FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


ロシア極東地区 ウラジオストック港夜景を望む

仕事でロシアのウラジオストックに行って来ました。

仕事自体はウラジオストックではないのですが、昔からの軍港でもあり港町でもあるウラジオストックには是非とも行きたい!

結局、仕事を終えてウラジオストック市内に入るには夜遅くになっちゃったんですけどね。
だから写真は夜景しかありません。


<記念艦クラスヌイ・ヴィンペル>

ウラジオストック記念艦

1910年に進水し、1911年にウラジオストックに廻航された排水量650トンの調査船とのことです。
もともとの名前は「アドミラル・ザボイコ」で1923年に「クラスヌイ・ヴィンペル」に改名。
1958年に除籍。


阿部隆司さんのツイッター記事の受け売り。

ロシアの船って度々改名をしますよね。ロシア語の意味が分かればその意味するところが分かる時があるのですが
クラスヌィ=赤、ヴィンペル=ペナント ? やっぱりよく分かりません。

この船には昔60ルーブル(100円くらい)で乗れたのだけど現在は乗船できないらしいです。
どの道、夜の11時くらいに行ったので乗れたとしても時間外でしたが・・・


<ウラジオストック市>


ウラジオストック港地図b

ウラジオストックは入り江の様になっていてそれを軍港として利用した訳です。
この湾を和名で金角湾。橋を金角橋といいます。

(直訳かな?)

ウラジオストック市は軍港でそれこそ、旧ソ連時代は閉鎖都市で外国人は入れなかったんですよね。

しかし、現在は極東に外国から投資をして欲しいと積極的に門戸を開いています。

私が訪問していた時は調度「東方経済フォーラム」の最中で日本の首相やロシアの大統領も訪問中。
なのでホテルも市内が取れない状況でした。



<鷲の巣展望台からウラジオストック港を見下ろす>

ウラジオストック港1

この展望台は鷲の巣展望台って言ったんですね。
日本に帰って来てから知りました。
案内してくれたのは、ウラジオストックに在住の女性なのですが、そんな名前は一言も出てなかったな~。
単に日本語にするとなんていうか分からなかっただけかも知れませんが・・・・
とても綺麗な景色です


<C56潜水艦>

S56前から

この潜水艦は昼間は中に入れるそうです。
しかし、C級潜水艦ってググっても出てきません。

S級潜水艦なのです。
ロシアの文字はキリル文字といわれる文字体系ですが、キリル文字のCに当たるアルファベットがSです。

第9系列潜水艦スレドニャーヤ(Подводные лодки типа «Средняя»)である。
非公式の渾名はスターリネツ級。

第一次世界大戦に敗北したドイツは潜水艦の建造をベルサイユ条約で禁止されていました。
その為、国外に建造拠点を探し、ロシアもそれを提供した訳です。
代わりにロシアはドイツの優れた潜水艦の建造技術を手に入れる。
そうして作られたのがこの潜水艦という訳です


<革命戦士の像>

中央広場の像

金角湾に面した広場を中央広場といいます。週末には市場をやっていて賑わうらしいです。

そこの広場にある像が「革命戦士の像」

由来とかは・・・・分かりません。


ロシアの街を幾つか周りましたが、どこの市にも中央広場があるんですよね。


<ウラジオストックの街並み>

ウラジオストック街並

中央広場から見える街並みです。
ヨーロッパと似た雰囲気ですよね。


実際、ウラジオストックは最近人気が上昇中とのこと。
S7だけでなく、JALも乗り入れる様になりましたよね。


成田からわずか2時間半ととても近い外国です。

ロシアって日本からいくとビザが必要で、2週間くらいかかるのですがウラジオストックに限って言えば電子ビザで簡単らしいです。


この時はすでに夜の11時半を過ぎてそろそろホテルに帰らなければならなくなりました。
いつかゆっくり時間をとっていきたいものです。



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
( ̄^ ̄)ゞ

☟☟

艦船ランキング

tag : ウラジオストック市 軍港 記念艦 潜水艦 C56

DATE: CATEGORY:U-2501(UボートXXI型 1/350)
U-2501 電飾の為に光ファイバーを通す!


忘年会のシーズンですね。
私の部署は仕事柄、お仕事相手の忘年会などが多い部署です。

でも、私は正直面倒です。
なるべく口実を付けて避けるのですがそれでも今週あと2回は出席せねばなりません。

家でゆっくりしたいというのが私の希望です・・・・

そんな昨今ですが・・・

U-2501は中に配線を通し、サフを吹くまで進みました。

U-2501光ファイバーと蛍光塗料

以前、護衛艦あきづきを建造した時に艦橋内部に空間を作り、LED(つり用)を仕込んでみました。

最後にLED入れて点灯させてようやく気が付いたのが、内部の遮光が不十分な為に光ってはいけないところが光って間抜けな状況になっていることでした!


そんな経験から今回は遮光をしっかりとした上で電池から配線しLEDを仕込みたいと思います。

ほとんど未経験の私は電飾初心者もいいとこ!
なので初歩の初歩になりますが必要なものとして下記のものを集めました。

今回は練習用に本当にシンプルに作るのでほぼ最低限用意しないといけないものかなと思います。

<必要なもの>

①電飾しましょ!【本】(どろぼうひげさん著)
②白色LED 2個
③耐熱電子ワイヤー(銅線)
④スイッチ付き電池ボックス(単三×2個用)
⑤熱収縮チューブ(⇒結局、ビニールテープで代用した)
⑥0.5㎜径光ファイバー
⑦ハンダ

他に道具として
はんだごては必要です。

どろぼうひげさんの「電飾しましょ!」はネットでたまたま見つけました。
ツイッターでも第2巻の宣伝がありましたが、私は初心者なので1巻目の初心者用を購入。



②~⑤は秋月電子通商から購入です。
注文して翌日には出荷してくれるスピード配達。
それに安い!

秋月電子通商のHPのリンクを貼っておきました。
 ↓
秋月電子通商HP

アキバにお店があるのは知ってましたが、なぞのお店でした。
こんな時に買うのですね~。
実際電子部品を買えるお店ってそんなに頻繁にないんですよね。

時間がないのでお店には行ってないのですが経験値を少し稼いではぐれスライムくらいになった今はお店で直接購入してもいいかなと思っています。
配送費(500円くらい)と同じくらいの電車代がかかっちゃいますけど。


熱収縮チューブは直径を確認しなかったので細すぎるものを購入してしまいました。
LEDの直径+1㎜程度のものを購入した方がいいって、本にも書いていたのに!
LEDの直径が3㎜ですのでこの場合4㎜のチューブが必要です。

光ファイバーはエスカがいいという話でしたが、下のものが安かったのでこれを購入。
今のところは全く問題なさそうです。
(個人の責任で選んでくださいね)



今回は電飾の練習ですが、潜水艦自体は非常にシンプルです。
Uボートは日本の潜水艦に比べ小型のものが多いですが、1/350なのでLEDを2個仕込む余裕が十分あります。

U-2501.jpg

電飾の方法としては白色LEDを光源として、光ファイバーで光を引きます。
船体の光らせたいところをあらかじめ光ファイバーの太さと同じ0.5㎜のピンバイスで穴をあけます。

模型などの場合、差し込むものよりわずか大きい穴が理想的ですが、光ファイバーについては0.5㎜直径と同じ大きさの穴でちゃんと通ることができました。
むしろ光が漏れるとかっこ悪いので同じ大きさが良いようです。

穴をあける箇所は箱絵を参考にしました。
※残念ながら全てではありません。潜舵横の光源は再現できていません。
箱絵はArk Perfomance さんの書下ろしイラストですので公式と呼べるものです。

コミック4巻の冒頭にカラーイラストはあるのですが、点灯箇所までは描かれていません。

<回路>

回路と言うにもおこがましい簡単なものですが、一応下記の通り
(正式な配線図の書き方を知らないのでその辺はあしからずです)

簡単な回路

白色LED1個は電圧3.3V必要なので単三電池2つで大体電力的には足ります。
LED2つは直列につなぐと電圧が落ちるので並列につなぎます。

配線をつないだ箇所ははんだ付けをします。
一旦模型を閉めてしまうと後から付け直すことができないのでこの時点でしっかりと付けることが大事だからです。

U-2501光ファイバを通す

一つの白色LEDは前に向けて、一つの白色LEDは後ろに向けてチューブ(実際にはチューブが細すぎてビニールテープに変更。いいのかな?)で囲い、光ファイバーを差し込みました。

LEDと光ファイバーを通したところ

プラスとマイナスの配線は艦の真下に2㎜径の穴を開けてそこから通します。
光ファイバーを長めに通して(長すぎるか?)潜水艦の左右を接着します。
内部の光源に近い部分は光が漏れるので内部を黒で塗装しました。

艦橋にも通す


艦橋にも光らせたい箇所が3か所あるので光ファイバーを3本上に通します。
上甲板に2mm径の穴を開けてそこから光ファイバーを3本通します。
艦橋の穴を開けた箇所に光ファイバーを通して左右を接着します。

この時もあらかじめ遮光用黒塗装を内部にします。
(漏光恐怖症)

光ファイバーを長めにするのは塗装しても最後でぎりぎりでカットすれば切り口が光るからです!

その後、船体全面にホワイトサフを吹きかけます。

この後、カラーで塗装する為と多少なりともサフの遮光力を期待してです。
実際には何度も暗闇で光らせて光漏れがないことを確認しているので大丈夫だと思いますが・・・・

この後の塗装は次回です。

果たしてかっこいい電飾潜水艦ができあがるかどうか!
こうご期待!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 1/700 U-2501 蒼き鋼のアルペジオ 艦船模型 潜水艦 Uボート 電飾

呂号第500潜水艦とUボートⅦC完成です! 附 ドイツ潜水艦艦長エースランキング

先に伊号第26潜水艦と伊19号潜水艦の完成記事を書きました。 

伊26号と伊19号の建造日誌

同時に作っている訳で、呂500潜水艦とUボートⅦCも完成しました。

これまでの建造記事はこちら
 ↓
呂号第500潜水艦とUボートⅦC型建造日誌


<UボートⅦC型 商船破壊>

Uボート商船破壊1

ハセガワさんのUボートⅦC型及びⅨC型のキットには沈みゆく商船のキットも含まれています。
そのキットを使って再現したものです。

(煙は綿、発光ダイオード使用、波は小麦粉)

第一次世界大戦も第二次世界大戦もドイツの敵国はイギリスになります。
そしてイギリスは海洋国家。
そのライフラインを寸断しようと行ったのがドイツのUボートによる通商破壊戦です。

ドイツは小型の潜水艦を使ってそれを実行したのですが、連合国、中立国併せて累計2000tを超える商船・タンカーを沈めたとのことで膨大な量になります。
恐ろしいことにそれを上回る量の船をイギリス・アメリカは作り続けた訳ですから物凄いものです。
本当、戦争は巨大な消耗戦であることが実感されます。

余談ですが、バトル オブ ブリテンと言われるドイツとイギリスの航空戦も同様にドイツの攻撃を上回る生産をイギリスが行い続け
耐えている間に対潜装備、対空技術・装備を充実させていって遂に勝利した訳です。

イギリスも凄い国です。

ちなみにドイツのUボートにはエースと呼ばれる人たちがいます。

<Uボート・エースランキング>

ドイツ潜水艦艦長エースランキングg

一位のオットー・クレッチマーは夜間に浮上したまま船団に入り込み浮上したまま逃げ、離れてから潜航するという大胆な攻撃法で物凄い数の商船・タンカーを沈めました。

そしてわざわざ、9位のギュンター・プリーンを載せたのは潜水艦艦長として初めて騎士十字章を与えられた「スカパ・フローの英雄」だからです。

彼はブリテン島の先端にある港湾基地であるスカパ・フローに大胆不敵にも侵入しイギリス リヴェンジ級戦艦 ロイヤル・オークを沈めました。

日本の商船は太平洋戦争の後半に残るのもないくらい沈められた訳ですがアメリカの撃沈数の1位がリチャード・H・オーケンとのことで24隻(トン数が分からず)

因みに日本の商船撃沈数は艦長に付かず、船に付くので単純に比較できないのですが、1位が伊10号潜水艦の14隻8.1万トンです。潜水艦の戦略的な位置づけが全く異なっていたことから比較はできませんが、大きな差があります。

さて、模型の話です。

伊19や伊26、そしてこのUボートⅦVですが
上の暗い写真だとあっているのですが、明るくすると艦の上の水表現がいまいちなできになりました。

U-ⅦC俯瞰

今回潜水艦は(再開して)初めてだったので色々と海水の波表現を行いました。

違いは塗装とジェルメディウムの使い方です。

①ジェルメディウム(以後JM)を塗りつけたあと、シーブルーやメタリックブルー、ホワイトで塗装。
②特に波表現なし
③塗装でのみ表現(JM不使用)
④排水している状況をJMで表現。但し、水はアクリルのクリアをJMに混ぜ込んで塗布し、乾燥後ホワイトを混ぜ込んだものを波しぶきとして一部使用。

結論として、①の方法はきれいにできないことだけ分かりました。
④も今後、研鑽が必要です。②や③はいつもやっていることなので特に問題なし。
ただし、潜水艦に対してはし喫水線付近にシーブルーやメタリックブルーを使用するのは臨場感を出せてよかったです。

 <潜水艦 大きさ比較>

潜水艦大きさ比較

日本の潜水艦の大きさが際立ってます。


<呂号第500潜水艦>


呂号第500潜水艦1

呂号第500潜水艦の前身はUボートⅨC型です。

艦橋の左舷はいろいろと構造物が多くて「500」のデカールが張りにくい。

右舷はきれいに張れます。

呂号第500潜水艦右舷

呂号第500潜水艦のUボート時代の名前はU-511です。
U-511時代に商船5隻(排水量41000トン)を沈めています。

呂号になったあとは呉にいて終戦を迎えたのですが、なのでこんなシーンはIFです。

さつきの商船破壊

上のUボートを置き換えただけなんですけど。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 ハセガワ 潜水艦 呂号第500 UボートⅦC UボートⅨC

DATE: CATEGORY:伊号第19潜水艦及び伊号第26潜水艦
伊19号と伊26号潜水艦がだいたい完成したのだけど、寒すぎる!

先週、東京は雪が降りました。
積雪20cmくらいだそうです。

家の周りでもそのくらいの雪が降ったかと思います。
会社も早く切り上げ、翌日も電車の遅延があるので少しゆっくり目で出社しました。
しかし、その通勤途中で悲劇が起きました。

やや緩やかなスロープになっている上に、昨日の雪が完全に氷状になり、不覚にも気付かずに歩いてしまい完全に転げてしまいました。

背中を打ち付け息が止まったものの、数秒ほどで復帰して起き上がりました。
この程度では東京の方々は立ち止まりません。

その無関心さがかえってありがたかったです。
体より心が痛かった日でした。

大体、この2週間ほど、東京は寒すぎます。
こんなに最低気温の氷点下が続いた日はあんまり記憶にありません。

アオシマ製 伊号第19潜水艦の建造日誌はこちら
 ↓
伊号第19号潜水艦 商品紹介と建造日誌


そんな中、先週の週末、伊19号と伊26号潜水艦の塗装を行いました。
(ロ号500潜水艦の塗装もしたのですが、別の機会に)

<伊号第19潜水艦>

伊19塗装済

艦橋付近のアップです!

伊19塗装艦橋

イ19の文字を手書きで入れたのですが、アップにすると下手なのがばれる・・・・・・
日の丸の下地はフリーハンドで面相筆を用いて長方形を書き、その上にWLシリーズによくついている水上機用の日の丸デカールを貼り付けました。



<伊号第26潜水艦>

伊26塗装済

艦橋付近です!

伊26艦橋付近

それなりに手書きで書いても行けるのではないかと思って面相筆で艦名を書いたのはいいけどやっぱり手書き感がにじみ出ておりますな。

それに極細面相筆も少し毛先が傷んできておりました。
素直にデカールを使うべきだったかも知れません。

もちろん、アオシマのこのキットにも伊19号のデカールが付いているのですが、黒字にイ19と書かれたもので大戦後期にはこの様な書かれ方をすることもあったようですが、第二次ソロモン海戦の頃には直に白文字で書かれたものが一般的だったようです。

そんな訳で手書きで書いたのですが、後になって(今ブログを書いているまさにこの時)私の数ある積みプラからピットロードの潜水艦キット(伊13号、伊14号のセット 未着手)があるのを思い出しました。

しかし、時すでに遅し!(遅いのか?)


<潜水艦デカール比較 上 アオシマ  下 ピットロード潜水艦>

潜水艦デカール

この様にピットロードさんのキットは、デカールだったり、駆逐艦のパーツだったり質のいい汎用性の効く共通パーツがたくさんあります。時々、ピットロードさんのキットを見てみるのもいいもんです!


このピットさんの白デカールを使えばいい訳です! もっと早く気が付いていれば!震える手で書き込まなくても良かったのに・・・・・・・

これ、手が震えるのは細かい作業をしているだけではなくて、模型を作っている部屋はエアコンがなくて、電気ストーブしか備え付けていません。

昨今の東京の寒さは半端なく、夕方からは電気ストーブ如きでは温まりません。
なので本当に寒いのです!

あまりの寒さに震え、実際手もかじかんで来ました。
限界に達したので今週はここまでで暖かい部屋に逃げ込み、すぐにお風呂にドボーンしました!

次回に更新された時にはデカールに変わっているかも知れません。
たぶんそうなります。

明日から2月、早く暖かくなって欲しいものです・・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 潜水艦 伊19 伊26 1/700

DATE: CATEGORY:日本潜水艦の系譜まとめ
艦娘で綴る日本潜水艦の系譜(伊26号、伊58号)

艦これをやっている提督の諸兄、諸姉の方々、2017年秋のイベント(レイテ前半)はどこまで進んでいますでしょうか?
私は、ようやくE-1、E-2を甲で終えました。
このまま、時間をかければもしかしたらE-3もE-4も甲でいけるかもなんて思ったりもしたのですが、時間もそれほど、かけられないのでE-3以降は乙か丙で行こうと思います。

今回と言わずいつもですが、目的は艦娘のコレクション(まあ、だから艦これなのですが)、中でも空母葛城(大鳳を除いて唯一持っていない空母艦娘)と最終海域褒章艦 駆逐艦涼月!

私的には駆逐艦涼月はしばらく前から涼月!涼月!と言い続けていたのがようやく叶ったという感じですね!

涼月g
※絵師は未発表ですが、秋月型四姉妹のイラストを「しずまよしのり」さんが書いているので間違いなく「しずま」さんですね。

待ち望んでいた涼月のイラストが可愛くなかったらがっかりなのですが、最高です!ビバ銀髪!

冬月をお預けにして、引っ張るつもりですね。運営さんも。全然OKです!
小出しで結構。

艦これももはや主だった艦娘を世に送り出して海防艦まで世界を広げている訳ですから、ネタに苦しいところもあるかなって思ったりします。
これだけ大変な(中規模作戦と言いながら以前の大型をはるかに抜いている)作戦の報酬が駆逐艦!て沖縄特攻参加艦に思い入れのない提督は感じるかも知れません。
でも沖縄特攻に参加した船は最高の武勇艦ぞろいですので集める価値ありですよ。

・・・・・・閑話休題・・・・・・

まったく前置きが長くなってしまいました!

前回の潜水艦の系譜はこちら
 ↓
日本潜水艦の系譜

潜水艦の系譜(巡潜乙型)

伊号15型(巡潜乙型)は日本を代表する潜水艦です。
前回紹介した伊19も華々しい戦果をあげました。


日本帝国海軍の巡潜の6割を占めるのがこの巡潜乙型です。
その戦果は全体の4割と低いことから評価が下がりがちですが、世界的にも優秀な潜水艦であったのは前述のとおりです。

中でも特筆すべきは伊25によるアメリカ本土を2度に渡り実施した空襲です。

民間人に被害を出さないように、山林を焼夷弾で焼いたのですが、現在までアメリカ本土を空襲したのは世界でこの伊25だけです。戦時とは言え、民間人に被害を出さなかったことが、空襲を実施した藤田飛曹長がアメリカ、オレゴン州ブルッキング市より敵軍の英雄として称えられ、名誉市民の称号もいただいた理由なのでしょう。

ニム

<巡潜乙型b1 伊号26潜水艦 ニム>

巡潜乙型aに当たるのが、伊15、17、19、21、23、25
そしてこの巡潜乙型にはb1、b2、c2と言う派生型があります。

伊号第26潜水艦 ニムは総撃沈数10隻、トン数56,226トンとともに日本海軍潜水艦の第3位にあたる堂々としたエース潜水艦です。アメリカ空母サラトガにも魚雷を当てたのですが沈めるには至っていません。


ちなみに伊号26潜水艦が沈んだのはレイテ沖海戦で空母4隻を発見と報告したのが最後になっています。
ヘッジホッグを用いて沈められたようです。
戦後の護衛艦にも搭載された当時の対潜兵器の決定版、とんでも兵器もたくさん作ったイギリスDMWDの発明、逆にとんでもなく当たりの兵器です。
ヘッジホッグの話も長くなるのでそんなものがあったということをご記憶下さい。(テストには出ません)

ちなみに2位も乙型で伊号第27潜水艦、4位が伊号第21潜水艦です。

ここで気になるのは1位ですね。


巡潜甲型伊号第10潜水艦で、総撃沈隻数14隻、トン数累計81,553トンになります。
艦娘でもまだ、エースを残しているのですよ。
実装が楽しみですよね!

ゴーヤ

<巡潜乙型c2(低速型) 伊号58潜水艦 ゴーヤ>

巡潜乙型の戦時急増型としてさらに推し進めたものです。
伊号54型とも巡潜乙型改二ともいいます。
水上速力がエンジンの出力を下げたため15型で23.6ノットあったものが、17.7ノットまで落ちています。
だから低速型とも。

伊号58の戦果はアメリカ巡洋艦インディアナポリスの撃沈です。
昔、私は3個目の原爆を輸送中に沈めたと記憶していたのですが、輸送後の撃沈が正解でした。
(なんでそんな風に思ったのか、何かの本に書いてあったと思うのですが、昔過ぎて覚えていません)

インディアナポリスは敵軍による米軍最後の大型軍艦になりました。
『パシフィック・ウォー』の題名でニコラス・ケイジ主演でで映画になりましたよね。

伊号第58潜水艦は終戦まで生き残りました。
それと、戦艦大和が沖縄特攻時に掲げていた説がある(違うらしいけど)「非理法権天」の旗を掲げて入出港をしていたらしいです。

戦艦大和(フジミ)フルハルの非理法権天の幟をつけて完成したものです。
 ↓
戦艦大和フルハル完成

すでに「でち公」のあだ名が定着したゴーヤですが、なんか硬派的な面もあるのですね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘 潜水艦 系譜 伊号58 伊号26 涼月 巡潜乙型


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ