fc2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

We take them ! 戦艦大和、沖縄水上決戦!

We take them ! 戦艦大和、沖縄水上決戦!以前、戦艦大和には太平洋戦争中に5回程、水上戦の可能性があったのではという話をしました。↓戦艦大和幻の出撃戦(第三次ソロモン海戦)最期の水上決戦の機会は、昭和20年4月7日第一遊撃部隊すなわち戦艦大和及び軽巡矢矧率いる第二水雷戦隊の沖縄水上特攻の際にありました。戦艦大和率いる第一遊撃部隊が呉港を出発したのを日本近海に展開している米潜水艦17隻の1隻が発見しました。ア...
記事の続きを読む
0 コメント

戦艦大和 幻の出撃 第三次ソロモン海戦編

戦艦大和 幻の出撃 第三次ソロモン海戦編太平洋戦争は水上艦同士の戦いから大きく航空機決戦に時代が動いた時でした。「艦これ」でも、当初は、箱入り娘として扱われていた戦艦大和ですが、12話のMI作戦や劇場版のアイアンボトムサウンドでは次第に活躍の機会を得ることが出来ています。(アニメの話ですけどね)※イズナさんのイラスト 素晴らしいです!史実の戦艦大和は「出し惜しみ」「温存」などの理由により十分な活用がな...
記事の続きを読む
0 コメント

「劇場版 艦これ」における作戦徹底解説 第五弾(アイアンボトムサウンド突入編)

「劇場版 艦これ」のアイアンボトムサウンド(鉄底海峡)における作戦詳報を史実を交えて徹底解説 第五弾 突入編全五回に渡って続けてまいりました「劇場版 艦これ」徹底解説シリーズですが、前回までにソロモン海北方における機動部隊の陽動作戦(史実:南太平洋海戦)について解説しました。最後の突入編では、残る主力である第二艦隊のアイアンボトムサウンド(鉄底海峡)最深部突入について史実を交えて解説を行います。全...
記事の続きを読む
0 コメント

「劇場版 艦これ」の作戦徹底解説 第四弾(南方海域全力出撃編)

「劇場版 艦これ」のアイアンボトムサウンド(鉄底海峡)における作戦詳報を史実を交えて徹底解説 第四弾 南方海域全力出撃 囮機動部隊編前回まで3回に分けて送ってきた「劇場版 艦これ」の作戦内容を部隊構成、陣形、作戦経路などの紹介、及び史実との比較ですが、その第四段になります。今回初めて読む方は、注意!「劇場版 艦これ」の作戦については、ネタバレ要素がありますが、ストーリー上についてはネタバレ要素はあ...
記事の続きを読む
0 コメント

「劇場版 艦これ」を戦史的にif要素も絡めながらの感想!・・・(ネタバレ注意)。+「君の名は。」さわり

「劇場版 艦これ」を戦史if要素を絡めながらの感想!+「君の名は。」「劇場版 艦これ」見て来ました!今まで結構ネタに使いながら、なかなか見に行く時間もなかったのですが、映画の上映スケジュールを見たところ、先々週より2コマ縮小されていたので「こりゃ、やばい!」ということで昨夜のレイトショーで見て来ました。一部のネタバレ要素があるので、これから見に行くという方はご注意下さい!映画そのものの感想については...
記事の続きを読む

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!