FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:駆逐艦春風建造日誌
<春風の船体加工>

春風はタンブルホーム形状の船体でしたということで、艦の横面に膨らみを持たせます。
春風タンブルホーム作成
船体の側面に5mm幅程度でカットした0.5mm厚のプラ板を側面毎に2枚貼り、その上にエポキシパテで盛り付けます。
一日放置でパテが乾いたらやすりで滑らかに整えます。
この時、大量の粉が出るので下に紙などを敷き、マスクをした方がよいと思います。
喫水線が膨らみ上甲板に向けて隙間ができれば出来上がりです。
春風タンブルホーム確認
上甲板端は軽~く、やすり掛けしました。

<舷外電路とアンカーレセスの加工>

船体側面に伸ばしランナーで作った舷外電路を瞬間接着剤で接着します。
舷窓はパテで埋めてしまったので0.4mmのピンバイスで穴を明けます。
春風舷外電路を取り付け

ピットロードさんの峯風型もそうでしたが、同じ金型を使用していると思われる神風型もアンカーレセスの位置が少し後ろ過ぎますのでパテで埋めて少し前を削ります。
春風アンカーレセス
こんな風にアップで撮ると少し粗が目立ちますね。実際にはもう少し削り込みました。
よりリアルを目指す方はここは少し注意を要します。峯風型には峯風と澤風はベルマウスらしいです。それ以降の峯風型、神風型は錨を埋め込む形状のアンカーレセスですが、馬蹄型と錨の形状なりにくぼみを作る二通りに分かれるようです。一般的には馬蹄形状が多いようです。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 製作 春風 アンカーレセス マスト タンブルホーム 舷外電路


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ