FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/11/14 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき(初代)建造日誌

護衛艦あきづき(初代)建造日誌


駆逐艦秋月、護衛艦あきづきと来たので、その流れで護衛艦あきづき(初代)の建造も開始しました!

ご存知、駆逐艦秋月は防空駆逐艦として設計され、乙型駆逐艦と甲型(陽炎型、夕雲型)や丙型(島風型)と違うコンセプトで建造されました。

一方、護衛艦あきづき(2代)も汎用護衛艦ではありますが、僚艦防空駆逐艦とBMD対応中のイージス艦を防空する目的で建造されています。

このように引き継がれていたあきづきですので、護衛艦あきづき(初代)も名鑑に違いありません。

さて、ピットロードのシリーズに「栄光の護衛艦シリーズ」なるものがあります。

その一つに「護衛艦あきづき(初代)」もあります!

あきづき初代箱

ということで護衛艦あきづき(初代)を建造開始しました。
(まあ、マニアックであるのは確かでしょうが・・・)

護衛艦あきづき(初代)の何が特別か・・・

1.それは護衛艦として初めて排水量2000トンを超えた護衛艦であること。(アメリカさんの予算で作ったので)
2.護衛艦隊の旗艦として建造された指揮護衛艦(教導護衛艦)であるということ
3.当時まだ不足気味であった対潜兵器の充実
4.オランダ坂を有する長船首楼型の最期を飾る艦級

この4点でしょうか?

アメリカさんの予算というのは「OPSという日本とアメリカ間の相互防衛援助協定に基づいたもの」で米国予算で建造された駆逐艦を日本に供与という形で護衛艦隊に配属になりました。

通常このケースはアメリカ予算でアメリカで建造され同盟国に貸与や供与されるのですが、日本は建造技術が十分あるということで三菱重工長崎造船所で建造されました。

そして、形式的には一旦米国海軍籍DD-960として就役の後、横須賀地方隊に編入の形になりました。

さて、模型についてです。

<箱の中身>

あきづき中身

こんな感じです!

組み立て始めたらこんなところを発見しました!

あきづき艦尾欠損

艦尾が凹んでいるのがわかると思います。

欠損ですので、普通はメーカーに連絡して交換していただけばよいと思います。


私はどの道、艦尾を修正するつもりだったのでこのままエポキシ樹脂を盛ります!

艦尾修正


護衛艦あきづき(初代)の艦尾は喫水線に向けて広がっているのでそれをパテで再現しました。

必要部分にエポキシ樹脂を盛り、やすり掛けをして表面をならします。


最初は素組み+手摺りを付けるだけのつもりでしたが、マストをやはりエッチングに置き換えました。

しかし、護衛艦あきづき(初代)のEPがなかったので、護衛艦むらさめ(初代)のEPのマストを借用し、足の長さを継ぎ足して作成しました。

後部マストも護衛艦むらさめ(初代)のものを利用しています。

初代むらさめEP


てなわけでサクサク建造します。

とまあ、ここまでできました。

あきづき建造途中1


とは言え、反省点も多いです。
今回は特に行き当たりばったりで建造しているのでだめですね。


●戦闘用通路

 デカールを使うつもりでしたが、戦闘用通路が凸にしているのが邪魔で上手く張れません。

 デカールを使うなら⇒凸モールドを削るべし(面倒だし汚くなるかも)
 使わないのなら⇒先に白か何かで塗装し細めのマスキングテープでカバーした後、甲板色を塗装。又は削り取る。

これは他のピットロード商品(主に護衛艦)に言えることなので再び作るときには注意したいと思います。
(前の護衛艦しまかぜでもあったことなのに、反省を生かせない・・・・・)

デカールを張るつもりだったので先に甲板色を塗ってしまいました。
凸部分を油性色鉛筆で書いたもののきれいにできていないのが実情です。

●凸モールド

上記の他に、接着部分に凸モールドを多く採用しています。
今回は最終時を再現する方向で建造中ですが、そうなるとヘッジホッグの設置場所の凸モールドは削るべきだったりします。
後で気づいたのでそのままにしてますが・・・・・

まあ、そんな後悔を持ちつつ作っていきます。
しかし、読者の方でこれから作られる方は参考にしていただければ・・・

人気ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

※出張中にメールを確認し、報告など処理をした後に執筆中・・・
 日付がよくわからなくなってます

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ピットロード,護衛艦あきづき(初代),1/700,

2018/11/10 (Sat) 12:00
フライホークの戦艦ビスマルクに驚愕!

フライホークの戦艦ビスマルクに驚愕!



Bismarck in fijordg

発売が10月10日だったのですでに1ケ月が経過したのですが、今さらの様に商品紹介です!

とは言え、我が家に来たのは10月末頃の話、中国から運ばれてきたのですね。
キット!

フライホークって会社、少し模型をやり込んが方にはエッチングパーツでなじみがあると思います。
このブログでも時々紹介していますが、HPはこちら!
 ↓
FLYHAWK(飛翔模型)HP

中国語又は英語のHPです。

どうやら現在キャンペーン期間中の様です。

簡体文字が今のパソコンで打てる設定にしていないので、分かりにくくて申し訳ないのですが
「買一送一(マイイーソンイー mai yi son yi)」ってのは「1つ買うと、1つ付いてくるよ!」
って意味で中国ではスーパーなどでも頻繁にある販促方法です。

私の会社にも中国出身の方がいらっしゃるので今度お願いしてみようかな。

日本ではビーバーコーポレーションが輸入代理店です。
今年の「全日本模型ホビーショー」でも出店されてましたよね。

「全日本模型ホビーショー2018」の記事はこちら
 ↓
全日本模型ホビーショー2018

私はアマゾン経由なので「NEW SPACE HOBBY」という代理店経由です。
フライホーク製EPもアマゾン-NEW SPACE HOBBYさん経由で購入することが多いですが、満足しています。

この代理店も所在地は中国ですね。
住所のSuzhouってのは蘇州のことです。 

運河が町中を巡っていて風光明媚な素晴らしいところで、私の好きな街の一つです。
上海から新幹線で直すぐの場所です。


そのホビーショーで私が一番に注目していたのが、今回紹介する
「ドイツ海軍 戦艦ビスマルク 1941」です!

ビスマルク箱

【FH1132】德国海军俾斯麦号战列舰1941

中国語はご存知の通り、表意文字で音を表すのに、苦手です。
なので当て字になるのですが
無理やりカタカナにするとこんな感じでしょうか。

俾斯麦⇒ビシマイ(ビスマルク)

と発音が全く変わってしまうのです。

なので中国のテレビ中継でサッカーなどを見ててもチーム名など発音に無理やり感があります。

箱を開けたら

横幅が約40cmの箱です。

思ってたより小さいなって印象でしたが、開けてみるとぎっしり詰まっています。

相当、きちんと詰めないと折れたりしてしまいますが、今のところその様な様子はありませんし、
以前購入した巡洋戦艦金剛(こちらはカジカ ブランドですが同じ会社)でも全く問題ありませんでした。

マスキングシートお土産

箱の中にはマスキングシートが入っていました。

箱の中なので、フライホークさんのお土産でしょうか?

それとも「NEW SPACE HOBBY」さん?

このマスキングシートはフライホーク製品って訳ではないので、「NEW SPACE HOBBY」さんなのでしょうね。
買うと結構な値段なので大変うれしいです!

ありがとうございます!


<戦艦ビスマルク イラストカード>

カード表裏

イラストカードが付いています。

言語は英語、日本語、中国語の3か国語でざっと見る限り内容は一緒の様です。

しかし今更の様に気が付いたのですが、中国語は大陸で一般的な簡体文字ではなくて、繁体文字です。
主に台湾や香港ではこちらの文字なので(香港では混ざった感じ)
そちらのお客さんも意識しているのでしょうか?

HPも日本語版を作ってくれたらもっと見てくれる人が増えるのに!

因みにフライホークの所在地は重慶市と書いています。
仕事で行ったことがあるのですが、内陸の省です。

四川の隣なので四川料理や辛い麺が美味しいです。


<ビスマルク 船体パーツ>

ビスマルク船体

船体パーツは四つ。

WL用の底板、フルハル様の船体、船体側面、上甲板。

非常に繊細なモールドで惚れ惚れします!

フルハル、WL両方に対応できています!


<戦艦ビスマルク パーツ>

ビスパーツ

パーツは物凄く沢山あります!

袋を開けると分からなくなりそうなのですが、主砲だけ拡大したものを載せてみました!

<フライホーク 戦艦ビスマルク主砲>

ビスマルク主砲拡大

画像が粗くてすいませんが、1/700でどうですか、このモールド!

素晴らしくありませんか?

パーツの繊細さはナノドレッド並みです!


<戦艦ビスマルク デカール おもり>

デカール

デカールに鍵十字に対する苦心の配慮が現れている気がします。

因みに鍵十字を収める白丸に赤の背景と無地の背景が二種類ありますが、ライン演習前のゴーテンハーフェン停泊時に総統を迎えた時は赤の背景、出発時は無地の背景だから2種類用意されているのですね。


<戦艦ビスマルク 説明書>

説明書

設計図も詳細に書かれていますし塗装図も細かく書かれています。

ただ、バルチックスキーム塗装に関しては記載されていないのですよね。

通常版だとここまでの梱包だと思います!
エッチングパーツが必要ないくらい繊細でいい出来です!




カジカブランドですが、以前作成した「巡洋戦艦金剛」も参考になさるといいかと。
カジカはフライホークの別ブランドです。
 ↓
カジカ製 巡洋戦艦金剛1914 建造日誌

手すりくらいでEPをほとんど使っていませんが、造った今も満足の逸品です!

比較的小さい写真でも窓枠が見て分かると思いますが、ここはピンバイス等で穴を開けていません。
それくらい細かいモールドがしっかり入っているのです。


思い切って特別版を買ってみました!


私にとって「戦艦金剛」、「戦艦大和」、「戦艦ビスマルク」は三大好きな戦艦です!

なので結構高額なのですが、思い切ってエッチングパーツが付いた特別版を購入しました!

エッチングパーツ

右上の黒い箱は見やすくする為に敷いたものなので入っているものではありません。

エッチングパーツのシートが4枚、他に小さい箱に入った金属砲身とレジンパーツが同封されています。

EP説明書

模型本体と同じくらいの内容のエッチングパーツの説明書です。

海外のEP説明書には分かりにくいものが多いですが、
(実際に手を動かしみないと分かりませんが)
詳細に書かれているように思います。

そもそも海外のEPシートにはパーツに番号を振っていないものもあるのですが、少なくとも番号がちゃんと刻印されて
どれがどれか分かる様になっています。



海外品ということもあって、値段は張りますが私の様に戦艦ビスマルクが特別好きな方にはエッチングパーツを買いそろえるよりお得です。

建造開始は年を越えてからになるかなって感じですが、このボリューム造りきれるかどうか!

私、明日から久々の海外出張です。
今回は英語圏で行きも帰りも機中泊の強行スケジュール。
時間がないのでしょうがないのですが体力がもちそうにありません。

しかし、港に寄る時間を無理やり設けたのでいい記事があればブログに載せるかも知れません。

ではでは

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,1/700,フライホーク,ドイツ海軍戦艦ビスマルク,カジカ,,

2018/11/07 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき ついに完成!

護衛艦あきづき ついに完成!

アオシマ製の護衛艦あきづきですが、遂に完成しました。

ミサイルも発射してみました。
もう少しリアルさの追求が必要かな。

AKIDUKI msieg

今回は、
①純正エッチング使用+αのディテールアップ
②数種類の船体色使用
③最後にミサイルと艦橋の電飾も付けて

とそれなりに凝ってみました‼
(^-^ゞ

AKIDUKIg g

実は、艦橋の電飾では反省点が結構あります。

艦橋の窓枠はもともとのクリアパーツを削り、窓枠をプラ板を切って作成したのですが、艦橋上部が元来クリアパーツの為に塗装しても光が漏れてしまうのです。

内側にも遮光が必要でした。

あきづき陰影

特に上手くいったと感じたのは船体の上下の塗装色の違いが出せたところでしょうか。

本来は同じ色のはずですが実艦の写真を見てもエッジがはっきりしているせいか別の色に見えるのが常です。

あきづき正面

思い起こせば護衛艦の建造は前回の護衛艦こんごう、いずも以来でした。
護衛艦こんごうが2016年8月、そしてその後の護衛艦いずもが2016年11月なので2年の歳月が経過しようとしているのでした。

時が経つのは早いですなぁ~
(遠い目)

護衛艦こんごう建造日誌

護衛艦こんごう建造日誌

護衛艦いずも建造日誌
 ↓
護衛艦いずも建造日誌

それ程腕が上がっていない様な気がする・・・
しかし、塗装に関して言うとやはり甲板上の構造物と船体は少し差をつけた方がいいという一つの解は得ました。

AKIDUKI backg

後ろにはきちんと海上自衛隊のヘリコプターSH-60Kを搭載してます。

羽根を折り畳んだ状態です。

私にはこのSH-60のいい資料があるのです!
こちらはSH-60K?

SH-60J.jpg

以前、呉で護衛艦かがに乗船させていただいた時にばっちり撮ったものです。

それからは1年か~

護衛艦かが乗船記録
 ↓
護衛艦かが乗船記録

楽しかったなぁ~

なんて色々思い出した護衛艦あきづき建造日誌もここで終了です。
最後までお付き合いいただきありがとうございます!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,1/700,護衛艦あきづき,護衛艦かが,

2018/11/03 (Sat) 12:00
長崎港最後は護衛艦しらぬい(艤装中)とイージス艦あしかがのフォトギャラリー

長崎港最後は護衛艦しらぬい(艤装中)とイージス艦あしかがのフォトギャラリー


護衛艦あしかが


長らく続けていた九州軍艦巡りですが、最後は長崎港のドッグ周辺です。

長崎と言えば、三菱重工長崎造船所があります。
ここでは、戦艦霧島や日向、駆逐艦秋月型などが建造された訳ですが、何といっても大和型2番艦 戦艦武蔵の建造された場所でもあります。

すでに11月に入ってしまいましたが、ほぼ1週間前の10月24日(1944年)は戦艦武蔵が米空母艦載機の猛攻でシブヤン海に沈んだ日でした。

そして、その戦艦武蔵の海底で眠る姿を発見してくれた実業家(マイクロソフトのビル・ゲイツ氏の共同創業者)「ポール・アレン」氏も先日2018年10月15日に鬼籍に入られました。(ご冥福をお祈りします)

そんな長崎港ですが、三菱重工長崎造船所は今でも多くの海上自衛隊向けの護衛艦を建造しています。

現在日本が保有しているイージス艦は8隻


◎こんごう型護衛艦
 DDG-173 「こんごう」(1番艦)
 DDG-174 「きりしま」(2番艦)
 DDG-175 「みょうこう」(3番艦)
◎あたご型護衛艦
 DDG-177 「あたご」(1番艦)
 DDG-178 「あしがら」(2番艦)

その内、5隻が長崎造船所で建造されているんですね。

イージス艦ではありませんが、最新鋭汎用護衛艦
◎あきづき型護衛艦 (2代)
 DD-115 「あきづき(2代目)」(1番艦)
 DD-116 「てるづき」(2番艦)
 DD-117 「すずつき」(3番艦)
◎あさひ型護衛艦 (2代)
 DD-119 「あさひ(2代目)」(1番艦)
 DD-120 「しらぬい」(2番艦)

あきづきの初代も長崎です。

長崎港武蔵ドッグの場所g
※google mapから切り取った航空写真

軍艦島クルーズはそんな長崎造船所の横も航行してくれるお得なクルーズです!

軍艦島クルーズの紹介はこちら

 ↓
軍艦島クルーズとか長崎港周辺の紹介

軍艦島クルーズを埠頭から出発するとクレーンが乱立する目の前に長崎造船所のドッグ群が目に入ります。

そして、上の写真でも護衛艦が停泊している場所にこんごう型護衛艦あしかが(イージス艦)が停泊していました。


冒頭の写真はお気に入りの1ショットで会社パソコンの待ち受けの1枚に使っているくらい。
※部内の人には軍艦好き、模型好きを公言しているのでいいのですが、部外の方にプレゼンするときなどには少々注意が必要

護衛艦あしかが左舷

しばし、護衛艦あしかがを満喫します。

あしかが右前方から

そして、その奥に護衛艦の姿が見えてきます。
DD-120 現在艤装中(進水後船の上の装備を備え付けたりすること)の護衛艦しらぬいです!

19年3月竣工に向け、ラストスパートといったとこでしょうか?

あしかがとしらぬい2ショット

護衛艦しらぬいの艤装も大部分が終わっている様に見えますね


しらぬいg

ご覧の様に主だった装備はついている様に見えます。内部工事中ってとこなんでしょうか?

しらぬい全景g

しらぬいを超えていくとドッグがあります。

三菱重工長崎造船所第二ドッグ

私は戦艦武蔵の建造したドッグがここかなって思っていたのですが、第二船渠(ドッグ)はすでに使われておらず、この少し奥になる様ですね。


第二ドッグ周辺?

この辺のどっかかな?

奥に進むと女神橋の下も通ります!(一応有名らしいので)

ながさき女神橋


そんな感じで長らく続けていた九州軍艦ツアー記事は終了です。

北九州軍艦埠頭の記事はこちら
 ↓
軍艦防波堤の記事

SASEBO軍港クルーズを初め佐世保港の様子はこちら
 ↓
佐世保クルーズとか聖地巡礼的な紹介記事

なかなか満喫できた3日間でした。
この日、私は実家の方で同窓会の予定だったもので、昼で切り上げ実家に帰省!
そのまま同窓会に突入!二次会、三次会ととても慌ただしい日々を過ごしたのでした。

まあ、楽しい1週間でしたね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓(・Д・)ノ


艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 長崎港,三菱重工長崎造船所,護衛艦あしかが,護衛艦しらぬい,,

2018/10/31 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき、ほぼ完成へのディテールアップ!

護衛艦あきづき、ほぼ完成へのディテールアップ!


少し寒くなって来ましたね。
ちょっと風邪気味で喉がいがらっぽいです。
季節の変わり目ですので皆様も風邪には気を付けて下さい。

ところで、アオシマ製あきづき型護衛艦あきづきの建造順調に進んでいます。

これまでのアオシマ製 護衛艦あきづきの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦あきづき建造日誌


前回は、塗装まで進めたので、
デカール張り
→細々としたディテールアップ及び偽装(特に通路の上にかぶさるのはデカールの後で)
→手すり類等EP→張線→アンテナ、旗竿と進めて完成となります。

デカール張りは割と好きですが、失敗するとやり直しも効かないので慎重に行います。

私はMrマークセッターを利用して少し柔らかくしつつ位置決め、麺棒で水分を取って乾燥まで待ちます。

まあ、下の写真の通り大方うまく行きました。


<追加箇所のディテールアップ>

基本的なディテールアップは純正エッチングパーツを使用したものになるのですが、このEPは手すりやアンテナが中心なのでそれ以外の追加部分を中心に話をしていきたいと思います。


艦前半部ディテールアップ

ディテールアップ1


①艦橋頂上部分の手すり
 エッチングパーツの説明書は実際の艦と違いが多いので注意の必要があります。
 艦橋上の手すりは大きな違いです。
 艦橋前方は少々スペースがありますが、説明書通りだと前方にスペースが空きすぎています。
 護衛艦用汎用の手すりが全く長さ、高さがこのEPと同じだったので汎用手すりで補正しています。
②VLSラッタル
 VLSの後ろには小さなラッタルがあるので汎用パーツを用いて設置しました。
③艦橋下部受信アンテナ
 艦橋下部に〇〇用受信アンテナがあります。
 あきづきのアンテナの予備を用いて設置しました。
〇機銃設置個所の防弾板
  ソマリア沖に派遣時にはここには防弾板が設置されていました。
 (現状は手すりに戻っている)
 ここには手すりを付けずにプラバンで作成した防弾板を設置しています。
 サイドは切れ込んでいるところと、ラッタル部分は防弾板がないのがポイントです。
④ボートダビットの支柱
 ボートダビットの支柱を0.3㎜真鍮棒を用いて設置。
 弦縄もつける予定です。
⑤ボートコンテナ
 支柱部分を0.2㎜真鍮線で自作。ボートコンテナ部分はプラパーツをそのまま足の部分をカットして使用しています。


<艦尾から見たディテールアップ>

あきづき艦尾

①ボートコンテナー(自動膨張式筏ってのが正式名称ポイ)
 上と同じ個所ですが、上の写真だと鮮明ではないので。
 右舷舷側の手すりの外側にボートコンテナの支柱が出ているのがポイントです。
②発着艦指揮所(へり発着甲板の右側上部にある箱状の場所)
 透明パーツになっているので端の支柱部分にだけグレーを塗装しました。
③プロペラガード
 0.2㎜真鍮線で自作です。


<護衛艦あきづき 側面>


あきづき側面

ボートデッキから降りる梯子は壁に沿ってあります。
専用エッチングパーツの手すりは中央部に設置しており、位置が違うので汎用手すりで補正しました。

補足事項
ボートの下あたりの艦側面部分の開口部は艦首側の少し大きめの方が、三連装の短魚雷発射管用の開口部です。
ナノドレッドを使用しているのにほとんど見えません。

その後方のやや小さめの開口部が自走式デコイ(MOD)の為の開口部です。
右舷のみに4連装のものが1基装備されています。

アオシマさんのこの模型では左舷にも開口部がありますが、そもそも開口部が右舷しかありません。
下の写真の様に左舷はきっちり埋めるのが吉です。
(短魚雷の開口部は左舷にもある)


<護衛艦あきづき 完成近し!>

あきづきもう一息

上部構造物と船体のつなぎ目は大体シャープにできている気がします。

あと一息ですね。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,護衛艦あきづき,ディテールアップ,1/700,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ