FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨マストを作り始めました その1


一週間ぶりの更新です。
ちょっとしばらくの間、こんな感じですが少しずつ、駆逐艦時雨を建造しています。

春の時雨s


駆逐艦時雨はマストの自作を初めました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦時雨 スリガオ海峡沖海戦時建造日誌


フジミさんのこのキットは前期建造艦からマストや2番砲塔の機銃への換装など大戦後期に改造した様々な箇所を置き換えたキットになっています。

そして今使用しているエッチングパーツは白露型前期建造艦の初期を再現したもの。
大体は問題ないのですが、白露型の大戦後期まで生き残った駆逐艦時雨と五月雨はマストの形状が初期と異なっています。


<白露型前期建造艦初期のマスト形状>

白露型初期


<駆逐艦五月雨 1944年時>

五月雨艦橋付近
※モデルアート社 帝国海軍駆逐艦総ざらいより抜粋

で、モデルアート社の五月雨は22号電探はついていて、下の日本駆逐艦物語掲載の図での(下は時雨ですが五月雨も同様)マストは22号電探に13号電探も設置されています。

駆逐艦時雨兵装g
※光人社 日本駆逐艦物語より抜粋

フジミさんのこのキットは駆逐艦物語の方を採用しているようです。
(13号電探も22号電探も付ける様になっている)


どちらが正解はワタシは良く分からないのですが、フジミさんのキットの方を採用することにしました。

時雨マスト構築

フジミさんのキットのマストの太さはノギスで測ると0.5㎜程度ありました。
プラモデルとしては細くできていると思うのですがどうしても太く感じるんですよね。

通常は手を抜いて横棒だけ真鍮線に置き換えるのですが、マスト形状も違うので全体を0.2㎜真鍮線を使用して自作することにしました。


模型始めた頃はマストを作成する際に0.3㎜真鍮線を使用していましたが、どうしても太く感じるので秋月からは0.2㎜真鍮線を使用しています。

長さは、模型のサイズで大体合わせています。

しかし、これでも太く感じたりするんですよね。
将来的には0.1㎜でつくる時もあるかもしれません。

X字の支え(トラス構造?)は次回までに延ばしランナーでつくるつもりです。

時雨マスト構築2

で、22号電探を設置する水平部分は0.3㎜プラ板で作りました。
マスト途中の水平部分は0.1㎜くらいのプラペーパーで作っています。


時雨マスト構築後ろ

秋月型後期のマスト形状は斜めの部分があったりして少々手間がかかるのですが、その他の駆逐艦はやっぱり駆逐艦でマストは比較的単純です。

手作りもそんなに難しくないので試してみるのもいいかもしれませんね。


人気グログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
 ↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 艦船プラモデル 艦娘 フジミ 1/700 駆逐艦時雨 マストの自作


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ