうお姉さまと姉妹として生まれました。

金剛型については日本戦艦の系譜と称してこちらに書いているのですが、読み返してみると船の話なのかアニメの話なのか入り乱れているのでお暇で興味があればご覧ください。
 ↓
艦娘で綴る日本戦艦の系譜

こちらも奇しくも先代とともに「三菱重工長崎造船所」で生まれているのです。
(〃艸〃)ムフッ

たかなみときりしま
(左がたかなみ、右がきりしま)

こんごう型4隻とあたご型2隻が日本が保有しているイージス艦です。

このうち、弾道ミサイル防衛(BMD)の機能をもつのは日本ではこんごう型の4隻だけです。
前回紹介したアメリカのアーレイバーク級駆逐艦やタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦もBMD対応になっています。

日本を守るイージスの盾の一つとして活躍していただいているのです。

因みに護衛艦こんごうについては、ハセガワの1/700「護衛艦こんごう」を作った時に散々その性能やら模型のことを書いているのでご興味がある方はこちらを!
今見てもこんごうに対する愛情たっぷりに制作したのが分かります。

護衛艦こんごう建造日誌
 ↓
護衛艦こんごう建造日誌


DD101 護衛艦むらさめ

村雨春の装い

今、艦これでは白露型3番艦 駆逐艦村雨ちゃんは春の装いです。


<左から護衛艦たかなみ、中央がきりしま、一番右がむらさめ>
たかなみときりしまとむらさめ


護衛艦としても今の護衛艦は2代目にあたります。

むらさめ型護衛艦9人娘の長女、ネームシップです。

先のたかなみ型とむらさめ型、あきづき型で護衛艦の中核をなしていますね。

16セルのVLS(よく映像で見る垂直にミサイルが発射する装置)を2基搭載していて、対空、対艦、対潜と非常に能力の高い護衛艦です。



最期はちびしま!


残念ながら「YOKOSUKA軍港めぐり」のクルーズではお目見えできません!

ちびしま

今回は以上の様な護衛艦に出会えた訳ですが、横須賀港を母港にしている護衛艦には出会える可能性が高い訳です。
ではどの様な護衛艦が母港にしているかというと下記の通りです。(2018年4月現在)

第1護衛隊群第1護衛隊
「いずも」「はたかぜ」「むらさめ」「いかづち」

第2護衛隊群第6護衛隊
「きりしま」「たかなみ」「おおなみ」「てるづき」

このうち、いずもは前回紹介した通りとても大きくド迫力です。
いかづちはむらさめ型です。
艦首横の数字が107になっていれば「いかづち」です。

はたかぜはミサイル護衛艦としては移行期でVLSを搭載していません。
逆に見ておかないと!
DD171と数字がミサイル護衛艦として17〇になっているので分かりやすいです。

おおなみはたかなみ型(DD111)、てるづき(DD116)はあきづき型の僚艦防空を任務とした防空護衛艦です。
私的には見ることができたらテンション上がります。

また行きたくなってきました・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,艦これ,横須賀クルーズ,護衛艦,護衛艦きりしま,護衛艦たかなみ,護衛艦むらさめ,,

2018/04/18 (Wed) 12:00
やっぱり迷彩塗装は手間がかかります! ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン迷彩塗装

やっぱり迷彩塗装は手間がかかります! ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン迷彩塗装


引き続き重巡プリンツ・オイゲンの建造をしております。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツ・オイゲン建造日誌

Prinzg.png

前回からドイツ軍艦の象徴的迷彩、「バルチックスキーム」にチャンレンジしていますが、殊の外手間がかかっています。

白線のラインをマスキングする!

教科書を片手に側面から見て真っすぐになる様に微調整を加えながら前回塗装した白塗装の上にストライプを貼り付けていきます。

白い部分のストライプ

写真にするとあっさりとできている感じがしますが、とても時間も手間もかかりました!


ふう!疲れた!

これ、初めての為か、不器用からなのか、時々スマホ片手に艦これしながら作業している為なのか(主にこのせい?)片側のラインを入れるだけで1時間以上かかった気がします。

入り組んでいるところは、マスキングテープを細かく切ったものを貼り付けていきます。

これを両面します。


艦首側と艦尾側に白く残る部分は教科書の倍率を1.4倍に拡大したものを台紙にしてマスキングテープを貼り付けました。

・白のマスキングの横に黒を塗装する。ついでにダークシーグレーを塗装する

塗装を行う前に、白のストライプを覆ったマスキングテープに隙間ができないように爪楊枝などで起伏部分を抑えておきます。
これをしたって入って来ることがあるんですよね。

プリンツオイゲン艦首側

そして、艦首部分と艦尾部分のグレーの濃い部分を塗装します。

この色は説明書は「タミヤカラー XF-24 ダークグレイ」を指定してますが、私はカラーのほとんどをMr.カラーのシリーズでそろえているので、「Mr.カラー 331 「半光沢 ダークシーグレーBS381C/638」で塗装しました。

因みに船体色については説明書は「タミヤカラー XF-54 ダークシーグレイ」を指定してます。
私は「Mr.カラー 335 半光沢 ミディアムシーグレーBS381C/637」を使用予定です。

ドイツ軍艦なのにイギリス空軍色を使うのはどうかなってのもありますが、ドイツ軍艦の色はこの色っていうのがないくらい色が多彩の様に思いました。

今回は白や黒やダークグレーのストライプと艦首や、艦尾部分のダークグレーとの色の差が分かり、かつそこそこ濃いグレーということで選択しています。

軍艦の模型ばかり作っていると、グレーの色ばかり20種類くらい持っています。その中から選択しております。

この色の選択が良かったかどうかはできてのお楽しみですね。

艦尾側3番主砲の辺りは濃いグレーのストライプが入るのでここにもダークシーグレーを塗装しています。

プリンツオイゲン艦尾側


鍵十字部分の塗装部分です。


プリン真俯瞰

前のブログ記事で紹介した迷彩塗装を細かく載せている私の教科書から抜粋していますが、タミヤの説明書には艦首と艦尾近くの鍵十字は記載していません。

まあ、大人の事情だと思いますが、ここも塗装します。

鍵十字

以前消化した本、「German Navel CAMOUFLAGE」の該当ページをスキャンし、1.4倍に拡大するとほぼ1/700のサイズになりました。

それをコピーしマスキングテープを上に貼り付けて、線に沿ってデザインナイフでくり抜きます。

艦首鍵十字g


白く塗った上に鍵十字部分をくり抜いたマスキングテープを張り、黒で塗装した時に一緒に吹きました。


黒く塗装

黒が乾いた後に今度は直径6mmのポンチでくり抜いた円状のマスキングテープを貼り付けその周囲を赤色で塗装します。

これね。ベテランの方はしないのでしょうが、本当なら横着しないで

甲板色(タン)塗装⇒白塗装(厚塗りはしない方が良い)⇒黒塗装⇒赤塗装

とした方がいいです。

私はベースの白の厚塗りをしたばっかりに赤塗装した時にどうしてもツートンになってそこが気になって赤も厚塗りする羽目になりました。

とまあ、今週はここまでですが、毎週塗装をしている状況です。
まだ来週も塗装だろうなあ。

人気ブログランキングに参加しています。
👇宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,ドイツ軍艦,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,タミヤ,,

2018/04/11 (Wed) 12:00
ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌 これから迷彩塗装に入ります!

ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌 これから迷彩塗装に入ります!

先週は忙しかった!

その反動か、今日は著しく体調が悪く、早退してしまいました。
すぐに体調に出るような私はだめな人です・・・

ずーん。

でもブログに関しては先週も週1回だけの更新だったんで今週は頑張って2回更新したいと思っております。(希望)

(薬を飲んで少々楽になった今がチャンス!)

Prinzg.png


目指すはきれいな「バルチックスキーム」!


塗装図は前回紹介した本の通りです。

バルチックスキーム塗装


前回の参考資料、使用予定エッチングパーツなどの紹介はこちら
 ↓
ドイツ海軍重巡洋艦プリンツ・オイゲンはこんな感じのパーツと資料を参考にします!

そして、素直に迷彩初心者であることを認め(初心者も初心者!初めてですから)
初心者なら素直に二等駆逐艦松や改松などの小さい船から練習すればいいのにすぐ本筋に行きたがるんですよね。
私は・・・・

前の戦艦金剛の二の舞にならないように準備はしていきたいと思っております。

教科書も用意しました。


教科書片手に建造を続けます!

さて、迷彩塗にはいつもと少々違う手順で作成します。

1.基本的な塊でブロックごとに作り上げる。

2.仮組を行いシールテープなどで仮止めをする。

3.塗装する。

4.迷彩部分のマスキング⇒仮組で確認しつつマスキング。

5.塗装

6.4と5を繰り返し

7一通り塗装が完成したら組み立ててエッチングパーツを付けていく。

8あとはいつもの手順に従って完成!

長々と書きましたが、よく分からないかも知れません。

とりあえず、

1.ブロックごとの組み立て 2.仮組する

組み立て

結局この写真を見ても今一つ伝わりにくいのですが、主要パーツ部分をブロックごとに作成してシールテープで仮止めしています。

この際、シールテープはバルチックスキームの白塗装部分にかからないことだけを注意してください。

3.塗装する。


白塗装

白色にあたる部分を塗装します。
私は純粋な白ではなく下記の色を使い、わずかにグレーを入れました。

白塗装色

グレーはMr.クレオスの「グレーFS26440」に白を適度に足しています。(感覚7:3くらい。3が白ね)

好みだと思いますが、純粋な白は少し浮くかなと思いまして。

白塗装

白にかかる部分を塗装しました。

上から見た後部構造物付近

天面から見たところはほぼ白い塗装部分はないのですが、赤で囲った部分は白塗装の様なので、そのように塗りました。

構造物白塗装

艦上構造物はここまで徹底して白塗装しなくても良いと思うのですがどの様な迷彩がかかるのかイメージできないこともあるので全て白塗装です。

次には再び仮組のまま白のストライプ部分をマスキングするのですが、今回はここまで

次回はもう少し進むといいのですが・・・・・

なんか長丁場になりそうな予感もします・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,艦これ,タミヤ,艦船模型,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,ドイツ軍艦,,

2018/02/07 (Wed) 12:00
ローちゃんの塗装とウェザリングまでしました!UボートⅦCもです。

ローちゃんの塗装とウェザリングまでしました!UボートⅦCもです。

まだまだ寒い日が続きますね。
お体には気を付けてください。

ところで、艦これでは新任務<新編「四航戦」、全力出撃!>なんて実装された訳ですが、これなんて先週の土曜日に載せた航空戦艦伊勢と日向、軽巡大淀の活躍した「北号作戦」はないですか?

北方ALまで行くのはなぞですけど。

航空戦艦の伊勢と日向の活躍はこちら
 ↓
日本戦艦の系譜 航空戦艦伊勢と日向


呂ちゃんg


これまでの呂号第500潜水艦(UボートⅨC型)とUボートⅦC型の建造はこちら
 ↓
呂号第500潜水艦とUボートの建造日誌はこちら


艦橋付近

呂500ウエザリング艦橋

ウェザリングは、いつもの様にダークブラウン、ダークグレー、フラットブラックのエナメル系塗料に適度に混ぜながら施していきました。
今回は全体に強めにしています。

前回の記事の時点では艦橋横の潜水艦名ですが、フリーハンドで描いて今一つきれいさが足りませんでした。

伊号第19潜水艦、伊号第26潜水艦の記事で書いた様に今回はピットロードの潜水艦キットに付属しているデカールを貼り付けました。

アオシマ製 伊号第19号潜水艦、伊26号潜水艦の建造はこちら
  ↓
伊号第19潜水艦と伊号第26潜水艦建造日誌


全体の様子


呂500左前




同時にUボートⅦC型も塗装しています。
艦橋付近


UⅦCウエザリング

全体の様子

UⅦC塗装済

最期におまけの沈みゆく商船がも塗装しました

沈む商船塗装

超スローペースですが、来週は張り線と波まで行きたいな。(そこまでいけば完成!)

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,艦これ,アオシマ,1/700,ハセガワ,呂号第500潜水艦,UボートⅨC型,UボートⅦC型,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ