FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:艦これイベント背景調べ
ヴェルニー公園の艦娘達(カフェレストラン コルセール) ~艦これにおけるタッチポイントマーケティング~


八景島シーパラダイスで行われている第三次瑞雲祭り(略称ズイパラ)の拡張作戦が「ヴェルニー公園」だったり、「ソレイユの丘」で開催されています。

私は年に1回くらい横須賀にいってはYOKOSUKA軍港巡りで乗船したりしているのですが、せっかくなのでこの開催期間にヴェルニー公園、その横から出発しているYOKOSUKA軍港巡り行って来ました。


以前のYOKOSUKA軍港巡りはこちら、結構いろいろな船の写真を撮りました!
 ↓↓
これまでのYOKOSUKA軍港巡り


艦これのタテカンが


今日の横須賀港には、いつもの「護衛艦いずも」やアメリカ原子力空母「ロナルド・レーガン」が停泊していません。
更には日本のイージス艦達や護衛艦も少なく、多くの船が出航している様です。


アメリカ大統領トランプ氏と安倍首相が護衛艦かがに乗船したニュースなどもYahoo!ニュースでも出ていましたし。

私も、ニュースやらツイッター情報でその辺りのことは知っていたんですけど、


このあまり目玉がない状況の中でお兄さんはどの様に解説をされるのでしょう?

今回はヴェルニー公園の艦娘の様子に絞って話を進めましょう!


<船上からズイパラ拡張作戦の案内垂れ幕が見えます>

船上から艦娘の案内

ご覧の通り、向かって左から、「岸波」、「能代」、「風雲」、「祥鳳」、「鈴谷」、「大鯨」、で一枚ごとに「大淀さん」が挟んでいます。

【更に進むとヴェルニー公園にある「カフェレストラン コルセール」が見えます】

船に乗って陸地ばかり見ている客って・・・・

船上から艦娘

店の前にはなにやら見えますね~

艦娘の立て看板、左から「陸奥さん」、「コモンダンテスト」、「江風」です。
大淀さんの案内に、店のポスターに「コモ」さんと「陸奥」さんが見えます。


【「戦艦陸奥」の主砲】

船上から陸奥の主砲
やっぱ、陸ばっかり見ているな~。

さて、軍港巡りは大型艦がいない中、如何に珍しい船が停泊しているかを案内していました。
流石、大したものですが、それでもやっぱ普段いずも等を見ているとやや苦しいですかね。

どんな案内をしていたかは次回に書きます。
まあ、時間があれば見てください。
(ほぼいつもいるアメリカイージス艦数隻に、たしかに5隻揃ってみるのは珍しいかも掃海艇、DDGはたかぜ、潜水艦救助艦ちよだ、補給艦とわだ等)

まあ、「ロナルド・レーガン」は一回出航すると半年は戻ってこないのでいないことは多いです。


さあ、上陸してヴェルニー公園に向かいましょう!

ヴェルニー公園に行く道にはズイパラ案内

先ほど、海上から見た艦娘達のズイパラ 垂れ幕です!

<ヴェルニー公園>

ヴぇるにーこうえんの

ヴェルニー公園は「レオンス・ヴェルニー」さんというフランスの技術者を記念して作られた公園です。
ヴェルニーさんは横須賀造船廠などの建設を指導し日本の近代化に貢献された方とのこと。

なのでフランス風?の庭園なんでしょうか。

その奥に進むと「カフェレストラン コルセール」があります

冒頭の写真はこのコルセールの前の立て看板の写真です。

平日なので人は少ないです。

といっても席は空きはあるものの8割くらいは埋まっていました。

お店の外観

店の前にはこの期間の特別メニュー

艦これモードメニュー

恐らく、休日にもなると多くのお客さんが来るんでしょうね。
メニューは普段と異なるメニューでハンドリングを念頭にいれていると思われます。

まあ、私もここにはコーヒーを飲むくらいで横須賀に来ると食事は、横須賀海軍カレーのお店に行っていたので普段のメニューをそれ程覚えていないのですが


【私は欧風カレーを選択】

欧風カレー

艦娘のクリアファイルを選べます。
確か、陸奥さん、コモさん、江風さんからの選択だったと記憶しています。

私は江風を選択

江風クリアファイル

しかし、イベントが有るたびに艦娘のクリアファイルをずいぶん仕入れております。
すでに10枚以上。

クリアファイルは企業でも販促でよく作ります。私が勤めている会社でも以前はよく作っていました。


【店内では物販も】

店内には物販が

店内では、艦娘のポスターや痛シャツの物販がありました。

艦娘は様々で、上記の三人の他にも速吸や早波、満潮?、師匠も?、など。
私がご飯を食べて外を眺めている間にもなくなっていったので休日にはすぐに完売しそう


【戦艦陸奥 40dm主砲】

陸奥主砲

私、以前この主砲が横須賀に戻ってまだ、標識も付いていないときに偶然来たのですが、綺麗に設置されていて良かったです。


最後に【艦これにおけるタッチポイントについて】


マーケティング部門にはいましたが専門家でもない私の勝手で適当な考察なので読み流していただければ結構なので

「タッチポイント【顧客接点】」って言葉ご存知でしょうか?


タッチポイントってのはマーケティング用語で「顧客接点」ともいい、顧客と一か所だけではなく様々な接点をもつことで商品認知を上げたり、ブランドロイヤリティを上げていくというものです。

日本ではWEB広告が盛んになり始めた十数年前くらいに某広告代理店D社が最初にいい始めた気がします。
私もそのD社のタッチポイントの説明会に出席させていただいた覚えがあります。

なので、マーケティング部門から離れた今でもこういったことは自然と気になります。


ゲームの競争って熾烈そうですよね!

ゲームってのは年間どのくらいの数が出ているか分かりませんが、ちょっとスマホを見たりするだけで相当な数が出ていることがわかります。

それだけ競争が熾烈!

そして、マーケティングをしていてよく聞く「パレートの法則」

上位2割の顧客が8割の利益を創出しているというものです。

そもそも艦これ自体はそれほど課金しなくても進めていけるゲームです。

まあ、結婚(仮)や増設改修をしてあげたいときには偶に課金しますが、それも無理にする必要はないです。
(イベントで甲制覇をするには多少必要ですが、ゲームセンターにいっていた時の方がよっぽど課金していたと思います)

ゲームでの課金を重課金にすればハードルが高くなりがちですしね。

むしろ艦これをコンテンツとして利用し様々なメディアで顧客との接点をもつ。

いわゆるメディアミックス

最近は、ライトノベルで人気のあるものは、アニメ化、ゲーム化、コミック化、雑誌にも記載されますよね。
艦これでもコミックや小説などの横展開がカドカワさんを中心に行われています。

割と客層が重なっていないので人気のコンテンツは幅広い収入が得られたりするのですが、必ずしもゲームで面白いからコミックにしても面白いとも限らないし、逆にコミックをゲームにしても失敗しているものも結構多いように思います。

ここまではルーティンといってもいいくらいに決まっているルートですが、そこから横展開を図るのはなかなか難しい


カスタマージャーニーマップを描いて顧客がどういった行動をとって接点をどこに持ったらいいかなどを考えてもゲームユーザーはネット住民ですからね。

なのでむしろリアルイベントを企画してそこに来てもらおうと様々は企画を実行している訳ですね。
ON LINEのみではなく、ネットオフの場でも接点を持つことで顧客との関係を強化し、体験を通じてブランドロイヤリティを高め、ついでに幅広い場において売り上げと利益を確保するということです。

まさにタッチポイントマーケティング

しかし瑞雲祭りとか、食品とのコラボとか他のジャンルに持っていくのはかなり企画力がいるはずなんです。

そして異業種とのコラボって簡単ではないので行動力も必要だと思われます

最近はどこの業界もその業界での競争が激しいので他業種とのコラボの敷居は低くなっているもののそう全てが上手くいくものでもありません。
だから三越とのコラボも少々びっくりしたものです。

お堅いイメージの三越と少しオープンな伊勢丹の合併でも難しいところがあるらしいですし
おそらく断られたことも結構あるのではないでしょうか?

なので私は本当に大したもんだなぁと思うのです。

艦これの母体になっているC2機関の方々は本当に艦これが好きでこれを広めたいという情熱がもとになっているんでしょうね。


なので私はイベントでの難易度の高さにイライラしつつも少々ながら御布施をしている訳なのです。
今日時点でようやく2019年春イベント、甲甲甲甲であとE-5を残すのみ!
ぼちぼちとクリアを目指します!
あっ!しょっぱなに潜水艦にやられた(´;ω;`)ウゥゥ

以上取り留めもない話にお付き合いいただきありがとうございました!


人気ブログランキングに参加しています。

宜しければクリックお願いします!
↓↓

艦船(模型・プラモデル)ランキング
今回は声優のタニベユミさんにひっかけて時雨ちゃん
期間中駅でアナウンスしているらしいですね。これもタッチポイント

tag : 艦これ 艦娘 マーケティング ヴェルニー公園


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ