プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/02/16 (Thu) 12:00
かっこ良すぎる! 戦艦長門 屈曲煙突を実写風に撮ってみた!

かっこ良すぎる!戦艦長門 屈曲煙突を実写写真と似た構図で撮ってみた!

戦艦長門は1920年に竣工しました。
その時は煙突は二本とも真っすぐです。

煙突からの排煙問題は結構軍艦の形状に影響を与えています。
やはり艦橋に煙がかかると色々とまずい。
なので、平賀氏の案で第一煙突にキャップを取り付けます。

しかしあんまり効果がない。
そこで、藤本氏の案で屈曲煙突にして艦橋から放す形状になったという経緯です。

最初は変な形!と奇異に見られたこの煙突ですが、後に1934~36年に近代化改装されるまでかえってこの特徴的な形状が国民にもっとも愛された形だったという話です。


今回のアオシマ製 1/700 「艦これプラモデルNo.29 戦艦長門 屈曲煙突」はなんだかんだで結構力を入れました。その建造工程はこちら
 ↓
戦艦長門建造日誌

最初は「戦艦長門 屈曲煙突」のお気に入りの写真

長門前方

さてこれからは、以前紹介した「世界の艦船 2月号増刊 戦艦「長門」型」に掲載されていた構図を意識して撮ったものです。

nagatogazou1.jpg

戦艦長門 屈曲煙突のほぼ側面からの写真です。戦艦長門のスラッとした船体形状が良く分かります。


長門左方向


実物写真では、艦首部分が波を切っているので良く分かりませんが、60度で傾斜してそこから垂直にたっている長門型の特徴ある艦首が模型では良く分かりますね。

予定では八八艦隊構想の戦艦土佐以降の戦艦もこの様な形状の艦首になるはずでした。
機雷を乗り切るための形状です。

戦艦長門がお尻を向けて、示数盤も良く見えます

nagatokouhou.jpg

示数盤の様子が良く見えます!上の写真ではキャンパスを後甲板に張っていますが、ないとこんな感じということで。

長門後方示数盤

最後はこちら、2番砲塔上に滑走台を試験的に設置した時の写真です。

1925年5月~6月の2カ月間だけの装備でした。滑走台に乗っているのは、ハインケルHD-25水上機。

古鷹型巡洋艦へ飛行機滑走台を取り付ける前の実験的な装備です。

nagato4.jpg

もう少し下のアングルから撮れれば近い状態ですが、カメラの位置がそこまで下げれなくて。

長門前方滑走台

コンデジですが、結構迫力ある近接写真が撮れて満足です。
それに偶然、衝動的に購入した写真集ですが、結構楽しめて元を取れました!


戦艦長門は連合艦隊旗艦にふさわしいかっこ良さです!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,戦艦長門,屈曲煙突,1/700,艦これプラモデル,アオシマ,滑走台,

2017/02/13 (Mon) 12:00
艦娘ディスプレイ 戦艦長門 屈曲煙突

艦娘ディスプレイ 戦艦長門 屈曲煙突

今週末は風邪で潰れた週末でした。
熱はさほどでもなかったのですが、鼻水がひどく、頭痛と咳とで寝込んでおりました。

土日とほとんど家から出ず養生したおかげか今はだいぶ楽になりました。
鼻もだいぶ収まりましたが、鼻の下が赤く腫れており、明日はマスクをして出かけることになるかも知れません。

寒さが戻ったりの近頃です。
皆様も健康に留意して下さい。

ところで、先週完成した「艦これプラモデルNo.29 戦艦長門 屈曲煙突」ですが、今回はおまけで付いている
ディスプレイシートとエッチングネームプレートを使用したディスプレイを載せます。

 <戦艦長門 屈曲煙突 with エッチングネームプレート>


長門屈曲煙突艦娘1

完成写真を載せるだけでも私的にはOKなのですが、折角なのでこの「艦これプラモデルNo.29 戦艦長門 屈曲煙突」の説明書にあった記述を載せましょう。

長門滑走台を載せた時の砲塔の位置

これは大正14年(1925年)5~6月ごろのことで、飛行機はハインケルHD-25水上偵察機です。
めざましい飛行機の発達をどの様に組み込もうか試行錯誤をしていた時期で古鷹型巡洋艦に採用予定の滑走台のテストに長門が使われたということです。
この時長門は予備艦扱いでこの様な実験に使われた様ですが、この滑走台を付けていた時期はわずか2カ月しかありません。
この様に試験的に付けた滑走台を付属で付けてくれるあたりは遊び心満載でうれしい限りです。

※私の戦艦長門には後部マストに大将旗が付いていますが正確にはこの滑走台を付けていた時は連合艦隊旗艦ではありません  でした。そこんところは分かってやっているので気になさらず。

ところで、このメモを見ていて、またまたまた明らかな記述間違いを見つけてしまいました。
(T_T)

発売してずいぶん経っているので既にどこかで指摘されているとは思いますが・・・

長門説明書誤記

大正は何年まででしょうか?

そうです。大正は15年までしかありません。

私の持っている資料にはこの滑走台を付けていたテスト期間は大正14年5~6月とあるのでその後ろの9月も間違いかも知れません。せっかく、うんちくとして書いているメモに間違いが多いo(`ω´ )o
ので注意して欲しいとこです。2人以上で見直しすることです。(偉そうにすいませんが)

1925年やらHD-25やらやたら25と言う数字が出るのでつられたんですかね。

閑話休題。

他の角度から撮った「戦艦長門 屈曲煙突」をば

nagatokanmusu2.jpg

しかし、先ほどの飛行機はドイツからと聞いて?と思う方もいるかも知れません。
日本海軍はイギリスを見本にしていたのでは?と

イギリスを見本とし、イギリスからそのノウハウを吸収していた日本ですが、ユトランド沖海戦で意外とドイツの方が進んでるんじゃね。なんて思った日本軍は徐々にドイツに傾いて行くんですね。まあ、でも大方はイギリスのライセンスを取っていたのですが。

<戦艦長門 屈曲煙突 with ディスプレイシート>

nagatokanmusu.jpg

そう言ったことも、含めて見ていくと深みがあって面白いですね。

長門屈曲煙突艦娘2

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

<追記的な>

ところで、艦これでは冬イベの最中ですね。
私は病に伏せながらも、E-1は潜水艦隊で突破。(乙です。潜水艦隊なら甲でも楽に行けそうです)
E-2で四苦八苦しているところです。松風はGETしますぞ!そして伊13号と伊14号獲得が目的です。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これプラモデル,戦艦長門,屈曲煙突,滑走台,ディスプレイシート,エッチングネームプレート,

| ホーム |

 ホーム