FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:No.36潜水母艦大鯨
潜水母艦大鯨 木甲板の塗装です

だんだん年末も押し迫って来ましたね。
少々忙しくなっております。

今回は挨拶をそこそこに、本日潜水母艦大鯨ちゃんの誕生日だということをツイッターの友人たちに気づかせていただきました。

HAPPY BIRTHDAY 大鯨ちゃん!

2016年新春艦娘g
※新春グラを載せている必然性は全くありません!
⇒着物も誕生日にふさわしいかと

もう一つ、艦これ的には明日、金曜日の11月17日から秋イベントが開始です!
今回はレイテ沖海戦(中規模)2回に分けて行われる様でその前半!


時間がねえ!!!

でも、イベントをクリアするのと、新規実装艦のALL GETは半ば義務なので乗り切るしかありません!
このブログを読んでいただいている方で艦これをしている皆様もご検討をお祈りします!

潜水母艦大鯨は今回は木甲板の塗装と貼り付けまで行いました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
潜水母艦大鯨建造日誌


木甲板の塗装はこれまで何度も案内してきました。
空母飛鷹の時に詳しく述べたのでもし、手順とかを参考にされる方はこちらを。
 ↓
思っていたより簡単だった!飛行甲板と白線の塗装

白線の引き方は人によって色々ある様ですが、私は単純にマスキングしてエアーブラシです。
潜水母艦はいずれ航空母艦龍鳳になるとしても、今は潜水母艦。
なので飛行甲板上の白線を引く必要はありません。

なので今回はさらっと行きます。

①塗装色の準備

色4種

飛行甲板(木甲板)を塗装する時には普段5色+イエローの6色で行っているのですが、今回は4色+イエローの5色で少し端折りました。
でも全然遜色ないですね。
空母は少し目立つものの、その他の戦艦なども色数は3色から4色でもいいかもです。

タン:ウッドブラウン=4:1くらい(目分量)⇒2:4くらいでグラデーションを付けていますが、途中にグレーを入れて若干の変化をだしています。
私は明るめが好きなのでタンの割合が多めです。
上の配分は感覚なので個人のお好みで調整されるといいです。
しかし、あんまり色差を出すとツートンカラーで激しく色差が出るのでそこそこに抑えた方が自然になるかと思います。

こんな感じで塗装しては1mm×7mmくらい(これも長さに変化を出していますが)を適当に貼って行きます。

大鯨木甲板塗装の初めの方

最後はこんな感じ。

塗装終わり

仕上げはマスキングテープを剥がして、うすーく希釈したイエローを軽くエアーブラシで書けます。
そして、色の目立つ部分を面相筆で希釈液やタン、あるいは途中の色などで整えます。
1mm×7mmのマスキングテープの角を消していくと自然な感じになると思います。

そして貼り付けます!

木甲板貼り付け

まあまあいい感じですかね!?

今回はこんな感じです。じっくり進めていきます!


人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦これプラモデル アオシマ 潜水母艦大鯨 木甲板塗装 艦娘


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ