プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/07/18 (Tue) 12:00
今日は駆逐艦島風の誕生日です! 5連装酸素魚雷 行っちゃって!

今日は駆逐艦島風の誕生日です! 5連装酸素魚雷 行っちゃって!



最速の駆逐艦島風は、1941年起工、1942年7月18日に進水命名式をとり行われました。

5連装酸素魚雷発射!mini

駆逐艦島風については、今までさんざん書いてきたのでここでは最近発売された タミヤのニューキット 駆逐艦島風の中身レビューを行いたいと思います。

旧キットの製作はこちら
プラモデルを再開して間もない頃なので結構未熟ですが・・・・
 ↓
旧 タミヤ島風建造日誌

これまでの駆逐艦島風の新製品情報はこちら
 ↓
タミヤ 駆逐艦島風 新着情報!(続)

<箱と中身>

タミヤリニューアル中身

これを見た時にあれっと思ったのですね。

通常、ウォーターラインシリーズに付きものの、共通パーツセットがないのですね。

<説明書>

島風説明書

結構気合入ってます。



<リノリウム甲板デカール>

リノリウムデカール

これは新しいですね。
リノリウム甲板用のデカールが付いています。

<ランナー>

島風ランナー

こちらが重要ですね。

最近のタミヤのリニューアル品(って言っても余りありませんが)や比較的新しい軽巡阿武隈などは主砲をポリキャップではめ込むようにしています。

主砲を稼働できるようにしている訳ですね。
私の様にいろいろ遊びたい人には嬉しい設計です。


島風モールド

甲板のモールドは最近ではこの位は普通と言えるでしょう。

そして、船体は艦底に左右から貼り付けるタイプです。
これ、軽巡阿武隈もこのタイプなのですが、艦首部分で組み上げる様になっているのでうまく処理をしないと艦首に変な継ぎ目が出来てしまいます。

できれば流し込みパテなどでこのつなぎ目はうまく消したいものです。

<艦底>

島風艦底

これは新しいですね。
私もつなぎとめないくせに毎回艦底にビスを装着させています。

ジオラマなどをする時に固定できるのでさり気に嬉しいのですが、ネジが限定される弱点がある気もします。
(私はいつも駆逐艦には2mm直径のビスを固定します)

<総評>

総評って言っても偉そうなんですが、一部新しい設計もありつつ、作りやすい設計の様です。

どうせ作るならエッチングもりもりで作ろうかな?
結構先になる見込み。
積みプラが多くて・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければぽちっとお願いします。
↓(´・Д・)」( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,タミヤ,1/700,ウォーターラインシリーズ,島風,,

2017/03/08 (Wed) 12:00
軽巡大淀 フジミ製軽巡大淀とアオシマ製軽巡大淀1944を徹底比較!

軽巡大淀 フジミ製軽巡大淀とアオシマ製軽巡大淀1944を徹底比較!

以前の記事で、軽巡大淀さんの良さを徹底的にアピールしたのは今回の記事のティザーです。

大淀

軽巡大淀がスーパー軽巡である理由
 ↓
軽巡大淀がスーパーな軽巡である4つの理由


アオシマさんの4月度の新製品紹介で「艦これプラモデル」シリーズから軽巡大淀が出る報告もしました。
 ↓
 アオシマさんの4月5月の新製品情報


軽巡大淀はもともとアオシマさんがその1944年版をウォーターラインシリーズで発売していますし、期間限定で1943年も発売しておりました。

そのアオシマさんのライバルになるのが、フジミさんの特シリーズの軽巡大淀です。

今回その両者を徹底比較して見ました。

アオシマ製 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本軽巡洋艦大淀1944

アオシマ製大淀1944

アオシマ製軽巡大淀のランナーはこの様になっています。
これにいつもの静岡協同組合共通パーツが付いています。

アオシマ大淀キット中身


フジミ製1/700 特シリーズNo.106 「日本海軍巡洋艦大淀」です。


フジミ大淀箱

箱の中身はこの様になっています。

フジミ大淀中身

エッチングパーツがついて¥1400くらいとありえないくらい非常にお得に見えます。

箱の横にはこの様な記述があります。

フジミ大淀横の説明

記述で大事なところは
このキットは昭和54年(1979年)の考証に従って作っているという記述です。

とても真摯な姿勢だと思います。でも私は大半をネットで買うので、この記述は読めないのですよね。

古いキットで考証的にも時代遅れの感がぬぐえない、なのでエッチングパーツもつけてのセット販売ということなのでしょう。

ランナー部分はこの様になっています。

フジミ大淀ランナー

上のアオシマに比べて1枚ランナーが少ない感じです。

ではモールドの感じを見て見ます。

アオシマ製軽巡大淀の船体です。


アオシマ大淀船体

フジミ製軽巡大淀の船体です。

フジミ大淀船体


これだけ見ても良く分からないかも知れませんが、フジミさんの方は全体的にモールドが甘くそれをエッチングパーツで補う感じの様です。

そのフジミさんのエッチングパーツです。


フジミ大淀付属エッチングパーツ

見ての通り、2枚も付いており、内容も非常に豊富なエッチングパーツのセットになっています。
基本は1944年の大淀を再現するためのパーツになる様です。

ざっと見の違いなのですが、軽巡大淀の特徴である船体後部にある司令部設備の上部はアオシマ版はリノリウム張りになっています。

フジミの方は滑り止め甲板のエッチングパーツがついているので、これは考証の差だと考えられます。

てな訳でフジミさんには申し訳ないのですが、アオシマのキットにフジミさんのエッチングパーツを組み合わせて作って行きたいと思います。

でも、フジミさんのキットはエッチングパーツのみのセットと見ても¥1400程度なのでお買い得。



今回のアオシマさんの艦これプラモデルシリーズは既にある軽巡大淀をベースにしています。

水上機母艦瑞穂もアオシマさんの製品であったと思いますが、こちらを艦これプラモデルにしてくれれば喜んで買うんだけどな~。
なので、しばらくはウォーターラインシリーズの瑞穂は買わずに待っていることにします。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,1/700,ウォーターラインシリーズ,アオシマ,フジミ,軽巡大淀,エッチングパーツ,艦これプラモデル,,

2016/12/27 (Tue) 12:00
軽巡天竜 塗装して艤装まで来ました!今年中に完成するのかな?

<ハセガワ製 1/700 軽巡洋艦 天竜 スーパーディテール 建造日誌4日目>

今年も残るところ後、6日ほどになりましたね。
私の会社は休みは暦通りなので正月休みは5日になります。
なんか損した気分です。

軽巡天竜も上部構造物の組み立てが一通りできたとこです。
やっと塗装に入れます。

軍艦色は、少し明るめにしたかっと事と、1942年5月に舞鶴に寄港していることから、舞鶴工廠色にしました。

天竜塗装

一通り、軍艦色、艦底はMrカラーの艦底色を塗装したところから、艤装開始です。

天竜煙突部周辺

煙突部には周りをマスキングして横から黒を吹き付けます。

天竜艦橋やら装着

艦橋や煙突基部、後部砲塔基部を取り付けて行きます。

リンセ天竜暇アピール

横では、うちの愛猫リンセが猛烈に暇アピールをしています!
長毛種なので、猫の毛が時々塗装時に紛れ込んでくるので注意です。
(ブログを書いている今も猛烈に遊んでくれと要求しています)

天竜砲塔部にパテで防水布

14㎝砲は結構シャープな作りをしています。
防水布を再現するのに、パテを少し盛ります。
固まったら余分なところを削ります。

天竜艤装

艦橋前のホーサーリールや細かい構造物を付けていきますが、ここでギブアップ。
気力さえあれば、艤装を何とか終えることもできるのかも知れませんが、今日は疲れました。

今年も残りわずか、平日はなかなか作業もできなさそうで天竜完成できるのかなあ。
結構きわどくなってきました・・・

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ハセガワ,軽巡天竜,1/700,塗装,スーパーディテール,ウォーターラインシリーズ,

2016/10/21 (Fri) 12:00
夕雲は改装中 覗かないでね!(Ⅰ) 艦橋及びマストの製作

前回の夕雲建造日誌の報告が10月11日だったので前回の製作手順の説明からすでに9日間が経ってしまいました。

それでは続きです。

この夕雲はウォーターラインシリーズのいわゆる古参キットの一つで、この手の古参キットを私は勝手につるてんキットと呼んでいます。
艦橋や煙突のモールドがほとんどなく、つるつるてんてんとしているからです。

しかし、この手のつるてんキットは特に初心者の方のディテールアップの良い練習になりますし、どれも大体千円を切る価格で販売されているのでお手軽に入手できます。

前回はなぜかリノリウムのない甲板までリノリウム抑えがモールドされているので、やすりで削ることを行いました。

今回は主に艦橋とマスト周辺の製作、そして煙突の接着です。

夕雲艦橋とマストの製作
 
写真はこのつるてんキットが様々な作業のあとそれなりに見られる様にまで完成したものです。
最初にゴールをイメージしておかないと。
今回は主にこの艦橋部分とマスト部分の製作をお話させていただきます。

最初は
艦橋の製作
元の艦橋はこんな感じです。

艦橋とマストを付けるとこんな感じ

すでに水密扉と舷窓の穴あけを行っているので多少の起伏がありますが、本来はほぼ四角い角柱があるだけです。
艦橋の窓枠はなく、シールを張る仕様になっています。

そこで、窓枠をはめるところを切断します。
使うのはこの道具です。
厚さ0.15mmの精密のこぎり。

精密のこぎり

艦橋の窓枠部分を曲がらないように真っすぐ切ります。そして、窓枠の高さが0.8mmなので0.8mmの隙間が空くように窓枠部分をやすりで削ります。

艦橋を輪切りにした上窓枠のはめ込み部分を削る

この窓枠部分にいつも通り、KAモデルズの手摺、窓枠セットから一番小さい窓枠(0.8mm)を必要な長さを切り取り先に正確に曲がり角に沿って曲げておきます。

瞬間接着剤で貼り付けた後、切り取った上の天井部分を貼り付けます。

夕雲艦橋の組み立て

左右の張り出し部分はプラ板で補足、主砲射撃指揮所(プラの色の違う部分)はピットロードの余りキットを使用しています。
ピットロードの余り部品はこの後も目白押しで、ピットさんは金型共通化の為、例えば12.7cm砲B型しか使用しないキットにもC/D型が付属するなどパーツがすごくたくさん出てきます。

しかもモールド状態が良く古参キットは完全置き換えの対象になります。
ピットさんありがとう!

マストにつながるデッキ部分もプラ板を貼り付けています。この時は長方形にしていましたが後程形状は調整しています。

次に
マストの製作

マストは真鍮線をはんだで付けました。

夕雲マストを真鍮で

プラのパーツの長さに合わせてカットした真鍮線(写真は縦が0.5mm、横が0.3mm)をはんだごてで付けます。
はんだがあまりうまくないものですいません。

前部マストにはプラパーツから切り取った見張り所などを瞬接で付けておきます。

魚雷移送軌条を真鍮線で

甲板上の魚雷移送軌条を0.2mm真鍮線で再現します。

そして煙突を取り付けます。
煙突もつるてんなので伸ばしランナーでジャッキステーを取り付けておきます。

夕雲煙突と蒸気捨管を伸ばしランナーで

煙突前後の蒸気捨管も伸ばしランナーで再現しています。
後で思うと煙突の頭ももう少しいじれば良かったかなあ。

艦娘夕雲小

夕雲は改装ちゅう。覗かないでね。艦娘の夕雲です。

今日はここまでです。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,夕雲,ハセガワ,ピットロード,艦これ,艦娘,ウォーターラインシリーズ,

| ホーム |

 ホーム