プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/12/06 (Tue) 12:00
DDH-183 護衛艦いずも 建造日誌7日目 完成写真を実物写真と織り交ぜながら見て行きましょう

<1/700 DDH-183 護衛艦いずも ハセガワ製 建造日誌7日目>

ついに護衛艦いずもが完成しました。
これまでの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

早速完成写真を見て行きましょう!

いずも完成左横

搭載車も載せているので飛行甲板上は結構にぎやかです。

いずも上空

アングルを下げていきましょう。

護衛艦いずも左前

ローアングルから見ると更に迫力が増します。

護衛艦いずも前から

こちらは横須賀でクルージングに乗って取った写真です。
横須賀港でのクルージングの紹介はいずれしたいと思いますが、結構、護衛艦の迫力ある姿が見られて楽しいですよ。

いずも右前

艦橋側のサイドから撮った写真です。

護衛艦いずも左舷

いずもは横須賀港のヴェルニー公園からも見ることが出来ます。

いずも縮小

こちらはそのヴェルニー公園から撮った写真です。
いずもが係留されていれば、この様な姿が見て取れます。

最初に見た時には感動しましたね。
こんな大きなヘリ空母が間近に見られるなんて。

私が艦船プラモデルを再開した一つのきっかけです。

真横から見たところです。

いずも右舷




最後に今まで完成した護衛艦を三隻並べて見ました。

護衛艦いずもとこんごうとしまかぜ

奥が、DDG-173 護衛艦こんごう(第5護衛隊 佐世保基地)、手前がDDG-172 護衛艦しまかぜ(第8護衛隊 佐世保基地)です。

DDH-183 護衛艦いずも(第1護衛隊 横須賀基地)の所属護衛隊も母港も違うので中々写真の様な状況はないでしょうけど。

護衛艦こんごう建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦こんごう建造日誌

護衛艦しまかぜ建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦しまかぜ建造日誌

ハセガワさんの護衛艦いずも、そのまま作れば艦橋などちょっと寂しいですが、いい出来です。満足できました!

ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,ハセガワ,護衛艦,いずも,こんごう,しまかぜ,横須賀,

2016/06/10 (Fri) 23:14
護衛艦しまかぜ ピットロード紹介

この製品は2005年に「はたかぜ」とともに発売されました。「はたかぜ」とは箱、組み立て図、デカール、部品的にはボートコンテナーが専用のものを用意されているのとハープーン用クレーンが「しまかぜ」にはない点が相違点です。
しまかぜ 箱
ケースはこんな感じ
しまかぜ箱裏
裏には塗装の色指示、デカールの張り場所指示、装備名解説が記載されています。
早速製作に入りますが、飛行甲板の着艦標識は当時のもので現在は他のイージス艦と似た塗装になっています。
しまかぜ後部甲板塗装
あまりアップでないのでわかりにくいのですが、当時の私はモールドを削るのを思いつきませんでした。
着艦標識に沿ってモールドがあり、これを削らないと塗装しても邪魔しちゃうし何よりよく見ると関係ない箇所がでこぼこしているし
で全く恥ずかしい限りです。
しまかぜ走行線塗装
甲板をピットロードの特色海自グレー2(甲板色)でエアーブラシで塗装した後、モールド部分に手書きで白線を入れました。白線の間は「タミヤカラー XF-24ダークグレイ」(エナメル)で塗装しました。本来は戦闘通路と甲板は同じ色です。しかし、戦闘通路の塗装には滑り止めの為に砂が混ざっている為、光を吸収して暗く見えます。もっとくっきりさせるために黒を混ぜるかした方がよかったようです。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : ピットロード,作成,護衛艦,しまかぜ,艦船プラモデル,

2016/05/29 (Sun) 23:41
護衛艦しまかぜ 引き続き

しまかぜの後ろ姿
護衛艦しまかぜ 去ってゆく
DDG-172しまかぜは第三世代ミサイル護衛艦で前回にも書いた通り特徴は艦首に装備している艦対空ミサイルシステム(ターターDシステム)です。しかし、ミサイルは単発の発射で2発目発射までに時間がかかる、同時誘導が2発までの能力。でしまかぜ建造時点でイージスシステム装備艦(こんごう型)の導入の目途がたったので当初4隻の建艦予定が2隻で中止になりました。でも2代目島風は姉妹がいなかったけど、3代目はお姉さんはいるんですね。
しかし、この世代より前の護衛艦にはアンテナ類がたくさん立っていて艦形は全然違いますが昭和初期の軍艦の様な何かノスタルジックなものを感じますよね。艦形のシルエットはかなり好きな護衛艦です。護衛艦の中で唯一波除の為の艦首ブルワークがあるのも特徴ですね。はたかぜ型は後部に発着甲板がありますが、所要の長さが不足している為にヘリコプターを発着する際には砲塔を90度回転させなければなりません。
護衛艦しまかぜ側面
この様にアップの写真で見ると側面も少し墨入れをした方がいいかも知れませんね。

tag : 艦船プラモデル,しまかぜ,作例,護衛艦,ピットロード,

2016/05/28 (Sat) 23:26
でも遅いよね!(by 島風ちゃん)

しまかぜ3代目はDDG-172 護衛艦しまかぜ
ちなみにDDGはミサイル装備護衛艦のこと。
護衛艦しまかぜのプラモデルは現在ピットロードから発売されています。
こんな感じにできました。
「DDG-172 しまかぜ 1/700ピットロード」 (GAKUTEN建艦No5)
キットは2005年当時を再現していますが、2015年の現時点を再現したかったので艦橋のアンテナ類と
後部甲板の着艦標識を変更しました。又、アンテナ類はこのしまかぜの特徴なので0.5mmくらいの太さの銅線の針金で再現しました。(普通真鍮棒ですよね。これを手掛けたときには知らなかったので・・・)
しまかぜ右上洋上スペック一覧は次の通り
名称 DDG-172 しまかぜ
クラス ミサイル
護衛艦 はたかぜ型2番艦
基準排水量 4650t
主要寸法 全長150m×幅16.4m
主機 COCAG方式ガスタービン方式4基2軸
出力 72000馬力
速力 30t
乗員数 約230名
主要装備 艦対空ミサイルスタンダードSM-1MR×1
73式54口径5インチ単装速射砲×2
74式アスロックランチャー×1
高性能20mm機関砲(CIWS)×2
対艦ミサイル・ハープーン発射装置一式
68式3連装短魚雷発射管×2
チャフ発射機×2

装備的には艦首に装備している艦対空ミサイルスタンダードが特徴ですね。
でも遅いよね

艦むす島風ちゃん


     

ミサイル主体の現代は、護衛艦は30ktでいいんです。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦むす,作例,島風,護衛艦,しまかぜ,ピットロード,

| ホーム |

 ホーム