fc2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

今更ながら重巡古鷹改2です!古鷹型の生涯

今更ながら重巡古鷹改2です!古鷹型の生涯艦これ提督諸兄の中には、効率的に艦娘を成長させるべく、強者のみを育成するという方もいらっしゃると思います。そこまで、極端でなくとも、私も最初に当鎮守府に来た重巡鳥海、その後は妙高型、さらには利根型、最上型と育成し古鷹型と青葉型は後回しにしてきました。しかし、今更ながらに古鷹の可愛さに気づくと、常に演習艦隊の旗艦に据え付け、ついに古鷹改二になったのです!以前、...
記事の続きを読む
0 コメント

「劇場版 艦これ」の作戦詳報を史実を交えて徹底解説(第八艦隊突入編)

「劇場版 艦これ」のアイアンボトムサウンド(鉄底海峡)における作戦詳報を史実を交えて解析してみました(第八艦隊編)劇場版艦これにおける資料を入手できたので、劇場版艦これにおける作戦詳報をまとめて見ることにしました。(我ながらアホやな~と思いますが、暇だったらお付き合い下さい)これから「劇場版 艦これ」を見られる予定の方は、(TOHOシネマズなどはIMAXシアターに一部劇場で展開する予定です)これまでのおさ...
記事の続きを読む
0 コメント

重巡鳥海建造日誌8日目 ついに完成!ソロモン海戦からサマール沖海戦まで大活躍でした!

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌8日目」ついに今日から12月ですね。師走の忙しい時期です。気温の変化も激しいので皆様も健康には気を付けて下さい。私も咳が少々出るのがようやく収まったら、昨日辺りから鼻が出始め少々つらい状態です。さらに社内プレゼンなんかもあったりして、それでもブログを更新している自分はアホかも知れないなんて思ったりします。来週はプレゼンも山...
記事の続きを読む
0 コメント

「艦これ 劇場版」を記念して第一次ソロモン海戦で活躍した艦でどれを作るか考えてみた!

「艦これ劇場版」を記念して、どの艦船プラモデルを作ろうかな?と考えてみました艦これファンはご存知の通り、来週11月26日から艦これ劇場版の上映が開始されます!秋イベも18日の金曜日から始まってますし、イベント目白押しといった感じです。秋イベに関しては、最初の輸送作戦(甲)をぼちぼちやってます。今のところ順調ですが、最終形態でどうなるかですね。話を「艦これ劇場版」に戻しますが、艦これのブラウザーゲームのリ...
記事の続きを読む
0 コメント

アイアンボトムサウンド(鉄底海峡)での死闘・第一次ソロモン海戦での重巡鳥海の活躍!

アイアンボトムサウンド(鉄底海峡)での死闘・第一次ソロモン海戦11月26日から「艦これ劇場版」が公開されますが、舞台はアイアンボトムサウンドのようです。艦これのアニメ版の最後がMI作戦すなわちミッドウェー海戦ですから、戦史的には次の戦いの舞台はガダルカナル付近になってきます。「アイアンボトムサウンド」はソロモン諸島のサボ島、ガダルカナル島の北方、フロリダ諸島の南方に挟まれた地域ですが、そもそもソロモン諸...
記事の続きを読む

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!