プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/12/16 (Fri) 12:00
「護衛艦いずも」(主に武装)を接写(簡単な解説)をして見ました!

引き続いて「護衛艦いずも」(主に武装)を接写して見ました!

ハセガワ製 1/700 「護衛艦いずも」の製作日誌の中で、搭載機や車両については解説しましたが、護衛艦いずも自体の武装については手つかずだったので今回、武装についての解説です。

「護衛艦いずも」は同じDDH(ヘリコプター搭載護衛艦)の「護衛艦ひゅうが」や「同 いせ」と異なり、自身では攻撃の為の武装をほとんど持っていません。

攻撃や遠距離防御は他の護衛艦に頼る形になります。

新型DDHは、司令部機能が充実していますが、取り分け、護衛艦いずも、かがはFIC(Flag Infomation Center:司令部作戦室)が充実しています。

艦隊旗艦としての機能を高めた艦と言えます。
(停泊中でさえ、艦内の司令部に出勤するとのことです)

しかし、いずも型の自衛の為の装備は最新型のものを備えています。
(一部旧式のあるけれど)

その辺りを見て見ましょう。

艦首飛行甲板上

いずも艦首ファランクス

ご存知、高性能20mm機関砲(CIWS)(アメリカではファランクスと呼ぶ)

よく見るとお分かりの通り、旧式のCIWSブロック1Aです。
(白色のレドーム横に光学レンズがないので区別できます)

建造途中から色々言われていましたが、どっかの護衛艦から取って来たとの曰くです。

又、飛行甲板にちょこんと載っていることから、将来的に取り外してVTOLなどを載せる空母にするつもりでは?なんて憶測もありますよね。

艦橋前

艦橋前SeaRAM

護衛艦いずもから新たに装備された Mk.15 mod.31SeaRAM発射機です。
こちら、CIWSの架台、レーダー、光学センサーに20mm機関砲の代わりにRIM-116艦対空ミサイル11連装発射機を組み合わせたものです。

独立して稼働し、正確にミサイルを指向できます。
最大射程は15km

プラモデルでは再現していませんが、ブラストディフレクターといって、ミサイル発射機後部に小さな防護版がついています。(普通に見る分には小さすぎて、見分けがつきませんが)

艦橋にはOPS-50レーダーがついています。

ミサイル誘導が必要ないので、あきづき型やひゅうが型の様にXバンドのイルミネーターは不要で、Cバンドのみのフェイズドアレイレーダーです。

レーダーには最重要の電子機器で、全てはここから始まると言っても過言ではありませんが、レーダーだけで記事になるので又、別の機会にでも)

船体中央部

いずもチャフ

面白いのが船体中央部のスポンソンで、Mk.137 mod.2チャフ/フレア発射機が装備されています。
両舷にそれぞれ、3基ずつ計6基装備されています。

対艦ミサイル対策装備として、レーダー誘導にはチャフ(アルミの切片)、IR誘導(赤外線誘導)にはフレア(熱源)を発射し、撹乱します。

船体中央MOD

もうひとつ面白いのが、黄色く囲った部分で、
上が投射型静止式ジャマーFAJです。


スクリューなどが発するものと似た音響を発する、魚雷対策用の囮を投射する機材です。
砲塔状の4連装発射機で旋回、仰角を取ることができます。

下の黄色の丸で囲った部分は、自走式デコイ MOD発射機を格納している箇所です。

こちらはFAJと異なり、自身で動力を持っている自走式の囮を発射します。4連装の発射機が両舷に装備されています。

このFAJとMODはともに「あきづき」型護衛艦と共通の新装備でDDHでは「いずも」型が初装備です。

魚雷対策には、気泡で船体を包み音を伝えにくくするマスカーと言うのもあります。

艦尾

艦尾右側CIWS

艦尾にも、CIWSとSeaRAMが装備されています。


艦尾右舷にCIWS、艦尾左舷にSeaRAMです。

艦尾のCIWSも少し古いタイプのブロック1Aです。なので光学センサーが付いていません。

今回は触っていませんが、護衛艦こんごうで行ったようにCIWSの重心は真鍮線に置き換えても良かったかも知れません。

その他、護衛艦いずもには、12.7mm機関銃ブローニングM2を搭載する為の防盾付き架台がいくつか用意されています。
(このプラモデルでは未搭載)
左舷に3か所、右舷に2か所、艦尾中央に1か所です。こちらは固有の装備ではなく、搭載品扱いです。

艦橋アンテナ

いずも艦橋アンテナ

FAJやMOD同様の対ミサイル防衛装備と言えば、NOLQ-3D-1 電子戦装置(ECM)です。

艦橋の右側に張り出したところにあるのと、非対称に右側にも装備されています。
要するに自ら妨害電波を出すジャミング装置です。

護衛艦いずもには他の護衛艦にも増してアンテナ類が山ほどありますが、これらは解説しきれないので省略です。


艦尾、11m作業艇収納レセス

いずも作業艇

いずもには11m作業艇が左右に搭載されています。
作業艇は鮮やかな水色のバンドで固縛されているので、水色の紐で固定して見ました。

護衛艦いずも真俯瞰

護衛艦いずもは、日本の護衛艦で三連装短魚雷発射装置を持っていない珍しい護衛艦です。
まあ、対潜防衛はヘリコプターに任せる訳なので不要ですが。

そういった意味では、イージス護衛艦の充実、あきづき型における僚艦防衛能力など様々な護衛艦がそろってきて
始めていずもの様な司令部機能、防衛、災害援助などに特化した護衛艦が出現できた訳です。

この様に模型の各部を見ていくのも楽しいですね。
私も書いていて楽しいです。

最後までありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,ハセガワ,護衛艦,いずも,CIWS,ファランクス,SeaRAM,MOD,FAJ,

2016/12/06 (Tue) 12:00
DDH-183 護衛艦いずも 建造日誌7日目 完成写真を実物写真と織り交ぜながら見て行きましょう

<1/700 DDH-183 護衛艦いずも ハセガワ製 建造日誌7日目>

ついに護衛艦いずもが完成しました。
これまでの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

早速完成写真を見て行きましょう!

いずも完成左横

搭載車も載せているので飛行甲板上は結構にぎやかです。

いずも上空

アングルを下げていきましょう。

護衛艦いずも左前

ローアングルから見ると更に迫力が増します。

護衛艦いずも前から

こちらは横須賀でクルージングに乗って取った写真です。
横須賀港でのクルージングの紹介はいずれしたいと思いますが、結構、護衛艦の迫力ある姿が見られて楽しいですよ。

いずも右前

艦橋側のサイドから撮った写真です。

護衛艦いずも左舷

いずもは横須賀港のヴェルニー公園からも見ることが出来ます。

いずも縮小

こちらはそのヴェルニー公園から撮った写真です。
いずもが係留されていれば、この様な姿が見て取れます。

最初に見た時には感動しましたね。
こんな大きなヘリ空母が間近に見られるなんて。

私が艦船プラモデルを再開した一つのきっかけです。

真横から見たところです。

いずも右舷




最後に今まで完成した護衛艦を三隻並べて見ました。

護衛艦いずもとこんごうとしまかぜ

奥が、DDG-173 護衛艦こんごう(第5護衛隊 佐世保基地)、手前がDDG-172 護衛艦しまかぜ(第8護衛隊 佐世保基地)です。

DDH-183 護衛艦いずも(第1護衛隊 横須賀基地)の所属護衛隊も母港も違うので中々写真の様な状況はないでしょうけど。

護衛艦こんごう建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦こんごう建造日誌

護衛艦しまかぜ建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦しまかぜ建造日誌

ハセガワさんの護衛艦いずも、そのまま作れば艦橋などちょっと寂しいですが、いい出来です。満足できました!

ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,ハセガワ,護衛艦,いずも,こんごう,しまかぜ,横須賀,

2016/12/05 (Mon) 12:00
DDH-183 護衛艦いずも 建造日誌6日目 艦載機と搭載車両、デカールを貼ってほぼ完成!

<1/700 DDH-183 護衛艦いずも ハセガワ製 建造日誌6日目>


前回までで護衛艦いずもの塗装が終了しました。

これまでの護衛艦いずもの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

あと一息です。

デカール張りです。

まあ、デカールは普通に貼れば良いのですが、一点注意があります。

いずも飛行甲板デカール

艦首側にある第一エレベーターの周囲を囲う昇降式スタンションのエッチングパーツを付けた時に、離着艦標識の一部がエレベーターにかかります。
そのかかる部分を予め切っておくと素直に貼れます。

デカール貼り終了

いずも飛行甲板デカール終了

デカール貼りにはいつもの様にMrマークセッターを使っています。
適度にデカールを軟化させ、きれいに貼れます。


デカールを広くとり、貼りやすくしてくれているのですが、トップコーティングをしても見る角度によっては反射するんですよね。
もう少し小さくカットするか、それでも嫌ならエアーブラシで描くしかないのでしょうか。

デカールをカットすると貼りにくくなり、失敗のもとになるしで悩みどころです。

ハセガワさんの護衛艦いずもには多彩な車両と艦載ヘリコプターが付いています。

せっかくなんで、搭載車とヘリコプターを説明しましょう。

いずも艦載車説明小

<搭載車一覧と説明>

●艦載救難作業車
 左下の方にあるのです。米国製で泡消化装置を備え、消火器や消化ホースも備えています。ひゅうが型も装備

●トーイングトラクター
 ヘリなどを牽引します。トヨタ製

●ヘリコプター牽引装置
 コの字に開いた部分に車輪を挟み込み有線のリモコンで操作されます。ひゅうが型も装備

●フォークリフト
 この写真に載っていませんでしたね。でも付属でついています。

●73式特大型セミトレーラー+PAC3
 正確にはPAC3弾を搭載するM902発射機とトレーラーです。
 実際に護衛艦いずもに搭載されている訳ではないですが、こんな風に輸送することもあるのではというおまけですね。

全て各2両がついています。

いずも艦載機

<ヘリコプター一覧と説明>

いずもは最大14機のヘリコプターを搭載可能ですが、通常はSH-60K/Jを7機、MCH-101 を2機を搭載しています。

●哨戒ヘリコプター(SH-60K)

従来型のSH-60Jに対して近代化型がSH-60Kです。
海自にとって本来は対潜ヘリですが、汎用ヘリで、人員輸送、物資輸送、洋上哨戒、救難救助までこなせます。
いずもには、通常J又はKが7機搭載されています。

●掃海・油槽ヘリコプター(MCH-101)
 
基本的には輸送ヘリで5tの輸送能力を持ちます。
いずもには、通常2機搭載されています。

●ティルトローター機(MV-22Bオスプレイ)

現在搭載している訳ではないですが、すでに護衛艦いずもでオスプレイの離発着訓練を実施済みなので将来的に搭載されるのでしょう。

これらのヘリコプターはメインローターを広げた形と畳んだ姿の二通りを選択可能です。

搭載車両や色々ついたヘリコプターが楽しいですね。

ハセガワさんには海上自衛隊の艦載機セットがあります。
さらに色々乗せたい方にはこちらもいいかもですね。

護衛艦いずもが完成しました!
いずも完成

次回は様々な完成写真です。

励みになりますので、ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ハセガワ,護衛艦,いずも,搭載車,ヘリコプター,デカール,

2016/12/03 (Sat) 12:00
護衛艦の塗装色 まとめ! 塗装色のモヤモヤを解消しました。DDH-183 護衛艦いずも 建造日誌5日目 

<1/700 DDH-183 護衛艦いずも ハセガワ製 建造日誌5日目>


護衛艦の塗装色まとめ

前回までに護衛艦いずもの上部構造物の設置が一通り終わりました。
艦橋周辺から、キャットウォークまでエッチングパーツも交えての設置です。

護衛艦いずものこれまでの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

これから護衛艦いずもの塗装ですが、護衛艦の塗装で塗装色で悩まれる方は多いと思われます。

何を隠そう、ちょうど1年前、護衛艦ちょうかいで船体色を塗装しようと考えた時、その塗装色について悩みました。
相当、モヤモヤしていたのです。

護衛艦のカラーに対する疑問は主に二つ
 
①単色なのか、複数あるのか?
②実際のところ、どんな色なのか

Mrカラーからも、タミヤカラーでも呉海軍工廠や佐世保の特色は発売されていますが、護衛艦の船体色はありません。
護衛艦って、やっぱ人気がないのかな~。だから特色がないのかな~
なんて思っていました。

そこで、今回は護衛艦の塗装色についてまとめて見ました。

護衛艦のプラモデル、ハセガワさんの「ちょうかい」には次の様な色指定がありました。

写真はこんごうの色指定ですが、ちょうかいも同じです。

こんごうの色指定

ハセガワさんの指定だと、護衛艦の甲板色も船体色も
Mrカラー グレー307とフラットブラック33の9:1の混色指定です。

ちょうかいを作ったころはプラモデルを再開して、間もない頃で万事、適当に作っていたので、呉海軍工廠色で代用しました。
(佐世保は流石に暗すぎる様に感じたので、護衛艦は少し明るめのグレーのイメージでした)

ちょうかい塗装済み

しかし、見ていただくと分かる通り、全体に色が均一でフラットな感じです。

実艦の写真を見るとどうでしょうか?
海上自衛隊のHPギャラリーから参照しています。

同じ護衛艦こんごうでも光の具合で色は全く異なって見えます。

船体色と上部構造物の色は同じはずなのに全く異なって見えます。

こんごう左舷小

又、甲板色と船体色も同じように見えます。

こんごうななめ写真

良く分からんなーと思っていた時に「ピットロード」さんから護衛艦の特色が出ているのを知りました。

ピットロード自衛隊カラー特色

船体色と甲板色の2色セットです。

中身はこんな感じです。手作り感満載。まあ、ピットロードさんの製品はプラモデルの箱からして手作り感がありますからね。

ピットロード護衛艦特色2セット

ビンを良く見ていただくと分かる様に、色粉がかなり沈殿しています。

これがかなりしつこくてよっぽど気合を入れて混ぜないと混ざりません。
混ぜ切らないとちゃんと特色が出ないから注意です。

こんごうはそんな感じでピットロードさんの特色で塗装しました。

こんごう塗り分け

照明が暗く、分かりずらい写真で申し訳ありませんが、ちょうかいの模型写真より変化が出てきたのが分かると思います。

そんな、感じである程度護衛艦の色について、もやもやがすっきりし始めた頃、
Mrカラーさんから「海上自衛隊護衛艦カラーセット」
が2016年5月頃発売されることが、発表されました。

ありがとうございます!

Mrカラー護衛艦特色セット


護衛艦いずもはこのMrカラーの特色セットで塗装することにしました。
セットの中身はこんな感じです。

護衛艦カラー3点セット
カラー護衛艦特色3点セット" border="0" width="730" height="548" />

説明によると
護衛艦の色指定はパントーン(色見本帳)で指定されており、色見本にに従って塗装されています。
 
Mrカラー 海上自衛隊カラーセット

●SC17 船体色・上部構造物色 2704(灰色、N5)
●SC18 甲板色           2705(暗灰色、N4)
●SC19 滑り止め塗装色


これで護衛艦の色についてもかなりすっきりしました。

ちなみに私も普段商品開発を行っているのですが、パッケージの色の指定にパントーンのNoで話をします。
色というのはかなり微妙なのでこの様な共通のワードが必要な訳です。
ですからデザイン会社、印刷会社などデザインに関わるところは、パントーンや他の色見本帳は必ず持っています。

いずも塗装全体図説明付き

ところで、当初理解があまりなかったころ、護衛艦の戦闘通路、ヘリコプター離発着用の飛行甲板などの塗装色は何色なのだろうという疑問がありました。

この部分の色は、基本色は甲板色です。しかしながら、塗料に砂を混ぜて滑り止めを行っているので光の反射が抑えられて暗く映ります。

Mrカラーさんの滑り止め塗装色はその見え方の最大公約数的な色を出している訳です。

いずも海上左前

いずもの飛行甲板はほとんどの部分にこの滑り止めが入っています。ただ、よく見てみると端のわずかな部分は滑り止めが入っていない様です。
なので少し縁取る様に甲板色を塗りました。

キャットウォークは船体色で塗装したので、いずもに関しては甲板色の出番はここだけです。

全通甲板式の「いずも」や「ひゅうが」など以外は滑り止め塗装色を使うことは余りないのでバランスが取れて良いかも知れません。



ちなみに、このMrカラーの特色とピットロードさんの特色に違いがあるのか比較して見ました。

護衛艦特色比較

大勢で見ると大きく外している訳ではないのですが、船体色については、ピットさんの方が、Y(黄色)がほんのわずか強い様に感じます。

逆に、甲板色については、ピットさんはわずかにC(藍)が強い様に思います。こちらの方が船体色より違いがあります。

我々パッケージの印刷の立ち上げ時には色を見本に合わせて見るのですが、色をC、M、Y、Kで分解して表現します。
C・・・シアン(藍・青)
M・・・マゼンダ(赤)
Y・・・イエロー(黄色)
K・・・キー・プレート(黒)

の4色です。そして、Mを足すとかYを足すとかして調整します。
そして、金や銀、特別な色を出す時には特色を作る訳です。 

これは印刷物の関係の話で、画面などはRGB(レッド・グリーン・ブルー)で表現する様ですがこちらは慣れていません。

カラーセットに話を戻すと、どちらを選んでも良いと思いますが、Mrカラーさんは色の専門メーカー、パントーンカラーに合わせて作っている訳ですので間違いないでしょう。

半光沢にしているのも塗料の質を合わせているのだと思います。

ピットロードさんのカラーは色粉が相当沈殿し、なかなか混ざらないのでそこはストレスです。
特色を選ぶのは素直にMrカラーさんの特色にするのがストレスレスです。

でも新品のピットロードカラーセット1セット持ってるんですよね。

どっかで使わないと勿体ないのですよ。

今回は護衛艦の塗装色の話でした。
塗装色でもっともモヤモヤしていたところだけにまとめる機会ができて良かったです。

同じように護衛艦の塗装色について、もやっている方が参考になれば幸いです。
ブログランキングに参加しています。
ぽちっといただけると励みになります。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,塗装色,護衛艦,Mrカラー,ピットロード,いずも,こんごう,まとめ,

2016/11/29 (Tue) 12:00
DDH-183 護衛艦いずも 建造日誌4日目 キャットウォークのディテールアップといずものシーRAM装備

<1/700 DDH-183 護衛艦いずも ハセガワ製 建造日誌4日目>

前回までにエッチングパーツを含め、ほぼパーツの接着が終わりました。

塗装に入る前に、護衛艦いずもの飛行甲板横、キャットウォークと言われる場所に少しディテールアップすることにしました。

いずも左舷後方のキャットウォーク

飛行甲板のサイドには白いガードが巡らされています。
ガードの上には柵が設けられる様になっていますが、取り外しができる様です。

この写真では柵は外されており、白いガードがむき出しになっています。
ところどころ、ポコポコっと盛り上がっている部分はその下に甲板照射灯が設置されています。
甲板照射灯の灯火は赤色と言うことです。

ハセガワさんのこの護衛艦いずものキットには柵がエッチングパーツとしてついています。
貧乏性の私はせっかく柵がついているのでそのままパーツを付けました。

お好みで、柵を取り付けず、ガードを白く塗るという選択もあります。

本来はこのガードを白く塗った上で柵を塗装すべきなのでしょうが、汚くなるのが嫌なので今回はそのまま船体色で塗装しています。

また、このキットには上の写真で赤で囲っている消化ホースリールやボートコンテナーはモールドされています。
しかし、それ以外にも様々なこまごまとした構造物がちょこちょこあります。

このキャットウォークにこのモールドだけだと少し寂しく見えます。

そこで、ちょっと、らしさを出すためにプラ板、伸ばしランナー、プラ棒でそのちょこちょこを付けて行きました。

いずも艦側面のディテールアップ

すいません。この全てが何なのかを理解はしていません。
給油ホースの接続口であったり、配電盤であったり、照明であったり、ブルワークの上には監視カメラが付いていたりします。

いずもキャットウォークディテールアップ2

艦橋の正面も水密扉の横に配電盤などが付いているのでそこにもプラ板でらしさを演出しました。

いずも艦橋正面

写真には前艦橋の前にシーRAMが装備されているのが見てとれると思います。

護衛艦いずもの対空兵装として
「CIWS」と「シーRAM」が各2基装備しています。

アイランド艦橋と左舷後部スポンソンにはシーRAMが設置されています。

Mk.15 mod.31 シーRAM発射機

ファランクスCIWSの架台、レーダー、光学センサーにRIM-116艦対空ミサイル11連装発射機を組み合わせたもの。
ファランクス同様自前のセンサーにより独立して接近する脅威に対して正確に対応可能。
※ニミッツ級原子力空母が装備するEX-31が21連装なので、その小型版

このキットのシーRAMは結構良くできたモールドです。

ちなみにお馴染みの

Mk15ファランクス

高性能20mm機関砲、海自の艦のほとんど全てが装備している。
護衛艦いずもには、艦首側の飛行甲板上と艦尾右舷のスポンソンに装備されています。

イージス艦や「ひゅうが」「いせ」は光学センサーを備えたブロック1Bなのに、なぜかいずもは旧式のブロック1A。
退役した別の護衛艦から転用説もある。

ファランクスについては、護衛艦こんごうの建造日誌で、まとめたことがあります。

護衛艦こんごう建造日誌はこちら

イージス護衛艦こんごう建造日誌


こんごう艦橋CIWS周辺アップ

こんごうファランクス

この写真はイージス護衛艦こんごうの建造途中のものですが、護衛艦こんごうはCIWSブロック1Bを装備しています。
白いレドームの横にカメラの様な光学センサーが付いていて、レーダーのみでなく赤外線でも追尾可能になっています。

いずものCIWSにはこれが付いていないものです。
ちなみに、現在艤装中の「護衛艦かが」はこの光学センサーがついたブロック1Bを装備します。

これらのディテールアップを一通りしたのがこちらの写真です。

いずも艦橋やらキャットウォークやらセット

今回は塗装まで行きつけませんでした。
つぎこそ塗装です。


ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,ハセガワ,護衛艦,いずも,ファランクス,シーRAM,ディテールアップ,キャットウォーク,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ