FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:艦船に関する映画の紹介
映画「アルキメデス大戦」のレビュー的なものを艦船好きとして少し・・・・


暑い日が続きますね。
体調にはお気を付けください。

盆休みで広島の実家に帰ってきました。
同窓会やらなにやらで慌ただしく過ごし、再び東京へ。
実家に戻った時に、戦艦陸奥の爆沈した時に停泊していた「柱島」に行って来たんで今回はこの話をと
思ったのですが、山崎監督映画「アルキメデスの大戦」も見たのでこのレビューを少し書いておこうかなと思いました。

迷っている方に参考になればと・・・

でも結論を先にいうと
「迷っているなら見るべし!」です!

ネタバレは最小になるように気を付けていますが、もしあってもご勘弁!


<アルキメデスの大戦>

大和youtubeb

冒頭、しょっぱなに戦艦大和の沈没シーンが出てきます!

まあ、ぶっちゃけ映画の予告はTVCMなどでもやってますので見た方もおられると思いますが下にリンクを
↓↓
映画「アルキメデスの大戦」予告PV

映画の予告PVってのは映画の要約をCMの15秒ないし30秒にまとめたものなのでそれで十分ってのもありますけど
蛇足的なかつ主観的なものを

要らないかも知れませんが、予備知識的なものを


原作・・・「アルキメデスの大戦」 コミック

三田紀房氏による「ヤングマガジン」連載のコミックが原作です。
今回の映画の内容の7割くらいはコミック3巻までの内容にオリジナル要素を加えたものになっています。
すでに17巻まで出ているんですね。
正直追いついていないです。

内容を凄く端的にいうと
「第二次世界大戦の前、国家予算を莫大に消費する巨大戦艦大和を建造するのを天才数学者が阻止する」ってな話です。

端的過ぎるのでもう少し補足すると

工業力、資源力、いわゆる国力が遥かに勝るアメリカと戦争をしても日本に勝ち目は全くない!
日露戦争に勝利し日本人は神風が普通に起こると勘違いしている。
世界一の巨大戦艦大和を作ってしまっては、勝てると勘違いした大衆によって戦争の道を進んでしまうのを防ぐ為に
巨大戦艦の建造を防ぐ為に主人公はひたすらに真っすぐに進むというものです。


(※これは補足の補足ですが、アメリカはパナマ運河という制限があって構造上40cm砲以上を搭載する船が建造できない。
まあ、パナマ運河を通らずに遠回りすれば太平洋と大西洋を行きかうことはできるのですが・・・)


監督 山崎貴(やまざきたかし)

ぶっちゃけ映画における監督って大事だと思います。
もちろん新人の監督でも素晴らしい人はたくさんいますよ。もちろん。

【主観的な代表作品】・・見たものでピックアップなので偏ってます。

ALWAYS 三丁目の夕日 Always - Sunset on Third Street(2005年11月)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 Always - Sunset on Third Street 2(2007年11月)
SPACE BATTLESHIP ヤマト Space Battleship Yamato(2010年12月)・・・正直微妙だけど楽しめました。
永遠の0 THE ETERNAL ZERO(2013年12月)
海賊とよばれた男(2016年12月)
アルキメデスの大戦 The Great War of Archimedes(2019年7月)


【出演キャスト】
俳優はまったく詳しくないので割愛。

でも、造船中将平山忠道(モデルは造船の神様ともいわれる平賀譲中将)を演じた田中泯さん。
凄くいい雰囲気を出していました。


で!


冒頭に大和の沈没シーンが圧巻です!

これは予告PVでも一部が出ているのでどんなのかはお分かりになると思いますが、私の知る限りでは
もっともリアルな沈没シーン
ではないでしょうか!

大和の潜水調査はこれまでも何度か行われています。
たぶん、最新は2016年の潜水調査で呉市に大和ミュージアムが協力という形。
2017年の大和ミュージアムの企画展でも発表がありました。

その調査でも大和の沈没時の状況がある程度見えてきてます。

現在のところ
大和は左舷に8本、右舷に2本の魚雷、爆弾5発を受け、左に大きく傾き転覆、ひっくり返った後、大爆発により船体が折れて沈没。(でもこの被雷数などは資料によってまちまち、この数字は最新なのかな?)
現在は船体が3つに分割された状態で横たわっているのが分かっています。


その様子のリアルさにも驚きましたが、細部へのこだわりを見てとれました。

例えば、船体が転覆した時に喫水線より下の艦側面や艦底部分が露出しますが、フジツボの付着まで再現されていました。


それと演出に見事にはまったなぁと思ったのは

「米軍飛行機が撃ち落されてパイロットがパラシュートで脱出した後、海上で漂うパイロットを米軍はなんと目の前で水上機を使ってで救出した」のを当時の駆逐艦の乗務員の方がご覧になって
「これは敵わない」と思ったらしいのですが、そのシーンを見てに同様に私も思いました。

「この映画は国力で数十倍(当時)も上回っているアメリカと戦争をしてもどうしても敵わない!
巨大戦艦を作ってしまっては戦争で勝てると一般大衆の勘違いし、暴走するのをなんとか防ぐ!」

のてのが主人公の目的ですから
アメリカの凄さってのも描く必要があったんですね。



出てくる船は好きな船ばかりでした。

出演する艦船

長門屈曲煙突は自分でも作ったことがありますが、とてもGoodです!

アオシマ 戦艦長門屈曲煙突建造日誌はこちら
 ↓↓
アオシマ製 戦艦長門屈曲煙突建造日誌やら

三段空母時代の赤城はR工廠さんが協力されたとツイッターでもいってましたね。
映画のエンドロールに本名の笹原大さんの名前が出ていました。

<パンフレット>

あるパンフレット

集めるのが好きなんですよね。
中学時代から集めてたぶん今は2-300冊を超えていると思う。
ろくに読んでないのもあるのですが、このパンフは結構見ました。

ざっと見ていて気になった箇所がありました!

大和被害状況b

2番主砲の横の25㎜三連装機銃です!


こんなところに3連装機銃てあったっけ?

以前作った フジミ艦NEXT 戦艦大和を見直してみたり、フジミさんに景品でいただいた1/500 戦艦大和プレミアムをみたりしましたが

数はあっているのだが、この位置(2番主砲の真横)にはありませんでした。

フジミ 艦NEXT 日本戦艦大和 1/700建造日誌や考察よもやま

最新の戦艦大和は ピットロードさんの戦艦大和のはずなのでそちらではどうなっているんでしょうね。

ヨドバシカメラ西新宿本店で飾っている商品を見て確認しました。
 2番主砲のやや後方。すなわちフジミさんの大和と同じ配置でした。



最後はモデラー以外には全くどうでもいい話でした!

まあ、興味が湧いた方には見て損のない映画だと思いますのでお勧めです!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : アルキメデスの大戦 映画 山崎貴 戦艦大和 戦艦長門屈曲煙突 空母赤城

DATE: CATEGORY:本、雑誌・画集・漫画の紹介
アルキメデスの大戦5巻の発売です!

2月6日に「アルキメデスの大戦5巻」が講談社より発売されました。


アルキメデスの大戦4巻の紹介はこちら
 ↓
アルキメデスの大戦4巻発売されていましたね。

アルキメデスの大戦5巻表

内容はというと 
PR文章から

堀越二郎氏に対抗する戦闘機を航空廠で製作するため、10日以内に中島飛行機製の発動機の提供許諾を得たい櫂だが、中島にはあっさりと断られてしまう。そこで櫂は、中島と懇意にしている陸軍の力を借りることにし、旧知であった外務省の丹原を介して、東條英機や永田鉄山らに謁見する。そこには陸軍のキレ者達との心理戦が待ち構えていた!!

とのことです。

ネタバレになってはいけないのであまり書けませんが、主人公である櫂直は中島飛行機の空冷式発動機を堀越二郎擁する三菱の胴体に組み合わせるべく、陸軍に取り次いでもらおうと画策します。

そして、陸軍少将 東條英機少将(作中当時)や永田鉄山少将(作中当時)といった陸軍の切れ者達との心理戦が待ち受けていた!!

というとこです。

アルキメデスの大戦5巻裏表紙

永田鉄山や東條英機といえば、統制派のリーダー格の人物です。
東條英機と言えば、陸軍大将、陸軍大臣、内閣総理大臣と歴任したことからも有名です。

永田鉄山氏は皇道派の将校に暗殺されますが、生きていれば陸軍の暴走を抑え、大戦への道も防ぐことができたのではないかというくらいの中心人物でした。(実際には難しかったでしょうが)

さあ、どうなるのでしょか?三菱の機体に寿のエンジンは搭載できるのでしょうか?

三菱の機体に寿のエンジンって言えば、96式艦上戦闘機ですね。ゼロ戦の話だと思っていましたがその前身の96式艦戦です。
確かに、ライバルの三菱と中島のエンジンの寿が組み合わさるにはドラマがあったんでしょうね。

因みに寿=ジュピターの略と言われています。かってイギリスのブリストル飛行機で開発されたブリストルジュピターというエンジンにちなんだいう話。

※寿に限らず、光=ライト(カーチスライト社)、毘式=ヴィッカース社とイギリスやアメリカのエンジンや会社のライセンスから来ている命名が多いです。

「アルキメデスの大戦」
これからも楽しみです。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ


tag : アルキメデスの大戦 漫画 東條英機 永田鉄山

DATE: CATEGORY:本、雑誌・画集・漫画の紹介
以前紹介した「アルキメデスの大戦④」ですが、11月4日にすでに発売していましたね。
もう、すでに5日も経っているのであまり意味がないのですが、一応紹介です。

アルキメデスの大戦4表

後ろです。

アルキメデスの大戦4裏

内容紹介です

水雷艇転覆事件に端を発する海軍全艦艇の改修事業。その総指揮を執る事で海軍内での発言力を増した平山造船中将は、櫂に白紙に追い込まれた戦艦「大和」計画の復活を目論む。それを危惧した櫂直は、海軍内で蔓延る大艦巨砲主義そのものを無くすべく、高性能な新型戦闘機の開発に参画する。そして山本五十六仲介のもと、三菱の設計士・堀越二郎氏と出会うが……。

さあ、こんどは新型飛行機で大型戦艦の計画に対抗できるか・・・




ぽちっとお願いします↓( ̄^ ̄)ゞ


tag : アルキメデスの大戦 漫画

DATE: CATEGORY:本、雑誌・画集・漫画の紹介
10月28日「空母いぶき」5巻が小学館から発売されました!

空母いぶき5巻小

この空母いぶきは20XX年を舞台に空母いぶきが就役されると同時に新設された第五護衛隊を中心に描かれています。主人公は空自から海自に転属になったいぶき艦長の秋津竜太一佐です。
隣国との衝突を巡って、護衛艦隊や飛行隊の手に汗を握る展開が描かれ、潜水艦同士のぎりぎりの攻防から、F35の空中戦、われらが誇るイージス護衛艦ちょうかいの活躍など盛りだくさんです。

ベテランのかわぐちかいじさんが描いていて、かなりリアルな展開です。現在の艦隊戦では特に潜水艦に対抗する上で潜水艦を先行させることが行われます。特に空母はその国の最大の主力兵器であることから、潜水艦の警戒は最重要課題です。潜水艦に対抗できるもっとも有効なのは潜水艦なのです。

海上からソナーで探知するよりも海中で探索する方が特に隠れている相手にはより有効だからなのですが、これは正直ガチンコ勝負になります。警戒する潜水艦は自らの身を呈して警戒にあたる訳です。それでも相手を見つけることさえ出来さえすればあとは対潜ヘリでも何でもできる訳です。対潜ヘリVS潜水艦なら現状だと圧勝ですからね。
そんな緊迫のシーンが描かれています。

私は最初の3巻は電子書籍で買いました。その場で手に入るし、直ぐ読めるので本当に便利でおすすめです。
ポイント還元もありますしね。普通のタブレットでも読めます。

楽天ブックス


でも最新刊は紙の本しかないんですよね。同時発売をお願いします!
先日は、長崎で25DDの進水式が行われ新型護衛艦の名前は「あさひ」と名付けられました。護衛艦の関心も高まっている様にも感じます。

もう一つの漫画紹介は「アルキメデスの大戦」です!

アルキメデスの大戦3小

こちらは、講談社のヤングマガジン連載の三田紀房さん作の漫画です。

ここでは、戦いは出て来ません。(少なくとも今のところは)主人公は東京帝国大学数学科を中退した天才 櫂 直(かい ただし)です。彼が大艦巨砲主義者の設計士 平山中将(モデルはご存知 平賀譲さん)と超ド級戦艦大和の建造を阻止せんと数学を駆使して舌戦をくり広げるという訳です。
あの庵野秀明監督も絶賛とのことです。

庵野さんと言えば、知る人ぞ知る軍艦好きです。

まあ、有名な話なのでご存知な方も多いと思いますが、かのエバンゲリオンでのキャラの名前の数々が軍艦から名づけられていますよね。
惣流・アスカ・ラングレーなんてアメリカの空母も交え三種類の名前が出てきます。赤木律子さん、綾波レイ、真希波・マリ・イラストリアスetc。枚挙にいとまがないくらいです。

まあ、このネタはこのくらいにして。

三田さんの漫画の題材はニッチ戦略を元にしているとのことです。ニッチ戦略とはマイケルポーターが提唱したマーケティング戦略の一つで要するに狭い領域を掘り進みシェアを獲得するというものです。それの応用形がランチェスター戦略で社会人で営業系の方は聞いたことがあるかと思います。
私もマーケティング関係の仕事なので多少は意識してます。

この話の中で以前紹介した友鶴事件も出てきます。(もっとも友鶴号ではなくて峰鶴号になっていますが)
確かにこの様なネタで漫画を思いつく方は中々いない様に思います。



三田さんは「ドラゴン桜」が有名だと思いますが、投資を題材にした「インベスターZ」というのも出しています。こちらも面白いです。


言ってみれば艦船プラモデルメーカーなんてニッチ戦略を地で行っているところです。
フジミさんなんてその典型。艦船プラモデルをとことん掘り進んでいます。

対してタミヤさんはホビーの世界でPPM(プロダクトポートフェリオマネージメント)を実践してらっしゃいます。
金の生る木からスターの商品まで手広くカバーしている。いろいろあって面白いです。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 25DD 海上自衛隊 進水式 護衛艦 いぶき ちょうかい 三田 アルキメデスの大戦 かわぐちかいじ


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ