FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


ウラジオストック訪問 「蒼き鋼のアルペジオ」聖地巡礼!?


艦これ 2019夏イベは甲種勲章をいただき終了しました。
当初、途中で海外出張が入ったり休日に出かける用事があったりして時間もないやってことで乙で上がるつもりだったのですが、
グレカーレが削りの途中で来鎮してくれたことで掘りの必要がなくなったことやツイッターのFFのアドバイスなどもあり
甲制覇に切り替え、無事終了しました。
甲報酬の秋水は代替のない局地戦闘機ですし、甲にして良かったと思ってます。

20日20時より友軍が来るようなのでちょっと嫁艦の金剛ちゃんとE-3をのぞいて来ようと思います。


さて、艦これの話はさておいて

前の回でロシア極東地区のウラジオストック訪問の話をしました。

 ☟☟
ロシア訪問記(ウラジオストック、バウナウル)


仕事はこの町ではなく近く(っていっても道が悪いので片道4時間かかる)の場所だったのですが、何とか夜にはウラジオストックの街に行くことができました。

以前はそれこそ9割以上が中国出張でパスポートが埋まるくらい行っていたのですが最近は私が行った事がない国が多くありがたいことだなぁと感じています。
ストレスも多いんですけどね。

ウラジオストックはとても夜景のきれいな街です。

この町は極東地区でありながら、まるでヨーロッパの様な雰囲気を味わえる街並みなのですが、私にはここを訪れる密かな目的がありました。


むしろ、こちらの方が心の内では真の目的と言えるような・・・・

イオナ心配そうな表情b

ご存知でしょうか? 「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」

艦船にも関係するのでちょいちょいこのブログでもネタで出しています。


何しろ、「軍艦+萌え」という私が一番はまる要素満載!


この劇中でのワンシーン。ウラジオストックに停泊して補給をするシーンがあります!
日本近海、霧の生徒会のナチとアシガラと交戦の後、ちょっとした一休みのシーンです。


そのアルペジオで出てくる街並みをみたかったんですよね

ウラジオストックの街並み


ここで、群像達は物資を補給します。
その場所は横に崩れ落ちた金角橋のすぐ横になります。


イ400の停泊場所

この停泊場所はウラジオストックでも有名な眺めの場所、鷲の巣展望台から見下ろせる場所になります。

イ400の停泊位置

上の画像でも金角橋の横に建物がありますが、その横辺りにイ400は停泊し、マフィアから物資を入手します。
(そのやり取りのシーンはカットされたようです。コミックでは香港で同様のシーンがありますよね)


クルーが物資を点検している最中、群像とイオナは四月一日いおりの計らいで街にでかけます。

路面電車あと

ウラジオストックは小綺麗で石作りのヨーロッパの様な街並みです。

そして、路面電車ですが、ロシアのそこそこ大きな街(ってそこまで詳しい訳ではないのですが)には大体路面電車がはしっているんですよね。


そして、超戦艦ムサシのメンタルモデルとイオナ(イ400のメンタルモデル)がロシア正教の教会前でカイゴウする訳です。

イオナとムサシが出会う

この教会って特定のモデルがあるのでしょうか?


このシーンで大体の位置が推測できます。
金角橋から向かって左側を少し上がった場所になります。


ウラジオストックの港を見下ろす


アルペのウラジオストック

この地図で示した場所は現在、長老教会があり、その上にはマンションが立っているようです。

少し離れた場所にはロシア正教の教会 聖パフロフスキー教会がありますが、若干場所が違うのと教会前にこの様な広い場所はなさそうです。


パクロフスキー教会b


ドンピシャの場所にはこの様な広場を持つ教会はないように思います。
(時間がなく歩いて探索できなかったのは悔やめます・・・・)
どこかのロシア正教の教会をベースに現在のマンションが建っている場所に教会を建てたのでしょうか?


ロシア正教の教会


そもそも年は2050年代でしかもここではないどこかの地球!?!
2020年にあるマンションが老朽化で取り壊されそこに教会が建ってもなんの不思議もないかと・・・・


現に海沿いにも教会がまさに建設中でした

海沿いに建設中の教会


ムサシとイオナの逢った教会がどこなのか? 詳しい人、情報求む!!

ウラジオ港を遠く見下ろした風景

この写真は、金角橋を渡った逆から撮ったものですが、とても美しい夜景です。

落ち着いていく機会があればもう一度、今度はゆっくりと、日中の人の行きかう街並みを味わいたいものです。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 蒼き鋼のアルペジオ 聖地巡礼 ウラジオストック イ400

DATE: CATEGORY:柱島泊地(山口県)
聖地巡礼! 柱島泊地(その2)

遂に始まりましたね~!

艦これ 夏イベ!


でも残念ながら私は明後日から1週間以上の長期出張になってしまいます。
残念ながら、イベントにチャンレンジするのはその後になりそうです。

時間もとれないので今回は甲はあきらめます(たぶん)
(´;ω;`)ウッ…

今分かっているだけでイタリア艦娘が二人。

イタリア艦も艦娘も美しいので好きです!


さて、前回盆の休みに突然行った「艦これ」最大にして最後(現在)のサーバーの名のもとになった

 離島 柱島訪問 レポート 第2段!


 前回までのレポートはこちら(陸奥の慰霊碑訪問とか、柱島から陸奥の沈没場所を望んだり)

  ☟☟
柱島泊地(離島の柱島)に行ってきた!


この島から望む瀬戸内海はとても綺麗!

陸奥記念碑近くの海岸


子供の時から何度となく訪れた瀬戸内海ですが、見る場所で違う風景がいいですね。



柱島に来たのは泊地を望む、陸奥の慰霊碑訪問、3つ目はこの島の山 金蔵山の山頂付近にある「旧海軍見張り所跡」にいくことです。

登山にかかる時間は約40分とのこと、時間的にはそんなに余裕がありませんが
LET’S GO!です!


柱島の山

途中までは舗装した道路ですが、すぐに普通の山道になります。
それも場所によっては獣道みたいに草ぼうぼう!

あほなことに、半ズボンで来た私には草に足を切られ、蚊には10か所以上さされ大変でした!


柱島の山の途中から海を臨む

しかし、途中に切れ目があって海を臨むとその風景の綺麗な事!

山の途中から植物相が変わって南国風のシダ類が増えていきます。




山道ですが途中で本当に道が消えてるんですよね。
少し山登りをしたことがありますがこういうのは少々危険。

しかし、すぐ先に貯水槽がみえるのでまずはそこまで行くことに。
この島で知り合った聖地巡礼中の提督さんにあって二人で来ていなかったら引き返したかも。

(ほぼ誰も行かないんですね~)


そこからも少々怪しげな道を通って


そして遂にたどり着いた!


旧海軍の見張り所跡です。

旧日本海軍の見張り所跡

かなりの逆光ですいません。

前にも周ったのですが、草の勢いが強すぎて写真をとるポジションを取れませんでした。


所要時間40分とのことですが、別に登山家ではないとはいえ、そこそこのペースで45-50分
くらいかかると思います。


まあ、1時間見ていれば無難でしょうか?
思ったより結構きついですよ。

多分、途中までここまで500mの標識のあとに、あと500mというのが出ていたので実際にあるく距離は1.1km強なのでしょうか?


ここまでこれたので帰るとします!
すでにバテたし・・・・


帰りは下りなので道に気を付ければ行より楽。



帰りに少々道を間違え出て来た場所は

「柱島小中学校」

小学校は2008年3月
中学校は2011年3月を最後に休校に・・・



柱島に唯一あった小学校兼中学校

過疎化が進んでいるとのことで、これも離島の大きな問題ですよね。

私なんか、艦これとの合同イベントなんかもいいとも思うのですが
こういったことを実行するには
費用も、何より人材と実行力が必要。
島の方はたぶんほとんど艦これをご存知ないでしょうからなかなか難しいでしょうね。



帰りに立ち寄った漁港にはいそかぜが!


いそかぜ

そんな訳で、無事港について、14;15の便に乗り込むことが出来ました!

暑かったー!
疲れたー!


帰りの瀬戸内海

この日は広島に戻って同窓会だったんですよね。
前の佐世保の時には長崎から広島まで何時間かで時間で帰りましたが今回も帰りは慌てて帰ります。
相変わらず、がちゃがちゃしてます。


行きは上手くバスと連絡がいい感じで取れましたが、帰りはなかなかバスはないです。
岩国港だけではなく、その奥の国道沿いにもバス停があるのでそちらもご確認下さい。



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 柱島泊地 戦艦陸奥 聖地巡礼 離島 艦これ

DATE: CATEGORY:柱島泊地(山口県)
柱島泊地レポート(その1)


夏の暑さも取りあえず峠を越えたという感じでしょうか?
しかし気候の変わり目は体調を崩しやすいもの、皆さんもお気を付けください。


私は、艦これは15年の秋から始めているのですが、
いわゆる地獄の激戦区「柱島泊地」サーバーです!

艦これのサーバーには最初の「横須賀鎮守府」から現在までに20サーバーあります。
そのサーバーには旧帝国海軍4鎮守府から、基地、泊地の名前が付けられています。

その中にはショートランドやブルネイ、タウイタウイといったの東南アジアや
現在ではほとんど行くのが不可能な単冠湾や幌筵泊地(ぱらむしる)なんてもあります。

まあ、20あるサーバーの約半分が日本にある地名ってとこでしょうか。



私は柱島泊地ってのは艦これを始める前から知っていました

なにしろ”戦艦陸奥なぞの轟沈”があった場所でしたから・・・


陸奥改二艦娘

呉市周辺の聖地巡礼レポートも併せてみていただけると幸いです
 ☟
呉市周辺の聖地巡礼 空母葛城とか軽巡大淀とか榛名とか利根とか


戦艦陸奥は1943年(昭和18年)6月8日に謎の大爆発を起こして爆沈しました。
弾薬庫に火がついての爆沈で第3砲塔は艦橋の高さまで飛び上がったとのことです。

ではその柱島泊地ってのはどこにあるのでしょうか?

柱島周辺地図b

泊地ってのは”艦の停泊する場所”で島に横づけする訳ではありません。

周防大島と柱島群島の間が船の停泊地としてちょうどいいのでここが使われていた訳です。


さて、その柱島にはどのようにしたら行けるのでしょうか?
この盆休みでふと思い立って柱島に行って来ました!


今では様々な便利アプリがあるのですが、

まずは岩国港

 ↓
そこから「高速船すいせい」に乗ります。
 ↓
黒島、端島を経由して柱島に


一日に3便から4便。
日帰りの場合は、行きしに帰りの乗船予約を取った方が無難です。

私も10時岩国港発→14時15分柱島発の便で日帰りしました。
(その両方共が土日、お盆、正月だけある便です)




詳しくはこちらのHPを

  ↓
山口県観光サイト


では出発です!


<岩国港>

岩国港

岩国港ですが、岩国駅からも遠いので注意。
歩いては行けません。

バスの本数も相当少ないので注意です!



港の待合室に柱島のパンフが置いてありました!


<柱島パンフ 表>

柱島パンフ

<柱島パンフ 裏>

柱島パンフ2

柱島群島は5つの島からなります。
その中でパンフにもある3つの島には合わせて250人程の方が住んでおり、
主に漁業で生計を立てられているらしいですね。
(島で聞いた話)


この柱島、釣り人には有名らしいです。
私の友人の以前は結構釣りをしていた友人は釣りでいったことがあるらしい。



<高速艇で柱島へ>

柱島船着き場

着くと、第3代騎兵隊総督 赤禰武人(あかねたけと)の立看

あかねたけと看板


朝の便で出発すると着くのは昼くらいなのですが、正直島にはお店も食堂もありませんのでご注意!


早速、陸奥の慰霊碑に向かう

島に調度来ていて他の提督さんと一緒に陸奥の慰霊碑に向かいました。

歩いて30分くらいで陸奥の慰霊碑に付きます!

戦艦陸奥英霊の碑

陸奥墓名碑


ここで英霊の方々にお祈りして海を臨みます。

続島

墓標から直ぐ海が見えます。

ここから見えるのが”続島”
島に流されてきた遺体は秘密裏にこの続島に移され荼毘にふされました。


更に奥の沖にみえる島が戦艦の形にみえるのは私だけでしょうか?


陸奥の爆沈で1122名が犠牲になりました。
沈没でというよりほぼ爆死らしいです。

しかし、当時戦艦陸奥は”世界のビッグ7”
日本を代表する戦艦でした(大和や武蔵は秘密だし)

陸奥の沈没は戦中はほぼ日本の国民には知らされませんでした。


墓標近くの離れ小島

墓標の近くにある砂浜と離れ小島の”新宮の鼻”

柱島の観光案内に移っている海の風景はここの写真です。

まるで南の島の様な美しい光景です。

後半に続きます!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ


艦船ランキング

tag : 柱島泊地 戦艦陸奥 艦これ 聖地巡礼

DATE: CATEGORY:聖地巡礼(佐世保港周辺)
時雨感が足りない!佐世保セイルタワー周辺巡り


東京は涼しくなってきました。
確実に秋が近づいているってことなんでしょうね。

季節の変わり目は風邪をひきやすいので体調にはご注意下さい。

なんて言っている私自身が会社から帰った後になんやかんや+艦これ秋イベで連日5時間寝れていない寝不足状態なんですけどね。
艦これ提督諸兄諸姉の方々は順調でしょうか?
私は先日何とかE-4甲 戦力ゲージを突破できたのですが、ラスダンはどうにも噛み合わず苦労しました。

現在はE-5 1本目でプリンツ丙掘りをしています。
こうやってブログを書きながらもながら艦これを行っているので、間違って自己&大破進軍だけはしないように注意しています。

しかし、燃料が心配になって来ました。
今日、明日にはこのままプリンツ狙いでここで掘り続けるか、一旦甲攻略を目指すのか考えないとです。
資源効率的にはここで掘るのがもっとも効果的と踏んでいるのですが・・・(計算した訳ではないのですが)

⇒ブログを書きながらのながら掘りにて「プリンツ・オイゲン」来てくれました!!
ほぼ書き終えたタイミング良かった。
プリンツ記事に変わるとこでした・・・


閑話休題

ところで、土曜日の記事にはこの夏に訪問した九州艦船巡りの案内をしています。

先週までに北九州市の「軍艦防波堤」や佐世保港の「海上自衛隊護衛艦一般公開」、「SASEBO軍港クルーズ」の案内をしてきました。

北九州市 駆逐艦涼月とかが眠る「軍艦防波堤」紹介はこちらをクリック!
 ↓
軍艦防波堤 防波堤として今も守ってくれているんですね

「佐世保周辺聖地巡礼 護衛艦一般公開」はこちらをクリック
 ↓
佐世保周辺で艦これ的聖地巡礼(艦船ゆかりの場所)

「SASEBO軍港クルーズ」はこちらをクリック
 ↓
SASEBO軍港クルーズ 愉しいですよね

佐世保港での最後を締めくくるのは佐世保市の艦船にまつわる場所巡りです!


なにこれ時雨可愛い!mgsy


「SASEBO軍港クルーズ」から下船した後は調度お昼の時間帯になりました。

佐世保と言えば「佐世保バーガー」ですよね!

どこが美味しいかということで、ツイッターのフォロワーの方にあらかじめお話を聞いていたところ、

おすすめは「ヒカリ」とのこと。


佐世保バーガー光


下に食べログの案内のリンクを貼り付けておきました!
 ↓
食べログ 佐世保バーガーヒカリ案内

駅で言えば、「佐世保中央駅」のすぐ近くなのですが、我々は途中の道筋に目的地もあったので、徒歩で向かいました。

充分歩いて行ける場所です。

「ヒカリ」はセイルタワーにとても近い立地ですので我々には非常に都合もいい!

とても暑い日で調度カウンターが開いたので中に入らせていただきました。

スペシャルバーガー?佐世保バーガーだったかな。とにかく基本的なやつです。セットを注文しました。

佐世保バーガー

たしか、セットでも600円くらいのリーズナブルな価格だったと記憶しています。

評判通りとても美味しかったですよ!



さて、途中に寄り道をしながらと書きましたが、佐世保港からセイルタワーに向かう途中に

模型店の「西海模型」さんがあります!

元々は艦船模型つながりの我々なのですが、事前の情報通り艦船模型も豊富においてありました。
ここで記念に「護衛艦はるさめ」を購入しました。

下に西海模型さんの場所を貼り付けておきました。
 ↓
佐世保市 西海模型の場所

さて、お腹も満たしたところでお目当てのセイルタワーに向かいます。
佐世保バーガー店の「ヒカリ」から歩いて2分もしないところです。


<佐世保資料館 (通称セイルタワー)>

saseboセイルタワー

入り口付近にあるのはついこの間引退した「護衛艦くらま」の錨です。


佐世保資料館(通称セイルタワー)は、旧水交社の跡に増設新館を建てたもので海上自衛隊の所有です。
なので、見学費用は無料、つまりただです。

海上自衛隊のセイルタワーHPです
 ↓
佐世保地方隊 佐世保資料館(セイルタワー)HP

この中は写真撮影禁止なのですが、案内図だけはOKとのことで載せておきます。
HPにも載っているのものです。

<セイルタワー 7階から5階>

セイルタワー7-5階


<セイルタワー 4階から1階>

セイルタワー1-4階

この案内をみていただくと分かると思いますが、一旦7階に上がって上から下に順に追っていくというものです。

海軍創設期の頃から日露戦争時代、太平洋戦争、そして現代の海上自衛隊へと艦船模型を豊富において展示しています。

レジンキットにはあるのかもですが、特に市販プラモデルにないスループ大和や武蔵、鉄交帯金剛などの創成期の軍艦や
逆に海自の音響観測艦ひびき、練習艦かしま、といったマニアックで好きな船の模型を見れたのは嬉しかったですね。

メジャーな戦艦大和や武蔵、イージス護衛艦こんごう、あしがらといった主要な艦の模型も展示ももちろんあります!


私どもにとってはとても愉しい時間でした!


艦船好きにとっては是非ともおすすめの場所です!


写真撮影OKにすればいいのにね。

ひとつふたつ愛ゆえの注文を付けさせてください!

一、 時雨感がたりない!


佐世保って言ったら時雨じゃないですか!(主観) 2階かどっかに時雨のちょっとした資料があっただけと見受けましたが・・・。

二、模型を修理してあげてください!('◇')ゞ

特に2階の展示 空母雲龍の着艦標識や滑走制止策がいかにも応急修理っぽい気がしました。
直ぐに直せるレベルなのに・・・赤城にも損傷があった気がしてます。



<SSKドッグ>(佐世保重工業ドッグ)

ここには旧佐世保海軍工廠のドッグで大和型戦艦2番艦 戦艦武蔵の艤装を行ったドッグとそれに使用された250トンクレーンがあります!

是非とも寄りたいということで向かったのですが、車ならともかく交通の便はあまり良くありません。

WEBを見てもあまりアクセスについて載っていないので一応書くとこんな感じです

SSK第3ドッグアクセス


JR佐世保駅前(東口)から佐世保市営バスSSKバイパス経由パールシーリゾート・九十九水族館行き又は赤崎・俵浦方面行に乗車し「第4ドッグ前」バス停下車、徒歩すぐ。


周辺にトイレとかはありませんが、歩いたところに7-11がありました。
あまりの暑さにここでアイスとジュースを飲みました。
(;^_^A

ぶっちゃけ道沿いにフェンス越しに見る感じですが、いけませんね~。
フェンスが約1m起きくらいにカメラのレンズ大の穴があけてありまして、写真を撮れるようになっています。

<SSKドッグ クレーン(250トンクレーンではない)>

SSKドッグ巨大クレーン

250トンクレーンは戦艦武蔵の艤装工事のために設置されたクレーンで現在も使用されています。
当時は一度しか使われませんでした。
※この写真がそのクレーンだと思い込んだので250トンクレーンは撮っていません!
(´;ω;`)ウッ…

<SSK第4ドッグ>
SSKドッグ内写真

SSK第4ドッグは戦艦大和、武蔵の整備様に秘密裏に作られた旧海軍工廠第7ドッグのことです。
結局、戦艦武蔵の艤装に一度使用されただけに終わったようですが、終戦後「空母隼鷹」、未完空母「伊吹」「笠置」を全て収納したうえで解体したドッグとのことです。

でっかいですよね。


とまあ、佐世保の案内はこれにて終了です!
ここから長崎に向かいました!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇

艦船ランキング

tag : 佐世保港 SSKドッグ 艦これ 聖地巡礼

DATE: CATEGORY:聖地巡礼(佐世保港周辺)
佐世保満喫最強スケジュール決定版!ついに、佐世保港にやってきました!


この夏、九州周辺の軍艦由来の場所を巡って来ました!

徐々にブログ上で公開しているのですけど、しばらくお付き合い下さると幸甚です。

そのコースは

広島(帰省先)⇒北九州(軍艦防波堤)⇒佐世保港(周辺巡り、護衛艦一般公開、軍港クルーズ)⇒長崎港(長崎港周辺、軍艦島)
となり大変盛りだくさんで楽しんで来ました。


第一弾として北九州市の軍艦防波堤に行って来ました
 ↓
軍艦防波堤で柳、涼月、冬月に逢う


次にやって来たのは佐世保港です。


佐世保駅についたのは夜!
目と鼻の先に佐世保港があります!

朝から出発し、暑い中一日軍艦防波堤と小倉市内を廻り、少々疲れている中、夜の佐世保港に向かいました!


<多用途支援艦 あまくさ>

あまくさ後ろから

港に着くと、多用途支援艦あまくさが停泊中でした。

ひうち型多用途支援艦3番艦です。
多用途支援艦って、私の解釈だと昔の海防艦です。

船の排水量も似たところで、このあまくさの基準排水量が980トン、先代の択捉型海防艦11番艦天草が870トンです。
佐世保地方隊佐世保警備隊に所属しています。

詳しい方はご存知の通り、日本には海上自衛隊5大基地(横須賀、呉、佐世保、舞鶴、大湊)にそれぞれ地方隊があり、各地方隊の警備隊に多用途支援艦とかDE等が所属しています。

多目的艦あまくさ夜景


多用途支援艦もいいのですが、本当の目的は「イージス護衛艦こんごう」です!

ここに来る前にあった、海上自衛隊に所属しているツイッターのFF(フォロー&フォロアー)の方から、
「佐世保港の横の5番街からこんごうとか護衛艦が見渡せるかも?少なくとも今朝は停泊していた」
という情報を得ていました。

「5番街?いわゆるニューヨークで言えば5thAvenueの様なブランド店の通りみたいなのがあるのかも?」
昔行ったニューヨークを思い出しながらそんな想像をしてたのですが、ストリートから船が見えるというのがどうも解せません。

探した挙句見つけたのが、ショッピングモールの「させぼ5番街」!

勝手に誤解していました!


佐世保埠頭の様子

そこから見下ろす埠頭の様子は大変きれいなのですが、お目当てのこんごうさんはどこにいるのか全く見えませんでした
(´;ω;`)ウッ…
ライトアップしている訳でもないのでここは諦めて翌日に向けてホテルに向かいました



<佐世保周辺探索スケジュール 1日で周遊>


佐世保港周辺 軍艦関連巡りの最強スケジュールを案内しましょう!(土日編)

周辺地図の位置関係と開始時間から私の好みで割り出したスケジュールです!

1、佐世保駅でSASEBO軍港クルーズチケット購入。
2、佐世保港周辺軽く探索
3、護衛艦一般公開見学(9時から11時、13時から15時半)
4、SASEBO軍港クルーズ (11時までにチケット購入、11時半くらい出発、所要時間60分くらい)
5、佐世保市内の模型店(西海模型)に立ち寄り
6、佐世保バーガーで昼食
7、海上自衛隊佐世保資料館(通称セールタワー)見学
8、佐世保周辺の遺跡探索(SSKドッグなど)
9、長崎に向かう

この様に書き出すとなんちゅうハードスケジュールを組み立てていたのだろうと改めて思います。
ほぼ、隙のない(休む時間もない)スケジュールをこなしていきました。
でも充実感ありますよ。

天気さえ良ければ(クルーズの予約さえできていれば)確実にこなせるスケジュールでもあります!

この日は晴天で良かった!良かった!


<佐世保港周辺地図>

佐世保巡り地図g




<SASEBO軍港クルーズチケット購入>

さて、翌朝、昨晩強行軍で大阪から来てくれた趣味友とも佐世保駅で合流し、まずは予約していた「SASEBO軍港クルーズ」のチケットを構内の「佐世保観光情報センター」で購入します!



この「SASEBO軍港クルーズ」、横須賀港や呉港の様に毎日クルージングをしている訳ではないので注意です!

チケットは予約制。
一月前の1日から予約が始まります。
2015年5月から開始している様なので比較的最近始めたようです。
良かったです。初めてくれて。

SASEBO軍港クルーズについては、その紹介を後日する予定です。
Caming Soon!
一応ホームページへのリンクをしておきます。
 ↓
SASEBO軍港クルーズHP

佐世保情報観光センターの方々はとても親切で荷物も預かっていただきました!


さて、チケットを購入し一息ついた我々が向かった先はさきで紹介した「させぼ5番街」!



そこから見渡すと昨晩は全く見えなかった「イージス護衛艦こんごう」さんの雄姿が見てとれました!

佐世保港に浮かぶこんごう

今回、少々遠くの船も取れる様に83倍ズームのNIKONのカメラを用意しています。

<こんごうアップ!>

こんごうアップ

<更にアップ!>

こんごうアップの限界

「良く見えますね~」
※画質が少々粗いのはブログを軽くするために圧縮しているためでカメラの性能の為ではありません。(私の腕が悪いのはある)

因みにハセガワさん護衛艦金剛建造日誌はこちら
 ↓
ハセガワ製 護衛艦こんごう建造日誌


ここから昨晩見たあまくさの横を通り過ぎ、海上自衛隊「護衛艦はるさめ」の一般公開に向かいます!

歩いて15分程度。


向かう途中に掃海艇が停泊しています!



<掃海艇ひらしま、やくしま>

やくしまひらしま

掃海艇って機雷(海上又は海中に設置している爆弾みたいなもの)を取り除く為の艦艇です。
戦後日本って戦時中にばらまかれた機雷が沢山あったんですよね。

有事の際に機雷で罠を張って海上封鎖するのは日清日露戦争のころからの常套手段です。

湾岸戦争後、海上自衛隊はペルシャ湾に掃海艇を派遣しています。

しかし、地味ですよね!
私もそう思います。とても重要なんですけどね。

しかし、このひらしま型掃海艇を写真に収められたのは大変ラッキーでした!

日本では掃海艇は木造建造でした!
と言うのも、機雷は一般的に磁気に反応して爆発するからです。
太平洋戦争期の日本軍艦の艦側面にそって、消磁目的で舷外電路を設置していたのもそのためです。

大戦後期から朝鮮戦争のころから始まった木造の掃海艇ですが、近年は木材の高騰、木造船職人の不足で難しくなっていました。

このひらしま型掃海艇は日本最後の木造掃海艇になる見込みです!


ひらしま型掃海艇は木造ですけど、その中身はホーミング機雷でも探知できる最新鋭の装備がついているんですよ。

ひらしま型掃海艇は佐世保の母港のこの三姉妹で打ち切られた「ひらしま、やくしま、たかしま」を最後にえのしま型掃海艇に移行しました。

えのしま型はFRP(強化プラスティック)で建造されています。

横須賀港ではすでに見られない木造建造の掃海艇も見ることができてちょっとラッキーでした!

次回、海上自衛隊一般公開艦船の紹介予定です!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 佐世保港 聖地巡礼 護衛艦こんごう 掃海艇 多用途支援艦


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ